SUZUKI, Tomio

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2018 at 22:20
 
Avatar
Name
SUZUKI, Tomio
E-mail
tomiososaka-med.ac.jp
Affiliation
Nagoya University
Section
HospitalDepartment of General Medicine
Job title
Lecturer
Research funding number
50343207

Research Areas

 

Published Papers

 
関根一臣, 鈴木富雄, 浮村聡, 浮村聡
日本病院総合診療医学会雑誌   14(2) 159‐165-165   Mar 2018
症例は83歳の女性。20XX年1月4日、ヒラメを含む寿司を喫食した翌日に左下腿浮腫・発赤を自覚し、その後疼痛も伴うようになり当院救急外来を受診した。来院時の身体所見で、左下肢の暗紫色に変色し、血性水疱を形成しており、壊死性軟部組織感染症と敗血症性ショックを疑い入院となった。入院時の血液培養ではEdwardsiella tardaが陽性で、同菌による敗血症と診断した。同菌の薬剤感受性は良好で抗菌薬投与にて炎症反応は改善したが、徐々に低アルブミン血症が進行し第12病日に低酸素血症となり、急性呼...
Suzuki T, Nishigori H
Nagoya journal of medical science   80(1) 79-90   Feb 2018   [Refereed]
竹中裕昭, 鈴木富雄, 伊達純, 草場鉄周, 玉城浩巳, 佐藤寿一, 伴信太郎
日本プライマリ・ケア連合学会誌(Web)   40(4) 176‐182(J‐STAGE)-182   Dec 2017
目的:日本の家庭医が診療所で行う家族アセスメントの方法を明らかにすること。方法:1年以上の診療所の常勤経験を持ち、ディスカッション当日と、後日施行の参加者チェックに参加できる家庭医を対象に、半構造化されたフォーカスグループディスカッションを行った。その内容をVTRに録画し、2名の分析者が内容を分析し、参加者チェック及び公募による外部チェックを行った。結果:参加者は、かぜ診療や予防接種時、医師が違和感を覚えた時、及び介護保険の主治医意見書作成時に、盆や正月の過ごし方、患者の受療行動、コミュニ...
Ikai T, Suzuki T, Oshima T, Kanayama H, Kusaka Y, Hayashi H, Terasawa H
Health & social care in the community   25(5) 1552-1562   Sep 2017   [Refereed]
鈴木富雄
大阪医科大学雑誌   74(1/2) 12-18   Sep 2015
質的研究の手法は医学医療の分野でも広く用いられるようになってきたが、「事象そのものの多様な性質や特徴を含む数値で表すことのできないデータ(質的データ)」を扱い、「実験的研究状況を設定せず、現象にそのまま内在し存在する意味を見出す」ものであり、質的研究とは異なる特徴を有す。近年医師のプロフェッショナリズムの中の「利他性」の不足が医療現場の危機として語られ、その教育方略が医学教育において重要なテーマの一つとなっている。東日本大震災で被災地支援に赴いた医師15名に対して半構造化面接を施行し、質的...
鈴木富雄, 阿部恵子, 佐藤元紀, 伴信太郎, 松井俊和, 石原慎, 大槻眞嗣
医学教育   45(2) 69-78   Apr 2014
Noriyuki Takahashi, Takeshi Kondo, Mamiko Fukuta, Ayumu Takemoto, Yuichiro Takami, Motoki Sato, Takafumi Ando, Naozumi Hashimoto, Tomio Suzuki, Juichi Sato, Masahiro Yamamura, Nobutaro Ban
Nagoya Journal of Medical Science   76 139-146   Mar 2014
Selective IgA deficiency (SIgAD) is the most common type of primary immunoglobulin deficiency. Most individuals with SIgAD are asymptomatic. However, some patients are associated with allergic and autoimmune disease. SIgAD is included in the list ...
