高橋 利幸

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/11 22:35
 
アバター
研究者氏名
高橋 利幸
 
タカハシ トシユキ
eメール
mttakacc.miyakonojo-nct.ac.jp
URL
http://www.miyakonojo-nct.ac.jp/school-guide/outline/%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E7%B7%8F%E8%A6%A7/%E7%89%A9%E8%B3%AA%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E7%A7%91/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E3%80%80%E5%88%A9%E5%B9%B8/
所属
都城工業高等専門学校
部署
物質工学科
職名
准教授
学位
博士(理学)(広島大学)
科研費研究者番号
50453535

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
都城工業高等専門学校  物質工学科  准教授
 
2017年10月
 - 
2018年3月
大学共同利用機関法人自然科学研究機構 分子科学研究所   招へい研究員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
都城工業高等専門学校  物質工学科  講師
 
2009年4月
 - 
2011年3月
都城工業高等専門学校  物質工学科  助教
 
2007年4月
 - 
2009年3月
慶応義塾大学  商学部 生物学教室  助教(有期・自然科学)
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
広島大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士課程(後期)
 
2002年4月
 - 
2004年3月
広島大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 博士課程(前期)
 
1998年4月
 - 
2002年3月
広島大学 理学部 生物科学科
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本鉄鋼協会 2019年度発足フォーラム「化学的または生物学的処理によるスラグの機能変化とその評価・分析」  座長
 
2017年4月
 - 
現在
日本鉄鋼協会 平成29年度発足研究会 研究会Ⅰ(シーズ型)「バイオフィルム被覆によるスラグ新機能創出」  副主査
 
2015年5月
 - 
2017年3月
日本鉄鋼協会  評価・分析・解析部会 フォーラム「バイオファウリング、バイオフィルム評価分析解析研究フォーラム」  幹事
 
2014年4月
 - 
現在
宮崎県環境森林部環境森林課  宮崎県環境保全アドバイザー
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本土木学会 中部支部教育研究委員会「課題解決型研修による“環境を考えられる土木技術者”  委員
 

