天野 忠幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/20 22:10
 
アバター
研究者氏名
天野 忠幸
 
アマノ タダユキ
所属
天理大学
部署
文学部歴史文化学科
職名
准教授
学位
博士(大阪市立大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年10月
 - 
2019年2月
大阪市立大学 非常勤講師
 
2017年10月
 - 
2018年2月
大阪市立大学 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
現在
天理大学 文学部歴史文化学科歴史学専攻 准教授
 
2015年10月
 - 
2016年3月
大阪市立大学 文学部 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2016年3月
奈良県立医科大学 非常勤講師
 
2014年2月
 - 
2016年3月
柏原市教育委員会 生涯学習部文化財課 非常勤嘱託職員
 
2013年4月
 - 
2013年7月
大阪市立大学 文学部 非常勤講師
 
2011年9月
 - 
2015年3月
滋賀短期大学 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2016年3月
関西大学 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2013年3月
園田学園女子大学 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2016年3月
大阪市立大学 都市文化研究センター研究員
 
2010年10月
 - 
2011年3月
滋賀県立大学 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2007年4月
 - 
2008年3月
大阪市立扇町総合高等学校 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本学術振興会 特別研究員(21COE)
 
2005年4月
 - 
2007年3月
大阪市立大学 「21世紀COEプログラム」COE研究員
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2007年3月
大阪市立大学 文学研究科 哲学歴史学専攻
 
1999年4月
 - 
2001年3月
大阪市立大学 文学研究科 哲学歴史学
 
1995年4月
 - 
1999年3月
大阪市立大学 文学部 史学地理学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
大東市教育委員会  文化財審議委員
 
2017年4月
 - 
2018年10月
日本史研究会  編集委員
 
2016年7月
 - 
現在
大東市  大東歴史の伝道師(大東市PR大使)
 
