堀口 徹

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/11 15:59
 
アバター
研究者氏名
堀口 徹
 
ホリグチ トオル
eメール
tohruarch.kindai.ac.jp
所属
近畿大学
部署
建築学部
職名
准教授
学位
博士(工学)(東北大学), M.Arch(Ohio State University), 工学修士(東北大学)

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
近畿大学 建築学部 准教授
 
2012年5月
 - 
現在
南カリフォルニア建築大学 Japan Studio Instructor
 
2017年10月
 - 
2017年10月
銘傳大学 建築学科 客員講師
 
2016年4月
 - 
2017年3月
近畿大学 建築学部 専任講師
 
2012年4月
 - 
2016年3月
立命館大学 理工学部建築都市デザイン学科 准教授
 
2012年1月
 - 
2012年2月
国立モンペリエ高等建築大学 建築学部 客員教授
 
2009年8月
 - 
2010年6月
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 建築都市デザイン学科 客員研究員
 
2006年1月
 - 
2006年3月
カリフォルニア大学バークレー校 客員研究員
 
2003年4月
 - 
2006年2月
東北大学大学院 工学研究科都市建築学専攻 リサーチフェロー
 
2006年3月
 - 
2012年3月
東北大学 大学院工学研究科 都市・建築学専攻 都市・建築デザイン学講座 講座共通 助教
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本建築学会  建築教育の国際通用性に関わる戦略小委員会
 
2016年7月
 - 
現在
日本建築設計学会  幹事
 
2018年5月
 - 
2019年3月
水都大阪コンソーシアム  水都大阪コンソーシアム企画会議ブランディング分科会
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本建築設計学会  アジア建築学生サマーワークショップ実行委員会 委員長
 
2011年
 - 
2011年
アーキエイド:東日本大震災における建築家による支援ネットワーク 設立発起人
 

受賞

 
2014年9月
大阪府 おおさかカンヴァス推進事業 選定作品 御堂筋歩行者用道路標識
 
2013年9月
経済産業省 グッドデザイン賞 アーキエイド
受賞者: 一般社団法人アーキエイド
 
2011年10月
経済産業省 グッドデザイン賞 せんだいスクール・オブ・デザイン
受賞者: 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻+仙台市
 
2009年
Champ Libre(フランス) Festival of Lively Architecture, Grand Prix U-CHI-WA
受賞者: 堀口徹、本江正茂、山田哲嗣、植松久達、浦波寛哉
 
2009年
日本建築学会 日本建築学会教育賞(教育貢献) 国際建築ワークショップ
受賞者: 阿部仁史、石田壽一、小野田泰明、本江正茂、堀口徹、中田千彦、槻橋修
 
1996年5月
UIA ベイルート建築家協会賞 Housing and Public Space in the Historical Center of Barcelona, UIA Barcelona 96, XIX Congress of the International Union of Architects, Barcelona Spain
受賞者: 堀口徹、相羽隆秀、松井崇、加藤匠、他
 
1995年11月
仙台市 グランプリ 第1回仙台ショーウインドウデザインコンテスト
受賞者: 堀口徹、中村徹、赤塚尚史、他
 
1995年6月
エジンバラ市 国際建築設計競技 佳作 Scottish Architecture and Design Center, The International Design Competition for the Scottish Architecture and Design Center, Edinburgh Scotland
受賞者: 八重樫直人、堀口徹、清水芳昭、他
 

論文

 
グローバルで親密な建築(の実践)をめざして
堀口 徹
建築設計   (4) 3-21   2017年1月   [招待有り]
アーキエイド 牡鹿・雄勝地区の活動
ヨコミゾマコト、佐藤光彦、山中新太郎、堀口徹、土岐文乃、菅原麻衣子
新建築   136-141   2016年9月   [査読有り][招待有り]
文化的遺伝子再生計画 半島世界の再生
ヨコミゾマコト、佐藤光彦、山中新太郎、堀口徹、菅原麻衣子、土岐文乃、森田秀之
建築ノート   36-39   2013年4月   [招待有り]
人の動き分布を用いた場の記述に関する研究 : せんだいメディアテークにおける動き分布図
小野田泰明、浜田勇樹、氏原茂将、坂口大洋、堀口徹
日本建築学会計画系論文集   (571) 63-68   2003年9月   [査読有り]
「決定不可能性」の内部における「境界の算出」に関する試論 建築批評家ジェフリー・キプニスの諸論におけるシングル・サーフェイス概念の研究 その1
堀口徹、小野田泰明、菅野實
日本建築学会計画系論文集   (560) 289-296   2002年10月   [査読有り]

