Sento Noriaki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 2, 2019 at 02:59
 
Avatar
Name
Sento Noriaki
Alternative names
Sento Noriaki
E-mail
nsentohcivil.ce.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Engineering, Department of Civil Engineering
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Engineering(Tohoku University)
Research funding number
40333835

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1992
 - 
Mar 1994
Kumagai Gumi Co., Ltd.
 
Apr 1994
 - 
Mar 1995
建設省土木研究所地震防災部振動研究室 部外研究員
 
Apr 1995
 - 
Dec 2000
Kumagai Gumi Co., Ltd.
 
Jan 2001
 - 
Mar 2007
Dept. of Civil and Environmental Engineering, Graduate school of Engineering, Tohoku University, Research Associate
 
Apr 2007
 - 
Mar 2008
Dept. of Civil and Environmental Engineering, Graduate school of Engineering, Tohoku University, Assistant Professor
 

Education

 
 
 - 
1992
Department of Civil Engineering, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 

Awards & Honors

 
Jun 2018
地盤工学会功労章
 
May 2008
土木学会論文賞
 

Published Papers

 
遠心載荷実験を用いた海底斜面の地震時安定性評価とその再現解析
齋藤和寿,仙頭紀明,中村晋
第15回日本地震工学シンポジウム   1974-1983   Dec 2018
液状化後の残留せん断ひずみと再圧密体積ひずみの関係
仙頭紀明, 後藤直紀
第15回日本地震工学シンポジウム   2335-2342   Dec 2018
海底地盤を模擬した斜面モデルの作製およびその安定性評価
仙頭 紀明,海野 寿康,中村 晋
土木学会論文集B(海洋開発)    73(2) Ⅰ_306-Ⅰ_311   Aug 2017   [Refereed]
Liquefaction potential and residual deformation of ground behind a wharf pier with minimal damage caused by the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake
N. Sento, W. Yatagai, A. Sanomine, D. Yoshizawa
Proceedings of International Conference on Geotechnical Engineering, ICGE-Colombo-2015   145-148   Aug 2015   [Refereed]
構造破壊と真空吸水を併用した砂の締固め特性
新舎博,海野寿康,仙頭紀明
地盤工学ジャーナル   Vol.9(No.4) 569-589   Sep 2014   [Refereed]

Misc

 
仙頭紀明,齋藤 和寿,平山 拓海
土木学会論文集 C(地圏工学)   74(3) 332-341   Sep 2018   [Refereed]
地震による液状化により埋設管の被害がこれまでに数多く発生している.本論文では液状化による埋設管の浮き上がりメカニズムを詳しく調べるために,比較的浅い位置に設置した埋設管を対象に模型振動実験を実施した.実験では管のみかけの比重の違い,埋設管に作用させる上向き浸透流の有無の影響を調べた.埋設管の浮上速度は,埋設管の見かけの比重が小さい程大きくなった.また埋設管は上下に振動しながら浮上し,その振動は過剰間隙水圧の振動応答とほぼ同期し,地盤のダイレイタンシー挙動が埋設管の浮上に影響を及ぼすことがわ...
AE法を用いた風車縮小模型基礎接合部の疲労損傷検出
大野健太郎,藤山知加子,仙頭紀明,子田康弘
コンクリート構造物の非破壊検査シンポジウム論文集   6 49-54   Aug 2018
繰返しの圧縮力およびせん断力を与えたコンクリートの砂利化発生機構の検討
仙頭紀明,子田康弘,藤山知加子
コンクリート工学年次論文集   40(2) 601-606   Jul 2018   [Refereed]
水圧を繰返し与えたコンクリートにおける砂利化検証実験
藤山知加子,小川健,子田康弘,仙頭紀明
コンクリート工学年次論文集   39(2) 601-606   Jul 2017   [Refereed]
福島県浜通りに分布数「ゆな」の地盤工学的特徴と土工事の問題点
仙頭紀明
基礎工   44(11) 54-58   Nov 2016   [Invited]

Conference Activities & Talks

 
福島県阿武隈山地のまさ土に起因する斜面災害要因の分析
印南星也,仙頭紀明
土木学会東北支部技術研究発表会(平成30年度)   2 Mar 2019   
ふとんかごを用いた押え盛土の補強効果に関する模型振動実験
石井康介,仙頭紀明
土木学会東北支部技術研究発表会(平成30年度)   2 Mar 2019   
粒径の違いが浸透固化改良したガラスビーズの強度に及ぼす影響
石塚幸太郎,仙頭紀明
土木学会東北支部技術研究発表会(平成30年度)   2 Mar 2019   
遠心載荷実験による水中粘性土斜面の滑動挙動の評価
小室拓也,仙頭紀明
土木学会東北支部技術研究発表会(平成30年度)   2 Mar 2019   
過圧密比が異なる粘性土における非排水繰返しせん断後の沈下量評価
関根優介,仙頭紀明
土木学会東北支部技術研究発表会(平成30年度)   2 Mar 2019   

Research Grants & Projects

 
非液状化層の影響に着目した液状化による時間遅れ破壊の再現
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022    Investigator(s): 仙頭紀明
大地震においてすら粘性土地盤は安全か?:地震時地盤災害における粘性土の役割
Project Year: Apr 2016 - Mar 2020    Investigator(s): 安原 一哉
地盤の液状化メカニズムに立脚したコンクリートの砂利化機構の解明
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 藤山 知加子
ふとんかご工の排水効果を考慮した盛土斜面お合理的設計法の構築
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 仙頭紀明
地盤の耐液状化性能設計法の構築とその実用化 ―設計地震動を超える外力への対応
Project Year: Apr 2015 - Mar 2020    Investigator(s): 風間基樹

Social Contribution

 
福島県立郡山東高等学校評議員
[Advisor]  1 Apr 2018 - 31 Mar 2019
郡山市入札監視委員会
[Advisor]  郡山市  24 Jan 2018 - 23 Jan 2020
東北地方整備局 道路ドクター
[Advisor]  国土交通省 東北地方整備局  1 Sep 2015 - 31 Mar 2019