高岸 治人

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/04 09:11
 
アバター
研究者氏名
高岸 治人
 
タカギシ ハルト
所属
玉川大学
部署
脳科学研究所
職名
助教

プロフィール

高岸研究室では、人間の向社会的行動(利他行動、協力行動、信頼行動)の発達的変化、および生物学的な基盤(脳、ホルモン、遺伝子)を明らかにする研究を行っております。

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
玉川大学 脳科学研究所 応用脳科学研究センター 助教
 
2012年6月
 - 
2012年6月
明治大学 情報コミュニケーション学部 非常勤講師
 
2011年8月
 - 
2011年8月
関西福祉科学大学 大学院社会福祉学研究科 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

委員歴

 
2017年2月
 - 
現在
Scientific Reports  編集委員
 

受賞

 
2013年9月
発達科学研究教育センター発達科学研究教育奨励賞
 
2011年11月
社会神経科学研究会トラベルアワード
 
2011年1月
日本学術振興会育志賞
 
2009年12月
「人文科学における実証的研究者の育成拠点」 第3回院生ポスター発表会最優秀発表賞
 
2008年12月
「人文科学における実証的研究者の育成拠点」 第2回院生ポスター発表会研究奨励賞
 
2006年1月
日本社会心理学会 若手研究者奨励賞
 

論文

 
Yamagishi T., Li Y., Fermin A., Kanai R., Takagishi H., Matsumoto Y., Kiyonari T., Sakagami M.
Scientific Reports   7 14654   2017年11月   [査読有り]
Yamagishi T., Matsumoto Y., Kiyonari T., Takagishi H., Li Y., Kanai R., Sakagami M.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(24) 6394-6399   2017年6月   [査読有り]
Fujii T., Schug J., Nishina K., Takahashi T., Okada H., Takagishi H.
Scientific reports   6    2016年12月   [査読有り]
Takagishi H., Fujii T., Nishina K., Okada H.
Scientific reports   6    2016年8月   [査読有り]
Does facial width-to-height ratio predict Japanese professional football players’ athletic performance?
Fujii T., Goto A., Takagishi H.
Letters on Evolutionary Behavioral Science   7(1) 37-40   2016年   [査読有り]
Schug J, Takagishi H, Benech C, Okada H
Frontiers in psychology   7(JUN)    2016年   [査読有り]
Yamagishi T, Takagishi H, Fermin Ade S, Kanai R, Li Y, Matsumoto Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(20) 5582-5587   2016年5月   [査読有り]
Nishina K, Takagishi H, Inoue-Murayama M, Takahashi H, Yamagishi T
PloS one   10(10)    2015年   [査読有り]
Takagishi H, Fujii T, Koizumi M, Schug J, Nakamura F, Kameshima S
Frontiers in psychology   6 895   2015年   [査読有り]
Fujii T, Takagishi H, Koizumi M, Okada H
Scientific reports   5    2015年3月   [査読有り]
Neuroeconomics of psychopathy: risk taking in probability discounting of gain and loss predicts psychopathy.
Takahashi T, Takagishi H, Nishinaka H, Makino T, Fukui H
Neuro endocrinology letters   35(6) 510-517   2014年   [査読有り]
Takagishi H, Koizumi M, Fujii T, Schug J, Kameshima S, Yamagishi T
PloS one   9(9)    2014年   [査読有り]
Yamagishi T, Li Y, Takagishi H, Matsumoto Y, Kiyonari T
Psychological science   25(9) 1699-1711   2014年9月   [査読有り]
Koizumi M, Takagishi H
PloS one   9(1)    2014年   [査読有り]
被虐待経験を持つ青少年の認知傾向
小泉径子・高岸治人・田中康雄
子どものこころと脳の発達   4(2) 76-81   2013年   [査読有り]
Yamagishi, T., Mifune, N., Li, Y., Shinada, M., Hashimoto, H., Horita, Y., Miura, A., Inukai, K., Tanida, S., Kiyonari, T., Takagishi, H., & Simunovic, D.
Organizational Behavior and Human Decision Processes   120(2) 260-271   2013年   [査読有り]
Yamagishi T, Horita Y, Mifune N, Hashimoto H, Li Y, Shinada M, Miura A, Inukai K, Takagishi H, Simunovic D
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109(50) 20364-20368   2012年12月   [査読有り]
Yamagishi, T., Hashimoto, H., Cook, K.S., Kiyonari, T., Shinada, M., Mifune, N., Inukai, K., Takagishi, H., Horita, Y., & Li, Y.
Asian Journal of Social Psychology   15(1) 60-68   2011年   [査読有り]
他者の協力行動の推測の正確さを規定する要因 ―魅力度と表情豊かさ―
品田瑞穂・山岸俊男・谷田林士・高橋知里・犬飼佳吾・小泉径子・横田晋大・三船恒裕・高岸治人・堀田結孝・橋本博文
心理学研究   81(2) 149-157   2010年   [査読有り]
Salivary testosterone levels and autism-spectrum quotient in adults.
Takagishi H, Takahashi T, Yamagishi T, Shinada M, Inukai K, Tanida S, Mifune N, Horita Y, Hashimoto H, Yang Y, Kameda T
Neuro endocrinology letters   31(6) 837-841   2010年   [査読有り]

