飛田 国人

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 22:28
 
アバター
研究者氏名
飛田 国人
 
トビタ クニヒト
URL
http://www.ess.osakafu-u.ac.jp/human/tobita/tobita.html
所属
大阪府立大学
部署
人間社会システム科学研究科
職名
准教授
学位
博士(学術)(京都府立大学)

プロフィール

資格等
・一級建築士

研究分野

 
 

経歴

 
2018年9月
 - 
現在
Jozef Stefan Institute Department of Automation, Biocybernetics and Robotics Research Associate
 
2017年9月
 - 
2018年8月
Jozef Stefan Institute Department of Automation, Biocybernetics and Robotics Visiting Researcher
 
2012年4月
 - 
現在
大阪府立大学 准教授
 
2008年4月
 - 
2012年3月
有明工業高等専門学校 建築学科 助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
有明工業高等専門学校 建築学科 助手
 

受賞

 
2017年8月
大阪府立大学 学長顕彰
 
2016年11月
日本生気象学会 研究奨励賞 オンラインコミュニティへの質問投稿者が有する熱中症への関心
 
2013年8月
大阪府立大学 学長顕彰
 
2012年7月
Pacific Association of Quantity Surveyors The PAQS Best Paper Award Measurement of clothing insulation value based on the condition of actual lifestyle in a modern Japanese home
 

論文

 
K. Fukagawa, Y. Kurazumi, A. Aruninta, J. Ishii, Y. Yamato, K. Tobita, E. Kondo, A. Nyilas, H. Oishi
IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   401    2018年10月   [査読有り]
© 2018 Web Portal IOP. All rights reserved. In recent years, there have been several devastations caused by the global climate change. Global climate change is considered as relating to the global warming and is becoming a serious problem. Global ...
K. Fukagawa, Y. Kurazumi, A. Aruninta, J. Ishii, Y. Yamato, K. Tobita, E. Kondo, A. Nyilas, H. Oishi
IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   401    2018年10月   [査読有り]
© 2018 Web Portal IOP. All rights reserved. Climate change is getting more and more serious issue in the world. This is known as caused by the increase of carbon dioxide. To stop the increase, many countries agreed to the Paris Agreement in 2015. ...
Kurazumi, Y., Hashimoto, R., Nyilas, A., Yamashita, K., Fukagawa, K., Kondo, E., Yamato, Y., Tobita, K. and Tsuchikawa, T.
Health   10(7) 928-948   2018年7月   [査読有り]
Fukagawa K, Kurazumi Y, Yamato Y, Tobita K, Kondo E, Hashimoto R, Ohgi Y.
Ecology, Environment and Conservation   23 S31-S36   2017年   [査読有り]
Kurazumi, Y., Kondo, E., Fukagawa, K., Hashimoto, R., Yamato, Y., Tobita, K., Sakoi, T., Tsuchikawa, T., Horikoshi, T.
Health   8(6) 583-604   2016年4月   [査読有り]

Misc

 
岡本 真彦, 小島 篤博, 中村 秋雲, 野津 亮, 田島 朋子, 飛田 国人
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(256) 33-36   2017年10月

講演・口頭発表等

 
Training a neural network model to predict heat stress in the manufacturing industry on the basis of weather forecasts
Gliha M., Ciuha U., Tobita K., Mekjavic I.B.
PPTR 2018   2018年10月   
Prediction of thermal comfort based on the Mekjavic-Morrison neuronal model
Tobita K., Gliha M., Ciuha U., Kingma B., Mekjavic I.B.
PPTR 2018   2018年10月   
Perception of thermal comfort during changes in the ambient temperature and humidity
Ciuha U., Tobita K., McDonnell A.C., Mekjavic I.B.
PPTR 2018   2018年10月   
Enhancement of the cold-induced vasodilatation response following 10-day heat acclimation: an example of exaptation?
Ciuha U., Tobita K., Sotiridis A., Eiken O., Mekjavic I.B.
PPTR 2018   2018年10月   
Measurements of clo value using heat flux sensors and human body
Yamato, Y., Kurazumi, Y., Fukagawa, K., Tobota, K., Kondo, E.
CLIMA 2016   2016年5月   

競争的資金等の研究課題

 
生活空間の温熱ストレスと環境負荷の低減を目指した高機能性材料の開発
文部科学省: 基盤研究(A)
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 吉田篤正
運動習慣による高齢労働者の暑熱障害リスク低減効果の解明
山田科学振興財団: 長期間派遣援助
研究期間: 2017年9月 - 2018年8月    代表者: 飛田 国人
環境問題の改善に貢献する人材の育成
科学技術振興機構JST: 日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)
研究期間: 2016年10月 - 2016年11月    代表者: 飛田 国人
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 飛田 国人
空き家を活用したシェアハウス・地域サロンの整備手法と入居支援システムに関する研究
一般財団法人 福岡県建築住宅センター: 調査・研究費助成制度
研究期間: 2014年       代表者: 鎌田誠史
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 松原 斎樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 飛田国人
高齢者の熱中症が住宅内で発生することを鑑み,住宅内で劣悪な温熱環境になりやすい台所環境について,新たな調査手法の考案と,台所で行われる行為と居住者意識の関連について明らかにした。具体的には主に次の3項目を行った。1)日常生活中の生活行為における温熱的快適性の重要度判断因子:日常生活中において行われる主な生活行為15項目について,行為を行っているときの温熱的快適性の重要度を調査し,重要度を判断する際に用いられる要因を因子分析によって検討した。その結果,居住者は「社会文化時間」「家事」「午前」...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 松原斎樹
夏期の視覚・聴覚要因の活用に関するアンケート調査を,京都市と大牟田市で行った。京都市の配布数は600,回収数は258(回収率43%),平均年齢は56歳であった。風鈴の使用は20.2%,観葉植物を置いていた人は43.4%,寒色系のインテリア用品を涼しさを感じるために使用していた人は22.5%であった。大牟田市の配布数は1000,回収数は176(回収率17.6%),平均年齢は62歳であった。夏期に涼しく過ごす工夫として,敷物を替える居住者は69%,観葉植物を室内に置く居住者は29%,風鈴を設置...
Discussion on the Voting Scales Related to Thermal Sensation in the Field Survey of Houses during Winter in Japan
京都府立大学同窓会: 海外学会参加奨励金
研究期間: 2009年       代表者: 飛田 国人
住宅内温熱環境のベネフィットポートフォリオの作成
有明工業高等専門学校: 研究助成
研究期間: 2009年       代表者: 飛田 国人
既存住宅における温暖化対策としての昔ながらの暮らし方の見直し
財団法人 住宅総合研究財団: 研究助成
研究期間: 2008年       代表者: 松原斎樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 松原斎樹
暮らし方による暖冷房使用期間の変更による省エネルギー効果は, 次世代モデルでは暖房で最大17%, 冷房で最大32%, 無断熱モデルでは暖房で最大27%, 冷房で最大28%であること推定された。また, 補助暖冷房器具を併用した場合の省エネルギー効果は, 次世代モデルでは暖房で最大27%, 冷房で最大22%, 無断熱モデルでは暖房で最大27%, 冷房で最大37%であると推定された。
居住者の温熱感覚と熱環境調節手法から捉えた住まい方に関する研究
財団法人京都府立大学学術振興会: 研究奨励事業
研究期間: 2008年       代表者: 飛田 国人