松田 一希

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/29 02:02
 
アバター
研究者氏名
松田 一希
 
マツダ イッキ
URL
https://sites.google.com/view/ikkis-web/
所属
中部大学
職名
准教授
学位
地球環境科学(北海道大学)
その他の所属
マレーシア国立サバ大学京都大学野生動物研究センター公益財団法人日本モンキーセンター
科研費研究者番号
90533480
ORCID ID
0000-0002-0861-7801

プロフィール

世界中には様々な動物が様々な環境に適応してくらしています。わたしは霊長類の研究をとおして、動物がどのように進化して現在の生息環境へと適応していったのかを明らかにすることに興味があります。南米アマゾンの森にくらす野生クモザルの研究をしたのち、東南アジアのボルネオ島の固有種であるテングザルの研究を2005年より開始しました。現在はテングザルの研究に加え、東アフリカのウガンダの熱帯林にくらすアビシニアコロブスの研究もしています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2004年
同志社大学 工学研究科 数理環境科学
 
 
 - 
2008年
北海道大学 地球環境科学研究科 生態環境科学
 
 
 - 
2002年
同志社大学 工学部 機能分子工学科
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
PRIMATES  Associate Editor
 
2016年7月
 - 
現在
日本霊長類学会  評議員
 
2016年7月
 - 
現在
霊長類研究  編集委員
 
2016年4月
 - 
現在
モンキー  編集委員
 

受賞

 
2016年3月
日本生態学会 宮地賞
 
2013年4月
笹川財団 笹川科学研究奨励賞
 
2007年
ポスター最優秀発表賞(日本霊長類学会)
 
2011年
高島賞(日本霊長類学会)
 

論文

 
Sex Identification and Efficient Microsatellite Genotyping Using Fecal DNA in Proboscis Monkeys (Nasalis larvatus)
Inoue E, Ogata M, Seino S, Matsuda I
Mammal Study   41 141-148   2016年   [査読有り]
Reproducibility of field science in non-human primates
松田 一希
心理学評論   59 114-117   2016年   [査読有り]
Primate Survey in a Bornean Flooded Forest: Evaluation of Best Approach and Best Timing
Matsuda I, Otani Y, Bernard H, Wong A, Tuuga A
Mammal Study   41 101-106   2016年   [査読有り]
Matsuda I, Ancrenaz M, Akiyama Y, Tuuga A, Majalap N, Bernard H
Ecological Research   30 191-195   2015年11月   [査読有り]
Matsuda I, Sha JC, Ortmann S, Schwarm A, Grandl F, Caton J, Jens W, Kreuzer M, Marlena D, Hagen KB, Clauss M
Physiology & behavior   149 45-52   2015年5月   [査読有り]
Matsuda I, Tuuga A, Hashimoto C, Bernard H, Yamagiwa J, Fritz J, Tsubokawa K, Yayota M, Murai T, Iwata Y, Clauss M
Oecologia   174(4) 1127-1137   2014年4月   [査読有り]
Matsuda I, Akiyama Y, Tuuga A, Bernard H, Clauss M
Primates   55 313-326   2014年2月   [査読有り]
in press
Ancrenaz M, Sollmann R, Meijaard E, Hearn AJ, Ross J, Samejima H, Loken B, Cheyne SM, Stark DJ, Gardner PC, Goossens B, Mohamed A, Bohm T, Matsuda I, Nakabayasi M, Lee SK, Bernard H, Brodie J, Wich S, Fredriksson G, Hanya G, Harrison ME, Kanamori T, Kretzschmar P, Macdonald DW, Riger P, Spehar S, Ambu LN, Wilting A
Scientific reports   4 4024   2014年2月   [査読有り]
Matsuda I, Higashi S, Otani Y, Tuuga A, Bernard H, Corlett RT
Integrative zoology   8(4) 395-399   2013年12月   [査読有り]
Matsuda I, Tuuga A, Bernard H, Sugau J, Hanya G
Scientific reports   3 1873   2013年   [査読有り]
Grueter CC, Matsuda I, Zhang P, Zinner D
International journal of primatology   33(5) 993-1001   2012年10月   [査読有り]
Matsuda I, Tuuga A, Bernard H, Furuichi T
Primates; journal of primatology   53(1) 13-23   2012年1月   [査読有り]
Opportunistic predation and predation-related events on long-tailed macaque and proboscis monkey in Kinabatangan, Sabah, Malaysia
Otani Y, Tuuga A, Bernard H, Matsuda I
Journal of Tropical Biology and Conservation   9 214-218   2012年   [査読有り]
松田一希
霊長類研究 = Primate research   27(2) 75-93   2011年12月   [査読有り]
Matsuda I, Murai T, Clauss M, Yamada T, Tuuga A, Bernard H, Higashi S
Biology letters   7(5) 786-789   2011年10月   [査読有り]
Effects of river width on the selection of sleeping-site by proboscis monkeys (Nasalis larvatus) in Sabah, Malaysia
Bernard H, Matsuda I, Hanya G, Ahmad AH
Journal of Tropical Biology and Conservation   8 9-12   2011年   [査読有り]
Matsuda I, Tuuga A, Bernard H
Mammalian Biology   76 165-171   2011年   [査読有り]
Bernard H, Matsuda I, Hanya G, Ahmad AH
International Journal of Primatology   32 259-267   2011年   [査読有り]
Matsuda I, Kubo T, Tuuga A, Higashi S
American journal of physical anthropology   142(2) 235-245   2010年6月   [査読有り]
Matsuda I, Tuuga A, Higashi S
Ecological Research   25(2) 475-482   2010年3月   [査読有り]
Matsuda I, Tuuga A, Higashi S
American journal of primatology   71(6) 478-492   2009年6月   [査読有り]
Bearded pig (Sus barbatus) predation on Borneo Blood Python (Python curtus) in the lower Kinabatangan, Northern, Borneo
Matsuda I, Tuuga A
Suiform Soundings   9 15-17   2009年
Matsuda I, Tuuga A, Higashi S
International Journal of Primatology   30 313-325   2009年   [査読有り]
Matsuda I, Tuuga A, Akiyama Y, Higashi S
American journal of primatology   70(11) 1097-1101   2008年11月   [査読有り]
Matsuda I, Tuuga A, Higashi S
Primates; journal of primatology   49(3) 227-231   2008年7月   [査読有り]
Matsuda I, Izawa K
Primates; journal of primatology   49(1) 65-68   2008年1月   [査読有り]
Matsuda I, Tuuga A, Higashi S.
Primate Eye 96   303   2008年   [査読有り]
国際霊長類学会に参加して― Odd-nosedグループの研究の現状 ―
松田一希
霊長類研究   24 154-155   2008年
テングザルの生態を追って:テングザルの森に何が?
松田一希
プリマーテス研究会記録集   
印刷中