受賞

 
2018年3月
WILEY REIEWER CERTIFICATE Cytometry PART A
 
2018年3月
ELSEIER Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing
 
2017年7月
Elsevier Certificate of Reviewing
 
2016年4月
Elsevier Certificate of Reviewing
 
2014年4月
国立高等専門学校機構 都城工業高等専門学校 平成25年度教員表彰 社会貢献部門賞
 

論文

 
高橋 利幸
Scientific Reports   8(1) 4967   2018年3月   [査読有り]
Toshiyuki Takahashi
Energies   10(9) 1413   2017年9月   [査読有り][招待有り]
角野晴彦, 青木舞, 山田剛史, 川上周司, 山口剛士, 高橋利幸, 山田真義
土木学会論文集H(教育)   37(1) 34-42   2017年   [査読有り]
Evaluation of Problem-Based Learning to Self-Motivation Using Customer Satisfaction Analysis.
TAKAHASHI Toshiyuki
Proceedings of The 10th International Symposium on Advances in Technology Education   158-158   2016年9月   [査読有り]
Toshiyuki Takahashi,Seiji Yokoyama
ISIJ International   56(8) 1495-1503   2016年8月   [査読有り]
高橋利幸,横山誠二
鉄と鋼 Tetsu-to-Hagané   101(9) 506-514   2015年9月   [査読有り]
Microcapillary flow cytometry, but not hydrodynamic focusing, to investigate symbiosis between an eukaryotic host and the eukaryotic symbionts.
Toshiyuki Takahashi
Proceedings of BIT’s 5th Annual World Congress of Molecular & Cell Biology 2015   376-376   2015年4月   [査読有り][招待有り]
Principal Component Analysis Improves Patterning Characteristics with Lower Resolution from Data Obtained using Flow Cytometry.
Toshiyuki Takahashi
Proceedings of The Irago Conference 2015   P12-P12   2015年   [査読有り]
Toshiyuki Takahashi
Cytometry Part A   85(11) 911-914   2014年   [査読有り]
Ammonia Nitrogen Removal System Using Capsules Containing Microalgae Isolated from Protozoa Paramecium bursaria.
T. Takahashi, M. Higashiguchi
Proceedings of The Irago Conference 2014   7P-28-7P-28   2014年   [査読有り]
PRODUCTION OF AN ORIGINAL THREAD LIKE WOOL FROM DISCARDED MATERIALS THOUGH PROJECT-BASED LEARNING PROGRAM
M. Yakubo, H. Watase, D. Noguchi, T. Yamashita, T. Takahashi
Proceedings of International Symposium on Advances in Technology Education   91-91   2013年9月   [査読有り]
AN EFFICIENT FACTORY TOUR FOR CAREER DESIGN AND ITS CORRELATION WITH ACADEMIC ABILITY.
Toshiyuki Takahashi
Proceedings of International Symposium on Advances in Technology Education   73-73   2013年9月   [査読有り]
キャリア教育の一環としての工場見学とその取り組み方の相違による教育効果の検証
高橋 利幸
Journal of Education in The Colleges of Technology   36 211-216   2013年   [査読有り]
高橋 利幸
Journal of Education in The Colleges of Technology   36 527-532   2013年   [査読有り]
T. Takahashi, Y. Ogura, A. Ogawa, H. Kanematsu, S. Yokoyama
Journal of Water and Environment Technology   10(4) 347-362   2012年   [査読有り]
高橋 利幸
生物工学会誌   90(7) 415-423   2012年   [査読有り]
中学生と高専低学年生の共同参加型実験講座の試み
高橋 利幸
Journal of Education in The Colleges of Technology   35 431-435   2012年   [査読有り]
S. Yokoyama, T. Shimomura, M. N. N. Hisyamudin, T. Takahashi, M. Izaki
Journal of Physics: Conference Series   352 012051   2012年   [査読有り]
A useful residue from steel industrial by-products in proliferating biomass.
T. Takahashi, Y. Yokoyama, Y. Takahashi, A. Ogawa, H. Kanematsu, S. Yokoyama
Proceedings of IWA World Water Congress and Exhibition 2012   No. 9153-No. 9153   2012年   [査読有り]
高橋利幸, 長崎歩
環境技術   40(11) 662-665   2011年   [査読有り][招待有り]
Influence of Amount of Oxidizing Slag Discharged from Stainless Steelmaking Process of Electric Arc Furnace on Elution Behavior into Fresh Water.
S. Yokoyama, T. Shimomura, M.N.N. Hisyamudin, T. Takahashi, M. Izaki
Proceedings of Asia-Pacific Interdisciplinary Research Conference 2011   52-52   2011年   [査読有り]
An effective and economic strategy to restore acidified freshwater ecosystems with steel industrial byproducts.
T. Takahashi, Y. Ogura, A. Ogawa, H. Kanematsu, S. Yokoyama
Proceedings of The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition   351-351   2011年   [査読有り]
Symbiotic Algae Secreting Photosynthates as a New Biomaterial for Bioenergy.
A. Nagasaki, T. Takahashi
Proceedings of Asia-Pacific Interdisciplinary Research Conference 2011   61-61   2011年   [査読有り]
M. G. Mortuza, T. Takahashi, T. Kosaka, H. Hosoya
Global Journal of Environmental Research   4(2) 101-105   2010年   [査読有り]
Safety Assessment of Oxidizing Slag Discharged from EAF Used in Normal Steelmaking by Conventional Leaching Test and Biological Evaluation.
S. Yokoyama, T. Shimomura, NIK. H. M. Nor, H. Kanematsu, T. Takahashi, A. Ogawa
Proceedings of 17th Asian Symposium on Ecotechnology   35-35   2010年   [査読有り]
Biofouling on EAF Stainles Steel Oxidizing Slag in Marine Environment.
H. Kanematsu, A. Ogawa, S. Yokoyama, T. Takahashi, H. Ikigai, D. Kuroda
Proceedings of 15th International Congress on Marine Corrosion and Fouling   56-56   2010年   [査読有り]
横山誠二、鈴木玲人、ニク ヒシャムディン ビンムハンマド ノル、兼松秀行、小川亜希子、高橋利幸、伊崎昌伸、梅本実
鉄 と 鋼 Tetsu-to-Hagané   96(12) 698-705   2010年   [査読有り]
Bogdan I. Gerashchenko, Toshiyuki Takahashi, Toshikazu Kosaka, Hiroshi Hosoya
Current Protocol in Cytometry   52 11.19.1-11.19.6   2010年   [招待有り]
Biofouling on EAF Stainless Steel Oxidizing Slag in Marine Environment.
H. Kanematsu, A. Ogawa, S. Yokoyama, T. Takahashi, H. Ikigai, D. Kuroda
15th International Congress on Marine Corrosion and Fouling   56-56   2010年   [査読有り]
Seiji Yokoyama, Akito Suzuki, NIK Hisyamudin Bin Muhd Nof, Hideyuki Kanematsu, Akiko Ogawa, Toshiyuki Takahashi, Masanobu Izaki, Minoru Umemoto
ISIJ International   50(4) 630-638   2010年   [査読有り]
M. G. Mortuza, T. Takahashi, T. Ueki, T. Kosaka, H. Michibata, H. Hosoya
Journal of Cell and Animal Biology   3 62-66   2009年   [査読有り]
高橋利幸、伊藤篤子、長谷川由利子
慶應義塾大学日吉紀要 自然科学   46 43-55   2009年   [査読有り]
アクリルアミドの毒性検出―"原生生物ミドリゾウリムシを用いた方法―"
高橋利幸、小阪敏和、細谷浩史
食品・食品添加物研究誌 FFI ジャーナル   2 929-935   2008年   [招待有り]
A New Bioassay For Acrylamide Toxicity Using Protozoa, Paramecium bursaria.
T. Takahashi, T. Kosaka, H. Hosoya
Proceedings of International Symposium on Microbial Ecology Asia 2007   128-128   2007年   [査読有り]
A NEW BIOASSAY FOR ACRYLAMIDE TOXICITY USING A GREEN PARAMECIUM.
Proceedings of 13th International Symposium on Toxicity Assessment   49-49   2007年   [査読有り]
T. Takahashi, Y. Shirai, T. Kosaka, H. Hosoya
PLoS ONE   2(12) e1352   2007年   [査読有り]
A new bioassay for acrylamide toxicity using a green paramecium, Paramecium bursaria.
T. Takahashi, T. Kosaka, H. Hosoya
Proceedings of VII Asian Conference of Ciliate Biology   71-71   2006年   [査読有り]
高橋利幸, 小阪敏和, 細谷浩史
原生動物学雑誌   39(1) 67-70   2006年   [招待有り]
T. Takahashi, M. Yoshii, T. Kosaka, H. Hosoya
ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine   6 50-58   2005年   [査読有り]
M. Golam Mortuza, Toshiyuki Takahashi, Tatsuya Ueki, Toshikazu Kosaka, Hitoshi Michibata, Hiroshi Hosoya
Journal of Health Science   51(6) 676-682   2005年   [査読有り]
T. Takahashi, M. Yoshii, T. Kawano, T. Kosaka, H. Hosoya
Toxicology in Vitro   19 99-105   2005年   [査読有り]

