IMAI Yuuki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 27, 2019 at 16:12
 
Avatar
Name
IMAI Yuuki
Alternative names
IY003926
Affiliation
Ehime University

Research Interests

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2015
 - 
Today
Director, Division of Division of Laboratory Animal Research, ADRES, Ehime University
 
Apr 2013
 - 
Today
Professor, Division of Integrative Pathophysiology, PROS, Ehime University
 
Apr 2013
 - 
Today
Professor, Department of Integrative Pathophysiology, Graduate School of Medicine, Ehime University
 
Aug 2014
 - 
Jul 2016
Program officer, Grants-in-Aid for Scientific Research, MEXT
 
Apr 2010
 - 
Mar 2013
Project Lecturer, Laboratory of Epigenetic Skeletal Diseases, IMCB, The University of Tokyo
 
Apr 2009
 - 
Mar 2010
Visiting Scientist, Dana-Farber Cancer Institute
 

Education

 
Apr 2001
 - 
Mar 2005
Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medicine, Osaka City University
 
Apr 1993
 - 
Mar 1999
Medical School, Osaka City University
 

Awards & Honors

 
May 2018
ECTS East-Meets-West Award, The European Calcified Tissue Society
Winner: Yuuuki Imai
 

Published Papers

 
Haraguchi R, Kitazawa R, Kohara Y, Ikedo A, Imai Y, Kitazawa S.
Int. J. Mol. Sci.   20(23) 5840   Nov 2019   [Refereed]
Uematsu A, Kido K, Takahashi H, Takahashi C, Yanagihara Y, Saeki N, Yoshida S, Maekawa M, Honda M, Kai T, Shimizu K, Higashiyama S, Imai Y, Tokunaga F, Sawasaki T
The Journal of biological chemistry   294(38) 14135-14148   Jul 2019   [Refereed]
Sawada Y, Kikugawa T, Iio H, Sakakibara I, Yoshida S, Ikedo A, Yanagihara Y, Saeki N, GyŐrffy B, Kishida T, Okubo Y, Nakamura Y, Miyagi Y, Saika T, Imai Y
International journal of cancer      Jul 2019   [Refereed]
Kojima A, Sakaue T, Okazaki M, Shikata F, Kurata M, Imai Y, Nakaoka H, Masumoto J, Uchita S, Izutani H
Journal of cardiothoracic surgery   14(1) 124   Jun 2019   [Refereed]
Hayashi K, Suzuki A, Terai H, Ahmadi SA, Rahmani MS, Hasib MM, Habibi H, Hori Y, Yamada K, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Ohyama S, Imai Y, Nakamura H
Spine   44(20) E1172-E1180   Apr 2019   [Refereed]
Yanagihara Y, Inoue K, Saeki N, Sawada Y, Yoshida S, Lee J, Iimura T, Imai Y
Bone   122 93-100   Feb 2019   [Refereed]
Ikedo A, Kido K, Ato S, Sato K, Lee JW, Fujita S, Imai Y
Physiological reports   7(6) e14046   Mar 2019   [Refereed]
Yamada T, Nabe S, Toriyama K, Suzuki J, Inoue K, Imai Y, Shiraishi A, Takenaka K, Yasukawa M, Yamashita M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   202(4) 1088-1098   Jan 2019   [Refereed]
Ishimaru Y, Oshima Y, Imai Y, Iimura T, Takanezawa S, Hino K, Miura H
Molecules (Basel, Switzerland)   23(12)    Nov 2018   [Refereed]
Suzuki J, Yamada T, Inoue K, Nabe S, Kuwahara M, Takemori N, Takemori A, Matsuda S, Kanoh M, Imai Y, Yasukawa M, Yamashita M
Nature communications   9(1) 3296   Aug 2018   [Refereed]
Yamashita M, Inoue K, Saeki N, Ideta-Otsuka M, Yanagihara Y, Sawada Y, Sakakibara I, Lee J, Ichikawa K, Kamei Y, Iimura T, Igarashi K, Takada Y, Imai Y
Development (Cambridge, England)   145(1)    Jan 2018   [Refereed]
Uematsu A, Kido K, Manabe E, Takeda H, Takahashi H, Hayashi M, Imai Y, Sawasaki T
Biochemical and biophysical research communications   495(3) 2289-2295   Jan 2018   [Refereed]
Haraguchi R, Kitazawa R, Imai Y, Kitazawa S
Histochemistry and cell biology   149(4) 365-373   Jan 2018   [Refereed]
Lee JW, Hoshino A, Inoue K, Saitou T, Uehara S, Kobayashi Y, Ueha S, Matsushima K, Yamaguchi A, Imai Y, Iimura T
Nature communications   8 2226   Dec 2017   [Refereed]
Sakamoto Y, Yamamoto T, Sugano N, Takahashi D, Watanabe T, Atsumi T, Nakamura J, Hasegawa Y, Akashi K, Narita I, Miyamoto T, Takeuchi T, Ikari K, Amano K, Fujie A, Kubo T, Tada Y, Kaneuji A, Nakamura H, Miyamura T, Kabata T, Yamaji K, Okawa T, Sudo A, Ohzono K, Tanaka Y, Yasunaga Y, Matsuda S, Imai Y, Japanese Research Committee on Idiopathic Osteonecrosis of the Femoral Head., Akiyama M, Kubo M, Kamatani Y, Iwamoto Y, Ikegawa S
Scientific reports   7 15035   Nov 2017   [Refereed]
Sakaue T, Sakakibara I, Uesugi T, Fujisaki A, Nakashiro K, Hamakawa H, Kubota E, Joh T, Imai Y, Izutani H, Higashiyama S.
Sci Rep   (7) 42845   Feb 2017   [Refereed]
Mamoto K, Ohta Y, Ichikawa K, Imai Y, Minoda Y, Takaoka K, Nakamura H.
J Musculoskelet Res.   19(3) 1650015   Jan 2017   [Refereed]
Ichikawa K, Ohta Y, Mamoto K, Mizokawa S, Minoda Y, Imai Y, Takaoka K, Nakamura H.
Biochem Biophys Res Commun.   480(3) 314-320   Nov 2016   [Refereed]
Omata Y, Nakamura S, Koyama T, Yasui T, Hirose J, Izawa N, Matsumoto T, Imai Y, Seo S, Kurokawa M, Tsutsumi S, Kadono Y, Morimoto C, Aburatani H, Miyamoto T, Tanaka S.
PLoS One   11(6) e0157992   Jul 2016   [Refereed]
Haraguchi R, Kitazawa R, Mori K, Tachibana R, Kiyonari H, Imai Y, Abe T, Kitazawa S.
Sci Rep   (6) 25198   Apr 2016   [Refereed]
Ito R, Shimada H, Yazawa K, Sato I, Imai Y, Sugawara A, Yokoyama A.
Biochemistry and Biophysics Reports   5 134-140   Mar 2016   [Refereed]
Inoue K, Imai Y
Biochimica et biophysica acta   1852(11) 2432-2441   Nov 2015   [Refereed]
Omata Y, Yasui T, Hirose J, Izawa N, Imai Y, Matsumoto T, Masuda H, Tokuyama N, Nakamura S, Tsutsumi S, Yasuda H, Okamoto K, Takayanagi H, Hikita A, Imamura T, Matsuo K, Saito T, Kadono Y, Aburatani H, Tanaka S
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   30(5) 869-877   May 2015   [Refereed]
Yano K, Yasuda H, Takaoka K, Takahashi M, Nakamura H, Imai Y, Wakitani S
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   20(2) 390-396   Mar 2015   [Refereed]
Shimizu K, Uematsu A, Imai Y, Sawasaki T
FEBS letters   588(17) 3030-3037   Aug 2014   [Refereed]
Inoue K, Imai Y
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   29(8) 1823-1832   Aug 2014   [Refereed]
Yu TY, Kondo T, Matsumoto T, Fujii-Kuriyama Y, Imai Y
Biochemical and biophysical research communications   450(1) 416-422   Jul 2014   [Refereed]
Ipulan LA, Suzuki K, Sakamoto Y, Murashima A, Imai Y, Omori A, Nakagata N, Nishinakamura R, Valasek P, Yamada G
Endocrinology   155(7) 2467-2479   Jul 2014   [Refereed]
Enoki Y, Sato T, Tanaka S, Iwata T, Usui M, Takeda S, Kokabu S, Matsumoto M, Okubo M, Nakashima K, Yamato M, Okano T, Fukuda T, Chida D, Imai Y, Yasuda H, Nishihara T, Akita M, Oda H, Okazaki Y, Suda T, Yoda T
FEBS letters   588(14) 2262-2269   Jun 2014   [Refereed]
Kondoh S, Inoue K, Igarashi K, Sugizaki H, Shirode-Fukuda Y, Inoue E, Yu T, Takeuchi JK, Kanno J, Bonewald LF, Imai Y
Bone   60 68-77   Mar 2014   [Refereed]
Okuno Y, Inoue K, Imai Y
Adipocyte   2(4) 285-288   Oct 2013   [Refereed]
Si Y, Inoue K, Igarashi K, Kanno J, Imai Y
Biochemical and biophysical research communications   437(4) 579-584   Jul 2013   [Refereed]
Inoue K, Inoue E, Imai Y
Biochemical and biophysical research communications   434(4) 740-745   May 2013   [Refereed]
Okuno Y, Ohtake F, Igarashi K, Kanno J, Matsumoto T, Takada I, Kato S, Imai Y
Diabetes   62(5) 1426-1434   May 2013   [Refereed]
Imai Y, Youn MY, Inoue K, Takada I, Kouzmenko A, Kato S
Physiological reviews   93(2) 481-523   Apr 2013   [Refereed]
Yamamoto Y, Yoshizawa T, Fukuda T, Shirode-Fukuda Y, Yu T, Sekine K, Sato T, Kawano H, Aihara K, Nakamichi Y, Watanabe T, Shindo M, Inoue K, Inoue E, Tsuji N, Hoshino M, Karsenty G, Metzger D, Chambon P, Kato S, Imai Y
Endocrinology   154(3) 1008-1020   Mar 2013   [Refereed]
Youn MY, Yokoyama A, Fujiyama-Nakamura S, Ohtake F, Minehata K, Yasuda H, Suzuki T, Kato S, Imai Y
The Journal of biological chemistry   287(16) 12994-13004   Apr 2012   [Refereed]
Manaka T, Suzuki A, Takayama K, Imai Y, Nakamura H, Takaoka K
Biomaterials   32(36) 9642-9648   Dec 2011   [Refereed]
Fujiki R, Hashiba W, Sekine H, Yokoyama A, Chikanishi T, Ito S, Imai Y, Kim J, He HH, Igarashi K, Kanno J, Ohtake F, Kitagawa H, Roeder RG, Brown M, Kato S
Nature   480(7378) 557-560   Nov 2011   [Refereed]
Okamoto M, Murai J, Imai Y, Ikegami D, Kamiya N, Kato S, Mishina Y, Yoshikawa H, Tsumaki N
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   26(10) 2511-2522   Oct 2011   [Refereed]
Imai Y, Kouzmenko A, Kato S
Expert opinion on therapeutic targets   15(10) 1143-1145   Oct 2011   [Refereed]
Ni M, Chen Y, Lim E, Wimberly H, Bailey ST, Imai Y, Rimm DL, Liu XS, Brown M
Cancer cell   20(1) 119-131   Jul 2011   [Refereed]
Baba A, Ohtake F, Okuno Y, Yokota K, Okada M, Imai Y, Ni M, Meyer CA, Igarashi K, Kanno J, Brown M, Kato S
Nature cell biology   13(6) 668-675   Jun 2011   [Refereed]
Yasuda T, Kometani K, Takahashi N, Imai Y, Aiba Y, Kurosaki T
Science signaling   4(169) ra25   Apr 2011   [Refereed]
Takahashi S, Watanabe T, Okada M, Inoue K, Ueda T, Takada I, Watabe T, Yamamoto Y, Fukuda T, Nakamura T, Akimoto C, Fujimura T, Hoshino M, Imai Y, Metzger D, Miyazono K, Minami Y, Chambon P, Kitamura T, Matsumoto T, Kato S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   108(12) 4938-4943   Mar 2011   [Refereed]
Youn MY, Takada I, Imai Y, Yasuda H, Kato S
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   15(10) 1025-1035   Oct 2010   [Refereed]
Kitano T, Imai Y, Morita M, Nakagawa K, Wada M, Sakai T, Eguchi Y, Kuroda T
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   15(4) 443-451   Jul 2010   [Refereed]
Tokuhara Y, Wakitani S, Imai Y, Kawaguchi A, Fukunaga K, Kim M, Kadoya Y, Takaoka K
International orthopaedics   34(5) 761-767   Jun 2010   [Refereed]
Imai Y, Kondoh S, Kouzmenko A, Kato S
Molecular endocrinology (Baltimore, Md.)   24(5) 877-885   May 2010   [Refereed]
Takada I, Tsuji N, Youn MY, Fujiyama S, Okada M, Imai Y, Kondo S, Kitakawa H, Yasuda H, Kato S
Annals of the New York Academy of Sciences   1192 201-207   Mar 2010   [Refereed]

