山本 昭洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/13 03:53
 
アバター
研究者氏名
山本 昭洋
eメール
ahyamacc.miyazaki-u.ac.jp
所属
宮崎大学
部署
農学部 応用生物科学科
職名
准教授
学位
博士(農学)(筑波大学), 修士(農学)(筑波大学), 学士(農学)(筑波大学)
科研費研究者番号
30452915

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年9月
 - 
現在
宮崎大学 農学部 応用生物科学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2016年8月
宮崎大学 農学部 応用生物科学科 生物機能科学講座 助教
 
2014年1月
 - 
2015年1月
The University of Toledo 客員研究員
 
2007年2月
 - 
2007年3月
宮崎大学 農学部 応用生物科学科 生物機能科学講座 助手
 
2006年6月
 - 
2007年1月
埼玉大学大学院理工学研究科生命科学系専攻 民間等共同研究員
 

学歴

 
 
 - 
2004年3月
筑波大学 農学研究科 応用生物化学専攻
 
 
 - 
1999年3月
筑波大学 第二学群 生物資源学類
 

受賞

 
2013年10月
日本土壌肥料学会九州支部 日本土壌肥料学会九州支部奨励賞
 
2012年9月
日本土壌肥料学会 日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会 ポスター賞
受賞者: 城惣吉, 山本昭洋, 梅原洋佐, 林正紀, 佐伯雄一
 

論文

 
Ramesh Raj Puri, Fumihiko Adachi, Masayuki Omichi, Yuichi Saeki, Akihiro Yamamoto, Shohei Hayashi, Kazuhito Itoh
Journal of Advances in Microbiology   13(2) 1-12   2018年11月   [査読有り]
Mason M., Tabing B., Yamamoto A., Saeki Y.
Heliyon   4(11)    2018年11月
© 2018 One of the strategies that is commonly used in the Philippines to improve the production of soybean is by inoculation. However, this technique often fails mainly due to the lack of information about the indigenous soybean rhizobia in the Ph...
Mason M., Matsuura S., Domingo A., Yamamoto A., Shiro S., Sameshima-Saito R., Saeki Y.
Plant and Soil   417(1-2) 349-362   2017年8月   [査読有り]
© 2017, Springer International Publishing Switzerland. Aims: Understanding the factors that influence the diversity of soybean-nodulating rhizobia is important before doing inoculation. Since studies about this topic in tropical regions are limite...
Saeki Y., Nakamura M., Mason M., Yano T., Shiro S., Sameshima-Saito R., Itakura M., Minamisawa K., Yamamoto A.
Microbes and Environments   32 154-163   2017年6月   [査読有り]
Inhibition of putrescine biosynthesis enhanced salt stress sensitivity and decreased spermidine concentration in rice seedlings.
Akihiro Yamamoto, Ie-Sung Shim, Shinsuke Fujihara
Biologia Plantarum   61(2) 385-388   2017年6月   [査読有り]

Misc

 
ダイズ根粒菌生態研究から環境保全型ダイズ生産技術へ
佐伯雄一,山本昭洋
アグリバイオ   2(7) 92-95   2018年6月   [依頼有り]
根粒菌生態研究からみえる農業技術 日本におけるダイズ根粒菌の群集構造コントロールの可能性
佐伯雄一,山本昭洋
アグリバイオ   1(10) 58-61   2017年9月   [依頼有り]
窒素固定エンドファイトの接種によるブロッコリー,サトウキビの生育促進
赤尾勝一郎・山本昭洋
生物機能を活用した病害虫・雑草管理と肥料削減: 最新技術集   222-225   2009年2月
植物燃料:バイオディーゼルの導入および研究動向
山本昭洋, 西田生郎
植物の生長調節   43 82-85   2008年5月

講演・口頭発表等

 
水稲裏作ダイズ栽培のための種子処理法の検討
仁田脇義和,石崎芽生,山本昭洋,佐伯雄一
2017年度日本土壌肥料学会九州支部例会   2017年9月21日   
塩類集積土壌におけるダイズ根粒菌群集構造に関する研究
直野晋也,山本昭洋,佐伯雄一
2017年度日本土壌肥料学会九州支部例会   2017年9月21日   
塩ストレスが感染根粒菌群集構造に及ぼす影響に関する研究
北林颯人,山本昭洋,佐伯雄一
2017年度日本土壌肥料学会九州支部例会   2017年9月21日   
塩類集積土壌におけるダイズ根粒菌群集構造に関する研究
直野晋也,山本昭洋, 佐伯雄一
日本土壌肥料学会2017年度仙台大会   2017年9月5日   
ダイズの塩耐性と感染根粒菌群集構造に関する研究
北林颯人,山本昭洋, 佐伯雄一
日本土壌肥料学会2017年度仙台大会   2017年9月5日