Aomatsu M, Abe H, Abe K, Yasui H, Suzuki T, Sato J, Ban N, Mercer SW
Family practice   31(1) 118-126   Feb 2014   [Refereed]
Takeshi Kondo, Mamiko Fukuta, Ayumu Takemoto, Yuichiro Takami, Motoki Sato, Noriyuki Takahashi, Tomio Suzuki, Juichi Sato, Naoki Atsuta, Gen Sobue, Yukitoshi Takahashi, Nobutaro Ban
Nagoya Journal of Medical Science   76 361-368   Jan 2014
Central nervous system (CNS) manifestations are rare complications of relapsing polychondritis (RP). The majority of patients respond well to glucocorticoid therapy, but need to maintain it. Some patients are refractory to initial glucocorticoid t...
Takenaka H, Sato J, Suzuki T, Ban N
BioPsychoSocial medicine   7(1) 13   Jun 2013   [Refereed]
[Report from the 11th Tokai Chapter Educational Seminar: 81 year old female with headache and fatigue of unknown cause, developing chest pain and hemiplegia during treatment].
Oka K, Suzuki A, Hakamata Y, Hirose T, Koumura A, Ikegami R, Obe T, Miyazaki S, Aonuma H, Fujii T, Suzuki T, Ishizuka T
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   100(8) 2302-2311   Aug 2011   [Refereed]
石川明香, 榊原章浩, 澤田昌樹, 富田章裕, 宮田泰彦, 鈴木富雄, 中村栄男, 富田靖
皮膚科の臨床   53(7) 1069-1074   Jul 2011
26歳女。5年前頃より頸部皮下膿瘍、腋窩・鼠径リンパ節腫脹を繰り返し、更に脾腫を指摘されていた。約5ヵ月前より日内変動のある顔面浮腫が出現し、発熱、嗄声も生じた。クレアチニンキナーゼは上昇し、四肢近位筋の筋力低下を認め、筋生検所見より多発性筋炎と診断した。プレドニゾロン(PSL)40mg内服で筋症状は軽快したが、減量により顔面浮腫が再燃し、左こめかみと左腋窩に皮疹が出現した。PSL増量後も顔面の皮下硬結が残存し、生検を行ったところ、表皮から皮下脂肪織に好酸球の混在する著明なリンパ球浸潤を認...
Koyama Yuichi, Sawamoto Yuichi, Hirano Yasushi, Kajita Shoji, Mase Kenji, Suzuki Tomio, Katsuyama Kimiko, Yamauchi Kazunobu
PERSONAL AND UBIQUITOUS COMPUTING   14(8) 767-778   Dec 2010   [Refereed]
神谷信秀, 橋本政宏, 鈴木富雄, 伴信太郎, 中村亮一, 渡辺宏久, 祖父江元
日本内科学会雑誌   99(11) 2838-2842   Nov 2010
症例は16歳女性で、10日前の頭痛出現後に話が通じず、異常行動がみられ神経科に入院した。諸検査・画像所見で異常は認めず、細菌性髄膜炎、ヘルペス脳炎を考え対症療法を行ったが、入院4日目に発熱、意識障害、筋緊張亢進、ジスキネジアを認め、腹部CTで下腹部に奇形腫様の嚢胞を認め、症状と若年女性であることから、臨床的に抗N-methyl-D aspartate receptor脳炎と診断してステロイドパルス療法を開始し、右附属器切除術を行った。意識障害とジスキネジアは軽快傾向となり、40日目より徐々...
鈴木富雄, 阿部恵子, 桑畠愛, 河野直子, 伴信太郎
日本保健医療行動科学会年報   25 209-224   Jun 2010
市中病院勤務の研修医6名と大学病院勤務の研修医11名に半構造化インタビューを行い、「行動科学をどのように理解しているか」「医療現場でどのような問題に遭遇しているか」「その問題にどのように対処しているか」「卒前の医学教育の中で行動科学教育は可能と思うか」の4点について聴取し、それぞれカテゴリー化を図った。その結果、行動科学の理解については【漠然としたイメージと特定の側面のみの理解】【現場とリンクしていない座学】というカテゴリーに分けられた。現場で遭遇している問題は【患者との関係】【指導医との...