Misc

 
整形外科医だからこそ知っておきたい骨格筋量制御のサイエンス
Yuuki Imai
ORTHO PEDI   (20) 6-9   May 2019   [Invited]
【ホルモンによる骨代謝の制御】 骨の成長・成熟・老化とホルモン アンドロゲン
今井 祐記
腎と骨代謝   32(2) 115-120   Apr 2019
<文献概要>男性ホルモンであるアンドロゲンはアンドロゲン受容体に作用して,標的遺伝子の発現によって生理活性を発揮する.同時にアンドロゲンであるテストステロンは,女性ホルモンである17βエストラジオールの前駆体でもあり,性ステロイド生合成機構からも,アンドロゲンの作用を理解することが必要である.ヒトおよびマウスにおけるこれまでの研究から,アンドロゲンの骨量維持作用は,直接的および間接的な作用の総和であることを理解する必要がある.
ASBMR 2018 report on basic research.
IMAI Yuuki
CLINICAL CALCIUM   29(1) 99-103   Dec 2018
Regulation of bone metabolism by estrogen
IMAI Yuuki
Ehime Medical Journal   37(1) 1-4   Mar 2018   [Invited]
超高齢社会を迎えた本邦において、健康長寿社会の実現のためには、要介護および要支援の原因となる運動器疾患の克服は社会的課題と言える。中でも骨粗鬆症患者数は1,300万人を超えると推計されている。先進国の中で本邦では未だに増加の一途を辿っている骨粗鬆症性骨折は、ADLのみならず生存率をも低下させる疾病である。骨粗鬆症の多くは閉経後骨粗鬆症であり、エストロゲン欠乏により惹起される高回転型骨代謝を伴う骨量減少を呈する。エストロゲンはエストロゲン受容体(ER:Estrogen Receptor)と結...
【超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス 筋疾患から代謝・全身性制御へと広がる筋研究を、健康寿命の延伸につなげる】 (第3章)骨格筋量・質の調節機構 アンドロゲンによる骨格筋制御 ドーピングから治療まで
今井 祐記
実験医学   36(7) 1171-1175   May 2018
超高齢社会を迎えた本邦における健康長寿の獲得は社会的課題である。要支援の主な原因となる転倒/骨折を予防するためには筋力強化が重要である。現在のところ、筋力強化に資する唯一の分子といえるアナボリックステロイドであるアンドロゲンは、筋力増強効果は認められるものの、心血管イベントを中心に多様な副作用リスクの増強も報告されている。アンドロゲン受容体遺伝子欠損マウスの解析から、アンドロゲンは直接的に骨格筋の筋質を制御すること、骨格筋外組織を介して間接的に筋量を制御することが明らかになりつつある。しか...
性ホルモンによる骨代謝制御機構
IMAI Yuuki
White   5(1) 70-71   May 2017   [Invited]
今井 祐記
臨床婦人科産科   71(1) 30-35   Jan 2017
性ステロイドホルモン受容体は,特異的なリガンドとの結合により転写因子として作用し,ゲノム全体での結合領域,遺伝子発現を制御する.近年の次世代型シーケンサの発展で,ゲノムワイド解析の大部分が,転写因子の結合領域(ChIP-seq)と遺伝子発現プロファイル(RNA-seq)の統合的解析により行われている.性ステロイドホルモン受容体の統合的ゲノムワイド解析は,さまざまな性ホルモン応答性疾患の治療標的となりうる分子の同定が可能となり,治療法開発への一助となることが期待されている.(著者抄録)
【女性のライフサイクルと骨・カルシウム代謝】 エストロゲンによる骨・カルシウム代謝制御の分子機構
今井 祐記
Clinical Calcium   27(5) 635-641   Apr 2017
本邦において約1,300万人と推定されている骨粗鬆症患者の大半は,閉経後骨粗鬆症である。閉経により女性ホルモンであるエストロゲンが欠乏することで,内分泌制御によるフィードバック機構やエストロゲンによる恒常性維持機構の破綻が主な原因となり,高回転型骨代謝を伴う骨吸収の亢進による骨量減少が惹起される。近年,エストロゲン受容体α遺伝子欠損マウスの解析を中心とした研究成果から,閉経後骨粗鬆症の分子メカニズムが明らかになりつつある。本稿では,エストロゲンによる直接的及び間接的な骨代謝制御機構について...
Vocabulary DNase-seq
今井 祐記
整形外科   67(10) 1076-1076   Sep 2016
【男性骨粗鬆症】 アンドロゲン受容体によるエピジェネティクス制御機構と骨代謝制御
今井 祐記
Clinical Calcium   26(7) 1017-1022   Jun 2016
男性骨粗鬆症病態を理解するため,アンドロゲン受容体(AR)によるエピジェネティクス制御機構は重要な要素と言える。ARによるエピエジェネティクスには,ARの転写共役因子に含まれるエピエジェネティクス制御因子の役割が必須であり,中でもlysine-specific demethylase 1(LSD1)の作用機序について研究が進んでいる。本稿では,主に前立腺細胞において発見されたARによるエピジェネティクス制御と,共役因子であるLSD1の作用を中心に,ARに関連したエピジェネティクス制御因子に...
【骨粗鬆症update-リハビリテーションとともに-】 骨粗鬆症の疫学と基礎 性ホルモンと骨粗鬆症
今井 祐記
MEDICAL REHABILITATION   (195) 21-26   Apr 2016
原発性骨粗鬆症の多くを占める閉経後骨粗鬆症の第一義的な原因は、卵巣機能低下による女性ホルモン:エストロゲンの血中濃度の低下である。つまり、エストロゲンには骨量を維持する作用があり、その恒常性維持の機構が破綻することでエストロゲン欠乏による骨粗鬆症が発症すると考えられる。かつて、エストロゲンは骨形成を促進する作用が中心であると考えられてきたが、近年の基礎研究の成果から、エストロゲンは、破骨細胞による骨吸収を抑制的に制御することにも大きな役割を担うこと明らかになってきた。なかでも、エストロゲン...
【運動器疾患のゲノム解析の最前線〜単一遺伝子病から、common disease、ビッグデータ解析まで〜】 Transcriptome、proteome解析、ビッグデータ解析 骨格関連細胞分化へのビッグデータ解析応用
今井 祐記
Clinical Calcium   26(4) 573-578   Mar 2016
生命科学におけるビッグデータは、次世代型シーケンサの出現により爆発的に進歩した。様々なシーケンスデータの代表例として、エピジェネティクスに関連したデータは、広くかつ詳細に多くの生命現象を解き明かす鍵となっている。本稿では、骨格関連細胞の分化へのビッグデータ応用の一例として、破骨細胞分化におけるDNase-seqデータからクロマチンリモデリング情報解析により、新規転写因子の同定につながる筆者らの研究を紹介する。骨格関連研究におけるビッグデータについては世界的な取り組みが行われており、今後ます...
【運動器系の制御機構と疾患】 運動器組織における性ホルモン受容体による遺伝子発現の制御機構
今井 祐記
Clinical Calcium   25(8) 1147-1153   Jul 2015
