田中 徹

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:18
 
アバター
研究者氏名
田中 徹
 
タナカ テツ
eメール
ttanakabme.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/8b08e8a7b39be501a0941ebbc0cc0086.html
所属
東北大学
部署
大学院医工学研究科 医工学専攻 生体機械システム医工学講座 医用ナノシステム学分野
職名
教授
学位
博士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2008年12月
 - 
現在
Japanese Journal of Applied Physics編集委員会  委員
 
2008年9月
 - 
現在
Solid State Device and Materials国際実行委員会  委員
 
2008年7月
 - 
現在
Symposium on VLSI Technology and Circuits国際プログラム委員会  委員
 
2007年4月
 - 
現在
(社)電子情報技術産業協会 ナノエレクトロニクス技術分科会  幹事
 
2007年4月
 - 
現在
技術研究組合超先端電子技術開発機構 3次元積層プロジェクト研究会  委員
 

論文

 
Analysis of p+ poly Si double-gate thin-film SOI MOSFETs
T. Tanaka, H. Horie, S. Ando, S. Hijiya
IEEE International Electron Devices Meeting Technical Digest   683-686   1991年12月   [査読有り]
Ultrafast operation of Vth-adjusted p+-n+ double-gate SOI MOSFET's
T. Tanaka, K. Suzuki, H. Horie, T. Sugii
IEEE Electron Device Letters   15 386-388   1994年10月   [査読有り]
A comparative study of advanced MOSFET concepts
C. H. Wann, K. Noda, T. Tanaka, M. Yoshida, C. Hu
IEEE Transactions on Electron Device   43(10) 1742-1753   1996年10月   [査読有り]
High frequency characteristics of dynamic threshold-voltage MOSFET (DTMOS) under ultra-low supply voltage
T. Tanaka, Y. Momiyama, T. Sugii
IEICE Transactions on Electronics   E82-C(3) 538-543   1999年3月   [査読有り]
Fully implantable retinal prosthesis chip with photodetector and stimulus current generator
T. Tanaka, K. Sato, K. Komiya, T. Kobayashi, T. Watanabe, T. Fukushima, H. Tomita, H.Kurino, M. Tamai, M. Koyanagi
IEEE International Electron Devices Meeting Technical Digest   1015-1018   2007年12月   [査読有り]

Misc

 
人工網膜の実現へ-眼球埋め込み用人工膜チップ-
小柳光正、田中徹、富田浩史
Biophilia ビオフィリア   2(2) 32-37   2006年6月
極限CMOSデバイス技術調査研究報告書Ⅱ
田中徹
   2005年3月
極限CMOSデバイス技術調査研究報告書Ⅰ
田中徹
   2004年3月

書籍等出版物

 
パーソナル・ヘルスケア
田中徹、清山浩司 (担当:共著, 範囲:第1章4節「多機能集積化神経プローブを用いたワイヤレス生体情報モニタリングシステムの開発」)
(株)エヌ・ティー・エス   2013年10月   
次世代半導体メモリの最新技術
田中徹、裴艶麗 (担当:共著, 範囲:第6章 3 金属ナノドット不揮発性メモリ 286頁~296頁)
株式会社シーエムシー出版   2009年2月   
最先端半導体パッケージ技術の全て
小柳光正,田中徹 (担当:共著, 範囲:第6章(医療機器-生体埋め込み用マイクロチップ))
(株)工業調査会   2007年8月   

講演・口頭発表等

 
3D-IC Technology and Reliability Challenges
17th International Workshop on Junction Technology(IWJT2017)   2017年6月1日   
Remarkable Suppression of Local Stress in 3D IC by Manganese Nitride-Based Filler with Large Negative CTE
Hisashi Kino, Takafumi Fukushima, Tetsu Tanaka
2017 IEEE 67th Electronic Components and Technology Conference (ECTC2017)   2017年5月30日   
Minimized Hysteresis and Low Parasitic Capacitance TSV with PBO (Polybenzoxazole) Liner to Achieve Ultra-High-Speed Data Transmission
Hisashi Kino, Masataka Tashiro, Yohei Sugawara, Seiya Tanikawa, Takafumi Fukushima, and Tetsu Tanaka
IEEE International Interconnect Technology Conference (IITC 2017)   2017年5月16日   
集積化光電脈波計測回路設計と経爪計測装置の開発
銭 正阳, 竹澤 好樹, 下川賢士, 伊藤圭太, 西野悟, 清山浩司, 田中徹
第56回日本生体医工学会大会   2017年5月3日   
特定深さの細胞のみ光刺激可能な光ファイバ埋め込みシリコンオプト神経プローブの開発
森川 拓実, 原島 卓也, 木野 久志, 福島 誉史, 片山 統裕, 虫明 元, 田中 徹
第56回日本生体医工学会大会   2017年5月3日   

競争的資金等の研究課題

 
脳埋込型集積化知能デバイスと脳・機械インターフェイス
脳科学研究
研究期間: 2005年10月 - 現在
眼球内完全埋込型人工網膜システム
科学研究費補助金
研究期間: 2005年10月 - 現在
三次元集積化技術とアナログ・デジタル集積回路設計
科学研究費補助金
研究期間: 2005年10月 - 現在
バイオ・ナノテクノロジーと新機能センサデバイス
科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 現在

特許

 
特許2005-327766 : フィン型チャネルFETを用いたシステムLSI及びその製造方法
特許2005- 51186 : 半導体記憶装置
特許 3,625,455 : パターンの合わせずれ測定装置、それを備えた半導体ウェハ、その製造方法及びパターンの合わせずれ測定方法
特許2004-235230 : 短チャネル効果を抑制したMIS型電解効果トランジスタ
特開2000-68501 : 半導体装置及びその製造方法

社会貢献活動

 
患者の目に光を!世界初の人工網膜
【情報提供】  仙台放送  2007年8月21日

その他

 
2011年5月   導電性高分子及び生分解性高分子を用いた人工網膜用新機能アクティブバイオ材料の開発
作成中
2009年11月   自己修復機能を有する3次元VLSIシステムの創製
・ディペンダブル・リコンフィギュラブルプロセッサの基本設計。このシステムに搭載するBIST回路、自己診断回路、自己修復回路の基本構成の検討。システム性能に及ぼす自己診断、自己修復タイミングおよびスケジューリングの影響評価。
・画像データ蓄積用のフレームメモリ、並列プロセッサシステムのための共有メモリ、コンフィギュレーションデータ格納用コンフィギュレーションメモリ等のディペンダブルメモリの基本設計。
・自己修復機能を有する3次元VLSIシステム用のBIST回路、自己診断回路、自己修復回路の設計。
2009年7月   脳機能障害治療に結びつく高度脳計測・脳刺激用多機能集積化神経プロープ技術の開発
脳神経疾患診断のための高精度な脳計測や治療のための正確な脳深部刺激を行うために、Si両面記録電極による高密度記録、薬液の注入や脳内の生体指標の逐次計測、脳深部へ刺入して電気刺激、などが可能な全く新しい多機能集積化神経プロープ技術を開発する。フランスとの国際共同研究により、多機能集積化神経プロープを用いた前臨床試験をグルノーブルのCLINATECで行い、我が国での早期臨床応用を見据えた神経プロープ開発を行う。
2008年7月   アルツハイマー病に対する脳深部刺激療法の開発と安全基準の調査
作成中
2008年7月   光を用いた脳への情報入力を可能にするファトバイオ-オプト・エレクトロBMIシステムの構築とその定量的評価
作成中