太田 進

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 15:11
 
アバター
研究者氏名
太田 進
 
オオタ ススム
URL
http://square.umin.ac.jp/ota/
所属
星城大学
部署
リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻
職名
教授
学位
準学士(名古屋大学), 学士(経済学)(愛知大学), 修士(リハビリテーション療法学)(名古屋大学), 博士(リハビリテーション療法学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
50452199

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
星城大学 リハビリテーション学部 教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
星城大学 リハビリテーション学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学 医学部保健学科 理学療法学専攻 助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
豊橋市民病院、豊橋市役所介護保険課兼務
 
2002年4月
 - 
2004年3月
University of Southern California Musculoskeletal Biomechanics Research Laboratory Visitiong researcher
 
1991年4月
 - 
2002年3月
豊橋市民病院
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2008年9月
名古屋大学大学院 医学系研究科 リハビリテーション療法学博士後期課程
 
2004年4月
 - 
2006年3月
名古屋大学大学院 医学系研究科 リハビリテーション療法学博士前期課程
 
1991年4月
 - 
1993年3月
愛知大学 経済学部2部 
 
1987年4月
 - 
1990年3月
名古屋大学 医療技術短期大学部 理学療法学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
NPO法人愛知県理学療法学会  理事
 
2011年4月
 - 
現在
NPO法人愛知県理学療法学会  学術誌部長
 

受賞

 
2010年
JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学)膝賞
 

論文

 
Ota S, Ohko H
J Back Musculoskelet Rehabil   31 127-132   2018年   [査読有り]
Kamiya M, Ota S, Naito Y, Nakagawa M, Morishima N, Ohyama K, Mokuno K, Ishikawa T
Research Bulletin of Seijoh University   18 38-43   2018年
Ochi A, Ohko H, Ota S, Shimoichi N, Takemoto T, Mitsuke K.
J Exerc Sci Fit. 2018   in press    2018年   [査読有り]
Hayashi T, Kondo K, Kanamori S, Tsuji T, Saito M, Ochi A, Ota S.
Int J Environ Res Public Health   15(7) 1413   2018年   [査読有り]
変形性膝関節症患者における呼吸機能と姿勢との関連
藤田玲美,松井康素,太田進,河村顕治,元田弘敏,齋藤圭介,原田敦
理学療法学   45(3) 166-174   2018年   [査読有り]
Ota S, Kurokouchi K, Takahashi S, Yoda M, Yamamoto R, Sakai T
Nagoya J Med Sci   79 487-495   2017年   [査読有り]
Ota S, Ogawa Y, Ota H, Fujiwara T, Sugiyama T, Ochi A
PloS One   12(6)    2017年   [査読有り]
Oishi Y, Hirano Y, Hasegawa Y, Yamauchi K, Kanayama Y, Ota S
J Musculoskelet Res.   20(2) 1750007   2017年   [査読有り]
春田みどり,水田洋平,伊藤隆安,太田 進,内山靖
理学療法科学   31(5) 661-666   2016年   [査読有り]
Ota S, Ando S, Tozawa Y, Nakamura T, Okamoto S, Sakai T, Hase K
J Phys Ther Sci   28 2904-2908   2016年   [査読有り]
Fujita R, Matsui Y, Harada A, Takemura M, Kondo I, Nemoto T, Sakai T, Hiraiwa H, Ota S,.
J Phys Ther Sci   28 3320-3321   2016年   [査読有り]
加藤禎菜,福田早紀,鈴木康雄,太田進
実験力学   16(4) 315-319   2016年   [査読有り]
太田 進,藤田玲美,小島彰子,鳥居善哉
PTジャーナル   49(1) 21-28   2015年
Ota S, Nakamura T, Ando A, Fukuyama A, Watanabe A, Hase K
J Arthritis   4 143   2015年   [査読有り]
Ota S, Goto H, Noda Y, Fujita R, Matsui Y
J Back Musculoskelet Rehabil   28(1)    2015年   [査読有り]
Ota S, Kanai A, Torii Y, Taniyama H, Imaizumi F, Matsui Y.
Nagoya J Med Sci   77 95-101   2015年   [査読有り]
変形性膝関節症患者における膝関節音の信号特性について
太田 進,藁科秀紀
JOSKA誌   40(3) 672-676   2015年   [査読有り]
Ota S, Kano R, Fukuta S, Miyai R, Masaoka N, Yoshida A
J Phys Ther Sci   27 3077-3079   2015年   [査読有り]
佐々木陽平,林久恵,近藤恵理子,小中真由美,太田 進,中村麻有,古橋究一,熊田佳孝
日本下肢救済・足病学会誌   6(1) 66-70   2014年   [査読有り]
