KARIKAWA Daisuke

J-GLOBAL         Last updated: Sep 27, 2018 at 18:19
 
Avatar
Name
KARIKAWA Daisuke
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/b4478e8e29ef3397b4aef17683b230e1.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Management Science and Technology Science, Technology and Society Risk Assessment and Managment
Job title
Associate Professor
Degree
博士(工学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 2006
技術社会システム専攻, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 2000
Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2011
   
 
計測自動制御学会マンマシンシステム部会  副主査
 
Apr 2010
 - 
Mar 2011
日本人間工学会東北支部  幹事
 
Jun 2009
   
 
ヒューマンインタフェース学会  電子広報委員会委員
 
Apr 2016
 - 
Today
ヒューマンインタフェース学会 論文誌編集委員会  幹事
 
Mar 2016
 - 
Today
ヒューマンインタフェース学会  評議員
 

Awards & Honors

 
Mar 2014
ヒューマンインタフェース学会 第14回論文賞, 特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会
Winner: 狩川 大輔、青山 久枝、高橋 信、古田 一雄、北村 正晴
 
Mar 2009
ヒューマンインタフェース学会 第10回学術奨励賞, ヒューマンインタフェース学会
 
Mar 2007
ヒューマンインタフェース学会 第8回学術奨励賞, ヒューマンインタフェース学会
 
Dec 2006
第7回 社団法人 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2006) 優秀講演賞, 計測自動制御学会
Winner: 狩川大輔, 石橋明, 高橋信, 北村正晴
 

Published Papers

 
Experimental Study of Influence of Message Length on Communication Accuracy Using Beverage Plant Simulator
Phimnada Phirawitsuphamon, Makoto Takakashi, Daisuke Karikawa, Taworn Benjanarasuth
Proc. of 2018 International Conference on Engineering, Applied Sciences, and Technology (ICEAST)      Jul 2018   [Refereed]
熊野幸子, 渥美貴広, 狩川大輔, 高橋信
ヒューマンファクターズ   22(1) 2-17   Aug 2017   [Refereed]
Daisuke Karikawa, Hisae Aoyama
The 13th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems      Sep 2016   [Refereed]
講演番号 ThuDTrack4.1
航空路管制業務における到着間隔設定プロセス可視化手法の機能評価
狩川大輔, 青山久枝
ヒューマンインタフェース学会論文誌   18(3) 275-288   Aug 2016   [Refereed]
Daisuke Karikawa, Hisae Aoyama
Engineering Psychology and Cognitive Ergonomics (Proc. 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2015))   388-398   Aug 2015

Misc

 
航空管制業務における「動的な」信頼性と安全性
狩川大輔, 青山久枝
日本信頼性学会誌   39(4) 185-190   Jul 2017
狩川大輔, 青山久枝
システム/情報/制御   61(6) 220-225   Jun 2017
Possibility of Process-Oriented Training toward Enhancing Operators' Resilience - Preliminary Consideration based on A Study in Air Traffic Control Domain -
Daisuke Karikawa, Hisae Aoyama
International Electronic Journal of Nuclear Safety and Simulation   6(4)    Dec 2015
航空安全におけるヒューマンインタフェース研究の役割と課題
狩川大輔, 青山久枝, 石橋明
ヒューマンインタフェース学会誌   17(4) 23-26   Nov 2015
私のブックマーク「ヒューマンファクタ」
狩川大輔
人工知能学会誌   25(4) 596-600   Jul 2010

Conference Activities & Talks

 
Safety-II概念に基づく飛行場管制業務のモデル化と分析に向けた取り組み
青山久枝, 高橋信, 大橋智樹
ヒューマンインタフェース学会 第145回研究会   16 Jun 2017   
エラーマネジメントのためのコミュニケーションスキル訓練開発に向けた基礎的検討
電子情報通信学会 安全性研究会   25 Apr 2017   
複雑システムにおける安全を考える―Safety-IIの視点から―
2017年電子情報通信学会総合大会   22 Mar 2017   
航空機における自動化と安全への挑戦~進化を続ける航空業界の試み
第3回iNurse研究会   21 Jan 2017   
飛行場管制業務におけるレジリエンスの分析
青山久枝
計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2016   6 Dec 2016   

