西飯 直仁

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/07 15:32
 
アバター
研究者氏名
西飯 直仁
 
ニシイ ナオヒト
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 共同獣医学科 臨床獣医学講座 獣医内科学研究室
職名
准教授
学位
博士(獣医学)(岐阜大学連合獣医学研究科)
その他の所属
連合獣医学研究科

プロフィール

ホルモンは動物の恒常性維持に重要な役割をしており、その異常は様々な臨床症状として現れてきます。糖尿病、甲状腺疾患、副腎疾患など、犬と猫では多くの内分泌疾患が知られていますが、その病態については不明な点が多く残されており、臨床において問題となっています。私達は実験および臨床を通して、内分泌疾患の病態解明と診断治療法の確立を目指して研究を進めています。また近年肥満の犬猫の割合が増加傾向にあります。私達は肥満およびその合併症について内分泌学の観点から、病態解析を行っています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 獣医内科学

経歴

 
2012年3月
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 獣医内科学研究室 准教授
 
2008年4月
 - 
2012年2月
鳥取大学 農学部 獣医薬物治療学分野 講師
 
2001年4月
 - 
2004年3月
なりた犬猫病院
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
岐阜大学 連合獣医学研究科 
 
1995年4月
 - 
2001年3月
岐阜大学 農学部 獣医学科
 

論文

 
Takashima S, Nishii N, Kobatake Y, Kiyosue M, Kimura S, Kitagawa H
The Journal of veterinary medical science   81(9) 1294-1300   2019年9月   [査読有り]
Takashima S, Takitani SI, Kitamura M, Nishii N, Kitagawa H, Shibata S
The Journal of veterinary medical science      2019年7月   [査読有り]
Ando A, Imaeda N, Matsubara T, Takasu M, Miyamoto A, Oshima S, Nishii N, Kametani Y, Shiina T, Kulski JK, Kitagawa H
Cells   8(8)    2019年7月   [査読有り]
Nishii N, Okada R, Matsuba M, Takashima S, Kobatake Y, Kitagawa H
The Journal of veterinary medical science      2019年6月   [査読有り]
Imaeda N, Ando A, Takasu M, Matsubara T, Nishii N, Takashima S, Shigenari A, Shiina T, Kitagawa H
The Journal of veterinary medical science      2018年9月   [査読有り]

Misc

 
西飯直仁
Clinic Note   15(7) 14‐16,18‐19   2019年7月
西飯直仁
Clinic Note   15(7) 6‐13   2019年7月
西飯 直仁
J-vet : jounral for veterinary practitioner   32(3) 26-29   2019年3月
西飯直仁
CAP (Companion Animal Practice)   (350) 65‐69   2018年8月
西飯直仁
伴侶動物画像診断   3(2) 50‐53   2018年4月

講演・口頭発表等

 
平田暁大, 吉嵜響子, 西飯直仁, 川部美史, 森崇, 柳井徳磨, 酒井洋樹
日本毒性病理学会講演要旨集   2019年   
松岡利雄, 小畠結, 高島諭, 西飯直仁
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2018年8月21日   
永森祐美子, 高島諭, 岡田梨江, 大畑敬一, 及川剛, 菅谷健, 小畠結, 西飯直仁
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2018年8月21日   
安藤麻子, 今枝紀明, 松原達也, 高須正規, 宮本あすか, 大島志乃, 西村崇史, 西村俊明, 西飯直仁, 亀谷美穂, 北川均
日本実験動物学会総会講演要旨集   2018年4月27日   
安藤麻子, 今枝紀明, 松原達也, 高須正規, 宮本あすか, 大島志乃, 西村崇史, 西村俊明, 西飯直仁, 亀谷美恵, 北川均
MHC (Web)   2017年10月18日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 西飯 直仁
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 西飯 直仁
犬の内分泌組織に対する自己抗体を検出する検査系を確立した。副腎蛋白に対する自己抗体が副腎皮質機能低下症の犬の11~33%で検出され、犬の副腎皮質機能低下症が自己免疫性である可能性が考えられた。また卵巣蛋白に対する抗体も検出され、複数の内分泌組織に対する抗体の存在が示唆された。また副腎および甲状腺に対する自己抗体を調べたところ、副腎皮質機能低下症および甲状腺副腎皮質機能において複数の自己抗体が検出された。これらの結果は犬の副腎皮質機能低下症および甲状腺機能低下症の早期診断および病態解明に役立つ。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 西飯 直仁
高脂肪食給餌後の体重減少によって猫の肝リピドーシス(脂肪肝)を実験的に作成し、クリノフィブラート投与の効果を調べた。本研究では猫の肝臓における脂肪代謝に関わる8分子について塩基配列を明らかにし、遺伝子発現の定量法を確立した。そしてクリノフィブラート投与によって肝臓への脂肪蓄積が増加することが明らかとなった。このことから体重減少中の猫におけるクリノフィブラート投与の危険性が示唆された。

特許

 
特願2017-008385 : イヌの遺伝性消化管腫瘍症の遺伝子診断法
西飯 直仁

その他

 
獣医師
第1種放射線取扱主任者