Ota S, Goto H, Fujita R, Haruta M, Noda Y, Tamakoshi K
Int J Gerontol   8 6-11   2014年   [査読有り]
Ota S, Ueda M, Aimoto K, Suzuki Y, Sigward SM.
Knee   21 669-675   2014年   [査読有り]
Morishima N, Yagi R, Shimizu K, Ota S.
Auris Nasus Larynx   40 431-434   2013年   [査読有り]
Ota S, Nakanishi A, Sato H, Akita S, Hase K, Suzuki Y
J Musculoskelet Res   16(4) 1-9   2013年   [査読有り]
脳卒中片麻痺患者に対する新しい膝装具の応用
中村美穂,牧野仁美,太田 進,古川未来,相本啓太
共済医報   62(3) 262-265   2013年   [査読有り]
鳥居善哉,金井章,今泉史生,谷山裕之,太田 進
臨床バイオメカニクス   33 171-177   2012年   [査読有り]
太田 進,後藤寛司,野田由佳里,春田みどり
臨床バイオメカニクス   33 115-120   2012年   [査読有り]
伊藤 忠,太田 進,馬渕晃好,林 尊弘,永谷元基,林 満彦,青木浩代,山崎一徳,今泉大地,森田良文
愛知県理学療法学会誌   24(1) 36-38   2012年   [査読有り]
相本啓太,太田 進,上田誠,鈴木康雄,元田英一,木村宏樹
理学療法学   38(2) 90-96   2011年   [査読有り]
肩の夜間痛に対するサポーターの製作と検討
太田秀樹,太田 進,神谷琴美,神谷猛,林満
POアカデミージャーナル   19(1) 39-42   2011年   [査読有り]
神谷琴美,太田 進,神谷猛,森嶋直人,八木了,太田秀樹
総合リハビリテーション   39(11) 1103-1106   2011年   [査読有り]
伊藤忠,太田 進,馬渕晃好,永谷元基,林尊弘,杉浦一俊,林満彦,青木浩代,山崎一徳,今泉大地,森田良文
国立大学法人リハビリテーション コ・メディカル学術大会誌   31 41-45   2011年   [査読有り]
相本啓太,太田 進,金井 章
愛知県理学療法学会誌   23(1) 21-24   2011年   [査読有り]
内藤貞子, 太田 進, 上村晃寛, 後藤健一, 清水和彦
理学療法ジャーナル   44(11) 1019-1025   2010年   [査読有り]
人工膝関節全置換術後の膝関節機能に影響する術前因子について -変形性膝関節症と関節リウマチの比較-
森坂文子,太田 進,八木 了
理学療法   27(11)    2010年   [査読有り]
大森裕介,森坂文子,森嶋直人,八木 了,吉原永武,太田 進
愛知県理学療法学会誌   21(3) 179-182   2010年   [査読有り]
後藤健一、清水和彦、内藤貞子、上村晃寛、太田 進
理学療法学   37(2) 96-101   2010年   [査読有り]
太田 進・上田 誠・相本啓太・鈴木康雄・木村宏樹・元田英一
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)雑誌   35(3) 681-686   2010年   [査読有り]
神谷昌孝、神谷琴美、森嶋直人、太田 進、清水和彦
豊橋創造大学紀要   14 69-77   2010年   [査読有り]
上村晃寛、太田 進、後藤健一、内藤貞子、森嶋直人、清水和彦
地域リハビリテーション   5(6) 560-566   2010年   [査読有り]
Ota S, Nakashima T, Morisaka A, Omachi T, Ida K, Kawamura M
Man Ther   15(6) 574-578   2010年   [査読有り]
太田 進,長谷和徳,梶 大介,二宮彰久,相本啓太,上田 誠
臨床スポーツ医学   26(9) 1189-1194   2009年   [査読有り]
Ota S, Nakashima T, Morisaka A, Ida K, Kawamura M.
J Orthop Sports Phys Ther   38(7) 396-402   2008年   [査読有り]
Sigward SM, Ota S, Powers CM
J Orthop Sports Phys Ther   38(11) 661-667   2008年   [査読有り]
Pollard CD, Sigward SS, Ota S, Langford K, Powers CM
Clin J Sports Med.   16(3) 223-227   2006年   [査読有り]
Ota S, Ward SR, Chen YJ, Tsai TJ, Powers CM
J Orthop Sports Phys Ther   36(9) 645-652   2006年   [査読有り]
膝蓋骨可動性測定のための工夫
太田 進
理学療法研究への誘い   1 121-126   2000年
太田 進,伊澤昌江,中川光仁,森 弘幸,小林孝誌,松井康泰,大石幸由,岩月宏泰
理学療法   17(3) 335-337   2000年   [査読有り]
慢性関節リウマチ患者のADL評価に影響を及ぼす抑鬱について
岩月宏泰,中川光仁,太田 進,古川 敦
愛知県理学療法士会誌   11(1) 6-8   1993年   [査読有り]
腱板修復術後患者の現状-予後不良例の検討-
榊原由孝,中川真由美,近藤泰二,小林孝誌,森嶋直人,太田 進
愛知県理学療法士学会誌   8(1) 1-4   1996年   [査読有り]
脳血管障害患者における主観的幸福感の一考察
太田 進,埜口義広、森嶋直人,森 弘幸,中川光仁,水野良子,川島幸子,小林孝誌,岩月宏泰
全国自治体病院協議会雑誌   5 38-40   1995年
太田 進,岩月宏泰,河村守雄,小林孝誌,八木幸一,森嶋直人,森 弘幸,中川光仁,水野 良子,横田慎太郎
理学療法学   22(3) 129-133   1995年   [査読有り]
脳血管障害患者における主観的幸福感について-在宅療養者と施設入所者の比較-
岩月宏泰,細井順子,生田泰敏,太田 進,前園 徹
愛知県理学療法士会誌   5 32-35   1993年   [査読有り]
当院における身体障害度と主観的幸福感との関連について
生田泰敏,戸田秀彦,鵜飼 恵,岩月宏泰,太田 進,片岡宏樹,阿部 長
愛知県理学療法士会誌   5 36-41   1993年   [査読有り]
岩月宏泰,細井順子,阿部 長,生田泰敏,太田 進,前園 徹
名古屋大学医療技術短期大学部紀要   5 55-59   1993年   [査読有り]
坂部みほ子,足立明美,井上智恵子,上村貴子,尾山美華,太田 進,青木隆幸,辻井洋一郎
名古屋大学医療技術短期大学部紀要   3 133-137   1991年   [査読有り]

