Masayo Noda

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/25 13:16
 
アバター
研究者氏名
Masayo Noda
 
ノダ マサヨ
ハンドル
handle0139110
所属
金城学院大学
部署
人間科学部 多元心理学科
職名
教授
学位
修士(名古屋大学), 博士(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
2006年
吉備国際大学社会福祉学部臨床心理学科 助手 
 
2006年
 - 
2009年
吉備国際大学心理学部臨床心理学科 助教 
 
2009年
 - 
2010年
   東海学院大学人間関係学部心理学科 助教
 
2010年
   
 
- 金城学院大学人間科学部心理学科  准教授
 

学歴

 
 
 - 
2006年
名古屋大学 教育発達科学研究科 心理発達科学専攻
 
 
 - 
2002年
名古屋大学 教育発達科学研究科 心理発達科学専攻
 
 
 - 
2000年
三重大学 教育学部 教育学
 

論文

 
地震のリスクに対する小学生 の認知の特徴-小学5年生と大学生の比較から-
豊沢純子・元吉忠寛・竹橋洋毅・野田理世
学校危機とメンタルケア   9 38-45   2017年3月
小学生向け防災教育デジタル教材の開発―主体的な行動力の育成を目的として―
豊沢純子・元吉忠寛・竹橋洋毅・野田理世・宮本真希子・土本純平・井上洋・眞田巧・藤田大輔
社会安全学研究   7 49-59   2017年3月
Noda, M.
International Journal of Social Psychology   31(1) 109-136   2016年1月   [査読有り]
未来のポジティブ出来事に伴う感情予測が学習動機づけに及ぼす影響
野田 理世
金城学院大学論集人間科学部編   12(1) 48-57   2015年9月
気分がカテゴリ一致情報、不一致情報処理に及ぼす影響 :実験直後と遅延後の記憶再生を用いた検討
野田 理世
社会心理学研究   25(3) 119-210   2010年   [査読有り]
ポジティブ気分と一般知識構造を用いた情報処理プロセス:適応レベルからの考察
野田理世
吉備国際大学社会福祉学部紀要   (14) 81-87   2009年
高校時代の進路探索と将来の進路選択期待の関係
野田理世・渡辺由紀
吉備国際大学社会福祉学部紀要   (13) 109-114   2008年
The effects of mood on person perception: Under time constraint in inputting individual information
Noda, M., & Yoshida, T.
Japanese Journal of Research on Emotions   14 103-114   2007年   [査読有り]
Noda, M., Takai, J., & Yoshida, T.
Journal of Applied Social Psychology   37 403-425   2007年   [査読有り]
野田理世・吉田俊和
感情心理学研究   14 103-114   2007年   [査読有り]