Misc

 
せんだいスクール・オブ・デザイン
本江正茂、阿部篤、小川泰輝、保科陽介、錦織真也、堀口徹
平成23年度工学教育研究講演会   212-213   2011年
国際建築ワークショップ:持続性と拡張性をもつスタジオ教育の試み
堀口徹
2010年度大会(富山)建築教育部門研究協議会「建築スタジオの現象学」   49-52   2010年
TRUNK - Creative Office Sharing:仙台市卸町におけるまちづくりの一環としてのシェアオフィスの設計
阿部篤、堀田竜二、植木貞彦、関谷虹、堀口徹、本江正茂
日本建築学会大会2010(富山)建築デザイン発表梗概集2010   180-181   2010年
もうひとつのゲーリー映画『コンストラクティブマッドネス』
堀口徹
建築ノート 誠文堂新光社   09 005-005   2009年
ボーダーラインを浮沈した作品たち
堀口徹
せんだいデザインリーグ2009卒業設計日本一決定戦Official Book 建築資料研究社/日建学院      2009年

書籍等出版物

 
SENDAI DESIGN LEAGUE 2016卒業設計日本一決定戦オフィシャルブック
堀口 徹 (担当:監修, 範囲:大会趣旨など)
建築資料研究社/日建学院   2016年7月   
建築新人戦オフィシャルブック
堀口 徹 (担当:分担執筆, 範囲:最終審査レポート)
総合資格学院   2016年3月   
生きた建築 大阪
堀口 徹 (担当:分担執筆, 範囲:エッセイを寄稿(P182))
140B   2015年10月   
SENDAI DESIGN LEAGUE 2015卒業設計日本一決定戦オフィシャルブック
堀口 徹 (担当:監修, 範囲:共同監修。44, 103, 154ページのテキスト)
建築資料研究社/日建学院   2015年7月   
長谷川豪カンバセーションズ ヨーロッパ建築家と考える現在と歴史
長谷川豪 (担当:共訳, 範囲:196-211ページ、238-255ページ)
LIXIL Publishing   2015年3月   
SENDAI DESIGN LEAGUE 2014卒業設計日本一決定戦オフィシャルブック
堀口 徹 (担当:監修, 範囲:共同監修。42, 102, 155ページのテキスト)
建築資料研究社/日建学院   2014年7月   
SENDAI DESIGN LEAGUE 2013卒業設計日本一決定戦オフィシャルブック
堀口 徹 (担当:監修, 範囲:共同監修。44-45, 59, 102ページのテキスト)
建築資料研究社/日建学院   2013年7月   
SENDAI DESIGN LEAGUE 2012卒業設計日本一決定戦オフィシャルブック
堀口 徹 (担当:監修, 範囲:共同監修。38-41, 46-47, 100ページのテキスト)
建築資料研究社/日建学院   2012年7月   
浜からはじめる復興計画
堀口 徹 (担当:分担執筆, 範囲:115-123ページのテキスト)
彰国社   2012年4月   
SENDAI DESIGN LEAGUE 2011卒業設計日本一決定戦オフィシャルブック
堀口 徹 (担当:監修, 範囲:共同監修。38-40、47、97ページのテキスト)
建築資料研究社/日建学院   2011年7月   
Sendai School of Design|Year Book 2010-2011|01
Sendai School of Design   2011年   
IAES: documents volume01, Tokyo 2009 International Architectural Education Summit
UCLA Architecture and Urban Design, Laboratory of Cross-cultural Studies   2010年   
SENDAI DESIGN LEAGUE 2009卒業設計日本一決定戦オフィシャルブック
堀口 徹 (担当:監修, 範囲:共同監修。38-40、47、97ページのテキスト)
建築資料研究社/日建学院   2009年7月   
Global Design Education
2009年   
World Architecture Workshop 2002-2008
Tohoku University   2009年   
Hitoshi Abe on-the-spot
Michigan Architecture Press   2008年   
リノベーションの現場 協働で広げるアイデアとプロジェクト戦略
彰国社   2005年   
阿部仁史 フリッカー
阿部仁史 (担当:共編者, 範囲:編集(共同))
TOTO出版   2005年3月   
プロジェクトブック
2005年   

