平子 友長

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/16 10:34
 
アバター
研究者氏名
平子 友長
 
タイラコ トモナガ
学位
社会学修士(一橋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
一橋大学 社会学研究科 教授
 
1979年
 - 
1981年
 一橋大学社会学部 助手
 
1987年
 - 
1994年
 一橋大学社会学部 助教授
 
1994年
 - 
2000年
 一橋大学社会学部 教授
 
2000年
   
 
- 一橋大学社会学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
一橋大学 社会学研究科 社会思想史
 
 
 - 
1974年
一橋大学 社会学部 社会思想史
 

委員歴

 
2007年
   
 
社会思想史学会  常任幹事
 

Misc

 
日本人の時間了解 ひとつの比較文化論の試み
平子 友長
一橋大学社会学部特定研究地域社会の国際化      1996年
Time and temporaliry from a Japanese perspective.
平子 友長
Time and temporality in international perspective      1996年
アナール派の歴史学と歴史哲学の可能性
平子 友長
唯物論研究年誌創刊号 終末の時代を超える      1996年
Materialismus und Dialektik bei Marx.
平子 友長
Elemente zur Kritik der Werttheorie      1997年
越境インタビュー和辻哲郎『風土』をめぐって (共著)
平子 友長(清眞人)
共同探求通信   9 34-44   1997年

書籍等出版物

 
資本主義の起源 (原書名:THE ORIGIN OF CAPITALISM by Wood, Ellen Meiksins)
こぶし書房   2002年   ISBN:978-4875591641
社会主義と現代世界
青木書店   1991年   ISBN:978-4250910234
渡辺雅男編『高島善哉著作集 第7巻 マルクスとヴェーバー』 (共著)
こぶし書房   1997年   ISBN:978-4875591177
服部文男編 『資本論体系 第1巻 資本論体系の成立』 (共著)
有斐閣   2000年   ISBN:978-4641053410
川越修他編 『思想史と社会史の弁証法』 『良知力コレクション』によせて (共著)
御茶の水書房   2007年   ISBN:978-4275005489

講演・口頭発表等

 
Time and Temporality from a Japanese Perspective
国際会議:間文化的視点からみた時間と時間性(the international conference on time and temporality in intercultural perspective)   1995年   
Zeitlichkeit und Raemlichkeit in der Geshichte - Watsuji, Heidegger und Braudel -
間文化哲学学会研究大会(Tagung der Gesellschaft fuer Interkultuelle Philosophie)   1997年   
市民社会概念の歴史
民主主義科学者協会法律部会定例学会   1997年   
20 世紀の解釈学と和辻哲郎
唯物論研究協会第21回大会   1998年   
三木清と日本のフィリピン占領
三木清研究会(兵庫県龍野市)   2003年   

Works

 
マルクス抜粋ノートの編集とその活用による『資本論』形成史研究の新段階の開拓
2007年 - 2010年
カント晩年の政治哲学の意義と世紀転換期ドイツの政治思想
2007年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
ドイツ語版マルクス・エンゲルス全集第4部門第18巻の編集
研究期間: 2007年 - 2016年
カント最晩年の政治哲学
研究期間: 2010年 - 2013年
三木清の哲学
研究期間: 2010年 - 2013年