Misc

 
果実の少ない季節における野生クモザルの主要採食物とグルーピング
松田一希、西邨顕達
第21回日本霊長類学会      2003年
テングザルの採食行動と遊動
松田一希、Augustine Tuuga、東正剛
第23回日本霊長類学会      2007年
テングザルの川辺と林内の行動比較:川辺への適応の考察
松田一希、Augustine Tuuga
第25回日本霊長類学会大会      2009年
テングザルってどんなサル?:生態から社会まで
松田一希
第198中部人類学談話会 (2010/03, 名古屋)      2010年   [査読有り]
泊まり場を変え単独で眠るテングザル:洪水期になにが?
松田一希、Augustine Tuuga
日本生態学会第57回全国大会      2010年
霊長類の反芻行動の発見:テングザルの事例
松田一希、村井勅裕、Marcus Clauss、山田朋美、Tuuga Augustine、Bernard Henry、東 正剛
2011年度日本哺乳類学会大会      2011年
テングザル社会の特徴:メスの移籍様式と個体間関係
松田一希、Augustine Tuuga、Henry Bernard、古市剛史
第27回日本霊長類学会大会      2011年
反芻するサル?~ボルネオ島にテングザルを追う~
松田一希
動物行動学会公開シンポジウム, 奈良 (2012/11)      2012年   [査読有り]
重層社会を形成するオナガザル科 4 種の個体間関係の比較
松田一希、 Zhang P、Swedell L、森梅代、Tuuga A、Bernard H、Sueur C
第28回日本霊長類学会大会      2012年

書籍等出版物

 
Factors Influencing Grooming Social Networks: Insights from Comparisons of Colobines with Different Dispersal Patterns
Matsuda I, Fukaya K, Pasquaretta C, Sueur C (担当:分担執筆, 範囲:pp 231-254)
Springer   2015年6月   
個性的なテングザルを追って、人類社会の進化の謎に迫る
松田一希
中川尚史, 友永雅己, 山極寿一編, 日本のサル学のあした. 京都通信社 pp 92-97   2012年   
テングザル-河と生きるサル
松田一希
東海大学出版会 pp146   2012年   
ボルネオ・サル紀行-妻と一緒に、テングザル研究
松田一希
村上貴裕, 佐藤宏明編, パワーエコロジー. 海游舎 pp 43-76   2013年   
The Natural History of Proboscis Monkey
Sha J, Matsuda I, Bernard H (担当:共著)
Natural History Publications   2011年   