2016年6月
 - 
現在
奈良県教育委員会  奈良県中世城郭調査研究委員
 
2014年6月
 - 
2016年6月
大阪歴史学会  会計監査
 
2012年6月
 - 
2014年6月
大阪歴史学会  編集委員
 
2011年11月
 - 
現在
八尾市教育委員会  八尾市史専門部会員
 
2008年11月
 - 
2015年3月
和泉市教育委員会  和泉市史編さん調査執筆委員
 
2008年6月
 - 
2009年6月
大阪歴史学会  会計監査
 
2006年6月
 - 
2008年6月
大阪歴史学会  庶務委員
 

受賞

 
2007年
大阪市立大学文学部・大学院文学研究科教育促進支援機構研究奨励賞
 

論文

 
「応仁の乱と尼崎」
天野 忠幸
『地域史研究』   (117) 127-131   2017年11月   [招待有り]
「政治秩序からみる三好政権から織田政権への展開」
天野 忠幸
『織豊期研究』   (19) 1-17   2017年10月   [招待有り]
「阿波三好家の出兵」
天野 忠幸
『地方史研究』   (388) 54-56   2017年8月   [招待有り]
「大坂の陣と尼崎」
天野 忠幸
『地域史研究』   (116) 121-126   2017年1月   [招待有り]
「戦国野間氏の興亡」
天野 忠幸
『地域研究いたみ』   (45) 45-54   2016年3月   [招待有り]
「三好長逸にみる三好氏の権力構造」
天野 忠幸
『十六世紀史論叢』   (6) 1-33   2016年3月   [招待有り]
「織田信長の上洛と三好氏の動向」
天野 忠幸
『日本歴史』   (815) 17-33   2016年3月   [査読有り]
「三好氏遺臣の若江三人衆と豊臣氏」
天野 忠幸
『戦国史研究』   (71) 29-30   2016年2月   [査読有り]
「尼崎市指定文化財寺岡家文書について」
天野 忠幸
『地域史研究』   (115) 159-164   2015年11月   [招待有り]
「豊臣秀吉と柏原市域」
天野 忠幸
『柏原市立歴史資料館館報』   (27) 47-51   2015年9月
「大坂の陣と柏原」
天野 忠幸
『柏原の教育』   35 37-38   2015年3月   [招待有り]
「荒木村重の戦いと尼崎城」
天野 忠幸
『地域史研究』   (114) 121-124   2014年10月
「戦国期阿波の政治史から考える勝瑞」
天野 忠幸
『勝瑞 守護町勝瑞検証会議報告書』   63-72   2014年3月   [査読有り][招待有り]
「三好氏と長洲荘」
天野 忠幸
『地域史研究』   (113) 9-15   2013年11月   [招待有り]
「長尚流三好氏の動向」
天野 忠幸
『戦国遺文三好氏編月報』   (1) 1-2   2013年11月   [招待有り]
「中世・近世の兵庫 ―港と城の歴史―」
天野 忠幸
『ヒストリア』   (240) 2-17   2013年10月   [招待有り]
「三好長逸の息子「弓介」について」
天野 忠幸
『戦国史研究』   (66) 33-34   2013年8月   [査読有り]
「三好長治・存保・神五郎小考」
天野忠幸
『鳴門史学』   (26) 27-47   2013年2月   [招待有り]
「『松雲公採集遺編類纂』所収「渡辺文書」について」
天野忠幸、生駒孝臣
『大阪の歴史』   (79) 3-18   2012年11月   [招待有り]
「松永久秀を取り巻く人々と堺の文化」
天野忠幸
『堺市博物館研究報告』   (31) 96-112   2012年3月   [招待有り]
「松永久秀と滝山城」
天野忠幸
『歴史と神戸』   (289) 11-23   2011年12月   [査読有り]
「荒木村重と織田政権」
天野忠幸
『地域研究いたみ』   (40) 120-129   2011年3月   [招待有り]
「戦国期における三好氏の堺支配をめぐって」
天野忠幸
『堺市博物館報』   (30) 138-159   2011年3月   [招待有り]
「蜂須賀家政の徳島城築城をめぐって」
天野忠幸
『戦国史研究』   61 25-26   2011年2月   [査読有り]
「戦国期の宗教秩序の変容と三好氏」
天野忠幸
『織豊期研究』   (12) 21-38   2010年10月   [査読有り]
「三好氏と戦国期の法華宗教団 ―永禄の規約をめぐって―」
天野忠幸
『市大日本史』   (13) 33-53   2010年5月   [招待有り]
「戦国期畿内研究の再構成と『細川両家記』(報告3)三好氏研究と『細川両家記』」
天野忠幸
『都市文化研究』   (12) 163-166   2010年3月   [査読有り]
「三好氏と武家の権力秩序」
天野忠幸
『歴史科学』   (198) 13-18   2009年9月   [査読有り]
「戦国時代の芦屋庄・本庄・西宮の山をめぐる相論」
天野忠幸
『歴史と神戸』   (274) 21-30   2009年6月   [査読有り]
「戦国期畿内の流通構造と畿内政権」
天野忠幸
『都市文化研究』   (9) 54-69   2007年3月   [査読有り]
「三好政権と将軍・天皇」
天野忠幸
『織豊期研究』   (8) 1-18   2006年10月   [査読有り]
「三好氏の権力構造と阿波国人」
天野忠幸
『年報中世史研究』   (31) 81-104   2006年5月   [査読有り]
「三好氏の畿内支配とその構造」
天野忠幸
『ヒストリア』   (198) 81-109   2006年1月   [査読有り]
「大阪湾の港湾都市と三好政権 ―法華宗を媒介に―」
天野忠幸
『都市文化研究』   (4) 87-97   2004年4月   [査読有り]
「西摂一向一揆と荒木村重」
天野忠幸
『寺内町研究』   (4) 43-59   1999年11月

