佐伯 俊昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/27 03:17
 
アバター
研究者氏名
佐伯 俊昭
所属
埼玉医科大学
部署
医学部国際医療センター 乳腺腫瘍科
職名
教授
学位
医学博士(広島大学)
科研費研究者番号
50201512

学歴

 
1976年4月
 - 
1982年3月
広島大学 医学部 
 

論文

 
Trastuzumab and viorelbine as first-line therapy for HER2-overexpressing metastatic breast cancer; multicenter phase II and pharmacokinetic study in Japan
◎Tokudame N, Ito Y, Hatake K, Toi M, Sano M, Iwata H, Sato Y, Saeki T, Aogi K, Takashima S
Anticancer Drugs   19(7) 753-9   2008年7月
日本におけるホルモン補充療法と乳がん発症
佐伯俊昭、三角みその、竹内正弘、本庄英雄、落合和徳、高嶋成光
「産科と婦人科」(診断と治療社)   75(6) 68-72   2008年6月
乳癌化学療法の進歩 術後補助化学療法
佐伯俊昭、大崎昭彦、藤内伸子、大久保雄彦
外科治療(永井書店)   98(6) 918-923   2008年6月
日本人の乳癌発症危険因子 ー大規模ケース・コントロール研究からー
佐伯俊昭、池田正
これからの乳癌診療2008~2009   100-107   2008年3月
No increase of breast cancer incidence in Japanese women who received hormone replacement therap overview of a case-control study of breast cancer risk in Japan
Saeki T,Sano M, Komoike Y, Sanoo H, Honjyo H,Ochiai K M, Komoike Y, Sanoo H, Honjyo H,Ochiai K, Kobayashi T, Aogi K, Sato N, Sawai S, Miyoshi Y 、Takeuchi M 、Takashima S,
72(2) 212-7   2008年2月

Misc

 
乳腺診療の未来と乳癌専門診療講座における卒前・卒後教育
佐伯俊昭
12(1) 21-23   2006年5月

書籍等出版物

 
「DTX+capeclitabine療法 日本の推奨用量(併用第Ⅰ相試験)」
佐伯俊昭
『エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2009』(メディカルレビュー社)   2008年12月   
「GEM+PTX療法」
佐伯俊昭
『エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2009』(メディカルレビュー社)   2008年12月   
「nanoparticle albumin-bound paclitaxel (Nab-paclitaxel) abraxane」
佐伯俊昭
『エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2009』(メディカルレビュー社)   2008年12月   
「乳癌の化学療法」
佐伯俊昭
『エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2009』(メディカルレビュー社)   2008年12月   
「2ndline」
佐伯俊昭
『エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2009』(メディカルレビュー社)   2008年12月   

Works

 
更年期障害の治療法は?
佐伯俊昭   その他   2004年4月
乳がん骨転移に対する新しい治療薬「ビスホスホネート製剤」
佐伯俊昭   その他   2005年4月
乳癌補助内分泌療法:今日の診療をどう変えるべきか?─ASCOアロマターゼ阻害薬使用のガイドラインと2005年ザンクトガレン国際補助療法会議のコンサンスから
佐伯俊昭   その他   2005年4月
家族性乳がんの遺伝子診断
佐伯俊昭   その他   2005年4月
St.GallenConference 2005レポート─どのような討義が行なわれ、何が変ったか?
佐伯俊昭   その他   2005年5月