講演・口頭発表等

 
果実の少ない季節における野生クモザルの主要採食物とグルーピング
松田一希
日本霊長類学会   2003年   
果実の少ない季節における野生クモザルの主要採食物とグルーピング
松田一希
日本哺乳類学会   2003年   
テングザルの採食行動と遊動
松田一希
日本霊長類学会   2007年   
テングザルの川渡りと泊まり場の選択性
松田一希
日本霊長類学会   2008年   
Behavioral Observations of Proboscis Monkeys (Nasalis larvatus) in a Riverine Forest in Sabah, Malaysia [招待有り]
Ikki Matsuda
XXIInd International Primatological Society Congress   2008年   
COMPARISON OF FEEDING BEHAVIORS BETWEEN RIVERINE AND INLAND HABITATS IN PROBOSCIS MONKEYS [招待有り]
Ikki Matsuda
Field Research of Primates in South-eastern Asian Tropical Forest(Cooperation Research Symposium)   2009年   
Riverine refuging by proboscis monkeys (Nasalis larvatus) and other sympatric primates [招待有り]
Ikki Matsuda
The 3rd International Congress on the Future of Animal Research   2009年   
テングザルの川辺と林内の行動比較:川辺への適応の考察
松田一希
日本霊長類学会   2009年   
泊まり場を変え単独で眠るテングザル:洪水期になにが?
松田一希
日本生態学会   2010年   
テングザルってどんなサル?:生態から社会まで [招待有り]
松田一希
第198中部人類学談話会   2010年   
テングザルの生態を追って:テングザルの森に何が? [招待有り]
松田一希
第55回 プリマーテス研究会   2010年   
The Social System of Proboscis Monkeys: Investigations of Inter- and Intra-group Relationships
Ikki Matsuda
XXIIIrd International Primatological Society Congress   2010年   
The Natural History of Proboscis Monkey [招待有り]
Ikki Matsuda
Sabah Society   2011年   
Evolution of Primate Society [招待有り]
Ikki Matsuda
Studying and Monitoring Primate Behavior: A Workshop for Asian Conservation Professionals   2011年   
テングザル社会の特徴:メスの移籍様式と個体間関係
松田一希
日本霊長類学会   2011年   
フィールドワークの可能性-テングザル研究と私- [招待有り]
日本霊長類学会(高島賞受記念講演)   2011年   
霊長類の反芻行動の発見:テングザルの事例
松田 一希
日本哺乳類学会大会   2011年9月   
ラボからフィールドへ:ボルネオのジャングルでテングザルを追う [招待有り]
松田 一希
同志社大学無機化学研究室主催 修紫会   2011年11月   
Proboscis Moneky -Big Nose of Borneo [招待有り]
Ikki Matsuda
Lecture series on "Indonesian wildlife"   2011年12月   
反芻するサル?〜ボルネオ島にテングザルを追う〜
動物行動学会公開シンポジウム   2012年   日本動物行動学会
ボルネオ産コロブス2種の葉の選択性
松田一希、Augustine Tuuga、Henry Bernard、John Sugau、半谷吾郎
日本霊長類学会   2013年7月   
アフリカ産オナガザル類を研究する意義
五百部裕, 田代靖子, 松田一希, 郷もえ, 橋本千絵, 小籔大輔, 清水大輔, 赤尾大樹, 松村秀一, 早川卓志, 今井啓雄
日本アフリカ学会第51回学術大会   2014年5月   
Usage of riverine forest by two species of macaques, in Borneo
Otani Y, Matsuda I, Tuuga A, Bernard H
XXV International Primatological Society Congress   2014年8月   
Phylognetic relationships of Trachypithecus cristantus and Trachypithecus obscurus in Malaysia
Md-Zain BM, Abdul-Latiff MA, Rahman NA, Ruslin F, Roos C, Matsuda I, Ampeng A, Tuuga A, Yaakop S
XXV International Primatological Society Congress   2014年8月   
Nocturnal activity in a flooded forest primate – the proboscis monkey
Matsuda I, Tuuga A, Clauss M
XXV International Primatological Society Congress   2014年8月   
Following the Trail of the Elusive Proboscis Monkey in Borneo [招待有り]
松田 一希
Biological Colloquium in Institut Pluridisciplinaire Hubert Curien, Université de Strasbourg   2014年12月   
Proboscis Monkey - Mysterious Monkey in Borneo [招待有り]
松田 一希
Biological Colloquium in University of Veterinary Medicine Hannover   2015年1月   
サルはなぜ川岸で眠るのか:ボルネオ島に生息する霊長類複数種の河岸林利用形態
大谷洋介、松田一希
日本生態学会第61回全国大会   2015年3月   
自動撮影カメラによる動物観察:ボルネオ島の塩場に集まる動物たち
松田 一希
京都大学霊長類研究所共同利用研究会『豪雪地域におけるニホンザルの洞窟利用』   2015年3月   
Following the Trail of the Elusive Proboscis Monkey in Borneo [招待有り]
松田 一希
International Conference on Rainforest Ecology, Diversity and Conservation in Borneo   2015年6月9日   
Ruminant-Like Primate, Proboscis Monkey in Borneo: Physiological Similarity and Difference from Functional Ruminants
松田 一希
Vth International Wildlife Management Congress   2015年7月   
どうやって論文をまとめるか―効率の良い書き方
松田 一希
第31回日本霊長類学会   2015年7月   
霊長類の休息姿勢:なぜコロブス類は垂直姿勢を好むのか?
松田 一希
第31回日本霊長類学会   2015年7月   
Regurgitation and remastication in free-ranging proboscis monkeys [招待有り]
松田 一希
The 4th International Congress on Asian Primates   2015年8月   

競争的資金等の研究課題

 
テングザルの生態・社会研究
研究期間: 2004年   
クモザルの生態・社会研究
研究期間: 2002年 - 2004年