澤本祐一, 神山祐一, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, 鈴木富雄, 勝山貴美子, 山内一信
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   51(2) 334-345   Feb 2010
Kenji Mase, Yuichi Sawamoto, Yuichi Sawamoto, Yuichi Koyama, Tomio Suzuki, Kimiko Katsuyama
ACM International Conference Proceeding Series      Dec 2009
We propose a bottom-up analysis method of multi-modal dialogue interaction with a pattern and motif mining method to summarize such interviews as between doctors and patients for medical diagnosis. Our aim is to generate a hierarchical model of th...
[A 56-year-old man with fever and backache persisting for 6 months].
Kageyama S, Iguchi M, Omagari N, Tsurumi H, Takagi T, Sato M, Fujimoto H, Ushida S, Yasui M, Kanematsu T, Imaizumi T, Suzuki T, Hakamada Y, Ishizuka T, Kusafuka H
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   98(8) 2023-2030   Aug 2009   [Refereed]
澤本祐一, 神山祐一, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, 鈴木富雄, 勝山貴美子, 山内一信
ヒューマンインタフェース学会研究報告集   11(1) 19-24   Mar 2009

Misc

 
鈴木富雄
大阪府内科医会会誌   26(2) 164‐170-170   Dec 2017
鈴木富雄
日本臨床内科医会会誌   32(3) 426-426   Sep 2017
今城幸裕, 藤原俊介, 駒澤伸泰, 城戸晴規, 南敏明, 鈴木富雄
日本ペインクリニック学会誌   23(3) 432-432   Jun 2016
鈴木富雄
モダンフィジシャン   36(4) 291‐295   Apr 2016
浮村聡, 鈴木富雄
日本病院総合診療医学会雑誌   10(1) 118-118   Mar 2016
鈴木富雄, 鈴木富雄
レジデントノート   16(16) 2947-2953   Feb 2015
【帰してはいけない疾患を除外した後の外来診療】 JIMで語ろう 帰してはいけない疾患を除外した後の外来診療
藤沼 康樹, 尾藤 誠司, 鈴木 富雄
JIM: Journal of Integrated Medicine   24(10) 936-943   Oct 2014
鈴木富雄
週刊日本医事新報   (4678) 47-50   Dec 2013
当院糖尿病サポートチーム(DST)による透析予防指導の取り組み
清野 祐介, 鈴木 富雄, 恒川 新, 濱田 洋司, 大磯 ユタカ
日本病態栄養学会誌   17(Suppl.) S-86   Dec 2013
プライマリケア・マスターコース 日常診療ケーススタディ 本命?対抗?大穴?危険な○○見逃し回避術 発熱
鈴木 富雄
日本医事新報   (4678) 47-50   Dec 2013
総合診療医ドクターG in岩手
鈴木 富雄
岩手県立病院医学会雑誌   53(1) 71-75   Aug 2013
鈴木富雄
臨床婦人科産科   67(4) 240-244   Apr 2013
鈴木富雄
日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   4th 253   2013
井階友貴, 鈴木富雄, 大島民旗, 日下幸則
日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   4th 130   2013
関根有沙, 鄭真徳, 崎山隼人, 古谷力也, 鈴木富雄, 中嶋三由紀
日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   4th 288   2013
13ヶ条の原則で解き明かす不明熱なるほど!ケースファイル(最終回)(第6回) 第4の不明熱といえば… 8年前からの周期的な発熱と腹痛に悩まされる26歳男性
鈴木 富雄
レジデントノート   14(9) 1782-1794   Sep 2012
高橋徳幸, 西城卓也, 青松棟吉, 佐藤元紀, 高見勇一郎, 鈴木富雄, 佐藤寿一, 伴信太郎
医学教育   43(Suppl.) 82-82   Jul 2012
鈴木富雄
レジデントノート   14(1) 124-131   Apr 2012
【キーワードから展開する攻める診断学 重要情報から鑑別診断を絞り込み、華麗に診断する!】 各論 主訴別 キーワードから展開する診断学 聴覚障害・耳鳴
鈴木 富雄
レジデントノート   14(1) 124-131   Apr 2012
<Point>・聴覚障害・耳鳴は頻度の高い健康問題である・ベットサイドでおおよその聴力評価、伝音難聴か感音難聴かの評価、外耳道や鼓膜の所見の評価をすることが大切・耳鳴は聴覚障害に伴うものが多いが、訴えの強さには心因性の要素が関与する(著者抄録)
13ヶ条の原則で解き明かす 不明熱なるほど!ケースファイル(第3回) 「抗菌薬が著効した」に要注意! 半年前から抗菌薬で解熱する発熱をくり返す50歳の女性
鈴木 富雄
レジデントノート   13(16) 3027-3039   Mar 2012
石川明香, 榊原章浩, 澤田昌樹, 富田靖, 富田章裕, 宮田泰彦, 鈴木富雄, 中村栄男
日本皮膚科学会雑誌   122(1) 186-186   Jan 2012
13ヵ条の原則で解き明かす不明熱なるほど!ケースファイル(第2回) 疑わなければわからない!意外な落とし穴 3週間前からの腰部違和感と発熱が続く58歳の男性
鈴木 富雄
レジデントノート   13(13) 2472-2480   Jan 2012
13ヶ条の原則で解き明かす 不明熱なるほど!ケースファイル(第1回) 不明熱診療の基本 13ヶ条の原則とは?