書籍等出版物

 
気分と認知:制限時間による情報処理過程の検討
ナカニシヤ出版   2011年   
体験で学ぶ社会心理学
ナカニシヤ出版   2010年   

講演・口頭発表等

 
Prediction and Sequentially Increasing or Decreasing Trends among Different Cultures
Noda, M. & Roszak, J.
20th Conference of the Society for Personality and Social Psychology,   2019年2月   
Sequentially increasing and decreasing trends in data and relative judgment: Considering people’s interest in the target
Masayo Noda
Association for Research in Economic Psychology 2018,   2018年7月   
Sequentially increasing, decreasing, or almost equal data and relative Judgments
Noda, M. & Tanabe, H.C.
Psychonomic Society's 58th Annual Meeting   2017年11月   
文脈情報と価値判断:利得,損失が徐々に変化した場合の検討
野田 理世・田邊 宏樹
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月   
日常場面の危険と対処法を学ぶ防災教育の効果:小学校低学年にデジタル教材を活用した授業実践  
豊沢純子・元吉忠寛・竹橋洋毅・野田理世・藤田大輔
日本教育心理学会第59回大会   2017年10月   
増減する文脈情報と相対的価値判断:文化間の比較を通して
野田 理世・Roszak, J
日本心理学会第81回大会   2017年9月   
The Presence of Other People and Inferences on the Attraction to Goods
Noda, M. & Roszak, J.
The 2017 International Convention of Psychological Science   2017年3月   
Sequentially increasing or decreasing data and relative judgments: Assessing the knowledge and interests of the judgmental target
Noda, M.
Psychonomic Society's 57th Annual Meeting   2016年11月   
増減する文脈情報と相対的価値判断
野田 理世
日本社会心理学会第57回大会発表   2016年9月   
Surrounding people and inferences of preference for goods among different cultures
17th Conference of the Society for Personality and Social Psychology   2016年1月   
予測時に注目する量的差異と将来の予測動機づけ :予測傾向の高さを統制した検討
野田 理世
2015年10月   
予測時の差異への注目が動機づけに及ぼす影響 :予測傾向を統制して
野田 理世
日本心理学会 第79回大会   2015年9月   
How positive differentials influence motivation
14th European Congress of Psychology   2015年7月   
予測時の量的差異と動機づけ :動機づけの強さを統制した検討
野田 理世
日本心理学会 第78回大会   2014年9月   
予測時の量的差異と動機づけの関係
野田 理世
日本社会心理学会第55回大会発表論文集   2014年7月   
Noda, M. & Roszak, J
17th European Association of Social Psychology General Meeting   2014年7月   
Noda, M.
15th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology   2014年2月   
他者の購買予測と感情予測: 相互独立的―協調的自己観による比較
野田 理世
日本社会心理学会 第54回大会   2013年11月   
感情予測と動機づけ:過去の結果認知と未来の期待認知に注目した探索的検討
野田 理世
日本心理学会 第77回大会   2013年9月   
Noda, M.
121st American Psychological Association Annual Convention   2013年7月   
災害に伴うネガティブ感情予測と防災行動動機づけ
野田 理世
日本社会心理学会 第53回大会   2012年11月   
感情予測と学習動機づけ:予測傾向の高さによる比較
野田 理世
日本教育心理学会 第54回大会   2012年11月   
Noda, M.
International Association for Research in EconomicPsychology 2012, Wroclaw, Poland.   2012年9月   
地震災害に伴う感情予測と災害への関心
野田 理世
日本心理学会 第76回大会   2012年9月   
Noda, M.
30th International Congress of Psychology   2012年7月   
Noda, M.
Society for Judgment and Decision Making Annual Meeting   2011年11月   
感情予測と防災行動に対する動機づけの変化
野田 理世
日本心理学会   2011年9月   
ポジティブ出来事に伴う感情予測と学習動機づけ:予測条件による比較検討
野田 理世
日本社会心理学会   2011年9月   
Noda, M. & Koike, H.
12th European Congress of Psychology, Istanbul, Turkey   2011年7月   
Noda, M.
International Society Research on Emotion, Kyoto, Japan.   2011年   