Misc

 
乳幼児における公平感の発達:眼球運動による検討
高岸治人・小泉径子・藤井貴之
発達研究   29 39-46   2015年
他者の監視が子どもの利他行動に与える影響
高岸治人
発達   139 82-85   2014年
乳幼児における公平感の発達:眼球運動による検討(中間報告)
高岸治人・小泉径子・藤井貴之
発達研究   28 149-152   2014年
評判の表象と心の理論
高岸治人
分子精神医学   12(4) 2-7   2012年
経済的意思決定における衝動性
高岸治人・福井裕輝
精神科治療学   27(6) 779-783   2012年

書籍等出版物

 
なるほど! 赤ちゃん学―ここまでわかった赤ちゃんの不思議―(新潮文庫)
玉川大学赤ちゃんラボ (担当:共著)
2014年12月   ISBN:4101264910
なるほど!赤ちゃん学: ここまでわかった赤ちゃんの不思議
新潮社   2012年6月   ISBN:4103324416
進化とこころの科学で学ぶ人間関係の心理学
福村出版   2011年6月   ISBN:4571200781
Impulsivity: Causes, Control and Disorders (Psychology of Emotions, Motivations and Actions)
Nova Science Publishers   2009年12月   ISBN:1607419513

講演・口頭発表等

 
向社会的行動の遺伝的基盤
仁科国之・高岸治人・井上ー村山美穂・高橋英彦・竹村有由・坂上雅道・山岸俊男
日本人間行動進化学会第10回大会   2017年12月   
不公平分配の拒否とセロトニントランスポーター遺伝子多型の関連
仁科国之・高岸治人・竹村有由・井上ー村山美穂・高橋英彦・山岸俊男
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月   
向社会的行動における右側背外側前頭前野の役割
高岸治人・坂上雅道・山岸俊男
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月   
The Impact of Facilitated Group Experience on Independent Looking Time When Viewing an Artwork.
Seow, A. W., Takagishi H., & Sato, Y.
NAEA National Convention   2017年3月   
未就学児における他者の協力性の見極め [招待有り]
高岸治人
日本発達心理学会第29回大会   2017年3月   
Amygdala Volume is Associated with Oxytocin Receptor Gene and Attitudinal Trust.
Nishina, K., Takagishi, H., Inoue-Murayama, M., Takahashi, H., & Yamagishi, T.
The 18th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology   2017年1月   
サイコパシーの遺伝的基盤:μ-オピオイド受容体遺伝子とオキシトシン受容体遺伝子による検討
仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男
日本人間行動進化学会第9回大会   2016年12月   
蜘蛛の絵は独裁者ゲームにおける利他行動を促進するか?
藤井貴之・仁科国之・松本良恵・李楊・後藤晶・高岸治人
日本人間行動進化学会第9回大会   2016年12月   
オキシトシン受容体遺伝子と向社会的行動の関係 [招待有り]
高岸治人
第6回社会神経科学研究会   2016年11月   
μ-オピオイド受容体遺伝子多型と囚人のジレンマゲームにおける罪悪感との関連
仁科国之・高岸治人・井上ー村山美保・高橋英彦・山岸俊男
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会   2016年10月   
幼児の規範逸脱行為に関する信念:視線計測による検討
藤井貴之・高岸治人
日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会   2016年10月   
向社会的行動の遺伝・神経基盤の解明 アルギニンバソプレシン受容体1a遺伝子による検討
仁科国之・高岸治人・Alan Fermin・金井良太・井上ー村山美保・高橋英彦・山岸俊男
日本社会心理学会第57回大会   2016年9月   
不公平分配に対する行動の神経基盤の個人差
中村文彦・後藤晶・藤井貴之・Alan Fermin・宮崎淳・高岸治人
日本社会心理学会第57回大会   2016年9月   
Neural substrates of group-based hierarchy and inequity preferences.
Fermin, A.S.R., Takagishi, H., Yamagishi, T., Li, Y., Matsumoto, Y., Kanai, R., & Sakagami, M.
14th Annual Meeting of Society for Neuroeconomics   2016年8月   
Arginine vasopressin receptor gene (AVPR1A) is associated with human prosociality.