鈴木 富雄
レジデントノート   13(11) 2115-2122   Nov 2011
岡 宏次, 鈴木 晶子, 袴田 康弘, 廣瀬 武司, 香村 彰宏, 池上 良, 尾辺 利英, 宮崎 晋一, 青沼 宏深, 藤井 常宏, 鈴木 富雄, 石塚 達夫
日本内科学会雑誌   100(8) 2302-2311   Aug 2011
中村亮一, 熱田直樹, 渡辺宏久, 祖父江元, 神谷信秀, 橋本政宏, 鈴木富雄, 伴信太郎
臨床神経学   51(4) 288-288   Apr 2011
田中孝正, 芦澤洋喜, 川上恵基, 松本朋美, 吉富淳, 奥村健二, 鈴木富雄, 近藤猛, 大野淳
日本内科学会雑誌   99(8) 1949-1958   Aug 2010
鈴木富雄
Medicina   47(5) 860-863   May 2010
<ポイント>★red eyeの鑑別では結膜充血と毛様充血の区別が大切である.★急性緑内障を疑ったら触診法にて眼圧を推定し,ペンライト法にて虹彩膨隆による陰影を確認する.★視神経障害を疑ったらswing flash light testにて視神経の求心路障害を評価する.★急激な片側性無痛性視力低下は緊急事態と考え,中心網脈動脈閉塞症を疑い,眼球マッサージをしながら眼科医をコールする.(著者抄録)
井口光孝, 大曲貴夫, 鶴見寿, 高木健裕, 佐藤元紀, 藤本源, 牛田宣, 保井光仁, 兼松孝好, 今泉貴広, 鈴木富雄, 袴田康弘, 石塚達夫, 草深裕光
日本内科学会雑誌   98(8) 2023-2030   Aug 2009
神山祐一, 澤本祐一, 平野靖, 梶田将司, 間瀬健二, 鈴木富雄, 勝山貴美子, 山内一信
日本医療情報学会看護学術大会論文集   10th 81-82   Jun 2009
西山順滋, 長谷川昌司, 竹内由紀子, 田中努, 松原英俊, 宮崎景, 鈴木富雄, 三ツ浪健一
総合診療医学   14(1) 75-75   Feb 2009
増田浩三, 柏木佑太, 高見勇一郎, 鈴木富雄, 伴信太郎
JIM   18(11) 893-896   Nov 2008
【抗菌薬をマスターする 適切な選び方・使い方】 抗菌薬投与は"メリハリをつけて" 感染症じゃないかも? どうする? 不明熱・遷延する発熱に対するアプローチ
鈴木 富雄
臨床研修プラクティス   5(10) 68-74   Sep 2008
高橋徳幸, 安藤友一, 今泉勲, 松本拓也, 成島仁人, 青松棟吉, 高見勇一郎, 渡邉康介, 西城卓也, 釋文雄, 増田浩三, 鈴木富雄, 佐藤寿一, 伴信太郎
総合診療医学   13(1) 84-85   Feb 2008
片岡恵子, 中村誠, 安間哲宏, 寺崎浩子, 高見勇一郎, 鈴木富雄, 伴信太郎, 山村昌弘
