新藤 浩伸

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 00:09
 
アバター
研究者氏名
新藤 浩伸
 
シンドウ ヒロノブ
URL
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/gs/c3/staff
所属
東京大学
部署
大学院教育学研究科
職名
准教授
学位
博士(教育学)(東京大学)
科研費研究者番号
70460269

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
昭和音楽大学 舞台芸術センター 特任助教
 
2009年
   
 
東京音楽大学 音楽学部 音楽学科 音楽教育専攻 専任講師
 
2011年
   
 
東京大学 大学院教育学研究科 講師
 
2016年
 - 
現在
東京大学 大学院教育学研究科 准教授
 
2013年
 - 
現在
都留文科大学 非常勤講師
 
2016年
 - 
現在
東京藝術大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
   
 
東京大学 文学部 卒業 
 
 
   
 
東京大学 大学院教育学研究科 修士課程及び博士課程修了
 

書籍等出版物

 
東京大学出版会   2018年5月   ISBN:4130034979
東京大学出版会   2018年3月   ISBN:4130034960
東京大学出版会   2018年2月   ISBN:4130034952
エイデル研究所   2017年10月   ISBN:4871686043

論文

 
「実際生活に即する文化的教養」とは何か
新藤 浩伸
月刊社会教育   62(11) 10-17   2018年11月
文化的な公共空間における触発する体験
中小路 久美代 , 岡田 猛 , 川嶋 稔夫 , 山本 恭裕 , 新藤 浩伸 , 木村 健一 , 影浦 峡
サービソロジー   3(2) 10-17   2016年7月
学芸員の教育に対する意識の形成
新藤浩伸、清水大地、清水翔
東京大学大学院教育学研究科紀要   54 161-178   2015年3月
美術教育者としての学芸員の意識―質問紙調査から―
新藤浩伸、清水大地、清水翔
美術教育   (299) 26-34   2015年3月   [査読有り]
アメリカにおけるミュージアムの教育プログラムー東部の美術系ミュージアムを中心に(研究ノート)
堀口裕美、新藤浩伸、岡田猛
アートマネジメント研究   (15) 64-77   2014年12月   [査読有り]

Misc

 
Book Review: Adult Education, Museums and Art Galleries: Animating Social, Cultural and Institutional Change, by Clover, D. E., Sanford, K., Bell, L., & Johnson, K. (Eds.)
SHINDO Hironobu
Adult Education Quarterly   69(1)    2018年12月   [査読有り][依頼有り]
大村智先生インタビュー余話 科学の心と情緒
新藤 浩伸
中央線   75 18-20   2018年12月
都心に響く歌舞伎の声 東京都中央区・新富座こども歌舞伎
新藤 浩伸
月刊社会教育   62(9) 74-77   2018年9月
地域文化をめぐる社会教育研究から
新藤 浩伸
社会教育学研究   54 94-95   2018年9月   [依頼有り]
文化と社会教育―表現を磨き、美意識を育てる
新藤 浩伸
月刊社会教育   62(4) 25-28   2018年4月

講演・口頭発表等

 
第二課題別集会「地域づくり事業の実践〜多摩コンファレンス」 [招待有り]
髙井正・新藤浩伸(助言者)
第55回東京都公民館研究大会   2019年2月3日   東京都公民館連絡協議会
公会堂からみる人々の暮らし―集いの場所の昔と今― [招待有り]
新藤 浩伸
まちなか大学 長岡の100年―開府300年から400年まで―   2018年11月16日   まちなかキャンパス長岡
コミュニティと社会教育―戦後教育(学)の問い返しに向けて― [招待有り]
新藤 浩伸
サントリー文化財団「2020年代の日本と世界」研究会   2018年2月2日   
地域における文化芸術・生涯学習拠点の役割 [招待有り]
新藤 浩伸
平成29年度文化庁委託事業 中四国地域アートマネジメント研修会   2017年12月7日   文化庁・公益社団法人全国公立文化施設協会
公民館を考える講座 公民館ってどんなところ? [招待有り]
新藤 浩伸
平成29年度 保谷駅前公民館利用者懇談会   2017年9月30日   

競争的資金等の研究課題

 
戦後日本における文化会館整備過程:設立経緯、自治体施策、関連施設との比較調査から
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究)
研究期間: 2018年4月       代表者: 新藤 浩伸
近代日本の教育制度整備過程における「地域」の位置
公益財団法人前川財団: 平成29年度 家庭・地域社会教育助成
研究期間: 2017年11月 - 2018年7月    代表者: 新藤 浩伸
『地域に根ざす民衆文化の創造 「常民大学」の総合的研究』刊行事業
日本学術振興会: 平成28年度科学研究費助成事業(成果公開促進費)
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 新藤 浩伸
『成人教育と文化の発展』刊行事業
日本学術振興会: 平成27年度科学研究費助成事業(成果公開促進費)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 新藤 浩伸
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 大桃 敏行

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
日本社会教育学会  理事
 
2017年4月
 - 
現在
『月刊社会教育』  副編集長
 
2016年11月
 - 
現在
公益社団法人全国公立文化施設協会  コーディネーター
 
2014年12月
 - 
2018年3月
日本公民館学会  理事
 
2014年6月
 - 
2016年
文化経済学会〈日本〉  理事
 

その他

 
福原義春編『ミュージアムが社会を変える―文化による新しいコミュニティ創り』現代企画室、2015
編集協力
大音寺一雄『一塵四記 下天の内 第二部』藤原書店、2014
編集協力
新藤浩伸『公会堂と民衆の近代 歴史が演出された舞台空間』東京大学出版会、2014
書評・紹介記事掲載
『朝日新聞』2015年2月1日(書評・原武史)
『読売新聞』2015年2月8日(書評・牧原出)
『しんぶん赤旗』2015年2月15日(書評・佐藤克明)
『東京人』2015年2月号(「今月の東京本」)
『都市問題』2015年3月号(書評・寺杣祐以)
『UP』2015年4月号「東大教師が新入生にすすめる本」(小林真理)
『くらしと自治・京都』2015年6月号、第422号(書籍紹介・井上英之)
『建築史学』第64号(新刊紹介・初田香成)
『文化経済学』第12巻第1号(書評・清水裕之)
『社会教育学研究』第51巻第2号(書評・草野滋之)
『教育学研究』第82巻第3号(書評・上野景三)
『日本公民館学会年報』第12号(書評・上杉孝實)
福原義春編『地域に生きるミュージアム―100人で語るミュージアムの未来〈2〉』現代企画室、2013
編集協力