井伊 雅子

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/29 03:59
 
アバター
研究者氏名
井伊 雅子
所属
一橋大学
部署
経済学研究科
職名
教授
学位
博士号(ウィスコンシン州立大学マディソン校)
その他の所属
一橋大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
2004年3月
横浜国立大学 経済学部 助教授
 
2004年4月
 - 
2005年3月
一橋大学 国際企業戦略研究科 教授
 
2005年4月
 - 
現在
一橋大学 経済学研究科 教授
 
2005年4月
 - 
現在
一橋大学 国際・公共政策研究部 教授
 

学歴

 
1986年9月
 - 
1993年12月
ウィスコンシン州立大学マディソン校 経済学研究科 経済学
 
 
 - 
1986年3月
国際基督教大学 教養学部 社会科学
 

論文

 
Masako Ii, Bing Niu
Health Policy   123(4) 345-352   2019年4月   [査読有り]
Japan’s universal health care system provides many advantages for its users, including affordable health coverage with free and equal access to medical institutions. However, the Japanese population’s satisfaction with the health care system is am...
"Community Perceptions and the Demand for Health Services:El Salvador, " (共著)
Masako Ii, Susan Kolodin
Inter-America Development Bank Working Paper      1994年4月   [査読有り]
"Japanese Health Care Reform in the Context of a Rapidly Aging Population, "
Masako Ii
Health Sector Reform in Asia, Proceedings of a Regional Conference, Asian Development Bank, Manila, Philippines   519-529   1995年4月
"The Demand for Medical Care: Evidence from Urban Areas in Bolivia, "
Masako Ii
ILiving Standard Measurement Study (World Bank) Working Paper No.123      1996年4月   [査読有り]
"Enhancing the Effectiveness of External Assistance: Social Impact of Adjustment Programs, "
井伊 雅子
Proceedings for the Seminar for Deepening Structural Reforms and Policies for Growth in Africa, Ministry of Finance of Japan, IMF and the World Bank, Paris, France      1996年4月

書籍等出版物

 
医療サービス需要の経済分析 (共著)
井伊雅子・大日康史 (担当:共著)
日本経済新聞社   2002年1月   
従来の研究は、医療サービスの供給者側に焦点を当てたものだが、この研究ではいままで軽視されがちであった需要者(患者)の行動が、医療保険制度や医療政策に対して担う役割の重要性を分析した。二点目として、官庁や国際機関が収集したデータだけでなく、筆者自身が独自に収集した個票データを駆使してさまざまな計量分析を行っている。三点目として、実証結果に基づいた政策提言を行っている。数々の書評でも高く評価を受けている。(日本経済新聞(平成14年3月3日朝刊)、日本経済研究センター会報(平成14年4月1日号)...
『アジアの医療保障制度』
井伊雅子
東京大学出版会   2009年4月   

講演・口頭発表等

 
"Empirical Evidence of Primary Prevention, Secondary Prevention, and Medical Demand"
井伊 雅子
4th International health Economics Association, World Congress   2003年6月1日   
「眼科手術における在院日数の離散型比例ハザード・モデルによる分析」
井伊 雅子
日本経済学会2004年度秋季大会   2004年9月1日   
-
井伊 雅子
International Symposium on Health Care Systems in Asia,"Health Care Delivery and Financing in Japan, Korea and Taiwan,"   2005年1月1日   
"Policy Options for Health Insurance and Long-term Care Insurance: Health Care Financing in Japan, Korea and Taiwan,"
井伊 雅子
Final meeting and international forum for ESRI (Economic Social Research Institute at the Japanese Cabinet Office) Collaboration Projects   2005年2月1日   
「水晶体の単眼・両眼手術における在院日数の比較分析」
井伊 雅子
日本経済学会2005年度秋季大会   2005年9月1日   

競争的資金等の研究課題

 
「現代経済システムの規範的評価と社会的選択」(2003 - 2007年度,21世紀COEプログラム・研究拠点形成費等補助金(研究拠点形成費),事業推進担当者)
共同研究(学内共同研究)
研究期間: 2003年4月 - 2008年3月
プログラム評価のための計量的手法の応用-日本の家計個票データを用いた分析-
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月
医師の養成と配置のプロセスに関する研究
研究期間: 2004年4月 - 現在
医療費統計の国際比較
研究期間: 2004年4月 - 現在
構造改革特区に対する事前事後評価および評価手法確立のための理論的・実証的研究(研究分担者)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月