眼科臨床紀要   1(1) 73-73   Jan 2008
青松棟吉, 増田浩三, 名倉明日香, 魚津桜子, 鈴木富雄, 伴信太郎
JIM   17(10) 821-823   Oct 2007
増田浩三, 谷澤朋美, 加藤誓子, 松本拓也, 高橋春光, 田村京子, 鈴木富雄, 伴信太郎
JIM   17(2) 97-100   Feb 2007
青松棟吉, 成島仁人, 竹下浩, 田村京子, 高見勇一郎, 西城卓也, 増田浩三, 鈴木富雄, 佐藤寿一, 伴信太郎
総合診療医学   12(1) 115-116   Feb 2007
鈴木富雄
総合診療医学   12(1) 41   Feb 2007
西城卓也, 成島仁人, 増田浩三, 佐藤寿一, 鈴木富雄, 植村和正, 伴信太郎
総合診療医学   12(1) 92-93   Feb 2007
鈴木富雄
臨床研修プラクティス   4(2) 68-69   Jan 2007
鈴木富雄
臨床研修プラクティス   4(2) 70-71   Jan 2007
【感染症と抗菌薬の使い方基本ルール】 覚えよう!抗菌薬と疾患の重要ポイント 意外とやさしい抗菌スペクトラム 覚え方のコツを伝授します
鈴木 富雄
臨床研修プラクティス   3(11) 58-64   Oct 2006
竹内一仁, 西城卓也, 鈴木富雄, 佐藤寿一, 伴信太郎
医学教育   37(Suppl.) 30-30   Jul 2006
三ツ浪健一, 西山順滋, 井手克行, 竹内由紀子, 田中努, 松原英俊, 武田裕子, 鈴木富雄
医学教育   37(Suppl.) 76-76   Jul 2006
阿部恵子, 鈴木富雄, 藤崎和彦, 伴信太郎, デボラ ローター
医学教育   37(Suppl.) 83-83   Jul 2006
西城卓也, 松尾一成, 中田均, 徳山秀樹, 鈴木富雄, 佐藤寿一, 植村和正, 伴信太郎
医学教育   37(Suppl.) 81-81   Jul 2006
松尾一成, 亀井三博, 鈴木富雄
医学教育   37(Suppl.) 75-76   Jul 2006
宮崎景, 佐藤寿一, 鈴木富雄, 徳山秀樹, 向原圭, 西城卓也, 中前範子, 伴信太郎
日本内科学会雑誌   95(Suppl.) 214-214   Feb 2006
学生実習受入で診療所医師の意識はどう変わったか,JSGM-IG3の滋賀医科大学現代GP初期成績検討
三ッ浪 健一, 西山 順滋, 田中 努, 松原 英俊, 武田 裕子, 鈴木 富雄
総合診療医学   11(1) 57-57   Feb 2006
菊川誠, 小島啓尚, 傍島由香, 飯島亜由子, 錦織宏, 鈴木富雄, 伴信太郎
JIM   15(9) 715-718   Sep 2005
What's your diagnosis? こんな結果でええんか?