骨粗鬆症や変形性関節症など、骨、関節、筋肉などの運動器組織の疾患の罹患頻度には、大きな性差が存在する。疾患=恒常性の破綻と考えた場合、運動器組織の恒常性維持機構にも性差が存在すると考えられる。性差を担う要素には、性染色体と性ホルモンがあり、運動器疾患の多くが高齢者であることから性ホルモン欠乏が運動器疾患病態の一部を担っているとも言える。性ホルモンの作用は、核内受容体を介した標的組織での標的遺伝子の発現制御により発揮されることから、運動器組織における性ホルモン受容体の機能が重要である。本稿で...
【ステロイドホルモンと骨-基礎から臨床まで】 性ステロイドと骨代謝 アンドロゲンと骨代謝
今井 祐記
THE BONE   28(4) 435-438   Dec 2014
アンドロゲンは、性差を構築する一要因である性ホルモンの一つであり、男性(雄性)の構築に作用する。脳や内外性器の発達のみならず、運動器の性差にも重要な役割を果たしていると考えられているが、その詳細はいまだ不明な点が多い。近年のアンドロゲン受容体遺伝子欠損マウスの解析から、アンドロゲンによる骨代謝制御が、骨組織に対して直接的な作用によるものであることが明らかになりつつある。(著者抄録)
【高齢者の骨・関節疾患-転倒予防に向けての取り組み-】 骨折治癒の分子メカニズム
今井 祐記
日本臨床   72(10) 1734-1739   Oct 2014
【骨カルシウム代謝調節最前線】 アンドロゲン受容体による骨代謝制御 期待されるエピジェネティクス制御機構の解明
今井 祐記
腎と骨代謝   27(3) 235-240   Jul 2014
男性ホルモンであるアンドロゲンは,生殖器をはじめとした多くの器官における生体恒常性維持に必須のステロイドホルモンである.アンドロゲンの一種であるテストステロンの血中濃度が低下した場合,骨量減少が認められることからアンドロゲンによる骨量維持作用の存在が想定されるものの,その詳細は不明な部分が多い.近年の研究報告から,アンドロゲン受容体の骨組織での機能や転写調節におけるエピジェネティクス制御が明らかになりつつあり,骨粗鬆症治療の新たな標的となりうると考えられる.(著者抄録)
【骨代謝 つくり、壊し、変える-そのメカニズムと最新治療 分子機構から骨粗鬆症・リウマチなど骨疾患への応用まで】(第II部) 骨代謝疾患を知る (第5章)骨の疾患 原因からみた骨代謝異常 性ホルモンと骨代謝異常
今井 祐記
実験医学   32(7) 1119-1125   May 2014
骨代謝制御の1つの重要な要素に性ホルモンがあげられる。性ホルモンの欠乏により骨代謝異常が惹起されることはわかっていたものの、その機序については不明な点が多かった。しかし、近年の知見により、性ホルモンのなかでもエストロゲンが、免疫系や下垂体などのほかの組織を介して間接的に骨量維持に作用することや、骨組織に存在する3種の細胞種(破骨細胞、骨芽細胞、骨細胞)に直接的に作用して骨量維持を担っていることが明らかになってきた。性ホルモンによる骨量維持機構の理解は、新規薬剤開発の手がかりとなることが期待...
【ホルモン、サイトカインと骨】 性ホルモン・性腺刺激ホルモンと骨代謝
今井 祐記
Clinical Calcium   24(6) 815-819   May 2014
閉経後骨粗鬆症の病態は、エストロゲン欠乏により惹起されることが明らかとなっている。しかしながら、閉経直前のエストロゲン濃度が保たれている状態でも骨量減少を認めることから、閉経により上昇する卵胞刺激ホルモン(FSH)による骨量制御が注目されている。基礎的研究から、FSHが直接的に破骨細胞形成を促進し、骨吸収を亢進させることで、骨量を負に制御することが報告されている一方で、FSHの強制発現マウスでは、卵巣機能依存的な骨量増加を認めるとの報告もあり、その骨量制御に対する作用は議論の余地がある。本...
【ストレスによる骨制御】 エストロゲン/エストロゲン受容体シグナルによる骨代謝制御
今井 祐記
Clinical Calcium   23(11) 1621-1626   Oct 2013
閉経後骨粗鬆症は、エストロゲン欠乏により惹起される骨量減少である。骨粗鬆症治療を行う場合には、その病態を把握する必要があるが、エストロゲン欠乏による骨量減少機構の詳細なメカニズムは近年まで不明な点が多かった。しかしながら、遺伝子改変マウスを用いたエストロゲン受容体α(ERα)の生体内機能解析が進展したことにより様々な知見が報告され、閉経後骨粗鬆症病態の理解が進んできた。本稿では、エストロゲンによる骨組織内ERαを介した直接的骨量維持機構と多臓器を介した間接的骨量維持機構について、近年の新た...
【エピジェネティクスと病気】 (第2章)エピジェネティクスと病気 環境相互作用・多因子疾患 骨関節疾患におけるエピジェネティクス
今井 祐記
遺伝子医学MOOK   (25) 131-136   Aug 2013
先進諸国では,社会の高齢化が急速に進行しており,健康長寿の獲得が社会的急務といえる。健康長寿の獲得には,高齢者の運動機能低下や寝たきり生活の大きな要因となっている骨粗鬆症による骨折や関節リウマチ,変形性関節症などの運動器疾患を適切に予防・治療する必要がある。これらの疾患に対して,更なる新規治療法の開発が期待されているが,骨関節疾患における治療標的としてのエピジェネティクスの詳細については,大部分が不明であるといえる。本稿では,骨関節疾患の病態生理におけるエピジェネティクスに関する最近の知見...
【骨折予防を目指した積極的な骨粗鬆症診療】 骨粗鬆症の病因と病態に関する新たな展開 エストロゲン
今井 祐記
内科   111(4) 633-636   Apr 2013
エストロゲンはテストステロンからアロマターゼにより合成され,エストロゲン受容体と結合して,その作用を発揮する.エストロゲン欠乏により,骨吸収の亢進を伴う骨量低下が引き起こされる.エストロゲン欠乏による骨量低下は,エストロゲンによる間接的および直接的な骨量維持作用の総和の破綻により生じる.間接的作用は,免疫系細胞を介した炎症性サイトカインや卵胞刺激ホルモン(FSH)による骨吸収の増加などである.直接的作用は,エストロゲン受容体を介したFas ligandの遺伝子発現調節を伴う破骨細胞寿命調節...
【最新の骨粗鬆症学-骨粗鬆症の最新知見】 骨粗鬆症による骨折の予防・治療 骨粗鬆症による骨折の病態・診断・評価・治療 その他の骨折治療 BMPシグナルによる骨折治療
今井 祐記
日本臨床   71(増刊2 最新の骨粗鬆症学) 530-534   Apr 2013
【性決定分化の制御システム:疾患性差・性転換をもたらす♂化・♀化のせめぎ合い】 骨伸長と性差
今井 祐記
細胞工学   32(2) 199-202   Jan 2013
【骨と多臓器ネットワーク】 性ホルモンと骨
今井 祐記
Clinical Calcium   23(2) 211-217   Jan 2013
近年の目覚ましい骨代謝研究の発展から、骨代謝は、多臓器による複雑なネットワークにより制御されていることが明らかとなってきた。その要素の一つとして、内分泌制御機構の一部である性ホルモンによる骨代謝調節が挙げられる。主な性ホルモンとして、女性ホルモンであるエストロゲンと男性ホルモンであるアンドロゲンが知られている。性ホルモンの欠乏は骨量減少を誘導、その補充により、様々な有害事象が懸念されるものの、骨量回復を認めることから、性ホルモンが骨量維持に重要な役割を果たしていることは明らかである。本稿で...
骨細胞におけるERαの高次機能解析
今井 祐記, 金藤 紫乃, Bonewald Lynda F., 加藤 茂明