Misc

 
「書評:岡島永昌『やさしく読める王寺の歴史』」
天野 忠幸
『奈良歴史研究』   (86) 17-19   2016年8月   [依頼有り]
「書評:村井祐樹『戦国大名佐々木六角氏の基礎研究』」
天野 忠幸
『古文書研究』   (79) 127-129   2015年6月   [依頼有り]
「書評:丸島和洋『戦国大名武田氏の権力構造』」
天野忠幸
『日本史研究』   (599) 60-67   2012年7月   [依頼有り]
「書評:鍛代敏雄『戦国期の石清水と本願寺 ―都市と交通の視座―』」
天野忠幸
『國史学』   (200) 264-268   2010年   [依頼有り]
「書評:西島太郎『戦国期室町幕府と在地領主』」
天野忠幸
『日本歴史』   (720) 115-116   2008年   [依頼有り]
「書評:河音能平『大阪の中世前期』」
天野忠幸
『市大日本史』   (6) 179-182   2003年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
『松永久秀と下剋上 室町の身分秩序を覆す』
天野 忠幸
平凡社   2018年6月   ISBN:978-4-582-47739-9
『三好一族と阿波の城館』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「三好本宗家と阿波三好家 相互補完と分裂」)
戎光祥出版   2018年3月   ISBN:978-4-86403-273-5
『南近畿の戦国時代 躍動する武士・寺社・民衆』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「三好氏の本拠地としての河内」)
戎光祥出版   2017年12月   ISBN:978-4-86403-267-4
『室町幕府将軍列伝』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「足利義栄」)
戎光祥出版   2017年10月   ISBN:978-4-86403-247-6
『荒木村重』
天野 忠幸
戎光祥出版   2017年6月   ISBN:978-4-86403-246-9
『松永久秀 歪められた戦国の“梟雄”の実像』
天野 忠幸 (担当:編者, 範囲:「松永久秀の再評価」)
宮帯出版社   2017年5月   ISBN:978-4-8016-0057-7
『守護所・戦国城下町の構造と社会 ―阿波国勝瑞―』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「戦国阿波の政治史から考える勝瑞」)
思文閣出版   2017年2月   ISBN:978-4-7842-1884-4
『ここまでわかった 本能寺の変と明智光秀』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「なぜ、足利義昭は京都へ復帰できなかったのか?」)
洋泉社   2016年10月   ISBN:978-4-8003-1065-1
『戦国河内キリシタンの世界』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「三好長慶と河内キリシタン」)
批評社   2016年8月   ISBN:978-4-8265-0647-2
『三好長慶 河内飯盛城より天下を制す』
天野 忠幸 (担当:共著, 範囲:7~74頁)
2016年7月   ISBN:978-4-8331-0573-6
『信長軍の合戦史』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「有岡城の戦い」)
吉川弘文館   2016年7月   ISBN:978-4-642-08297-6
『日本史のまめまめしい知識』第1巻
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「戦国淡路安宅水軍」)
岩田書院   2016年6月   ISBN:978-4-86602-801-9
『織田信長の古文書』
天野 忠幸 (担当:分担執筆)
柏書房   2016年2月   ISBN:978-4-7601-4641-3
『三好一族と織田信長 「天下」をめぐる覇権戦争』
天野 忠幸
戎光祥出版   2016年1月   ISBN:978-4-86403-185-1
『戦国遺文 三好氏編』第3巻
天野 忠幸 (担当:編者)
東京堂出版   2015年11月   ISBN:978-4-490-30711-5
『飯盛山城と三好長慶』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「三好長慶と山城の文化」)
戎光祥出版   2015年10月   ISBN:978-4-86403-177-6
『城館と中世史料 機能論の探求』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「三好・松永氏の山城とその機能」)
高志書院   2015年9月   ISBN:978-4-86215-149-0
『増補版戦国期三好政権の研究』
天野 忠幸
清文堂出版   2015年8月   ISBN:978-4-7924-1039-1
『真実の戦国時代』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「戦国時代の寺社」)
柏書房   2015年6月   ISBN:978-4-7601-4607-9
『堺歴史読本』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「乱世のなか、自由自治を守り続けた街が、いかなる武将も天下人も魅了した理由とは」)
