HATSUMI Motoi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 2, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
HATSUMI Motoi
E-mail
hatsumichs.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of German Literature
Job title
Professor
Research funding number
90198771

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1987
 - 
Mar 1990
東京都立大学人文学部助手
 
Apr 1990
 - 
Mar 1999
東京農工大学工学部教員
 
Apr 1999
 - 
Mar 2008
東京都立大学教員
 

Published Papers

 
Schock und Schweigen -›Kollektivschuld‹-Politik und deren Wirkungen-
Motoi Hatsumi
Lynkeus   (51) 141-168   Mar 2018   [Refereed]
〈連帯〉の変容—戦後ドイツ政治文化の一断面—
初見基
ドイツ文学論集   (37) 47-66   Mar 2016
二十世紀思想から見た「クラシック音楽」−ドイツ語圏を中心に
許光俊編著『クラシック知性主義』   58-68   Jun 2013
20世紀小説の可能性—〈死者の記憶〉への応答としての文学—
〈過去の未来〉と〈未来の過去〉—保坂一夫先生古稀記念論文集   270-282   Mar 2013
死者の記憶—「戦後」への一視点
批評研究   1 165-188   Nov 2012

Misc

 
書評:須藤温子著『エリアス・カネッティ』
週刊読書人   (3295) 4-4   Jun 2019   [Invited]
戦後ナチ批判言説のはじまり-「集団の罪」の追及と反撥
初見基
断絶のコミュニケーション   67-91   Mar 2019   [Invited]
modernism
初見基
社会思想史事典   568-571   Jan 2019   [Refereed][Invited]
Bauhaus
初見基
社会思想史事典   566-567   Jan 2019   [Refereed][Invited]
pessimism
初見基
社会思想史事典   552-553   Jan 2019   [Refereed][Invited]

Books etc

 
ルカーチ─物象化
講談社   May 1998   

Conference Activities & Talks

 
ナチズム克服の言説とその変容
初見基
日本独文学会春季研究発表会   27 May 2018   日本独文学会
「戦後思想再考」:ポスト 68 をめぐって―ラディカリズムのもたらしたもの
初見基,川本隆史,中野敏男,三島憲一
社会思想史学会第38回大会   26 Oct 2013   社会思想史学会
「戦後」という視点について(セッション「戦後思想再考——戦後日本のアカデミック・ディスコースにおける西欧志向という物語」)
川本隆史,中野敏男,三島憲一
社会思想史学会第37回大会   27 Oct 2012   社会思想史学会
Gedächtnis in der politischen Kultur wie in der Literatur Deutschlands und Japans nach dem zweiten Krieg.
Die Asiatische Germanistentagung Beijing 2012   20 Aug 2012   
Die größere Hoffnung.
Sterbensarten der/in der österreichschen Literatur   4 Nov 2011   JSPS「イルゼ・アイヒンガーにおける言語実験的手法の研究」JSPS「現代ドイツにおける集合的記憶の形成と文学の機能」