Misc

 
微細藻類の増殖促進技術と増殖抑制技術の研究開発
高橋 利幸
アグリバイオ   2(4) 388-389   2018年3月
光学特性を利用した微細藻類の状態評価法
高橋利幸, 山下敏明
アグリバイオ   1(12) 1314-1315   2017年   [依頼有り]
微細藻類含有カプセルによる廃棄性窒素の有用物質変換システム
高橋 利幸
アグリバイオ   1(3) 257-258   2017年   [依頼有り]
”先端的環境バイオ技術者”と”環境を考えられる技術者”を養成する課題解決型研修(PBL)の開発
角野晴彦,川上周司,高橋利幸,山田真義,山内正仁,山田剛史,平石明
独立行政法人国立高等専門学校機構 環境報告書2015   13-13   2015年   [依頼有り]
IWA World Water Congress & Exhibition Busan 2012 に参加して
高橋 利幸
水環境学会誌   36(10) 381-382   2013年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
サーモフィッシャーサイエンティフィック ライフサイエンス情報誌NEXT, No. 47
高橋 利幸
サーモフィッシャーサイエンティフィック   2018年9月   
Multidimensional Flow Cytometry Techniques for Novel Highly Informative Assays
高橋 利幸 (担当:分担執筆, 範囲:Efficient interpretation of multiparametric data using principal component analysis as an example of quality assessment of microalgae.)
InTechOpen   2018年6月   
Superfood and Functional Food - Development of Superfood and its Role in Medicine.
高橋 利幸 (担当:分担執筆, 範囲:Quality Assessment of Microalgae Exposed to Trace Metals Using Flow Cytometry.)
InTechOpen   2017年2月   
Corrosion Control and Surface Finishing - Environmentally Friendly Approaches
Toshiyuki Takahashi (Eds. H. Kanematsu, D. M. Barry) (担当:分担執筆, 範囲:Application of phytoplankton.)
Springer Japan   2016年4月   