SERM: Selective Estrogen Receptor Modulator   (10) 44-45   Oct 2012
男性ホルモンの骨代謝における役割
今井 祐記
内分泌・糖尿病・代謝内科   34(5) 474-477   May 2012
【骨吸収の正と負の制御】 骨吸収における正と負のエピゲノム制御
今井 祐記, 延 びん榮, 加藤 茂明
炎症と免疫   20(3) 234-239   Apr 2012
第2の遺伝暗号といわれるエピゲノム研究は、近年目覚ましいスピードで発展をとげている。しかしながら、骨代謝調節機構におけるエピゲノム制御はその大部分が不明である。骨吸収を担う破骨細胞の分化に必須であるRANKL(receptor activator of NF-κB ligand)の遺伝子発現は、ビタミンDをはじめとした種々の刺激により誘導されるが、その発現調節としてはプロモーター領域におけるDNAメチル化制御が明らかになりつつある。また、破骨細胞分化におけるヒストン修飾によるエピゲノム制御...
【骨代謝研究におけるエピゲノムの最先端】 破骨細胞分化におけるエピジェネティック制御
延 びん榮, 加藤 茂明, 今井 祐記
Clinical Calcium   22(5) 611-617   Apr 2012
破骨細胞は、造血幹細胞由来マクロファージ系細胞が、RANKLの刺激により複数の細胞が融合することで分化する多核巨細胞である。破骨細胞分化は、さまざまな分泌蛋白質や転写因子により厳密に制御されている。なかでも、NFATc1は破骨細胞分化の主要転写因子である。近年、転写因子群による遺伝子ネットワーク再構築の一端がエピジェネティック制御によって調節されると考えられているが、NFATc1転写制御機構をはじめ、破骨細胞の分化や成熟におけるエピジェネティック制御機構は未解明である。本稿では、われわれが...
【骨代謝研究におけるエピゲノムの最先端】 アンドロゲン受容体機能解明へのゲノムワイド解析
今井 祐記
Clinical Calcium   22(5) 637-642   Apr 2012
女性ホルモンであるエストロゲンと男性ホルモンであるアンドロゲンは、それぞれ核内受容体であるエストロゲン受容体(ER)とアンドロゲン受容体(AR)に結合し、標的遺伝子の発現調節を介して、その作用を発揮し、多様な恒常性の維持に寄与している。しかしながら、各種細胞においてERやARの細胞内挙動、DNAへの結合部位やその結合様式は多様である。近年、次世代型シーケンサーの出現により、目覚ましく発展しているゲノムワイド解析研究から、乳がんや前立腺がんにおいて、性ホルモン受容体の新たな機能や作用機序が明...
【Osteocyte〜骨の司令塔としての役割〜】 エストロゲンと骨細胞
金藤 紫乃, 今井 祐記
Clinical Calcium   22(5) 721-726   Apr 2012
エストロゲンによる骨量維持作用の重要性はよく知られている。その主な作用点は骨吸収抑制効果である。しかしながら、骨組織に多く存在する骨細胞への作用はいまだに不明である。われわれは、骨細胞ERα欠損マウスを作出、解析した結果、骨形成の低下を伴う骨量減少を雌マウスに認めた。これらの結果から、近年その特徴が明らかにされつつある骨細胞におけるエストロゲンの作用機序のみならず、骨代謝制御機構におけるエストロゲン作用のさらなる理解が深まることが期待される。(著者抄録)
加藤 茂明, 吉澤 達也, 福田 亨, 今井 祐記, 山本 陽子
ビタミン   86(1) 42-43   Jan 2012
アンドロゲン/アンドロゲン受容体シグナルによる骨同化作用メカニズムの解明
今井 祐記, 加藤 茂明
SERM: Selective Estrogen Receptor Modulator   (9) 60-61   Sep 2011
【骨粗鬆症-骨粗鬆症研究の進歩-】 骨粗鬆症の成因と骨代謝研究の進歩 骨組織・骨代謝と核内性ホルモン受容体の機能
今井 祐記, 加藤 茂明
日本臨床   69(7) 1198-1202   Jul 2011
インフルエンザ菌による幼児化膿性足関節炎の1例
森田 光明, 和田 麻由子, 北野 利夫, 中川 敬介, 江口 佳孝, 今井 祐記
近畿小児整形外科   23 30-31   May 2011
今井 祐記, 加藤 茂明
ファルマシア   47(3) 203-207   Mar 2011
骨芽細胞形成におけるWntおよびPPARγシグナル
今井 祐記, 高田 伊知郎, 加藤 茂明
リウマチ科   44(3) 384-390   Sep 2010
骨芽細胞のERαを介したエストロゲンの骨量維持作用の解析
金藤 紫乃, 今井 祐記, 高田 伊知郎, 松本 高広, 加藤 茂明
SERM: Selective Estrogen Receptor Modulator   (8) 48-49   Sep 2010
【SERMと骨】 SERMによる骨量調節メカニズム
今井 祐記, 加藤 茂明
Clinical Calcium   20(3) 339-344   Feb 2010
骨形成と骨吸収のバランスが維持されることで調節される骨組織は、閉経後骨粗鬆症ではエストロゲン欠乏によりそのバランスを失い、骨量減少に至る。エストロゲンを補填するHRT(hormone replacement therapy)では、さまざまな合併症を認めることから、SERM(selective estrogen receptor modulator)が開発、臨床応用され骨量回復に効果を発揮しているが、その詳細なメカニズムは不明な部分が多い。エストロゲン受容体αの遺伝子改変マウスやゲノムワイド...
【核内受容体と内分泌疾患UPDATE】 エストロゲンはエストロゲン受容体αを介して破骨細胞の寿命を調節することにより骨量維持作用を発揮する
今井 祐記, 加藤 茂明
ホルモンと臨床   58(2) 87-92   Feb 2010
【骨・軟骨疾患の分子医学】 骨代謝における核内性ホルモン受容体の高次機能
加藤 茂明, 金藤 紫乃, 今井 祐記
BIO Clinica   25(1) 19-24   Jan 2010
性ステロイドホルモンをはじめとした低分子量脂溶性生理活性物質群をリガンドとする核内受容体群は、リガンド依存性DNA結合性転写制御因子として機能し、染色体構造調節を介して標的遺伝子群の発現を正負に転写レベルで制御する。一方性ステロイドホルモン作用には、性差が存在するものの、成人の骨代謝/骨量維持に必須なホルモンである。しかしながらこれら性ホルモンの骨組織内の作用点や、標的遺伝子等の分子機構は未だ不明な点が多い。これらの問題を解決するため、筆者等のグループでは、遺伝子破壊マウスを用いる事で、性...
【テストステロンと骨】 アンドロゲン受容体の骨組織での高次機能
加藤 茂明, 今井 祐記
Clinical Calcium   20(2) 198-203   Jan 2010
アンドロゲン(男性ホルモン)の骨組織に対する同化作用については、性差を超えて幅広い動物種で広く観察されている。アンドロゲンの同化作用は、骨組織のみならず、筋肉に対しても増強作用が認められているが、その作用点については不明である。本稿では、筆者らが作成した破骨細胞特異的男性ホルモン受容体欠損マウスの変異を述べることで、男性ホルモンの骨組織への作用点を考えたい。(著者抄録)
分子レベルからみた整形外科疾患(シリーズVIII) Fas ligandシグナルを介したエストロゲンによる破骨細胞寿命調節
今井 祐記
