竹谷 俊夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 10:44
 
アバター
研究者氏名
竹谷 俊夫
 
タケタニ トシオ
eメール
taketatosaka-ohtani.ac.jp
所属
大阪大谷大学
部署
文学部 歴史文化学科
職名
教授
科研費研究者番号
40441430

プロフィール

【資格】
1977年3月 学芸員資格証明書 天大博証第119号〔天理大学〕
1977年4月 中学校教諭1級普通免許状(朝鮮語)昭52中1普第269号〔大阪府教育委員会〕
1977年4月 高等学校教諭2級普通免許状(朝鮮語)昭52高2普第305号〔大阪府教育委員会〕
1977年4月 中学校教諭1級普通免許状(社会)昭52中1普第268号〔大阪府教育委員会〕
1977年4月 高等学校教諭2級普通免許状(社会)昭52高2普第304号〔大阪府教育委員会〕

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
大阪大谷大学教授
 
2014年9月
 - 
現在
奈良大学非常勤講師
 
2012年4月
 - 
現在
大阪大谷大学附属博物館 館長補佐
 
2014年4月
 - 
2018年3月
大阪大谷大学文学部 歴史文化学科長
 
2008年4月
 - 
2015年3月
大阪大谷大学准教授
 

学歴

 
1973年4月
 - 
1977年3月
天理大学 外国語学部 朝鮮学科
 

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
太子町国史跡二子塚古墳保存整備検討委員会  委員長
 
2013年4月
 - 
現在
近畿学生野球連盟  部長理事
 
1997年4月
 - 
2007年3月
太子町立竹内街道歴史資料館運営審議会  委員
 

論文

 
「科長佛陀寺旧蔵の版木について」
竹谷俊夫
『大阪大谷大学紀要』   53 1-6   2019年2月
「太子善秀寺の宗教活動について」
竹谷俊夫
『大阪大谷大学歴史文化研究』   18 89-100   2018年3月
「観光資源としての博物館を考える―おきなわワールド―」
竹谷俊夫
『大阪大谷大学博物館学芸員課程年報』   18 29-34   2018年3月
「高野口「水野館」の民俗資料―特に戦時下の資料を中心に―」
竹谷俊夫
『大阪大谷大学博物館学芸員課程年報』   15 26-31   2015年3月
「百済初期の王陵と土城」
竹谷俊夫
『大阪大谷大学博物館学芸員課程年報』   14 53-60   2014年3月

Misc

 
「芹生谷金山古墳」博物館紹介シリーズ⑬
竹谷俊夫
『博物館だより』(大阪大谷大学博物館)   125 8-8   2018年10月
「金関 恕先生のご逝去を悼む」
竹谷俊夫
『日本考古学協会会報』   No.194 93-93   2018年8月   [依頼有り]
「韓国国立慶州博物館」博物館紹介シリーズ⑫
竹谷俊夫
『博物館だより』(大阪大谷大学博物館)   124 8-8   2018年4月
「万葉植物園の活用に向けて」
竹谷俊夫
『志学』(大阪大谷大学志学会)   48 5-11   2017年12月
「金関恕・著作目録」
竹谷俊夫
『弥生の木の鳥の歌―習俗と宗教の考古学―』(雄山閣出版)   202-222   2017年11月

書籍等出版物

 
竹谷俊夫 (担当:分担執筆, 範囲:「韓国の国立こども博物館について」(475-484))
芙蓉書房出版   2017年4月   ISBN:4829507128
竹谷俊夫 (担当:分担執筆, 範囲:「大学博物館」(112-116))
芙蓉書房出版   2016年3月   ISBN:9784829506776
竹谷俊夫 (担当:分担執筆, 範囲:「博物館における調査・研究」(113-115),「資料自体の調査・研究」(117-120),「考古・民族系資料」(129-131),「展示の環境と設備」(202-204),「展示作業」(204-206))
芙蓉書房出版   2012年3月   ISBN:4829505516
竹谷俊夫 (担当:分担執筆, 範囲:「大和古墳群と大和神社について」(132-143))
雄山閣出版   2010年4月   ISBN:463902133X
『東大寺山古墳の研究』
竹谷俊夫 (担当:分担執筆, 範囲:「周辺の環境と遺跡」(19-26),「巴形銅器」(200-204),「東大寺山古墳の巴形銅器と金海大成洞古墳群の倭系遺物」(439-443))
真陽社   2010年3月   

講演・口頭発表等

 
「石狩水田の祖 中山久蔵翁とクラーク博士―中山久蔵を助けた富田林南大伴の勝山孝三―」
竹谷俊夫
富田林・河内長野・大阪狭山三市図書館連携講座(於/金剛図書館)「もっと知りたい!南河内」   2018年11月30日   
「韓国の博物館を語る」
竹谷俊夫
大阪大谷大学文学部歴史文化学科公開講座『博物館を語る』(志学台キャンパス)   2017年10月28日   
「新羅の都城」
竹谷俊夫
大阪大谷大学文学部歴史文化学科公開講座 『王の都する所の考古学』③(ハルカスキャンパス)   2016年7月8日   
「大阪大谷大学博物館」 [招待有り]
竹谷俊夫
平成28年度 芦屋川カレッジ大学院 知の殿堂大学博物館から学ぶ③   2016年6月20日   
「万葉時代の大和と伊賀」 [招待有り]
竹谷俊夫
伊賀市生涯学習セミナー2015   2015年9月25日   

Works

 
『鶏林の考古学』(大阪大谷大学博物館平成30年度春季特別展)
竹谷俊夫・池田千尋   芸術活動   2018年4月 - 2018年6月
『地獄・極楽 あの世の世界』(大阪大谷大学創立50周年記念特別展)
大阪大谷大学博物館+NPO法人文化遺産保存ネットワーク河内長野   芸術活動   2016年9月 - 2016年10月
『先生のお宝拝見』(大阪大谷大学創立50周年記念特別展)
竹谷俊夫・池田千尋   芸術活動   2016年4月 - 2016年7月
『大学の扉を開く』(会場/大阪大谷大学博物館)
かんさい・大学ミュージアムネットワーク+大阪大谷大学博物館   芸術活動   2015年7月
『中国・朝鮮半島の古瓦』(大阪大谷大学博物館平成26年度春季特別展)
竹谷俊夫・池田千尋   芸術活動   2014年4月 - 2014年7月

競争的資金等の研究課題

 
初期ヤマト王権の対外交渉と地域間交流の考古学的研究
日本学術振興会: 
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 金関恕
東アジア内海の新石器化と現代化:景観の形成史
総合地球環境学研究所: 
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 内山純蔵