菊川 誠, 小島 啓尚, 傍島 由香, 飯島 亜由子, 錦織 宏, 鈴木 富雄, 伴 信太郎
JIM: Journal of Integrated Medicine   15(9) 715-718   Sep 2005
錦織宏, 菊川誠, 川尻宏昭, 高山義浩, 徳山秀樹, 鈴木富雄, 佐藤寿一, 伴信太郎
医学教育   36(Suppl.) 60-60   Jul 2005
錦織宏, 小島啓尚, 鈴木富雄, 伴信太郎
JIM   15(4) 275-277   Apr 2005
加藤恒夫, 古口契児, 田中紀章, 斎藤信也, 伴信太郎, 鈴木富雄
死の臨床   27(2) 164   Nov 2004
死の臨床の教育 緩和医療と医学部教育 大学と地域の連携による系統講義と実習と事例検討の統合モデル
加藤 恒夫, 古口 契児, 田中 紀章, 斎藤 信也, 伴 信太郎, 鈴木 富雄
死の臨床   27(2) 164-164   Nov 2004
高橋徳幸, 岩破将博, 錦みちる, 古口契児, 鈴木富雄, 中西健嗣, 大津忠弘, 加藤恒夫
日本在宅医学会雑誌   6(1) 86-86   Oct 2004
コア・カリキュラム 導入,蹉跌,飛躍 4年生に対して28週間にわたる「基本的臨床技能実習」導入の試み
鈴木 富雄, 伴 信太郎
医学教育   35(Suppl.) 13-14   Jul 2004
【はじめての当直 病棟篇】 よくナースコールがある症状・症候 軽症と思っても必ず診察しよう 発熱をみたら
鈴木 富雄
臨床研修プラクティス   1(2) 99-102   Apr 2004
伴信太郎, 鈴木富雄
高齢者の施設・在宅における終末像の実証的検証および終末期ケアにおける高齢患者の自己決定のための情報開示のあり方に関する研究 平成15年度 総括・分担研究報告書   13-15   2004
若林英樹, 宇田哲也, 宮崎景, 堀江典克, 鈴木富雄, 植村和正, 徳山秀樹, 佐藤寿一, 伴信太郎
医学教育   34(Suppl.) 50-51   Jul 2003
山口治隆, 若林英樹, 堀江典克, 宇田哲也, 宮崎景, 広田勝弘, 鈴木富雄, 植村和正, 佐藤寿一
医学教育   34(Suppl.) 45   Jul 2003
佐藤寿一, 吉田力, 鈴木富雄, 伴信太郎
医学教育   34(Suppl.) 66   Jul 2003
在宅緩和ケア実習は学生に何をもたらしたか? 質的探索調査を用いての分析
鈴木 富雄, 宮崎 景, 加藤 恒夫
医学教育   34(Suppl.) 66-66   Jul 2003
プライマリ・ケア実習が医学生の医療に対する認識に及ぼす影響(第3報)
佐藤 寿一, 吉田 力, 鈴木 富雄, 伴 信太郎
医学教育   34(Suppl.) 66-66   Jul 2003
大学病院における総合病棟研修システム 教育効果と問題点(第2報)
若林 英樹, 宇田 哲也, 宮崎 景, 堀江 典克, 鈴木 富雄, 植村 和正, 徳山 秀樹, 佐藤 寿一, 伴 信太郎
医学教育   34(Suppl.) 50-51   Jul 2003
大学病院における総合病棟研修システムの問題点 フォーカスグループ・ディスカッションによる質的調査
山口 治隆, 若林 英樹, 堀江 典克, 宇田 哲也, 宮崎 景, 廣田 勝弘, 鈴木 富雄, 植村 和正, 佐藤 寿一
医学教育   34(Suppl.) 45-45   Jul 2003
一般市中病院における卒後臨床研修システム立ち上げの試み(その2)
錦織 宏, 鈴木 富雄, 三島 信彦, 山本 直人
医学教育   34(Suppl.) 45-45   Jul 2003
鈴木富雄
Infect Control   12(4) 392-398   Apr 2003
家庭医,プライマリ・ケア医が行う臨床研究の障害及び解決策 文献的考察
前野 貴美, 松下 明, 竹村 洋典, 大野 毎子, 前野 哲博, 松村 真司, 高屋敷 明由美, 鈴木 富雄, 吉村 学, 名郷 直樹, 佐藤 寿一
家庭医療   10(1) 4-8   Apr 2003
【新人が知っておきたい感染対策ベーシック】 抗菌薬のベーシック
鈴木 富雄
INFECTION CONTROL   12(4) 392-398   Apr 2003
伴信太郎, 鈴木富雄
