下原 勝憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/31 02:57
 
アバター
研究者氏名
下原 勝憲
 
シモハラ カツノリ
所属
同志社大学
部署
理工学部情報システムデザイン学科
職名
博士後期課程教授
学位
博士(工学)(九州大学), 工学修士(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1978年4月
 - 
1985年2月
 日本電信電話公社横須賀電気通信研究所研究員
 
1985年2月
 - 
1985年8月
 日本電信電話公社横須賀電気通信研究所研究専門調査員
 
1985年9月
 - 
1985年10月
 日本電信電話公社複合通信研究所研究専門調査員(組織名変更)
 
1985年11月
 - 
1987年6月
 日本電信電話公社複合通信研究所主任研究員(役職名変更)
 
1986年2月
 - 
1987年2月
 米国マサチューセッツ工科大学メディア研究所客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
1978年
九州大学 工学研究科 情報工学専攻
 
 
 - 
1976年
九州大学 工学部 情報工学科
 

委員歴

 
1998年
   
 
IEEE  SMC’99 国際会議組織委員会委員
 
1993年
   
 
システム制御情報学会  第37期常任理事
 
1994年
   
 
システム制御情報学会  第38期常任理事
 
1995年
   
 
システム制御情報学会  第39期システム制御情報学会理事
 
1997年
   
 
システム制御情報学会  第41期理事
 

Misc

 
Rayleigh の仮説による薄膜誘電体導波路の数値解析
下原 勝憲
修士論文      1978年
人工生命
下原 勝憲
「仮想現実学への序曲」, 共立出版   124-131   1994年
脳コミュニケーションの進化
下原 勝憲
「人工生命の近未来」, 時事通信社   43-68   1994年
行動型ハードウェアの進化
下原 勝憲
「遺伝的アルゴリズム2」, 産業図書   207-249   1995年
ニューラルネットとコンピュータ
下原 勝憲
「ニューラルネットワーク応用」, オーム社   15-26   1995年

書籍等出版物

 
Artificial Life V, Proceedings of the Fifth International Workshop on the Synthesis and Simulation of Living Systems
MIT Press   1997年   
Analyzing Barnga Gaming Simulation Using an Agent-Based Model
Agent-Based Modeling Meets Gaming Simulation, ABSS   2006年   
感性と情報
森北出版   2007年   
Evolutionary adaptive behavior in noisy multi-agent system
Multi-Agent Systems–Modeling, Interactions, Simulations and Case Studies, (Eds.) Alkhateeb, F.,Maghayreh, E. A., and Doush, I. A., InTech   2011年   
文明を科学する
カキツ出版部   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
関係性のデザイン

特許

 
遠隔操縦ロボツト操舵システム
平05-069832
学習型筋電パターン認識ロボツトハンド制御装置
平05-111881
神経回路網型パターン生成装置
平05-151374
並列データ処理装置
平06-139211
パターン識別装置
平06-139216