Noda, M.
15th European Association of Social Psychology General Meeting, Stockholm, Sweden.   2011年   
ポジティブ出来事に伴う感情予測と学習動機づけ:予測条件による比較検討
日本社会心理学会第52回大会   2011年   
Noda, M.
12h Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology   2011年   
Noda, M. & Koike, H.
12th European Congress of Psychology   2011年   
Noda, M.
15th European Association of Social Psychology General Meeting   2011年   
テスト予測を統制した場合にみられる感情予測と学習動機づけの関係:動機づけタイプによる比較
日本教育心理学会第53総会   2011年   
Noda, M.
International Society Research on Emotion   2011年   
Noda, M.
12h Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology   2010年   
Noda, M.
3rd Annual Meeting of the Society for the Study of Motivation, Boston, MT.   2010年   
Noda, M.
22th Annual Convention of Association for Psychological Science, Boston, MT.   2010年   
Noda, M.
Eleventh Conference of the Society for Personality and Social Psychology, Las Vegas, NV.   2010年   
Noda, M.
11th Conference of the Society for Personality and Social Psychology   2010年   
Noda, M.
22th Annual Convention of Association for Psychological Science   2010年   
Noda, M.
3rd Annual Meeting of the Society for the Study of Motivation   2010年   
高校生の進路探索行動・進路選択に対する自信と進路選択に対する期待の関係
日本教育心理学会第52回大会   2010年   
テスト結果に伴う感情予測と生徒の学習動機:感情予測の強さによる検討
日本社会心理学会第50回大会   2010年   
感情予測と防災行動に対するコスト認知とベネフィット認知
日本心理学会第74回大会   2010年   
Noda, M.
Eleventh European Congress of Psychology, Oslo, Norway.   2009年   
Noda, M.
Tenth Conference of the Society for Personality and Social Psychology, Tampa, FL.   2009年   
Affective forecasting and motivation: A comparison motivation levels
10th Annual Meeting of Society for Personality and Social Psychology   2009年   
Noda, M.
11th European Congress of Psychology,   2009年   
高校生の進路探索動機に関する探索的検討:進路選択に関連する授業と感情予測による影響
日本教育心理学会第51回総会発表論文集   2009年   
感情予測が防災行動に対する動機づけに及ぼす影響
日本社会心理学会・日本グループダイナミックス学会第56回合同大会   2009年   
Noda, M. & Koike, H.
Twenty-ninth International Congress of Psychology, Berlin, German.   2008年   
Noda, M. & Koike, H.
Twenty-ninth International Congress of Psychology, Berlin, German.   2008年   
Noda, M.
Fifteenth European Association of Experimental Social Psychology General Meeting, Opatia, Croatia.   2008年   
感情予測と生徒の学習動機:学習動機が低い場合の検討
日本感情心理学会第16回大会   2008年   
Noda, M.
15th European Association of Experimental Social Psychology General Meeting   2008年   
Noda, M. & Koike, H.
29th International Congress of Psychology   2008年   
Noda, M. & Koike, H.
29th International Congress of Psychology   2008年   
感情予測が高校生の学習動機に及ぼす影響:自己決定度の観点から
日本心理学会第72回大会発表   2008年   
感情予測研究の可能性 感情予測と動機づけ:高校生の学習動機づけに対する影響
日本心理学会第72回大会発表   2008年   
高校生の学習動機構造の検討
日本教育心理学会第50回総会   2008年   
地震災害に対するネガティブ感情・リスク認知と感情予測
日本社会心理学会第49回大会   2008年   
Noda, M.
Seventh Conference of the Asian Association of Social Psychology, Kotakinabaluu, Malaysia.   2007年   
Noda, M.
Eighth Conference of the Society for Personality and Social Psychology, Memphis, TN.   2007年   
