塩谷 哲史

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/21 02:51
 
アバター
研究者氏名
塩谷 哲史
 
シオヤ アキフミ
eメール
shioya.akifumi.kbu.tsukuba.ac.jp
URL
https://researchmap.jp/read0139371/
所属
筑波大学
部署
人文社会系
職名
助教
学位
修士(文学)(東京大学), 博士(文学)(東京大学)
科研費研究者番号
30570197

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
2009年8月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 
2009年9月
 - 
2011年9月
筑波大学 人文社会科学等支援室 準研究員
 
2011年10月
   
 
筑波大学 人文社会系 助教
 
2016年9月
 - 
2016年9月
国際交流基金 平成28年度日本研究機関支援プログラム(タシケント国立東洋学大学) 客員教授
 
2019年4月
 - 
2020年3月
北海道大学 スラブ・ユーラシア研究センター 共同研究員
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
東京大学 文学部 歴史文化学科東洋史学専修課程
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻
 
2005年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻
 
2006年5月
 - 
2008年3月
ウズベキスタン共和国科学アカデミー東洋学研究所 研修生  
 

委員歴

 
2019年10月
   
 
日本中央アジア学会  大会実行委員
 
2019年7月
   
 
野尻湖クリルタイ(日本アルタイ学会)  世話人
 
2019年5月
   
 
歴史学研究会  委員(研究部、近世史部会)
 
2018年5月
   
 
European Society for Central Asian Studies  Board member
 
2015年4月
   
 
Fieldnet  運営委員
 

受賞

 
2014年12月
筑波大学 筑波大学若手教員奨励賞
 
2014年11月
地域研究コンソーシアム(JCAS) 第4回地域研究コンソーシアム賞 登竜賞 塩谷哲史著『中央アジア灌漑史序説―ラウザーン運河とヒヴァ・ハン国の興亡―』
 
http://www.jcas.jp/about/awards.html

論文

 
Shioya,Akifumi
Journal of Eurasian Studies   10(2) 147-158   2019年7月   [査読有り]
This work endeavors to analyze the negotiation process of the Treaty of Ghulja between the Russian Empire and Qing China in the summer of 1851. The treaty’s format and negotiation method largely followed the examples established by the original Ki...
1842年ガージャール朝使節団のヒヴァ派遣―シーア派捕虜解放問題と英露両国の関与について―
塩谷,哲史
内陸アジア史研究   (33) 51-73   2018年3月   [査読有り]
伊犁通商条約(1851年)の締結過程から見たロシア帝国の対清外交
塩谷, 哲史
内陸アジア史研究   (32) 23-46   2017年3月   [査読有り]
塩谷,哲史
内陸アジア史研究   (31) 73-92   2016年3月   [査読有り]
<p>This article analyses the factors behind the failure of the Amu River diversion project initiated by the Grand Duke Nikolai Konstantinovich in the territories of the Khanate of Khiva at the end of the 1870s. Shioya (2014) argued the details of ...
Onuma,Takahiro;Kawahara,Yayoi;Shioya,Akifumi
Frontiers of History in China   9(3) 384-408   2014年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
野田仁、小松久男編著『近代中央ユーラシアの眺望』
塩谷,哲史 (担当:分担執筆, 範囲:19世紀コングラト朝ヒヴァ・ハン国の君主像)
山川出版社   2019年10月   ISBN:9784634672499
転流―アム川をめぐる中央アジアとロシアの五〇〇年史―(単著、60頁)
塩谷,哲史
風響社   2019年10月   ISBN:9874894897915
今村薫編『中央アジアにおける牧畜文化の動態分析1』
塩谷,哲史 (担当:分担執筆, 範囲:19世紀中葉オレンブルグにおける交易について)
2019年12月   
帯谷知可編著『ウズベキスタンを知るための60章』23-27頁、37-41頁、47-50頁
塩谷,哲史 (担当:分担執筆, 範囲:「オアシスと灌漑農耕―その歴史的変遷―」「首都タシュケントと地方都市―近代化への道程―」「帝政ロシアのアム川転流計画」)
明石書店   2018年5月   ISBN:9784750346
小松久男編著『テュルクを知るための61章』116-119頁、125-127頁、146-149頁
塩谷,哲史 (担当:分担執筆, 範囲:「ウズベク人―多様性と共存―」「トルクメン人―尚武の民―」「カラカルパク人―移住の歴史と豊かな口承文芸―」)
明石書店   2016年8月   ISBN:9784750343969