講演・口頭発表等

 
Technology development for an environmental improvement and an organic material production using non-edible microalgae [招待有り]
Toshiyuki Takahashi, Azusa Yamada, Takaomi Kobayashi
Nature's 150th Anniversary Symposium   2019年4月4日   
セルロースを用いた微細藻類含有アルギン酸カプセル包括法の開発
山田あずさ, 小林高臣,高橋利幸
2018年12月19日   
微細藻類と宿主の共生関係の解明や産業応用への基盤を支える Countess II FL 自動セルカウンターで個体数と状態評価を簡便に測定 [招待有り]
高橋 利幸
ThermoFisher SCIENTIFIC, LEARNING AT THE BENCH   2018年11月28日   
Development for controlling microalgal growth and for its analysis method
Y. Higashimori, T. Takahashi, T. Kobayashi
3rd STI-GIGAKU 2018 Conference   2018年10月5日   
Effect of Cellulose Coating on Alginate Capsules containing Chlorella like Microalgae
A. Yamada, T. Takahashi, T. Kobayashi
3rd STI-GIGAKU 2018 Conference   2018年10月5日   
微細藻類含有アルギン酸カプセルのバガス由来セルロース包括とその性質分析
山田あずさ, 高橋利幸, 小林高臣
日本化学会秋季事業 第8回CSJ化学フェスタ2018   2018年10月   
スラグへの生体分子または微生物コーティングとその効果の検証
高橋 利幸
日本鉄鋼協会 第176回秋季講演大会 評価・分析・解析部会 シンポジウム「バイオフィルム被覆による鉄鋼スラグの新機能創出とその評価・分析I」   2018年9月   
微細管型フローサイトメトリー法を用いた細胞内共生体の宿主内動態評価とその宿主細胞周期との同調性の検出
高橋 利幸
生命化学系学会合同年次大会   2017年12月6日   
自動セルカウンターを用いた微細藻類に対するスラグの影響評価
塚田琢也,村川功一郎,高橋利幸
第27回九州沖縄地区高専フォーラム―地方創生に果たす高専の役割と課題―   2017年12月   
口内細菌叢の光学特性評価
木村匠吾,高橋利幸
第24回 日本生物工学会九州支部 沖縄大会   2017年12月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
独立行政法人国立高等専門学校機構 高専の海外展開事業(平成29年度9月モンゴル教職員研修)「産業ニーズに対応した実践的技術者養成のための高専教育(授業方法)およびインターンシップ」
高橋 利幸   その他   2017年9月
独立行政法人国立高等専門画工機構 教育改革推進本部モデルコアカリキュラム推進部門直轄プロジェクト「アクティブラーニングに関する評価指標の開発と実践事業」
高橋 利幸   その他   2015年10月 - 2016年3月
日本土木学会中部支部調査研究委員会「課題解決型研修による“環境を考えられる土木技術者”の養成に関する調査研究委員会」
高橋 利幸   その他   2014年4月 - 2016年3月
文系大学生への実験を重視した自然科学教育(慶應義塾大学【平成19年度・20年度】)
高橋 利幸   芸術活動   2007年4月 - 2009年3月
アクリルアミドの毒性判定及び毒性の抑制・除去物質の発見についての研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
微細藻類含有ビーズを利用した重金属等のカチオン吸着とその脱離制御
公益財団法人 八洲環境技術振興財団: 平成30年度研究開発・調査助成
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月    代表者: 高橋 利幸
バイオマスに期待される5F(食物・繊維・飼料・肥料・燃料)に貢献する微細藻類の新規増殖制御法の開発
一般財団法人一樹工業技術奨励会: 2018年度研究助成
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 高橋 利幸
微生物付着を利用した鉄鋼スラグへの機能付加と当該スラグの環境保全材としての効果
社団法人日本鉄鋼協会: 第26回鉄鋼研究振興助成
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 高橋 利幸
微細藻類増殖促進因子の化学特性と分子構造解析
大学共同利用機構利用法人 自然科学研究機構分子科学研究所: 平成29年度機器センター施設利用(ナノテクノロジープラットフォーム)
研究期間: 2017年10月 - 2018年3月    代表者: 高橋 利幸
微細藻類カプセルによる廃棄性窒素の有用物質変換システム
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究B
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 高橋 利幸
ポータブル可能な小型フローサイトメーターを用いた発酵生産に関わる微生物細胞のオンサイト検出技術の開発
公益財団法人 サッポロ生物科学振興財団: 2015年度 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 高橋 利幸
生命科学と理工学技術の融合による遺伝子改変した糖分泌型藻類の開発と当該藻類を用いた有用糖及びエネルギー生産システムの構築
公益財団法人 旭硝子財団: 平成25年度旭硝子財団研究助成金