Noda, M.
8th Conference of the Society for Personality and Social Psychology   2007年   
気分と対人印象の関係:印象判断時の気分はカテゴリ情報をどのように用いさせるのか?
日本グループ・ダイナミックス学会第54回大会   2007年   
災害に関するイマジネーションの返還と感情の予期 ― 階層的テキストマイニング手法を用いた分析―
日本グループ・ダイナミックス学会第54回大会   2007年   
Noda, M.
7th Conference of the Asian Association of Social Psychology   2007年   
高校時代の進路探索と大学生活の関係(1):進路決定に関する探索的研究
日本教育心理学会第49回総会   2007年   
高校時代の進路探索と大学生活の関係(2):大学生活満足度に関する探索的研究
日本教育心理学会第49回総会   2007年   
遅延後の虚再認にみられる気分がカテゴリ情報処理に及ぼす効果
日本心理学会第71回大会   2007年   
感情予測が生徒の学習動機に及ぼす効果:感情予測後の因子構造の検討
日本社会心理学会第48回大会   2007年   
Noda, M. & Yoshida, T.
Seventh Conference of the Society for Personality and Social Psychology, Palm Springs, CA.   2006年   
Noda, M. & Yoshida, T.
Twenty-Sixth International Congresses of Applied Psychology, Athens, Greece.   2006年   
Noda, M. & Yoshida, T.
7th Conference of the Society for Personality and Social Psychology   2006年   
Noda, M. & Yoshida, T.
26th International Congresses of Applied Psychology   2006年   
入力時の気分が対人情報処理に及ぼす影響:遅延後の印象評定
日本認知心理学会第4回大会   2006年   
情報入力時の気分が対人情報に及ぼす影響:実験直後と遅延後の記憶再生の比較
日本社会心理学会第47回大会   2006年   
ポジティブ気分におけるカテゴリー情報に一致する記憶の変容について:再認結果を用いた検討
日本感情心理学会第13回大会   2005年   
情報入力時の気分が対人情報処理方略に与える影響:遅延後の記憶再生の検討
日本心理学会第69回大会   2005年   
情報入力時の気分が対人情報処理方略に及ぼす影響:実験直後と遅延後の記憶再生の比較
日本社会心理学会第46回大会   2005年   
Noda, M. & Yoshida, T.
Fifth Conference of the Society for Personality and Social Psychology, Austin, TX.   2004年   
Noda, M. & Yoshida, T.
Twenty-eighteenth International Congress of Psychology, Beijing, China.   2004年   
情報入力時の気分が対人情報処理方略に与える影響:記憶再生の検討
日本グループ・ダイナミミックス学会第51回大会   2004年   
Noda, M. & Yoshida, T.
28th International Congress of Psychology   2004年   
情報入力時の気分が対人情報処理方略に与える影響:印象評定について
日本心理学会第68回大会   2004年   
Noda, M. & Yoshida, T.
Fifth Conference of the Asian Association of Social Psychology, Manila, Philippines.   2003年   
Noda, M. & Yoshida, T.
5th Conference of the Asian Association of Social Psychology   2003年   
気分が記憶再生に与える影響-一定期間後の影響について-
日本心理学会第67回大会   2003年   
気分が対人情報処理方略に与える影響-一定期間後の影響について-
日本社会心理学会第44回大会   2003年   
Noda, M. & Yoshida, T.
5th Conference of the Society for Personality and Social Psychology   2003年   
Time-pressureがムード一致効果に与える影響―判断時において―
日本心理学会第66回大会   2002年   
Time-pressureがムード一致効果に与える影響―不完全情報を含む商品選択時において―
日本社会心理学会第43回大会   2002年   
Time-pressureがムード一致効果に与える影響―対人認知的な枠組みから―
日本社会心理学会第42回大会   2001年   
小学生向け防災教育デジタル教材の開発-災害発生時の主体的 な行動力の育成を目的として-
豊沢純子・元吉忠寛・竹橋洋毅 ・野田理世・宮本真希子・土本純平・井上洋・眞田巧・藤田大輔
日本教育心理学会第58回大会発表   2016年10月   

競争的資金等の研究課題

 
増減する文脈情報が価値判断,及び予測に及ぼす影響について脳活動に着目した研究
科学研究費補助金: 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: Masayo Noda
感情予測による災害認知・防災行動モチベーション変容の心理メカニズムに関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2010年
災害に伴う感情予測を行うことが災害認知・防災行動モチベーション変容に及ぼす影響の検討
感情予測が生徒の学習動機に及ぼす影響
研究期間: 2005年   
生徒がポジティブなテスト結果を得た時の感情予測を行うことが学習動機に及ぼす影響を検討
符号化時の気分と社会的カテゴリ情報処理の関係
研究期間: 2003年 - 2004年
符号化時の気分が社会的カテゴリ情報に関連した情報処理に及ぼす影響について,実験直後と遅延後の記憶再生を用いた検討