桐浴 邦夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/01 23:01
 
アバター
研究者氏名
桐浴 邦夫
 
キリサコ クニオ
URL
http://k-soho.hatenablog.com/
所属
京都建築専門学校 建築科二部 伝統建築研究科
職名
教員
学位
工学博士(東京大学)
その他の所属
武庫川女子大学畿央大学

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年
京都工芸繊維大学 工芸学研究科 建築学
 
 
 - 
1984年
京都工芸繊維大学 工芸学部 建築学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本建築学会  日本建築和室の世界遺産的価値特別調査委員会
 
2009年
 - 
現在
日本建築学会  論文集査読委員
 

論文

 
「大正期の雑誌にみる茶室論の傾向について―モダニズムへつづく茶室論の研究」
桐浴邦夫
日本建築学会 計画系論文集   (659) 185-191   2011年1月   [査読有り]
「茶の湯草創期に関連する建築研究リストと義教の室町殿会所復元案」
桐浴邦夫
野村美術館 研究紀要   (17) 36-51   2008年3月   [招待有り]
「武田五一『茶室建築』をめぐって─その意味と作風への影響─」
桐浴邦夫
日本建築学会 計画系論文集   (537) 257-263   2000年   [査読有り]
「近代数寄屋建築の黎明 ─公に設置された明治期の数寄屋建築─」
桐浴邦夫
東京大学      2000年
「創設期における星岡茶寮について ─星岡茶寮の建築の研究 その2─」
桐浴邦夫
日本建築学会 計画系論文集   (512) 253-258   1998年   [査読有り]

Misc

 
茶の湯草創期に関連する建築研究リストと義教の室町殿会所復元案
桐浴邦夫
野村美術館研究紀要   (17) 36-51   2008年
茶の湯と数寄屋の系譜
桐浴邦夫
コンフォルト   (100) 25-33   2008年
利休茶室の意匠
桐浴邦夫
淡交   60(9) 85-88   2006年
高台寺の四つの茶室
桐浴邦夫
なごみ   (319) 30-37   2006年
近代・茶室の伝承と展開 連載
桐浴邦夫
淡交   57(1-12)    2003年

書籍等出版物

 
茶の湯空間の近代
桐浴 邦夫
思文閣出版   2018年2月   
モダンエイジの建築『建築と社会』を再読する
桐浴 邦夫 (担当:共著)
日本建築協会   2017年3月   
平成のちゃかぽん 有斐斎弘道館茶の湯歳時記
桐浴 邦夫 (担当:共著)
淡交社   2017年3月   
圖解日式茶室設計
桐浴 邦夫
易博士出版社   2016年4月   
中国語(繁体字)訳:林書嫻
『数寄屋大工―美を創造する匠―』展覧会図録
桐浴 邦夫 (担当:共著)
竹中大工道具館   2012年8月   

競争的資金等の研究課題

 
近代における茶室ならびに数寄屋建築の研究