講演・口頭発表等

 
Google Fiction Travelerワークショップ [招待有り]
堀口 徹
Ming Chuan University   2017年10月   
建築と映画の狭間vol.2「現場日記」
堀口 徹
建築と映画の狭間vol.2「現場日記」   2017年7月   
Cross-cultural Workshop as a Practice to Re-spect Urban Cultural Resources [招待有り]
堀口 徹
University for Creative Korea-I, International Seminar on Management of Housing and Urban Cultural Resources   2016年11月   
Report from the 1st Asian Architectural Students Summer Workshop in Osaka/Sabae [招待有り]
堀口 徹
大阪市立大学都市研究プラザ大阪市立大学都市研究プラザ10周年記念国際シンポジウム「復元力のある都市をめざして」   2016年9月   
2016 Busan International Architectural Design Workshop [招待有り]
堀口 徹
2016 Busan International Architectural Design Workshopユニットマスター   2016年8月   
Cross-cultural Architecture Workshop as/towards an Alternative Practice of Architecture [招待有り]
堀口 徹
RMIT Practice Research Symposium Asia 2016   2016年8月   
「映画の中の都市空間 - ポストGoogle時代の映画の楽しみ方」 [招待有り]
堀口 徹
京都精華大学「空間の可能性」   2016年7月   
島田陽|日常の設計の日常 [招待有り]
堀口 徹
出版記念イベント   2016年6月   
PBL型デザインワークショップの取り組みについて
堀口 徹
立命館大学高等教育研究会   2016年3月   
大阪と映画〜建築的な映画の見方〜 [招待有り]
堀口 徹
立命館大学梅田キャンパス公開講座   2015年10月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
大阪〈生きた建築〉映画祭 非・定住者たちの〈大阪〉
堀口 徹   芸術活動   2017年11月 - 2017年11月
大阪〈生きた建築〉映画祭 失われた〈大阪〉を求めて
堀口 徹   芸術活動   2016年11月 - 2016年11月
アジア建築学生サマーワークショップ・イン・大阪&鯖江
堀口 徹   芸術活動   2016年4月 - 2016年8月
大阪〈生きた建築〉映画祭 銀幕に甦る都市大阪の〈身体〉を発見せよ!
堀口 徹   芸術活動   2015年11月 - 2015年11月
U-CHI-WA
芸術活動   2009年
MEGAHOUSE
芸術活動   2006年
仙台市卸商団地における新しいまちづくりに関する実践的研究
2011年 - 2012年
石巻市雄勝半島復興計画基本構想調査・研究
2011年 - 2011年
仙台市卸商団地における新しいまちづくりに関する実践的研究
2010年 - 2011年
仙台市卸商団地における新しいまちづくりに関する実践的研究
2009年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
世界の建築教育空間〈解体新書〉作成 - 建築家により設計された建築学科棟に関する研究
ユニオン造形文化財団: 調査研究助成
研究期間: 2018年5月 - 2019年3月    代表者: 堀口 徹
近畿大学・釜山国立大学校 建築都市デザイン国際交流PBLワークショップ 「釜山映画都市フィールドワーク」
公益財団法人 日韓文化交流基金: 草の根交流事業
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 堀口 徹
アジア太平洋地域の大学建築デザイン教育における国際性と地域性に関する国際比較研究
文部科学省: 科研費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 堀口 徹