山口 知也

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/03 12:45
 
アバター
研究者氏名
山口 知也
 
ヤマグチ トモヤ
ハンドル
handle0139515
URL
http://kumamoto-cancerbiology.com
所属
熊本大学
部署
大学院先導機構
職名
准教授
学位
医学博士(名古屋大学)
その他の所属
熊本大学大学院生命科学研究部文部科学省卓越研究員事業
ORCID ID
0000-0001-6933-543X

研究分野

 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究員(兼任)
 
2016年11月
 - 
現在
熊本大学 (併任)大学院生命科学研究部 がん生物学分野 准教授(PI)
 
2016年11月
 - 
現在
熊本大学 大学院先導機構 准教授
 
2016年11月
 - 
現在
文部科学省卓越研究員事業 卓越研究員
 
2016年4月
 - 
2016年10月
名古屋大学 大学院医学系研究科 分子腫瘍学分野 特任講師
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 大学院医学系研究科 機能構築医学専攻(博士課程)
 
2002年4月
 - 
2004年3月
名古屋大学 大学院医学系研究科 医科学専攻(修士過程)
 
1998年4月
 - 
2002年3月
京都工芸繊維大学 繊維学部 応用生物学科
 

受賞

 
2017年12月
日本生化学会 柿内三郎記念奨励研究賞
 
2017年12月
日本分子生物学会 若手研究助成 富澤純一・桂子基金
 
2017年6月
日本細胞生物学会 若手優秀発表賞
 
2017年4月
文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2016年10月
日本癌学会 日本癌学会奨励賞
 

論文

 
Ida L, Yamaguchi T, Yanagisawa K, Kajino T, Shimada Y, Suzuki M, Takahashi T
Cancer Sci   107(2) 155-161   2016年2月   [査読有り]
Yamaguchi T, Lu C, Ida L, Yanagisawa K, Usukura J, Cheng J, Hotta N, Shimada Y, Isomura H, Suzuki M, Fujimoto T, Takahashi T
Nat Commun   7 10060   2016年1月   [査読有り]
Arima C, Kajino T, Tamada Y, Imoto S, Shimada Y, Nakatochi M, Suzuki M, Isomura H, Yatabe Y, Yamaguchi T, Yanagisawa K, Miyano S, Takahashi T
Carcinogenesis   35(10) 2224-2231   2014年10月   [査読有り]
Yamaguchi T, Hosono Y, Yanagisawa K, Takahashi T
Cancer Cell   23(6) 718-723   2013年6月   [査読有り]
Hosono Y, Usukura J, Yamaguchi T, Yanagisawa K, Suzuki M, Takahashi T
Biochem Biophys Res Commun   428(1) 173-178   2012年11月   [査読有り]
Yamaguchi T, Yanagisawa K, Sugiyama R, Hosono Y, Shimada Y, Arima C, Kato S, Tomida S, Suzuki M, Osada H, Takahashi T
Cancer Cell   21(3) 348-361   2012年3月   [査読有り]
Hosono Y, Yamaguchi T, Mizutani E, Yanagisawa K, Arima C, Tomida S, Shimada Y, Hiraoka M, Kato S, Yokoi K, Suzuki M, Takahashi T
EMBO J   31(2) 481-493   2012年1月   [査読有り]
Ebi H, Sato T, Sugito N, Hosono Y, Yatabe Y, Matsuyama Y, Yamaguchi T, Osada H, Suzuki M, Takahashi T
Oncogene   28(38) 3371-3379   2009年9月   [査読有り]
Sihag RK, Inagaki M, Yamaguchi T, Shea TB, Pant HC
Expl Cell Res   313(10) 2098-2109   2007年6月   [査読有り]
Oguri T, Inoko A, Shima H, Izawa I, Arimura N, Yamaguchi T, Inagaki N, Kaibuchi K, Kikuchi K, Inagaki M
Genes Cells   11(5) 531-540   2006年5月   [査読有り]
Nishimura T, Yamaguchi T, Tokunaga A, Hara A, Hamaguchi T, Kato K, Iwamatsu A, Okano H, Kaibuchi K
Mol Biol Cell   17(3) 1273-1285   2006年3月   [査読有り]
Yamaguchi T, Goto H, Yokoyama T, Silljé H, Hanisch A, Uldschmid A, Takai Y, Oguri T, Nigg EA, Inagaki M
J Cell Biol   171(3) 431-436   2005年11月   [査読有り]
Nishimura T, Yamaguchi T, Kato K, Yoshizawa M, Nabeshima Y, Ohno S, Hoshino M, Kaibuchi K
Nat Cell Biol   7(3) 270-277   2005年3月   [査読有り]
Nishimura T, Kato K, Yamaguchi T, Fukata Y, Ohno S, Kaibuchi K
Nat Cell Biol   6(4) 328-334   2004年4月   [査読有り]
Nishimura T, Fukata Y, Kato K, Yamaguchi T, Matsuura Y, Kamiguchi H, Kaibuchi K
Nat Cell Biol   5(9) 819-826   2003年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
最新医学 -肺がんの個別化医療- 肺腺がんにおけるTTF-1/NKX2-1の相反する2つの機能
山口知也、高橋隆
最新医学社   2015年   
最新肺癌学 -基礎と臨床の最新研究動向- 肺腺癌の分子病態におけるTTF-1の二面性
山口知也、高橋隆
日本臨牀社   2013年   
分子呼吸器病 肺腺癌の生存シグナルを支えるROR1キナーゼ
山口知也、高橋隆
先端医学社   2013年   
名大トピックス 知への未来-若手研究者の紹介- 肺腺がんのアキレス腱の同定
山口知也
名古屋大学   2013年   
細胞工学 神経細胞極性制御分子CRMP-2はNumbを介したエンドサイトーシスに関与する
西村隆史、加藤勝洋、山口知也、深田優子、貝淵弘三
秀潤社   2003年   
実験医学 脳・神経研究2004 神経細胞の極性形成機構
西村隆史、山口知也、加藤勝洋、貝淵弘三
羊土社   2003年   

