SUZUKI Kanako

J-GLOBAL         Last updated: Aug 1, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
SUZUKI Kanako
Affiliation
Ibaraki University
Section
Graduate School of Science and Engineering (Science), Department of Science (Mathematics and Informatics Course)
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Science(Tohoku University)
Research funding number
10451519

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2011
 - 
Mar 2012
Graduate School of Information Sciences, Tohoku University, Assistant Professor
 
Feb 2008
 - 
Mar 2011
Institute for International Advanced Interdisciplinary Research, Tohoku University, Assistant Professor
 

Education

 
 
 - 
Mar 2001
Faculty of Science, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 2006
Graduate School of Science, Tohoku University
 

Published Papers

 
M. Maeda, H. Sasaki, E. Segawa, A. Suzuki, K. Suzuki
Journal of Physics Communications   3(7) 075002   Jul 2019   [Refereed]
Masaya Maeda, Hironobu Sasaki, Etsuo Segawa, Akito Suzuki, Kanako Suzuki
Quantum Information Processing   17 215   2018   [Refereed]
非線形量子ウォークの漸近挙動について考察した。
Masaya Maeda, Hironobu Sasaki , Etsuo Segawa, Akito Suzuki and Kanako Suzuki
Discrete & Continuous Dynamical Systems - A   38(7) 3687-3703   2018   [Refereed]
場所に依存する非線形性をもつ量子ウォークの解の振る舞いについて、非線形性が十分小さいときには線形の量子ウォークのように振る舞うことを示した。さらに、逆散乱を考察した。
(1) Anna Marciniak-Czochra, Steffen Hearting, Grzegorz Karch and Kanako Suzuki
Nonlinearity   31 1757-1781   2018   [Refereed]
Reaction-diffusion-ODE systemの解の無限時間爆発を解析するため、肺がん初期に見られる空間パターン発現のメカニズムを記述する数理モデルに対して、拡散係数を無限大とした極限方程式を導き、時間無限大で非有界となる解の存在を示した.
Anna Marciniak-Czochra, Grzegorz Karch, Kanako Suzuki
Journal of Mathematical Biology   74 583-618   2017   [Refereed]
肺がんを例にもつ種類の発がん初期に組織上に見られる巨視的な空間パターンが形成されるメカニズムを記述した3つの未知関数から成る反応拡散系について数学的解析を行い,存在し得る空間非一様な定常解をすべて求め,かつ,それらがすべて不安定となることを証明した.

Conference Activities & Talks

 
Reaction-diffusion-ODE systemの定常解の不安定性と解の挙動 [Invited]
北陸応用数理研究会2018   20 Feb 2018   
Reaction-diffusion-ODE systemの定常解の安定性とダイナミクス [Invited]
鈴木香奈子
RIMS共同研究(公開型)「非線形現象と反応拡散方程式」   27 Oct 2017   
Unstable patterns and phenomena in some reaction- diffusion-ODE systems [Invited]
鈴木香奈子
RIMS共同研究(グループ型)「反応拡散方程式と非線形分散型方程式の解の挙動」   27 Sep 2017   
Turing不安定性をもつReaction-diffusion-ODE 系のダイナミクスと空間パターン [Invited]
鈴木 香奈子
拡散成分と非拡散成分が共存する反応拡散系がつくるパターン   12 Feb 2017   
Turing不安定性をもつreaction-diffusion-ODE systemの解のダイナミクス
鈴木 香奈子
Turing機構に関連するパターンとダイナミクス   19 Dec 2015   

Research Grants & Projects

 
拡散誘導不安定化と非拡散過程が織り成す反応拡散系のダイナミクス探求
Project Year: Apr 2018   
生物現象を理解するために,細胞間コミュニケーションに重要な拡散物質とそれに誘発される細胞内メカニズム(非拡散プロセス)から成る数理モデルの解析が重要になってきている.しかし,これまでパターン形成の数理モデルでは,「拡散誘導不安定化」に基づく拡散物質のみによる相互作用が考えられており,非拡散プロセスを取り込んだ数理モデルはまだ少ない.本研究では,拡散物質と非拡散プロセスから成るパターン形成の数理モデルとしての反応拡散系を考察し,どのような相互作用の下でどのような空間パターンが得られるか,また...
拡散-非拡散物質から成る反応系における相互作用とダイナミクスの関連性の探究
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017
拡散項のない常微分方程式型の式と反応拡散方程式から成る連立系によるパターン形成と初期値問題の解のダイナミクスを解明する。古典的なパターン形成モデルと本質的に異なることが分かってきており、解の存在や有界性など基本的な問題から体系的に理解をする。
空間非一様パターンを形成する反応拡散系がもつ構造の体系的理解
科学研究費 若手研究(B)
Project Year: Apr 2011 - Mar 2013