Misc

 
肩関節周囲筋の筋電図学的検討-Thumb up, Thumb down肢位の相違による比較-
鳥居善哉,太田 進,森嶋直人,小林孝誌,大間知孝顕,松井康素
第24回東海スポーツ傷害研究会会誌   20 52-54   2002年
中学生に対する整形外科的メディカルチェックの応用
太田 進,小林孝誌,八木 了,松井康素,大石幸由
第23回東海スポーツ傷害研究会会誌   19 20-23   2001年
中学生に対する整形外科的メディカルチェックの試み
太田 進,小林孝誌,松井康素,大石幸由
第22回東海スポーツ傷害研究会会誌   18 1-3   2000年
発育期における整形外科的メディカルチェックについて(第2報)-学校現場で応用可能な方法の検討-
太田 進,犬塚志緒理,伊澤昌江,中川光仁,森 弘幸,小林孝誌,松井康素,大石幸由
第21回東海スポーツ傷害研究会会誌   17 7-11   1999年
発育期における整形外科的メディカルチェックについて-学校現場における応用は可能か-
太田 進,中川光仁,森 弘幸,小林孝誌,松井康素,大石幸由
第20回東海スポーツ傷害研究会会誌   16 1-3   1998年
在宅障害老人における主観的幸福感と役割意識との関連
岩月宏泰,太田 進,岩月順子,平林弦太,大町かおり
月刊総合ケア   4(5) 68-69   1994年