Nishina, K., Takagishi, T., Inoue-Murayama, M., Takahashi, H., & Yamagishi, T.
14th Annual Meeting of Society for Neuroeconomics   2016年8月   
Polymorphism of the μ-opioid receptor gene (OPRM1) is associated with guilt in prisoner’s dilemma game.
Nishina, K., Takagishi, H., Inoue-Murayama, M., Takahashi, H., & Yamagishi, T.
31st International Congress of Psychology   2016年7月   
Relationship between salivary oxytocin level and generosity in preschoolers.
Fujii, T., Nishina, K., & Takagishi, H.
31st International Congress of Psychology   2016年7月   
Genetic and neural basis of prosocial behavior.
Takagishi, H.
31st International Congress of Psychology   2016年7月   
Preschoolers Can Judge Others’ Altruism From Their Facial Expressions.
Takagishi, H., Koizumi, M., Schug, J., Fujii, T., Nishina, K., Kiyonari, T., Takahashi, T., Kajikawa, S., Iwata, K., & Okada, H.
The 17th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology Evolutionary Psychology Preconference   2016年1月   
Polymorphism of the Oxytocin Receptor Gene Modulates Behavioral and Attitudinal Trust among Men but Not Women.
Takagishi, H., Nishina, K., Inoue-Murayama, M., & Yamagishi, T.
The 17th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology   2016年1月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
向社会行動を支える心と社会の相互構築
日本学術振興会: 科研費・基盤S
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 山岸 俊男
間接互恵行動の発達的変化と神経内分泌的基盤の解明
日本学術振興会: 科研費・若手B
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 高岸 治人
音楽科教育は社会性を育むー音楽教育学、行動内分泌・遺伝学、脳機能イメージング研究
日本学術振興会: 科研費・基盤A
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 福井 一
不公平分配に対する反応の個人差と心理・神経基盤の解明
日本学術振興会: 科研費・若手B
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 高岸 治人
ポータブルゲーム機が児童の社会性の発達に与える影響
科学技術融合振興財団: 研究助成
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 高岸 治人
他者の利他性判断に関する発達的変化の解明:未就学児を対象にした研究
玉川大学: 学内共同研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 高岸 治人
向社会的行動の心理・神経基盤と制度的基盤の解明
日本学術振興会: 科研費・基盤S
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 山岸 俊男
ヒトは何故、他者に対して公平に振舞うのか-公平性の基盤を探る-
日本学術振興会: 科研費・基盤C
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 岡田 浩之
高次の心の理論の発達が利他行動に与える影響:二次的信念の理解と評判の表象
日本学術振興会: 科研費・特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 高岸 治人
不公正是正行動における心の理論の役割:発達研究とシミュレーション研究
日本学術振興会: 科研費・特別研究員奨励費
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 高岸 治人

社会貢献活動

 
見て触れて感じる先端科学 -脳と量子とエネルギ-
【講師】  夏休み 高校生体験理科教室2014  2014年8月22日
見て触れて感じる先端科学 -脳と量子とエネルギ-
【講師】  夏休み 高校生体験理科教室2013  2013年8月23日