沼上 幹

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/01 03:30
 
アバター
研究者氏名
沼上 幹
eメール
cc00576srv.cc.hit-u.ac.jp
所属
一橋大学
部署
経営管理研究科
職名
教授
学位
博士(商学)(一橋大学)
その他の所属
一橋大学一橋大学一橋大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1988年4月
 - 
1991年3月
成城大学 経済学部 講師
 
2000年4月
 - 
2018年3月
一橋大学 商学研究科 教授
 
2011年1月
 - 
2012年12月
一橋大学 商学研究科 研究科長
 
2014年12月
 - 
2018年7月
一橋大学 森有礼高等教育国際流動化センター センター長
 
2014年12月
 - 
現在
一橋大学 副学長
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1988年3月
一橋大学 商学研究科 
 

受賞

 
1996年6月
組織学会 高宮賞(論文部門)
 
「経営学におけるマクロ現象法則確立の可能性」
2000年3月
毎日新聞社 『エコノミスト』 エコノミスト賞
 
『液晶ディスプレイの技術革新史:行為連鎖システムとしての技術』
2000年6月
組織学会 高宮賞(著作部門)
 
『液晶ディスプレイの技術革新史:行為連鎖システムとしての技術』
2000年11月
日本経済新聞社 経済図書文化賞
 
『液晶ディスプレイの技術革新史:行為連鎖システムとしての技術』

論文

 
経営におけるマクロ現象法則確立の可能性
沼上 幹
組織科学   28(3)    1995年4月
20世紀の経営学:『科学』化からの脱却
沼上 幹
一橋 ビジネスレビュー   48(3) 22-37   2000年4月
沼上 幹
組織科学   33(4) 32-44   2000年6月
Interfunctional Transfers of Engineers in Japan: Empirical Findings and Implications for Cross-Functional Integration (共著)
Tsuyoshi Numagami,Takeru Kusunoki
IEEE Transactions on Engineering Management   45(3) 250-262   2000年4月
Infeasibility of Establishing Invariant Laws in Management Studies
沼上 幹
Organization Science   9(1) 1-15   1998年4月

書籍等出版物

 
行為の経営学:経営学における意図せざる結果の探究
沼上 幹
白桃書房   2000年4月   
『液晶ディスプレイの技術革新史:行為連鎖システムとしての技術』
沼上 幹
白桃書房   1999年4月   ISBN:4561263152
 液晶ディスプレイの技術革新と産業進化の歴史を1888年から1996年まで記述・分析し,技術進化と産業進化に関する考察を加えた書籍である.日本の産業において柔軟な取引システムを採用することで技術革新が加速されるという議論に対する反論を提供したと考えられる. 本書により,日本経済新聞社経済図書文化賞・毎日新聞『エコノミスト』エコノミスト賞・組織学会高宮賞を受賞した.
わかりやすいマーケティング戦略
沼上 幹
有斐閣   2000年4月   
小倉昌男:成長と進化を続けた論理的ストラテジスト
沼上 幹
PHP研究所   2018年3月   ISBN:978-4-569-83433-7
 ヤマト運輸の宅急便の創始者である小倉昌男の評伝および,その経営戦略の思考法,経営組織の設計の考え方,自らを戦略家として成長させる態度に関する考察.
Innovative Forms of Organizing: International Perspective (共著)
Pettigrew, Andrew M., Richard Whittington, Leif Melin, Carlos Sanchez-Runde, Frans A. J.Van Den Bosch, Winfried Ruigrok, and Tsuyoshi Numagami (担当:共編者)
Sage Publications   2003年8月   ISBN:978-0761964360
 ヨーロッパ各国と日本の組織の実証比較を行なった研究であり,1990年代の厳しい環境下に置かれていた日本企業の特徴が他国との比較の中で記述されている.

講演・口頭発表等

 
「組織デザインと組織の〈重さ〉」
沼上 幹
組織学会   2005年10月1日   
「戦略と組織のダイナミック・インタラクション:日本企業の創発戦略に関する理論的考察」
沼上 幹
日本経営学会   2004年9月1日   
「アメリカの経営戦略論と日本企業の実証研究:リソース・ベースト・ビューを巡る相互作用」
沼上 幹
経営学史学会   2006年5月1日   

競争的資金等の研究課題

 
日本の企業組織と経営戦略の実証研究
研究期間: 2003年4月 - 現在
科学研究費助成事業
研究期間: 1993年4月 - 1995年3月
科学研究費助成事業
研究期間: 1996年4月 - 1997年3月
科学研究費助成事業
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月