Research Grants & Projects

 
航空管制官養成訓練支援のための管制処理プロセス可視化ツールの開発
Project Year: Apr 2012 - Today
飛行場管制業務のタスク分析に関する研究
Project Year: Apr 2014 - Today
石油産業分野を対象としたノンテクニカルスキル実践訓練手法に関する研究
Funded Research
Project Year: Apr 2016 - Today
科学技術コミュニケーションに関する研究
Project Year: Apr 2006 - Today
予防安全支援のための創発型認知シミュレーションの開発とその適用手法に関する研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2009 - Mar 2012

Others

 
Aug 2016   簡易型プロセス監視・制御シミュレータを用いたノンテクニカルスキル実践訓練手法の開発
ヒューマンエラーの発生やその影響拡大を防止し、安定的なシステムの稼働を実現するためには、新技術の導入によるエラー可能性の排除のみならず、人間の適応的な状況対応能力の向上が必要不可欠である。特に近年、航空、海運、医療、原子力等の産業分野では、適切なコミュニケーションや危険予知等のスキル、すなわち「Non-Technical Skill (NTS)」の重要性が強く認識されている。例えば、航空分野では、「Crew Resource Management」や「Threat and Error Management」等のNTS訓練がパイロットの主要な訓練の一つとして実施されているが、その特徴としては、①必要とされるNTSのスキル要素が行動指標やCompetency等として明確に定義されており、それゆえに各スキル要素を強化するためのシステマティックな訓練構成や、実技訓練後の客観的な振り返りを通じた効率的なNTS向上が可能となっていること、②フル・フライトシミュレータを用いた、NTSの実践を通じた訓練の場が設けられていることが挙げられる。しかしながら、このような多大なリソースを必要とする大規模な訓練環境の構築・運用は、様々な制約から、必ずしも他の多くの産業分野においても実現可能であるとは限らない。また、近年では、高精度のPCベース・プラントシミュレータも盛んに開発されてはいるが、主として技量訓練用途に設計されている上に、現場業務を忠実に再現した訓練環境では、訓練対象が専門知識を有する一部の職種(パイロット、特定のプラントのオペレータなど)に限定されるといったデメリットも考えられる。そこで、本研究では、製油産業分野におけるシステマティックかつ効果的なNTS訓練の実現に向けて、申請者がこれまでにヒューマンファクターに関する研究もしくは調査活動に従事してきた経験を有する航空、原子力、海運の各分野における先行事例を参照しつつ、プラントの運転・管理業務を念頭に置いたNTSのスキル要素の明確化・リスト化を行う。さらに、各スキル要素を訓練するための低コストかつ汎用性の高い簡易型プロセス監視・制御タスクシミュレータを開発すると共に、それを用いたNTS実践訓練手法を提案し、その基本的有効性を認知実験を通じて評価する。
Jul 2006   航空管制のヒューマンファクタに関する基礎研究
共同研究期間である東京大学、電子航法研究所による管制官認知モデルおよび管制業務パフォーマンス評価指標をベースに、管制官の認知プロセスをコンピュータ上にモデル化した管制官認知シミュレータを構築し、管制業務パフォーマンスの可視化機能を実装した。さらに、複数の航空交通状況における異なる管制処理戦術のパフォーマンスを、管制官認知シミュレータを用いて可視化する検証実験を実施し、管制官インストラクタによる評価と一致する結果を得ることができた。以上のことから、管制官認知シミュレータの管制官研修生の教育・訓練支援ツールとしての適用可能性・有用性が示されると共に、その実用に向けた重要な技術的基盤を構築できたものと考える。
Jul 2010
新しい教育・訓練支援ツールの実現に向けて(研究報告記事)
Sep 2008
ATM用ワークロード評価手法の改良に向けて(研究報告記事)
Jan 2005
高度自動化コックピットにおける状況認識支援に関する研究(研究報告記事)