KADOKAWA   2015年4月   ISBN:978-4-04-601135-0
『近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「越水城」「滝山城」「花隈城」「兵庫城」)
吉川弘文館   2015年2月   ISBN:978-4-642-08264-8
『戦国遺文 三好氏編』第2巻
天野 忠幸 (担当:編者)
東京堂出版   2014年11月   ISBN:978-4-490-30710-8
『信長研究の最前線 ここまでわかった「革新者」の実像』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:信長を見限った者たちは、なにを考えていたのか)
洋泉社   2014年10月   ISBN:978-4-8003-0508-4
『三好長慶 諸人之を仰ぐこと北斗泰山』
天野 忠幸
ミネルヴァ書房   2014年4月   ISBN:978-4-623-07072-5
『高山右近』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「三好長慶・松永久秀と高山氏」)
宮帯出版社   2014年3月   ISBN:978-4-86366-926-0
『神戸謎解き散歩』
天野 忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「花熊城はなぜ一年八カ月にわたって信長軍を退けることができたのか」「滝山城主松永久秀は本当に悪名高き梟雄だったのか」)
KADOKAWA   2014年2月   ISBN:978-4-04-600175-7
『戦国遺文 三好氏編』第1巻
天野 忠幸 (担当:編者)
東京堂出版   2013年11月   ISBN:978-4-490-30709-2
『三好長慶』
天野忠幸 (担当:監修, 範囲:「三好政権と足利幕府の対立をどう評価するか」)
宮帯出版社   2013年7月   ISBN:978-4-86366-902-4
『四国と戦国世界』
天野忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「織田・羽柴氏の四国進出と三好氏」)
岩田書院   2013年5月   ISBN:978-4-87294-807-3
『本興寺文書』第1巻
天野忠幸 (担当:監修)
清文堂出版   2013年4月   ISBN:978-4-7924-0979-1
『和泉市の歴史6 和泉市の考古・古代・中世』
天野忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「和泉郡の村のなりたち」)
和泉市史編さん委員会編、和泉市   2013年3月   ISBN:978-4-324-80062-1
『論集戦国大名と国衆10 阿波三好氏』
天野忠幸 (担当:編者, 範囲:「総論 阿波三好氏の系譜と動向」)
岩田書院   2012年10月   ISBN:978-4-87294-770-0
『戦国・織豊期の西国社会』
天野忠幸 (担当:共編者, 範囲:「松永久秀家臣団の形成」)
日本史史料研究会   2012年10月   ISBN:978-4-904315-22-4
『神戸~尼崎 海辺の歴史』
天野忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「軍記物・旅行記に描かれた西摂」)
辻川淳・大国正美編、神戸新聞総合出版センター   2012年4月   ISBN:978-4-343-00675-2
『戦国期三好政権の研究』
天野忠幸
清文堂出版   2010年6月   ISBN:978-4-7924-0698-1
『歴史に見る四国』
天野忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「三好政権と東瀬戸内」)
地方史研究協議会編、雄山閣   2008年10月   ISBN:978-4-639-02063-9
『戦国期畿内の政治社会構造』
天野忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「十河一存と三好氏の和泉支配」)
小山靖憲編、和泉書院   2006年5月   ISBN:4-7576-0374-6
『難波宮から大坂へ』
天野忠幸 (担当:分担執筆, 範囲:「戦国期摂津における三好氏の地域支配と都市」)
栄原永遠男・仁木宏編、和泉書院   2006年3月   ISBN:4-7576-0367-3

講演・口頭発表等

 
三好政権から織田政権への展開 [招待有り]
天野 忠幸
織豊期研究会大会   2016年11月27日   
法華宗寺内町の形成 [招待有り]
天野 忠幸
法華宗教学研究発表大会   2015年2月9日   
三好政権と阿波 [招待有り]
天野 忠幸
鳴門史学会大会   2011年10月   
三好氏と法華宗教団 ―永禄の規約をめぐって―
大阪市立大学日本史学会大会   2009年   
三好政権と東瀬戸内
地方史研究協議会大会(高松)   2007年   
三好氏の畿内支配とその構造
大阪歴史学会大会   2005年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
戦国・織豊期の畿内における権力と宗教勢力
科学研究費補助金: 特別研究員奨励費
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 天野忠幸
戦国期大阪湾の港湾都市と宗教
科学研究費補助金: 特別研究員補助金
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 天野忠幸