加藤 央之

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/02 02:42
 
アバター
研究者氏名
加藤 央之
 
カトウ ヒサシ
所属
日本大学
部署
文理学部地球科学科
職名
教授
学位
学術博士(北海道大学)
科研費研究者番号
50371357

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1983年
北海道大学 大学院 環境科学研究科 
 

委員歴

 
2008年
   
 
気候影響利用研究会  会長
 
1999年
 - 
2007年
気候影響利用研究会  幹事・編集委員
 

論文

 
Performance of RegCM2.5/NCAR-CSM nested system for the simulation of climate change in East Asia caused by global warming.
Kato, H., K. Nishizawa, H. Hirakuchi, S. Kadokura, N. Oshima and F. Giorgi
Journal of Meteorological Society Japan   79 99-121   2001年   [査読有り]
Performance of NCAR RegCM in the simulation of June and January climates over eastern Asia and the high-resolution effect of the model.
Kato, H., H. Hirakuchi, K. Nishizawa and F. Giorgi
Journal of Geophysical Research   104 6455-6476   1999年   [査読有り]
A Statistical method for separating urban effect trends from observed temperature data and its application to Japanese temperature record.
Kato, H
Journal of Meteorological Society Japan   74 639-653   1996年   [査読有り]
Performance of Global Climate Models for Reproducing Present SLP Field over Eastern Asian Region in the CO2 Transient Run.
Kato H. and N. Oshima, S. Kadokura
Journal of Meteorological Society Japan   83 169-188   2005年   [査読有り]
Statistical downscaling estimate of precipitation in Japan based on the sea level pressure pattern in East Asia.
Oshima, N., H. Kato and S. Kadokura
Journal of Geophysical Research   107(D10) 10.1029/2001JD000762   2002年   [査読有り]

Misc

 
北陸地方における局地的豪雪の総監場の統計解析
木村浩章・加藤央之
日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要   52 249-258   2017年3月   [査読有り]
夏季関東地方における局地的強雨の経路特性
戸祭早紀・加藤央之
日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要   52 237-248   2017年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
眠れなくなるほど面白い地学の話
高橋正樹,栗田敬,鵜川元雄,加藤央之,磯崎行雄 (担当:共著)
日本文芸社   2019年4月   
自然地理学辞典
朝倉書店   2017年1月   
風の辞典
真木太一,新野宏,野村卓志,林陽生,山川修治(編著) (担当:共著)
丸善出版   2011年11月   ISBN:978-4-621-08404-5
エルニーニョ・ラニーニャ現象
気候影響・利用研究会 (担当:共著)
成山堂書店   2010年11月   
極圏・雪氷圏と地球環境
二宮書店   2010年3月   

講演・口頭発表等

 
8月の関東の北東気流時における天気特性について
永田紘基・加藤央之
日本地理学会秋季学術大会   2019年9月23日   日本地理学会
関東地方における花粉濃度の空間分布特性
阿部聖史・加藤央之
日本地理学会秋季学術大会   2019年9月23日   日本地理学会
九州地方における冬季降水の出現率
佐久間理絵・加藤央之
日本気象学会2018年度秋季大会   2018年11月1日   日本気象学会
北海道と東北地方の発電量ランプの確率予測
永野良紀,加藤央之,池田亮作,ドアン・クアン・ヴァン,日下博幸,岡田牧,小笠原範光
日本気象学会2018年度秋季大会   2018年10月29日   日本気象学会
Japan's R&D Project of Ramp Forecasting Technology: Meteorological Pattern Analysis Method.
Okada, M. , T. Ichizawa, Y. Nakamura, K. Yamaguchi, R. Kodama, H. Kato, Y. Nagano, R. Ikeda, V. Q. Doan, H. Kusaka, T. Araki, I. N. Ishizaki, N. Ogasawara
17th Wind Integration Workshop   2018年10月18日   Wind Integration 2018

特許

 
特開2007-71653 (P2007-71653A) : 粒子捕捉方法および粒子捕捉装置