塩谷 哲史

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:18
 
アバター
研究者氏名
塩谷 哲史
 
シオヤ アキフミ
eメール
shioya.akifumi.kbu.tsukuba.ac.jp
URL
https://researchmap.jp/read0139371/
所属
筑波大学
部署
人文社会系
職名
助教
学位
修士(文学)(東京大学), 博士(文学)(東京大学)
科研費研究者番号
30570197

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
2009年8月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2009年9月
 - 
2011年9月
筑波大学 人文社会科学等支援室 準研究員
 
2011年10月
   
 
筑波大学 人文社会系(国際日本研究専攻、国際地域研究専攻、比較文化学類担当) 助教
 
2016年9月
 - 
2016年9月
国際交流基金 平成28年度日本研究機関支援プログラム(タシケント国立東洋学大学) 客員教授
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
東京大学 文学部 歴史文化学科東洋史学専修課程
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻
 
2005年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻
 
2006年5月
 - 
2008年3月
ウズベキスタン共和国科学アカデミー東洋学研究所 研修生  
 

委員歴

 
2015年4月
   
 
Fieldnet  運営委員
 
2013年6月
 - 
2015年6月
内陸アジア史学会  幹事(編集担当)
 

受賞

 
2014年12月
筑波大学 筑波大学若手教員奨励賞
 
2014年11月
地域研究コンソーシアム(JCAS) 第4回地域研究コンソーシアム賞 登竜賞 塩谷哲史著『中央アジア灌漑史序説―ラウザーン運河とヒヴァ・ハン国の興亡―』
 
http://www.jcas.jp/about/awards.html

論文

 
1842年ガージャール朝使節団のヒヴァ派遣―シーア派捕虜解放問題と英露両国の関与について―
塩谷,哲史
内陸アジア史研究   (33) 51-73   2018年3月   [査読有り]
伊犁通商条約(1851年)の締結過程から見たロシア帝国の対清外交
塩谷, 哲史
内陸アジア史研究   (32) 23-46   2017年3月   [査読有り]
塩谷,哲史
内陸アジア史研究   (31) 73-92   2016年3月   [査読有り]
<p>This article analyses the factors behind the failure of the Amu River diversion project initiated by the Grand Duke Nikolai Konstantinovich in the territories of the Khanate of Khiva at the end of the 1870s. Shioya (2014) argued the details of ...
Onuma,Takahiro;Kawahara,Yayoi;Shioya,Akifumi
Frontiers of History in China   9(3) 384-408   2014年10月   [査読有り]
Shioya,Akifumi
Central Asian Survey   33(2) 232-245   2014年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
帯谷知可編著『ウズベキスタンを知るための60章』23-27頁、37-41頁、47-50頁
塩谷,哲史
明石書店   2018年5月   ISBN:9784750346
小松久男編著『テュルクを知るための61章』116-119頁、125-127頁、146-149頁
塩谷,哲史
明石書店   2016年8月   ISBN:9784750343969
堀川徹、大江泰一郎、磯貝健一編『シャリーアとロシア帝国―近代中央ユーラシアの法と社会―』(京都:臨川書店)
塩谷,哲史
臨川書店   2014年3月   ISBN:978465304222
中央アジア灌漑史序説―ラウザーン運河とヒヴァ・ハン国の興亡―(単著、東京:風響社、302頁)
塩谷,哲史
風響社   2014年2月   ISBN:9784894891975
P. Sartori (ed.), Explorations in the Social History of Modern Central Asia (19th - Early 20th Century), Leiden: Brill
Shioya,Akifumi
Brill   2013年8月   ISBN:9789004248434

講演・口頭発表等

 
伊犁通商条約とその後─19世紀中葉ロシア帝国の対清外交―
塩谷,哲史
第55回野尻湖クリルタイ(日本アルタイ学会)   2018年7月15日   日本アルタイ学会
Islam in Japan: Past and Present [招待有り]
Shioya,Akifumi
International Conference: Роль молодежи в предупреждении и противодействии насильственному экстремизму и радикализации, ведущим к терроризму   2018年6月12日   OSCE
Central Asian Studies at the University of Tsukuba: Overview
塩谷,哲史
Uzbek-Japanese Round Table "The role of citizens' self-government bodies in the implementation of public control: the experience of Uzbekistan and Japan"   2018年5月23日   筑波大学大学院国際地域研究専攻中央アジア特別プログラム、筑波大学中央アジア事務所、在日ウズベキスタン大使館、ウズベキスタン市民社会研究所
Slave Trade and Anglo-Russian Relations in Central Asia in the Nineteenth Century [招待有り]
Shioya,Akifumi
Workshop on Political Economies of International Commerce   2018年4月20日   
タシュケント在住の一ウイグル知識人の歴史的記憶―社会変動と越境―
新免康;塩谷哲史
日本中央アジア学会2017年度年次大会   2018年3月24日   日本中央アジア学会
The Activities of the SPCA Program at the University of Tsukuba, Japan: History and Future Tasks [招待有り]
Shioya,Akifumi
“Ex Orient Lux”―第3回日本研究国際学会―   2017年9月22日   ロシア・アルメニア大学 Российско-Армянский Университет
18-20世紀初頭の中央アジア=ロシア間の隊商交易 [招待有り]
Shioya,Akifumi
日本中央アジア学会2016年度年次大会   2017年3月26日   日本中央アジア学会
Area Studies and Central Asia / Regionovedenie i Tsentral'naia Aziia
Shioya,Akifumi
International Workshop "Asian Powers, Central Asia and the New Silk Road: Views from Inside and Outside"   2017年2月18日   Faculty of International Relations, Kazakh National University
Reconsideration of the Treaty of Kulja (1851): Imperial Russian Diplomacy in a Eurasian Context
Shioya,Akifumi
Towards a transcultural history of diplomacy: A Core-to-Core Global History Collaborative workshop   2016年12月10日   東京大学東洋文化研究所/国立歴史民俗博物館
ロシア帝国統治期トルキスタンにおける水資源管理―アムダリヤ下流域の事例から―
塩谷,哲史
第8回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会   2016年12月3日   

競争的資金等の研究課題

 
公益財団法人 三菱財団: 平成30年度人文科学研究助成
研究期間: 2018年10月 - 2019年9月    代表者: 塩谷哲史
公益財団法人 村田学術振興財団: 平成30年度研究助成
研究期間: 2018年12月 - 2019年11月    代表者: 塩谷哲史
公益財団法人 旭硝子財団: 人文・社会科学系研究奨励
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 塩谷哲史
公益財団法人 鹿島学術振興財団: 2017(平成29)年度研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 塩谷哲史
北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター: スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究 共同利用型
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 塩谷哲史

その他

 
2015年3月
ウズベキスタン共和国大統領選挙国際監視
2014年12月
ウズベキスタン共和国議会選挙国際監視