鈴木 美穂

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 01:43
 
アバター
研究者氏名
鈴木 美穂
 
スズキ ミホ
所属
玉川大学
部署
文学部国語教育学科
職名
准教授
学位
博士(文学)(日本女子大学)
科研費研究者番号
40547915

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
玉川大学 文学部国語教育学科 准教授
 
2015年4月
 - 
2018年3月
玉川大学 学術研究所 助教、准教授(兼担)
 
2009年4月
 - 
2015年3月
日本女子大学文学部日本文学科 助教
 
2008年4月
 - 
2009年3月
日本女子大学文学部 学術研究員
 

学歴

 
 
   
 
日本女子大学 文学研究科 日本文学専攻
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
2018年6月
日本比較文学会  全国大学実務委員
 
2014年6月
 - 
2016年9月
昭和文学会  編集委員
 
2015年6月
 - 
現在
日本比較文学会  東京支部事務局委員
 
2015年8月
 - 
2016年3月
日本社会文学会  編集委員
 
2013年12月
 - 
2015年6月
日本比較文学会  東京支部庶務委員
 

受賞

 
2014年4月
日本女子大学 教員研究奨励金
 
2005年6月
全国大学国語国文学会研究発表奨励賞
 

論文

 
「玉川大学ラーニング・コモンズにおけるアカデミック・スキルズの学修支援―サポート・デスクでの1年半の活動・支援状況を視座として―」
鈴木美穂、帆足哲哉
『玉川大学学術研究所紀要』   (22) 1-11   2017年3月
「小林秀雄と初期『藝術新潮』」
鈴木美穂
『国文目白』   (第54号) 116-123   2015年
「北原泰邦・中野裕子編『児童文学の愉しみ 20の物語―明治から平成へ」
鈴木美穂
『国文目白』   (第54号) 274   2015年
紹介「藤井淑禎著『名作がくれた勇気―戦後読書ブームと日本―』」
鈴木美穂
『国文目白』   (第53号) 180-181   2014年
「小林秀雄『近代繪畫』論―ボードレール、ヴァレリーと〈近代〉―」
鈴木美穂
『国文目白』   (第52号) 187-197   2013年

Misc

 
「新・フェミニズム批評の会編『昭和前期女性文学論』」
鈴木 美穂
『国文目白』   (第57号)    2018年2月
「佐藤公一著『小林秀雄の超戦争―全釈『無常という事』を楽しむ』」
鈴木 美穂
『社会文学』   (第47号)    2018年2月
「奥山文幸著『幻想のモナドロジー 日本近代文学試論』」
鈴木 美穂
『昭和文学研究』   第74集    2017年3月
「佐藤公一著『小林秀雄のリアル 創造批評の《受胎告知》』」
鈴木 美穂
『昭和文学研究』   第74集    2017年3月
「長谷川啓・岡野幸江編『戦争の記憶と女たちの反戦表現』」
鈴木 美穂
『昭和文学研究』   第73集    2016年9月

書籍等出版物

 
『現代文B 教授資料』(高等学校国語教科書指導書)
数研出版   2018年3月   
『現代女性作家読本⑳ 林真理子』
鼎書房   2015年   ISBN:9784907282240
『少女小説事典』
東京堂出版   2015年   ISBN:9784490108620
『小林秀雄〈芸術批評〉研究―『近代繪畫』の成立―』
(博士論文)   2011年   
『円地文子事典』
鼎書房   2011年   ISBN:9784907846787

講演・口頭発表等

 
「小林秀雄による〈美術〉批評の同時代的意義―初期『藝術新潮』を軸として―」
日本比較文学会第51回東京大会   2013年   
「小林秀雄『近代絵画』論―〈ピカソ〉の成立をめぐって―」
芸術至上主義文芸学会第210回例会   2007年   
「小林秀雄『近代絵画』論―〈ゴッホ〉と〈ゴーガン〉の成立をめぐって―」
全国大学国語国文学会五十周年記念大会2005夏   2005年   
「小林秀雄「モオツァルト」論-P・ヴァレリー、河上徹太郎からの受容―」
日本女子大学国語国文学会秋季大会   2000年   

競争的資金等の研究課題

 
音声・映像メディアにおける小林秀雄―作家の〈文化資産〉化に関する研究
NHK: 番組アーカイブス学術利用トライアル
研究期間: 2017年12月 - 2018年    代表者: 鈴木 美穂
〈戦後〉雑誌における文学者の美術批評に関する基礎的研究
科学研究費補助金 若手研究B
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 鈴木美穂
小林秀雄の批評活動に関する研究
1930~50年代の日本文学研究
〈戦後〉における批評の編成に関する研究