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 高橋 利幸
高い植物吸収性を示すケイ酸塩微生物コーティング化スラグ肥料の開発
公益財団法人 鉄鋼環境基金: 2014年度 若手研究助成
研究期間: 2014年11月 - 2015年11月    代表者: 高橋 利幸
糖分泌型藻類を含有した水質浄化用バイオカプセルとその活用システムの構築
東京工業大学基金: 平成26年度東京工業大学基金による教育研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 高橋 利幸
微細藻類の増殖誘導能を有する人工分子の分子構造解析と当該分子によるバイオ燃料候補物質成分(糖類・脂質)の総収量への影響
公益財団法人長岡技術科学大学技術開発教育研究振興会: 平成25年度 研究助成
研究期間: 2013年10月 - 2014年3月    代表者: 高橋 利幸
鉄鋼精錬プロセス由来の再利用資源スラグの溶出成分を用いた植物成長刺激剤の開発
社団法人 日本鉄鋼協会: 第21回鉄鋼研究振興助成
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 高橋 利幸
糖分泌型藻類を利用したエネルギー創生
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 高橋 利幸
先端科学実験体験を通した地域の理科教育支援とその教育効果の検証
財団法人 日本教育公務員弘済会宮崎支部: 教育文化事業奨励金
研究期間: 2012年9月 - 2013年3月    代表者: 高橋 利幸
生物学実習用の新規3D理科視聴覚教材と擬似実験体験システムの構築
公益財団法人 日本科学協会: 平成24年度 笹川科学研究助成(実践研究)
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 高橋 利幸
新規アンモニア性窒素除去装置と廃水を利用した有用有機物質の合成
公益財団法人 鉄鋼環境基金: 2011年度 若手研究助成
研究期間: 2011年11月 - 2012年11月    代表者: 高橋 利幸
地域連携と理科教育支援を目指した都城高専で体験する先端科学体験
財団法人 日本教育公務員弘済会宮崎支部: 奨励金給付事業 平成23年度 奨励金
研究期間: 2011年9月 - 2012年3月    代表者: 高橋 利幸
体外糖類分泌藻類を用いたバイオエタノール生成法に関する研究
財団法人 理工学振興会: 平成23年度 教育研究助成
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 高橋利幸
鉄鋼業副産物を利用した藻類バイオマス増殖誘導剤の開発
公益社団法人 日本水環境学会九州支部: 九州支部水環境若手研究・実務者育成基金による学術研究補助
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 高橋 利幸
ゼリー作りから学ぶ生体高分子タンパク質の働き
独立行政法人 科学技術振興機構: 平成23年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(プランA)(講座型学習活動)
研究期間: 2011年4月 - 2012年2月    代表者: 高橋利幸(申請者)(代表者:学校長)
技術者教育としての課外活動の可能性の提示と「人間力」養成メソッドの開発
豊橋技術科学大学: 高専連携教育研究プロジェクト
研究期間: 2010年8月 - 2011年3月    代表者: 中森康之
微生物由来のレアメタル結合物質の探索と同定
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究B
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 高橋 利幸
都城高専で体験するバイオテクノロジー実験
独立行政法人 科学技術振興機構: 平成22年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(プラン初A)(講座型学習活動)
研究期間: 2010年4月 - 2011年2月    代表者: 高橋利幸(申請者)(代表者:学校長)
水域使用時における電気炉特殊鋼スラグの安全性評価
豊橋技術科学大学: 高専連携教育研究プロジェクト
研究期間: 2009年8月 - 2010年3月    代表者: 横山誠二
微生物由来の有用希少金属(レアメタル)結合物質の探索
財団法人 理工学振興会: 平成21年度 研究助成
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 高橋 利幸
微生物を用いた工業排水からの有用物質の回収とそのリサイクル法の開発に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2007年8月 - 2009年3月    代表者: 高橋利幸
原生生物ミドリゾウリムシに共生する共生藻の細胞内共生機構に関する研究
学校法人 慶應義塾: 平成19年度 慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2007年6月 - 2008年3月    代表者: 高橋利幸
生物演出システムを利用した『視覚で楽しむ学習キット』の提供
財団法人 上月スポーツ・教育財団: 第8回 学生ベンチャー支援事業
研究期間: 2006年9月 - 2007年9月    代表者: 高橋利幸
動物細胞に対するアクリルアミド毒性のメカニズム解明に関する研究
財団法人 日本科学協会: 平成18年度 笹川科学研究助成
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 高橋利幸
アクリルアミドの毒性判定及び毒性の抑制・除去物質の発見についての研究
株式会社タイムアソシエイツ: 共同研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年7月