整形・災害外科   52(12) 1474-1475   Nov 2009
【骨・関節破壊制御のNew Frontier】 エストロゲン制御でなぜ骨防御ができるのか
今井 祐記, 加藤 茂明
分子リウマチ治療   2(4) 183-186   Oct 2009
わが国をはじめ、先進諸国では高齢化が進み、高齢者の日常生活動作(activities of daily living:ADL)の向上・維持が重要な課題となっている。しかし、骨粗鬆症患者では、骨脆弱性に伴う易骨折性により、ADLを著しく低下させるのみならず、そのほかの合併症も引き起こす大きな問題となっており、種々の治療法が開発・臨床応用されつつある。なかでも、閉経後骨粗鬆症は、女性ホルモンであるエストロゲンの欠乏により惹起される病態であるが、エストロゲンを制御することでなぜ骨防御できるのか、...
難治疾患 未解明の研究課題と治療への挑戦 骨再生臨床最前線の臨床的問題とその打開策 BMPを中心に
今井 祐記, 高岡 邦夫
実験医学   27(16) 2653-2658   Oct 2009
骨芽細胞を介したエストロゲンの直接作用 骨芽細胞特異的エストロゲン受容体α欠損マウスを用いて
金藤 紫乃, 今井 祐記, 高田 伊知郎, 中村 貴, 松本 高広, 加藤 茂明
SERM: Selective Estrogen Receptor Modulator   (7) 60-61   Aug 2009
【骨折とその治癒機転】 骨折治癒におけるBMPシグナルの役割
今井 祐記, 高岡 邦夫
Clinical Calcium   19(5) 667-672   Apr 2009
運動器の中心の一つである骨組織は、外傷を中心とした損傷(=骨折)により、その支持機能を低下させた場合、著しいADL(activities of daily living)の低下を招く。現在、臨床の現場では骨折を予防する目的で、さまざまな治療が試みられ、大きな成果をあげているが、一定の割合で骨折は発生し、その治癒が奏功しない場合、大きな問題となる。また、骨折は自然治癒することが一般的であるが、その治癒過程を促進することができれば、より早期の社会復帰やADLの改善が認められるであろう。Uris...
【骨代謝研究の新展開】 性ホルモンと骨代謝
今井 祐記, 加藤 茂明
臨床化学   38(2) 118-123   Apr 2009
【遺伝性皮膚疾患(色素異常症、母斑症)】 臨床例 nail-patella症候群
大霜 智子, 深井 和吉, 東 禹彦, 今井 祐記, 石井 正光
皮膚病診療   31(3) 297-300   Mar 2009
5歳女。出生時より両手指の爪の変形に気付いていた。受診時、拇指爪の形成不全、示指の縦走隆起、環指の三角状爪半月、小指爪に中央を縦走する溝を認め、膝蓋骨の低形成、腸骨の角状突起も認めた。また、末梢白血球より抽出したゲノムDNAを用い、PCR-ダイレクトシークエンス法でLMX1B遺伝子の偏位解析を行ったところ、exon3においてc.368-369de1TG(p.C123X)のナンセンス変異をヘテロに見出した。Nail-patella症候群と診断し、父親の遺伝子解析でも同様の変異をヘテロに認めた...
今井 祐記, 中村 貴, 高岡 邦夫, 加藤 茂明
日本老年医学会雑誌   46(2) 117-120   Mar 2009
【骨・軟骨の再生医療UPDATE】 骨再生の現状と展望 BMPを中心に
今井 祐記, 高岡 邦夫
Clinical Calcium   18(12) 1693-1700   Nov 2008
疾患で侵された骨・関節の機能回復のための外科治療技術が発達してきた。骨関節領域では材料工学、生体工学技術を背景にした種々の人工関節や人工骨の発展と普及によって、多くの患者の失われた運動機能が回復可能となり、QOL(quality of life)の維持回復に大きな福音となっている。一方で、骨関節でも基礎医学としての再生医学の発達も徐々にではあるが発展しつつある。しかし、実地臨床への利用やその普及という面ではまだまだ大きく研究の余地が残されているのが現状であろう。従って、臨床の場での骨再生に...
北野 利夫, 中川 敬介, 今井 祐記, 高岡 邦夫
臨床整形外科   43(10) 983-987   Oct 2008
小児股関節疾患のうち,重症ペルテス病,大腿骨頭すべり症後や大腿骨頸部骨折後の大腿骨頭壊死などの変形を遺残しうる思春期大腿骨壊死性疾患に対する大腿骨頭回転骨切り術を,術前CTデータから作成した造型モデルを用いてシミュレーションした.すなわち,寛骨臼との良好な適合性を保ちつつ,壊死を免れた荷重に耐える骨頭部分を荷重部に移動する最適な方向と角度を術前に求め,手術施行の支援とした.対象とした7股中5股において骨頭後方回転骨切り術のほうが前方回転骨切り術よりも良好な臼蓋-健常骨頭適合性が得られること...
分子レベルからみた整形外科疾患 遺伝子レベルからみた爪の再生
金城 養典, 香月 憲一, 今井 祐記, 高岡 邦夫
整形・災害外科   51(11) 1332-1333   Oct 2008
エストロゲンの破骨細胞におけるERαとFas Ligandによる骨量減少抑制
今井 祐記, 中村 貴, 松本 高広, 高岡 邦夫, 加藤 茂明
SERM: Selective Estrogen Receptor Modulator   (6) 8-12   Oct 2008
閉経後骨粗鬆症の分子メカニズム
今井 祐記, 中村 貴, 松本 高広, 高岡 邦夫, 加藤 茂明
SERM: Selective Estrogen Receptor Modulator   (6) 50-51   Oct 2008
【閉経後女性のヘルスケア】 女性ホルモンによる骨防御の分子機構
加藤 茂明, 今井 祐記
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   15(3) 197-201   Sep 2008
今まで閉経後骨粗鬆症の分子基盤は明らかではなかった。今回のわれわれの研究結果から、女性ホルモン(エストロゲン)は骨吸収を担う破骨細胞におけるエストロゲン受容体αを介し、破骨細胞でのFas ligandの発現を上昇させることで破骨細胞のアポトーシスを誘導し、骨吸収を制御することにより骨量を維持していることを明らかにすることができた。(著者抄録)
【骨研究のフロンテイア】 エストロゲン標的細胞としての破骨細胞
今井 祐記, 金藤 紫乃, 延 びん栄, 高岡 邦夫, 加藤 茂明
内分泌・糖尿病科   27(3) 258-263   Sep 2008
【メカニカルストレスと骨】 エストロゲン受容体とメカニカルストレス
今井 祐記, 金藤 紫乃, 加藤 茂明
Clinical Calcium   18(9) 1272-1277   Aug 2008
骨の強さは、骨組織に対する適切な荷重により維持されており、また骨組織自体がメカニカルストレスを感知・受容していることは明らかである。しかしながら、骨組織を構成する細胞群におけるメカニカルストレス伝達機構の詳細な分子基盤の大部分は依然として不明なままであるが、近年、エストロゲン受容体α(ERα)が骨細胞寿命の調節や骨芽細胞などでのメカニカルストレス伝達機構において重要な役割を果たしていることが明らかとなってきた。ERαの細胞内でのさらなる詳細な機能メカニズムの解明は非常に興味深い。(著者抄録)
骨組織・骨代謝における核内性受容体群の機能
加藤 茂明, 金藤 紫乃, 今井 祐記