書籍等出版物

 
運動療法ガイド
内山靖, 奈良勲 (担当:分担執筆, 範囲:関節可動域―膝関節)
文光堂   2017年3月   
高齢者理学療法
島田裕之 (担当:分担執筆, 範囲:歩行の動作介助)
医歯薬出版   2017年3月   
健康で長生きの秘けつ
星城大学大学院 (担当:共著, 範囲:膝の痛みを防ぐには-変形性膝関節症との予防-)
一粒社   2015年2月   

講演・口頭発表等

 
Orthopedic and medical characteristics of gait with the draw-in maneuver in healthy community-dwelling older adults
Fujita R, Ota S
OARSI World Congress   2018年4月26日   
Reliability assessment of a patellofemoral arthrometer using a feedback device with sheet-type pressure sensors
Ohko H, Ota S
OARSI World Congress   2018年4月26日   
Acute influences of draw-in maneuver for knee adduction moment and hip and trunk muscle activities during a person’s manner of walking
Ota S, Ohko H, Fujita R, Ogawa Y, Ota H
OARSI World Congress   2018年4月26日   
Relationship between inferior patellar mobility and knee flexion angle in community dwelling elderly females
Ohko H, Ota S
OARSI World Congress   2017年4月27日   
Preliminary study of modifications of gait and ADL to reduce knee pain and improve knee Joint function
Ota S, Ohko H, Fujita R, Imai A
OARSI World Congress   2017年4月27日   

競争的資金等の研究課題

 
膝関節から生じる振動信号の解析による変形性膝関節症の早期診断方法の確立
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 太田 進
布センサーを利用した良姿勢フィードバックによる作業関連性疼痛の予防
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 太田 進
変形性膝関節症の一発症要因解析とその予防のための姿勢フィードバックツールの開発
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 太田 進
変形性膝関節症のスクリーニング検査としての関節音の応用
公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団: 
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 太田 進
膝関節屈曲アシストサポータの転倒予防への応用
科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラムA-STEPフィージビリティスタディステージ・探索タイプ
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 太田 進
頭頚部を含めた姿勢評価の妥当性の検証と高齢者への転倒・嚥下障害予防プログラムの新しい提案
三井住友海上福祉財団・研究助成高齢者福祉部門: 
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 太田 進
脳卒中片麻痺患者の歩行をサポートする簡易膝装具の開発と動作解析
公益財団法人ひと・健康・未来研究財団: 
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 太田 進
介護、医療現場に応用しやすい簡便な高齢者用運動様式に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 太田 進
膝蓋骨可動性の定量的評価とその臨床応用
その他の研究制度
研究期間: 2007年 - 2010年
変形性膝関節症の予防および膝関節装具の開発
その他の研究制度
研究期間: 2007年 - 2010年
高齢者の運動機能向上(ポールウォーキングに関する研究)
研究期間: 2009年   
介護支援器具の開発
研究期間: 2009年   
ノルディックウォークは地域中高齢者の日常生活に受け入れられるかの検証
名古屋大学教育研究改革・改善プロジェクト総長裁量経費
研究期間: 2008年       代表者: 太田 進
変形性膝関節症の予防に関する新しい視点
名古屋大学学術振興基金: 
研究期間: 2007年       代表者: 太田 進
膝蓋骨可動性の定量的評価について
日本理学療法士協会研究助成
研究期間: 2002年       代表者: 太田 進

特許

 
特許6317640 : 肩用サポーター装具及び肩用サポーター
太田 進,太田秀樹
膝蓋骨可動性評価装置
2007-136102