講演・口頭発表等

 
Khiva: An Islamic City on the Silk Road
Shioya,Akifumi
10th International Policy Forum on Urban Growth and Conservation in Euro-Asian Corridor: Tabriz Conference 2019   2019年8月29日   Iran Cultural Heritage, Handicraft and Tourism Organization (ICHHTO), East Azerbaijan Tabriz Municipality East Azerbaijan Road and Urban Development Organization East Azerbaijan Construction Organization Tabriz University Tabriz University of Islamic Art
Gift Giving between Khorazm and Iran in the Nineteenth Century
Shioya,Akifumi
16th Biennial ESCAS Conference   2019年6月27日   European Society for Central Asian Studies
The diplomatic and commercial relations between Khorazm (the Khanate of Khiva) and Iran (the Qajarid) in the nineteenth century have not been fully analysed. They actually had some diplomatic and commercial relations despite the enmity between the...
Speculation or Commerce?: Alfalfa Export from Khiva to the Global Markets in the Beginning of the Twentieth Century
Shioya,Akifumi
16th Biennial ESCAS Conference   2019年6月29日   European Society for Central Asian Studies
The Khorazm oasis is situated in the lower basin of the Amu Darya and artificial irrigation networks have existed in the basin since ancient times. Between the 1890s and 1910s, commercial crops (cotton and alfalfa) were widely sown in this area. W...
カザフ草原北辺部における長距離交易と家畜の取引
塩谷,哲史
日本文化人類学会第53回研究大会   2019年6月1日   日本文化人類学会
本報告は、18-20世紀初頭ロシアと中央アジアを結ぶ隊商交易の拠点であり、かつ穀物と畜産物の取引拠点であった都市オレンブルグを考察の対象に据えながら、同都市とその周辺にあたるカザフ草原北辺部における長距離交易と畜産物取引との関係性を論じる。具体的には、19世紀中葉に書かれたロシア語の通商概説をもとに、隊商の規模、担い手、取引品目・金額、取引方法、その中での畜産物取引の役割について考察する。
19世紀ヒヴァ・ハン国の年代記 [招待有り]
塩谷,哲史
近代中央ユーラシアにおける歴史叙述と過去の参照 第1回研究会   2019年5月25日   アジア・アフリカ言語文化研究所
The History of a River Diversion Project: Exploring the Origins of the Aral Sea Crisis [招待有り]
塩谷,哲史
Public Lecture (The Department of Comparative Studies, The Ohio State University)   2019年2月15日   The Department of Comparative Studies, The Ohio State University
伊犁通商条約とその後─19世紀中葉ロシア帝国の対清外交―
塩谷,哲史
第55回野尻湖クリルタイ(日本アルタイ学会)   2018年7月15日   日本アルタイ学会
Islam in Japan: Past and Present [招待有り]
Shioya,Akifumi
International Conference: Роль молодежи в предупреждении и противодействии насильственному экстремизму и радикализации, ведущим к терроризму   2018年6月12日   OSCE
Central Asian Studies at the University of Tsukuba: Overview
塩谷,哲史
Uzbek-Japanese Round Table "The role of citizens' self-government bodies in the implementation of public control: the experience of Uzbekistan and Japan"   2018年5月23日   筑波大学大学院国際地域研究専攻中央アジア特別プログラム、筑波大学中央アジア事務所、在日ウズベキスタン大使館、ウズベキスタン市民社会研究所
Slave Trade and Anglo-Russian Relations in Central Asia in the Nineteenth Century [招待有り]
Shioya,Akifumi
Workshop on Political Economies of International Commerce   2018年4月20日   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月    代表者: 塩谷哲史
日本学術振興会: 科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 松原康介
塩谷哲史は、研究分担者として本プロジェクトに参加している。
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 新免康
塩谷哲史は、研究分担者として本プロジェクトに参加している。
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所: AA研共同利用・共同研究課題
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 野田仁
塩谷哲史は共同研究員として本プロジェクトに参加している。
公益財団法人 三菱財団: 平成30年度人文科学研究助成
研究期間: 2018年10月 - 2019年9月    代表者: 塩谷哲史

その他

 
2015年3月
ウズベキスタン共和国大統領選挙国際監視
2014年12月
ウズベキスタン共和国議会選挙国際監視