内分泌・糖尿病科   27(2) 183-191   Aug 2008
【整形外科における最近の進歩と展望】 代謝性骨疾患
高岡 邦夫, 今井 祐記, 今西 康雄, 小池 達也
整形外科   59(7) 725-732   Jul 2008
【骨折予防を見据えた骨粗鬆症診療の現状】 女性ホルモンによる骨組織防御のしくみ 骨粗鬆症はなぜ発症するのか
今井 祐記, 加藤 茂明
Pharma Medica   26(6) 11-14   Jun 2008
【骨・軟骨研究の基礎と臨床】 基礎編 骨組織・骨代謝における核内性受容体群の機能
加藤 茂明, 中村 貴, 今井 祐記
THE BONE   22(3) 313-317   Jun 2008
エストロゲン欠乏によって引き起こされる閉経後骨粗鬆症は先進諸国において広範に認められる疾患である。ヒトやマウスにおけるエストロゲンの骨防御作用についてはよく知られているが、1992年に作出された女性ホルモン受容体(ER)欠損マウスの研究により、閉経後骨粗鬆症の分子レベルでの定義が大きく変化する可能性が出てきた。ERαおよびERβ遺伝子欠損マウスでは、卵巣摘出によるエストロゲン欠乏状態のマウス系統にみられる明確な骨量減少は認められなかった。我々は、破骨細胞特異的ERα遺伝子欠損マウスを作製す...
新しい医療技術 関節軟骨欠損修復へのES細胞の応用
脇谷 滋之, 今井 祐記, 川口 杏夢, 矢野 公一, 仲 哲史, 高岡 邦夫
整形・災害外科   51(4) 445-449   Apr 2008
小児化膿性股関節炎の治療経験
森田 光明, 中村 博亮, 北野 利夫, 今井 祐記, 高岡 邦夫
日本小児整形外科学会雑誌   17(1) 46-49   Feb 2008
当院で感染に対する初期治療を行った小児化膿性股関節炎の症例について、その治療経過と経過観察例の予後について検討した。対象は1994年6月〜2006年6月の11例で発症時年齢は1ヵ月未満が5例、起炎菌はMSSAが2例、MRSAが4例、PRSPが1例、その他2例、陰性2例で血液培養ではMRSAの4例のみ菌が検出された。治療は1例で穿刺による排膿、洗浄を行い、他はすべて最終的に切開排膿を行い同時に抗菌剤の点滴静注を行った。MRSA例は全て1ヵ月未満の新生児で敗血症を呈しており、多発性の関節炎、骨...
創意と工夫 大腿骨頭すべり症に対するナビゲーションシステムを用いた現位置固定
中川 敬介, 北野 利夫, 今井 祐記, 高岡 邦夫
整形外科   58(13) 1767-1771   Dec 2007
エストロゲンは破骨細胞寿命調節により骨量を維持する
今井 祐記, 中村 貴, 松本 高広, 加藤 茂明
細胞工学   27(1) 54-55   Dec 2007
先天性筋性斜頸による顔面非対称性のインスタント写真を用いた評価
中川 敬介, 北野 利夫, 今井 祐記, 高岡 邦夫
日本小児整形外科学会雑誌   16(1) 114-117   Mar 2007
先天性筋性斜頸は自然軽快することの多い疾患であるが、稀に観血的治療を要する症例も存在するため身体所見およびその評価方法が重要である。斜頸に伴って生じる身体所見の一つとして顔面非対称性が挙げられるが、その客観的評価は難しい。我々は外来でのインスタント写真を用いて顔面非対称性を評価している。一般的に顔面非対称性が2歳までに徐々に減少する症例では手術に至らない症例が多く、変化なし、または徐々に増加する症例では手術に至る症例が多いことが示唆される。2歳を過ぎても胸鎖乳突筋部の拘縮、頸部可動域制限、...
爪の再生を目指して マウス爪再生モデルにおけるMsx1およびHoxc13の発現
金城 養典, 香月 憲一, 今井 祐記, 岡田 充弘, 高岡 邦夫
日本手の外科学会雑誌   23(2) 10-13   Oct 2006
マウス生体爪再生モデルを用いて、爪組織再生過程における分子制機構を明らかにし、爪の再生に重要な役割を担う分子の同定を行った。6週齢ICRマウスの前肢中指の抜爪後の経時的組織学的検索では抜爪後3日目で爪甲の再生が観察され、21日目には再生がほぼ完成していた。in situ hybridizationを用いた遺伝子局在の検索では、爪の再生過程においてMsx1およびHoxc13のmRNAは主に爪母細胞に発現しており、抜爪後3日目に上昇する発現パターンを示しMsx1、Hoxc13、mRNAの発現亢...
骨の再生医療
今井 祐記, 高岡 邦夫
ティッシュエンジニアリング   2006 112-119   Mar 2006
再生医学技術の基礎研究はめざましい進歩を遂げ,一部が先端的医療として臨床応用されはじめている.骨組織における再生医療も同様な傾向にある.一般に,分化組織再生という生物現象には3要素が必須であるとされる. 1)多分化能を有する未分化細胞, 2)細胞の増殖・分化を制御する成長因子/サイトカイン, 3)細胞が増殖・分化する足場(scaffold)である.未分化間葉系細胞を特異的に軟骨細胞または骨芽細胞へ分化誘導し,骨誘導活性を発揮するbon morphogenetic protein(BMP)が...
ペルテス病重症例の基準とその治療法 ペルテス病におけるCollapseの評価法と重症度との関係
今井 祐記, 北野 利夫, 中川 敬介, 高岡 邦夫
日本小児整形外科学会雑誌   15(1) 126-127   Feb 2006
すべり角50°を超える高度の大腿骨頭すべり症の治療方針 安定型高度大腿骨頭すべり症に対する治療方針
北野 利夫, 今井 祐記, 中川 敬介, 矢野 公一, 高岡 邦夫, 酒井 俊幸
日本小児整形外科学会雑誌   15(1) 130-131   Feb 2006
ペルテス病に合併した離断性骨軟骨炎に対するMR Arthrogramによる評価と股関節鏡所見の比較
今井 祐記, 北野 利夫, 中川 敬介, 江口 佳孝, 高岡 邦夫
近畿小児整形外科   18 15-18   Jan 2006
運動時股関節痛を訴えた2例(症例1:14歳男児,症例2:15歳女児)に対し,離断性骨軟骨炎(OCD)の合併を疑い,MR Arthrography及び股関節鏡を施行した.症例1のMR Arthrographyでは骨頭頂部付近の荷重面に一致して等信号領域に囲まれた低信号領域を認めたためOCDと診断し,股関節鏡を行なったところ同部位に大腿骨頭の関節軟骨にSofteningを認めた.症例2ではMR Arthrographyで大腿骨頭頂部に一部周囲との連続性を保った高信号領域に囲まれた低信号領域を,...
【再生医療の進歩 2005年の総括(臨床到達分野)】 骨組織再生
今井 祐記, 高岡 邦夫
再生医療   4(4) 524-530   Nov 2005
【臨床分子内分泌学 甲状腺・副甲状腺・骨内分泌代謝系】 BMPs BMPの発見と意義
今井 祐記, 高岡 邦夫
日本臨床   63(増刊10 臨床分子内分泌学(3)) 389-393   Oct 2005
【骨壊死 最新の診断と治療】 臨床的研究 病因・診断・治療 下肢 大腿骨頭 Perthes病 壊死部の修復様式とMRI所見からみたPerthes病の病態と経過
北野 利夫, 今井 祐記, 中川 敬介, 高岡 邦夫
別冊整形外科   (48) 110-115   Oct 2005
ペルテス病において壊死から骨新生までのX線像とMRIを観察し,骨端および骨幹端における骨吸収と骨新生の進行パターンを分析した.対象は男児7例,女児1例,発症時平均年齢7.1歳であった.骨端は後内側の一部を除いて全例広範囲に壊死し,骨幹端病変は前方部分に多く分布していた.骨端壊死は発症から骨透瞭出現まで平均9.2ヵ月であったが,骨幹端病変のうち5例は初診時に骨透瞭が出現していた.骨幹端病変は骨端壊死に比べ早期にX線上の変化が出現して骨新生も早期に始まり,骨新生開始から再骨化終了までの期間も早...
