遠藤 守人

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/24 07:08
 
アバター
研究者氏名
遠藤 守人
 
エンドウ モリト
所属
八戸学院大学
部署
健康医療学部 人間健康学科
職名
教授
学位
博士(医学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
2002年
 日本大学医学部附属板橋病院第二内科学助手
 
1993年
 - 
1995年
 米国ユタ大学医学部血液腫瘍学博士研究員
 
2002年
 - 
2005年
 さわらび会福祉村病院長寿医学研究所研究員
 
2005年
   
 
-   八戸大学人間健康学部(現 八戸学院大学健康医療学部)教授
 
2006年
   
 
-   日本大学医学部腎臓内分泌内科客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
弘前大学 医学部 
 

委員歴

 
 
   
 
日本腎臓学会  評議員
 

Misc

 
The role of complement activation, detected by urinary C5b-9 and urinary factor H, in the excretion of urinary albumin in cisplatin nephropathy
Clin Nephrol   71 110   2009年
YAO En−hui, FUKUDA Noboru, FUKUDA Noboru, UENO Takahiro, TSUNEMI Akiko, ENDO Morito, MATSUMOTO Koichi
Biochem Biophys Res Commun   367(2) 468-473   2008年
WAN Jian‐Xin, FKUDA Noboru, ENDO Morito, ENDO Morito, TAHIRA Yoshiko, YAO En‐Hui, MATSUDA Hiroyuki, UENO Takahiro, MATSUMOTO Koichi
J Cell Physiol   213(2) 495-501   2007年

書籍等出版物

 
B因子・D因子,広範囲血液・尿検査・免疫学的検査(3)[第6版]
日本臨牀社   2005年   
抗刷子縁抗体,広範囲血液・尿検査・免疫学的検査(3)[第6版]
日本臨牀社   2005年   
臨床からみた補体活性,補体学への招待
補体研究会   2002年   
ネフローゼ症候群,EBM に基づく臨床データブック
中外医学社   2001年   
分葉性糸球体腎炎,領域別症候群シリーズ No.16〜腎臓症候群:上巻
日本臨牀社   1997年   

競争的資金等の研究課題

 
腎障害の進展機序の解明と新たな治療戦略の開発
糸球体腎炎における補体系に関する検討
地域社会における予防医学の推進