基本情報

所属
金沢医科大学 総合医学研究所 先端医療研究領域 糖化制御研究分野 講師
学位
博士(薬学)

研究者番号
20515308
J-GLOBAL ID
200901039330210020

外部リンク

高田(髙田)尊信 Takanobu Takata
Medical Research Institute,
Kanazawa Medical University (Ishikawa, Japan)

グルコースやフルクトースなどの糖と蛋白質は、終末糖化産物(AGEs)を生成します。このうちグルコース/フルクトース代謝中間体のグリセルアルデヒド(GA)由来のAGEs(GA-AGEs)を研究しています。

そして、GA-AGEsは強い細胞障害性をもち、インスリン抵抗性、高血圧、糖尿病合併症、冠動脈性疾患、非アルコール性脂肪肝炎、癌などの生活習慣病の原因となるため、他のAGEsと区別する意味合いでGA-AGEsをtoxic AGEs(TAGE)と命名しています。 現在、ヒトやラットの、培養細胞や組織内GA-AGEs (TAGE) の定量や、同定に取り組んでいます。

ほか、肝実質細胞株において、1,5-アンヒドロ-D-フルクトースに由来する1,5-AF-AGEsが生成/蓄積され、細胞障害を引き起こすことを明らかにし、これを新規AGEsとして報告しました。


  The sugars (e.g. glucose, fructose) and proteins generate advanced glycation end-products (AGEs). We investigate AGEs derived from glyceraldehyde (GA) which is the glucose/fructose metabolism intermediate, called GA-AGEs.

  More, we named GA-AGEs to toxic AGEs (TAGE) because of such cytotoxicity and that GA-AGEs had been closely associated with Lifestyle-related diseases such as insulin resistance, hypertension, diabetic complications, cardiovascular diseases, dementia, nonalcoholic steatohepatitis, Alzheimer’s disease, and cancer. Actually, we investigate the quantity of the intracellular GA-AGEs (TAGE) in the cultured cells and organs of human and rat, and identification of them.

  We  revealed that 1,5-AF-AGEs which are produced by 1,5-anhydro-D-Fructose  are generated/accumulated in the hepatocytes cell line and induced cytotoxicity, and reported that they are  the  novel AGEs. 


論文

  39

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  89

共同研究・競争的資金等の研究課題

  7