【広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査 その数値をどう読むか】 骨形成因子
今井 祐記, 高岡 邦夫
日本臨床   63(増刊8 広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査(4)) 815-817   Aug 2005
大腿骨頭辷り症に対する仮骨延長法による転子下三次元骨切り術後の股関節関節裂隙の変化
矢野 公一, 北野 利夫, 今井 祐記, 原 庸, 上村 卓也, 高岡 邦夫
日本創外固定・骨延長学会雑誌   16 91-95   May 2005
大腿骨頭辷り症3例3股を対象に,仮骨延長法を用いた矯正骨切り術を施行した.術前平均後方辷り角は平均53.3°であった.術式は,Orthofix創外固定器の装着後,転子下骨切り術,内旋矯正を行い,仮骨延長後透視下でacuteな屈曲・外反を矯正し,脚長差の補正を行った.その結果,創外固定器装着期間は平均11週で,ピン刺入部の感染は2例に認められた.術後脚長差は全例認められなかった.上方及び内側の関節裂隙を経時的に計測した結果,荷重部関節裂隙は,創外固定器を抜去した術後約3ヵ月より狭小化が認めら...
下腿変形を呈した脛骨骨軟骨腫3例の術式と術後経過
高 浩範, 北野 利夫, 今井 祐記, 米田 昌弘, 高岡 邦夫
近畿小児整形外科   17 17-21   Jan 2005
症例1:6歳女児.多発性骨軟骨腫であり,左下腿遠位後外側に骨性の突出を認め,後側法アプローチにて腫瘍切除術を施行した.腓骨変形部の近位3cmにて骨切り術を施行し,腫瘍を切除した.徐々に腓骨のリモデリングが行われ,術後3年8ヵ月のレントゲンでは腫瘍再発を認めず,リモデリングは良好である.症例2:8歳女児.脛骨近位部の単発性骨軟骨腫であり,前方アプローチによる腫瘍切除術を施行した.脛骨骨膜下に剥離を行い,軟部組織を外側へよけて腫瘍部分を切除した.徐々に圧排・菲薄化していた腓骨のリモデリングを認...
ビスフォスフォネートを投与した骨形成不全患児の各種パラメーターの推移
曹 寿憲, 北野 利夫, 今井 祐記, 中川 敬介, 高岡 邦夫
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   47(6) 1330-1331   Nov 2004
X-linked hypophosphatemic ricketsに伴う下肢変形に対する変形矯正の問題点
杉岡 優子[上田], 北野 利夫, 今井 祐記, 笹岡 隆一, 金 政義, 山野 慶樹, 高岡 邦夫
近畿小児整形外科   16 15-18   Jul 2004
basicFGF-DDS(drug delivery system)処理生体吸収性ポリマーチューブの作成
高松 聖仁, 中塚 洋直, 越宗 勝, 今井 祐記, 金城 養典, 高岡 邦夫, 榎本 誠
日本マイクロサージャリー学会会誌   16(2) 143-145   Jun 2003
先天性股関節脱臼に対する関節唇形成を併用した関節鏡視下整復術
北野 利夫, 小松 猛, 酒井 俊幸, 今井 祐記, 山野 慶樹
日本小児整形外科学会雑誌   12(1〜2) 32-36   Jun 2003
保存的治療によっても整復されない先天性股関節脱臼で,MRI所見から内反・肥厚した関節唇が阻害因子と確認された4例4関節に対して標題の整復術を行った.手術時年齢は1歳7ヵ月〜2歳3ヵ月(平均1歳11ヵ月)であった.術後1年8ヵ月〜2年3ヵ月(平均1年11ヵ月)の調査時にはX線学的に3例で良好な求心性が得られていた.残りの1例は臼蓋形成不全と遺残性亜脱臼が認められたが,開排位では求心性が良好であり,現在経過観察中である
新たに開発した生体吸収性polymer tubeによるhybrid型人工神経の作成
高松 聖仁, 越宗 勝, 中塚 洋直, 今井 祐記, 金城 養典, 榎本 誠, 高岡 邦夫
末梢神経   13(1) 79-82   Dec 2002
神経欠損部を補填する人工神経に求める条件には生体親和性が高いこと,一定期間管腔構造と柔軟性を維持し得ること,神経再生に有利な物質を付加できること,神経再生に有利な細胞が生着できること,生体内で異物反応を起こさないことが挙げられる.新しく開発した生体吸収性ポリマーチューブの人工神経が,これらの条件を満たしているかどうかを実験的に検討した.生体吸収性ポリマーチューブは,生体内移植後12週まで十分な柔軟性を保ち,なおかつ管腔構造を維持していた.また,移植後48週目には生体内にほぼ完全に吸収された...
Graf分類type IIc,type D股の自然経過及び治療経過
北野 利夫, 酒井 俊幸, 今井 祐記, 山野 慶樹
近畿小児整形外科   14 5-8   Oct 2001
今井 祐記, 北野 利夫, 箕田 行秀, 米田 昌弘, 山野 慶樹
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   44(3) 707-708   May 2001
9歳女児.体操競技の練習中に,着地した瞬間に右踵部に著明な疼痛を訴えた.右踵部に腫脹及び皮下出血斑を認め,踵骨apophysis avulsion flactureと診断し,観血的整復固定術を施行した.術後後療法としては,軽度底屈位により6週間のギプス固定を行い,術後3ヵ月目に体操競技の練習を再開した.術後6ヵ月(体操競技再開後3ヵ月目)に,足底部に疼痛及び2ヶ所の発赤・膨隆を認め,PLLA pinの突出が考えられた.X線上骨癒合が得られたと判断し,局所麻酔下にPLLA pinの抜釘術を施...
CDH後の脚短縮に対する大腿骨遠位部骨延長術の治療経験
今井 祐記, 西村 典久, 松村 昭, 越宗 勝, 江口 佳孝, 山野 慶樹
日本創外固定・骨延長学会雑誌   12 37-39   Mar 2001
外傷性・骨系統疾患・股関節疾患等による脚短縮症例に対して,仮骨延長法を用いた骨延長術を適応している.股関節疾患としては,先天性股関節脱臼(CDH)やペルテス病の治療後に脚短縮を生じた症例を適応としている.CDH後に3cm以上の脚短縮を生じ,仮骨延長法による骨延長術を施行した9例について,その治療成績を検討した.創外固定器の装着期間は14〜31週,延長距離は25〜35mmであった.骨延長部の骨癒合は全例に得られた.CDH後の脚短縮に対して,大腿骨骨延長術を遠位部で行うことにより,近位部で認め...
高位脛骨骨切り術に用いたイリザロフ創外固定器のワイヤー刺入部感染
今井 祐記, 西村 典久, 越宗 勝, 松村 昭, 江口 佳孝, 山野 慶樹
日本創外固定・骨延長学会雑誌   12 19-21   Mar 2001
Ilizarov創外固定器を導入し,従来用いてきたCharnley式創外固定器や独自に開発したセラミックピンを有する創外固定器に比べて,創外固定器装着期間の短縮を図ることができたが,術後合併症として25例中4例,16%にワイヤー刺入部感染が認められた.ワイヤー刺入部感染例では臨床所見状,発赤・圧痛・疼痛・発熱を認めるが,補助診断として主にCRP等の炎症反応の上昇も有用である.ワイヤー刺入部感染の予防は,ワイヤーを清潔に保ち,皮膚とワイヤーの間のピストニングを防ぐことである