特許

 
生物演出システム
2006-65935
食品中に生成するアクリルアミドの毒性を低減させる物質を含む食品及びその製造方法
2005-132882
食品中に生成するアクリルアミドの毒性を低減させる物質を含む食品及びその製造方法
特願 2004-214864 号

社会貢献活動

 
微細藻類と宿主の共生関係の解明や産業応用への基盤を支える
【インタビュイー】  ThermoFisher SCIENTIFIC  ThermoFisher SCIENTIFIC LEARNIGN AT THE BENCH  2018年11月28日
クロマトグラフィー法を利用したオリジナルメッセージカード作り
【講師, 実演】  国立科学博物館  2018 夏休みサイエンススクエア  2018年8月10日 - 2018年8月12日
クロマトグラフィー法を利用したオリジナルメッセージカード作り
【講師, 実演】  日刊工業新聞社  モノづくり体感スタジアム2018  2018年7月14日 - 2018年7月15日
クロマトグラフィー法を利用したオリジナルメッセージカード作り
【講師, 実演】  国立科学博物館 2017夏休みサイエンススクエア  2017年8月4日 - 2017年8月6日
世界で1つのオリジナル芳香剤を作ろう!
【講師, 実演】  国立科学博物館  2015 夏休みサイエンススクエア  2015年8月14日 - 2015年8月16日