講演・口頭発表等

 
肺腺がんでのROR1によるカベオラ依存的エンドサイトーシスを介した生存シグナル制御機構 (English Oral Sessions)
第77回日本癌学会学術総会   2018年9月   
ROR1によるカベオラ形成と生存シグナルの維持機構 (シンポジウム)
第69回日本細胞生物学会大会   2017年6月   
ROR1による肺腺癌のリネジ特異的生存シグナル伝達機構の解明 (日本癌学会奨励賞受賞講演)
第75回日本癌学会学術総会   2016年10月   
ROR1 functions as a scaffold of cavin-1 and CAV1, sustaining caveolae and RTK-mediated survival signaling in lung cancer (Short Talking)
第41回内藤コンファレンス   2016年7月   
ROR1による肺腺癌のリネジ生存シグナル伝達とカベオラ形成を標的としたEGFR-TKI耐性の克服 (招待講演)
第31回日本肺癌学会ワークショップ   2016年7月   
ROR1 functions as a scaffold of cavin-1 and CAV1, sustaining caveolae and RTK-mediated survival signaling in lung cancer (AACR)
AACR ANNUAL MEETING 2016   2016年4月   
ROR1 functions as a scaffold of cavin-1 and CAV1, sustaining caveolae and RTK-mediated survival signaling in lung cancer (AACR-IASLC)
AACR-IASLC Joint Lung Cancer Conference   2016年1月   
ROR1によるカベオラ形成を通じたRTK活性化維持を標的としたEGFR-TKI耐性の克服 (コアシンポジウム)
第74回日本癌学会学術総会   2015年10月   
TTF-1/NKX2-1-induced ROR1 is required to sustain EGFR survival signaling in lung adenocarcinoma (招待講演)
International Scientific Coordination Network (ISCN) 3rd GDRI French Japanese Cancer Meeting   2013年11月   
NKX2-1/TITF1/TTF-1-induced ROR1 is required to sustain EGFR survival (AACR)
AACR ANNUAL MEETING 2012   2012年3月   
NKX2-1/TITF1/TTF-1-induced ROR1 is required to sustain EGFR survival (AACR Special Conference)
AACR Special Conference, MOLECULARLY TARGETED THERAPIES: Mechanisms of Resistance   2012年5月   
TTF-1-induced ROR1 is required to sustain EGFR survival signaling in lung adenocarcinoma (腫瘍別シンポジウム)
第71回日本癌学会学術総会   2012年9月   
肺癌の発生・進展に関与する遺伝子の研究
厚生労働省がん研究助成金研究「肺がんの要因と病態に関する研究」野口班班会議   2009年12月   
肺癌の発生・進展に関与する遺伝子の研究
厚生労働省がん研究助成金研究「肺がんの要因と病態に関する研究」野口班班会議   2008年11月   

競争的資金等の研究課題

 
癌におけるカベオラを基軸とした生体膜ダイナミクス制御機構の解明
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 山口 知也
肺腺がんにおける内因性微粒子の制御機構の解明
科学技術振興機構 (JST): 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究
研究期間: 2017年10月 - 2021年3月    代表者: 山口 知也
肺腺がんの生存シグナル維持機構に対する革新的分子標的薬の開発
日本医療研究開発機構 (AMED): 次世代がん医療創生研究事業
研究期間: 2016年 - 2020年    代表者: 高橋 隆
肺腺癌のリネジ特異的生存シグナルのウェットとドライの統合による全貌解明
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 高橋 隆
肺腺がんにおけるROR1によるカベオラ形成を標的としたEGFR-TKI耐性の克服
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 山口 知也
がんの生存シグナルの維持を担う分子標的に対する革新的阻害剤の開発
日本医療研究開発機構 (AMED): 次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 山口 知也
ヒト肺癌発生におけるROR1受容体とRTKのクロストーク制御及び活性化機序の解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 山口 知也
ヒト肺癌の発生・進展過程におけるリネジ特異的シグナルの統御メカニズムの解明
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 山口 知也
ヒト肺癌の発生・進展プロセスに関わる新たなリネジ特異的生存シグナル制御機構の解明
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 山口 知也
肺がんの要因と病態に関する研究
厚生労働省: 厚生労働省がん研究助成金
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 山口 知也
ヒト肺癌の個性解明と個別的分子診断・治療への展開
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2008年       代表者: 高橋 隆

特許

 
特願2017-10775号 : 癌細胞の生存シグナルを特異的に抑制する化合物のスクリーニング方法及びスクリーニングキット、形質転換体、組み換えベクター、並びに、分子標的薬の適応患者の選択方法
高橋隆、山口知也
特願2014-217313号 : 癌細胞のカベオラの形成を特異的に抑制する化合物のスクリーニング方法、スクリーニングキット、該キットに用いるベクター及び形質転換体、並びに分子標的薬の適応患者の選択方法
高橋隆、山口知也
特許5883396号 : 受容体型チロシンキナーゼが仲介する癌細胞の生存促進性シグナルを抑制する方法
高橋隆、山口知也
特許US 9,085,772(米国) : METHOD FOR SUPPRESSING RECEPTOR TYROSINE KINASE-MEDIATED PRO-SURVIVAL SIGNALING IN CANCER CELL
高橋隆、山口知也
特許EP 2659910(欧州) : METHOD FOR SUPPRESSING RECEPTOR TYROSINE KINASE-MEDIATED PRO-SURVIVAL SIGNALING IN CANCER CELL
高橋隆、山口知也