Books etc

 
Aiming “Smart and Healthy Society” Based on Skeletal Muscle Researches
IMAI Yuuki (Part:Contributor)
Jun 2019   ISBN:978-4-904482-62-9
骨・臓器ネットワークとオステオサイト
今井 祐記 (Part:Contributor)
Feb 2016   ISBN:978-4-7792-1646-6
Musculoskeletal Research and Basic Science
IMAI Yuuki (Part:Contributor, Osteoporosis)
Springer   Dec 2015   ISBN:978-3-319-20777-3
骨ペディア 骨疾患・骨代謝キーワード辞典
IMAI Yuuki (Part:Contributor)
May 2015   ISBN:978-4-7581-2056-2

Conference Activities & Talks

 
Hirotaka Takahashi, Daisuke Oikawa, Kazuya Nagao, Makoto Iwasaki, Yuuki Imai, Fuminori Tokunaga, Tatsuya Sawasaki
The 42nd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan   3 Dec 2019   The Molecular Biology Society of Japan
Hiroshi Sakai, Yuuki Imai
The 42nd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan   3 Dec 2019   The Molecular Biology Society of Japan
IMAI Yuuki
The 47th Japanese Society for Joint Diseases Combined with the 11th APOKA   21 Nov 2019   Japanese Society for Joint Diseases
Sawada Y, Kikugawa T, Iio H, Yanagihara Y, Saeki N, Sakakibara I, Győrffy B, Kishida T, Miyagi Y, Saika T, Imai Y.
The 71st Annual Meeting of West Japan Urological Association   7 Nov 2019   The Japanese Urological Association
池戸 葵, 山下美智子, 星野麻衣子, 今井祐記
The 27th Annual Meeting of Japan Hormonal Steroid Society   2 Nov 2019   Japan Hormonal Steroid Society

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): Yuuki IMAI