高齢者の施設・在宅における終末像の実証的検証および終末期ケアにおける高齢患者の自己決定のための情報開示のあり方に関する研究 平成14年度 総括・分担研究報告書   8-10   2003
頭痛を主訴とし診断に苦慮した口腔内感染巣からの敗血症性肺塞栓の一例
金山 祐子, 若林 英樹, 鈴木 富雄
日本臨床微生物学雑誌   12(4) 135-135   Dec 2002
海外旅行後,発熱を主訴に来院した若年男性の1症例
与那嶺 綾子, 川尻 宏明, 鈴木 富雄, 伴 信太郎
日本臨床微生物学雑誌   12(4) 132-132   Dec 2002
吉田力, 佐藤寿一, 鈴木富雄, 伴信太郎
医学教育   33(5) 390-390   Oct 2002
糖尿病外来患者における家族機能
竹中 裕昭, 佐藤 寿一, 鈴木 富雄, 伴 信太郎, 生田 美智子, 佐藤 栄子, 木村 寿美, 立木 茂雄
日本糖尿病教育・看護学会誌   6(特別) 139-139   Sep 2002
堀泰祐, 林章敏, 西川温博, 西岡弘晶, 鈴木富雄, 西森三保子
日本緩和医療学会総会プログラム・講演抄録集   7th 68   Jun 2002
基本的臨床能力への招待 症例提示(プレゼンテーション)の仕方
鈴木 富雄
診断と治療   90(6) 969-974   Jun 2002
鈴木富雄, 伴信太郎
診断と治療   90(5) 791-800   May 2002
基本的臨床能力への招待 基本的診察法 神経・下肢の診察
鈴木 富雄, 伴 信太郎
診断と治療   90(5) 791-800   May 2002
鈴木富雄, 伴信太郎
診断と治療   90(4) 617-623   Apr 2002
基本的臨床能力への招待 基本的診察法 腹部・直腸の診察
鈴木 富雄, 伴 信太郎
診断と治療   90(4) 617-623   Apr 2002
鈴木富雄, 伴信太郎
診断と治療   90(3) 475-482   Mar 2002
基本的臨床能力への招待 基本的診察法 胸部・乳房の診察
鈴木 富雄, 伴 信太郎
診断と治療   90(3) 475-482   Mar 2002
鈴木富雄, 伴信太郎
診断と治療   90(2) 293-299   Feb 2002
基本的臨床能力への招待 基本的診察法 頭頸部の診察
鈴木 富雄, 伴 信太郎
診断と治療   90(2) 293-299   Feb 2002
名古屋大学医学部附属病院総合診療部の研修プログラム
吉岡 哲也, 向原 圭, 鈴木 富雄, 佐藤 寿一, 伴 信太郎
日本総合診療医学会会誌   6(1) 22-22   Dec 2001
プライマリ・ケア医に必要な家族アプローチ
竹中 裕昭, 伴 信太郎, 吉岡 哲也, 向原 圭, 徳山 秀樹, 津田 順子, 若林 英樹, 鈴木 富雄, 佐藤 寿一
JIM: Journal of Integrated Medicine   11(12) 1141-1143   Dec 2001
竹中裕昭, 伴信太郎, 佐藤寿一, 向原圭, 吉岡哲也, 徳山秀樹, 鈴木富雄
家庭医療   8(Suppl.) 22   Nov 2001

Conference Activities & Talks

 
高知県多職種連携地域医療実習の試み(第2報)
鈴木 富雄, 島田 史生, 泊 祐子, 真継 和子, 佐野 かおり, 中村 敏明, 角山 香織, 佐野 正幸
医学教育   Jul 2018   
種井実佳, 内藤俊夫, 古庄憲浩, 田妻進, 宮崎英士, 鈴木富雄, 西尾健治, 大谷寛, 森田浩之, 林純
日本病院総合診療医学会雑誌   31 Jan 2018   
杉多嗣之, 吉田玲子, 佐々木真弥, 関根一臣, 中垣孝規, 三澤美和, 島田史生, 鈴木富雄
日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   2018   
三澤美和, 関根一臣, 杉多嗣之, 黒岡佑介, 藤本隆一郎, 中垣孝規, 島田史生, 鈴木富雄
日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   2018   
鈴木富雄, 三澤美和, 島田史生
日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集   2018