此木 敬一

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/18 18:15
 
アバター
研究者氏名
此木 敬一
 
コノキ ケイイチ
eメール
keiichi.konoki.b2tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/056724cd57a74ecbd8855e096185f617.html
所属
東北大学
部署
大学院農学研究科・農学部 生物産業創成科学専攻 天然物生物機能科学講座 天然物生命化学分野
職名
准教授

プロフィール

化学の分野に含まれる有機化学の中でも天然物化学と呼ばれる専門領域で基礎研究をしています。最近は学問領域の垣根が低くなり、専門領域をまたいで新たな知識や研究手法を身につけたり、異なる専門領域をもつ研究者と共に共同研究を進めたりするようになりましたが、私は生物化学、分子生物学、薬理学の研究手法を学び、学際研究を進めています。テーマは「海洋生物がつくる、または蓄える二次代謝産物の有毒性のメカニズムを解明」です。二次代謝産物とはタンパク質、炭水化物といった一次代謝産物と分けて考える代謝産物を指して言う言葉ですが、海洋生物がつくる、または蓄える二次代謝産物の中には極めて有毒な物質が存在します。「良薬は口に苦し」ということわざにあるように、蓋を開ければ元々は有毒物質だったという薬が少なからず存在し、それが私の研究対象です。

研究分野

 
 

経歴

 
1997年1月
 - 
2000年6月
東京大学理学部 助手
 
2000年7月
 - 
2003年6月
ワシントン大学薬理学科 訪問研究者
 
2003年7月
 - 
2006年4月
ワシントン大学薬理学科 アクティングインストラクター
 
2006年7月
 - 
2008年3月
大阪大学大学院理学研究科 特任研究員
 
2008年4月
 - 
現在
東北大学大学院農学研究科 准教授
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
早稲田大学 理工学部 化学科
 
1991年4月
 - 
1993年3月
東京大学 理学系研究科 博士前期課程 化学専攻
 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京大学 大学院理学系研究科 博士後期課程 化学専攻(単位取得満期退学)
 
1996年4月
 - 
1997年1月
東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻(研究生)
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本農芸化学会平成25年度仙台大会  大会実行委員
 
2013年5月
 - 
2015年4月
日本農芸化学会東北支部  副支部長
 
2013年7月
   
 
日本農芸化学会東北支部2013年度第一回参与会  副支部長
 
2013年9月
   
 
日本農芸化学会東北支部2013年度第二回参与会  副支部長
 
2015年11月
   
 
第72回日本農芸化学会サイエンスカフェ・第47回農学カルチャー講座  世話人補佐
 

受賞

 
2013年10月
日本農芸化学会東北支部 平成25年度日本農芸化学会東北支部奨励賞 クロイソカイメンおよびホタテ貝による下痢性貝毒の蓄積機構
 

論文

 
Cho Y, Tsuchiya S, Omura T, Koike K, Oikawa H, Konoki K, Oshima Y, Yotsu-Yamashita M
Scientific reports   9(1) 3460   2019年3月   [査読有り]
Ueyama N, Sugimoto K, Kudo Y, Onodera KI, Cho Y, Konoki K, Nishikawa T, Yotsu-Yamashita M
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   24(28) 7250-7258   2018年5月   [査読有り]
Yukari Maeno, Yuichi Kotaki, Ryuta Terada, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita.*
Scientific Reports   8(1) 356   2018年1月   [査読有り]
フグの新規スピロ環状グアニジノ化合物の単離,構造決定と海産テトロドトキシンの生合成経路の推定
上山 望,杉本敬太,工藤雄大,長 由扶子,此木敬一,西川俊夫,山下まり
第59回天然有機化合物討論会講演要旨集   59 597-602   2017年9月   [査読有り]
学会紀要
化学合成に基づいたマイトトキシンの構造活性相関研究
尾上久晃,石川絵理奈,丸林里帆,此木敬一,鳥飼浩平,海老根真琴,大石 徹
第59回天然有機化合物討論会講演要旨集   59 201-206   2017年9月   [査読有り]
学会紀要
Tadaaki Tsukamoto, Yukie Chiba, Minoru Wakamori, Tomoshi Yamada, Shunsuke Tsunogae, Yuko Cho, Ryo Sakakibara, Takuya Imazu, Shouta Tokoro, Yoshiki Satake, Masaatsu Adachi, Toshio Nishikawa, Mari Yotsu-Yamashita, and Keiichi Konoki.*
British Journal of Pharmacology   174(21) 3811-3892   2017年9月   [査読有り]
Hisashi Onoue, Riho Marubayashi, Erina Ishikawa, Keiichi Konoki, Kohei Torikai, Makoto Ebine, Michio Murata, and Tohru Oishi.*
Journal of Organic Chemistry   82(18) 9595-9618   2017年8月   [査読有り]
Yuta Kudo, Chikafumi Chiba, Keiichi Konoki, Yuko Cho and Mari Yotsu-Yamashita.*
Toxicon   137 78-82   2017年7月   [査読有り]
Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Renpei Yoshioka, Keiichi Konoki, Kazuo Nagasawa, Yasukatsu Oshima, and Mari Yotsu-Yamashita*,
Angewandte Chemie International Edition   56(19) 5327-5331   2017年3月   [査読有り]
Tadaaki Tsukamoto, Yukie Chiba, Atsuo Nakazaki, Yuki Ishikawa, Yoshiki Nakane, Yuko Cho, Mari Yotsu-Yamashita, Toshio Nishikawa, Minoru Wakamori, and Keiichi Konoki*
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   27(5) 1247-1251   2017年1月   [査読有り]
Yuko Cho*, Shigeki Tsuchiya, Renpei Yoshioka, Takuo Omura, Keiichi Konoki, Yasukatsu Oshima, Mari Yotsu-Yamashita
Journal of Chromatography A   1474 109-120   2016年10月   [査読有り]
Clyde Gorapava Puilingi, Yuta Kudo, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita*
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   81(2) 222-225   2016年10月   [査読有り]
Yu Onodera, Kazuaki Hirota, Yuto Suga, Keiichi Konoki, Mari Yotsu-Yamashita, Makoto Sasaki, and Haruhiko Fuwa*
The Journal of Organic Chemistry   81(18) 8234-8252   2016年8月   [査読有り]
Yuta Kudo, Takeshi Yasumoto, Dietrich Mebs, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita*
Angewandte Chemie International Edition   55 8728-8731   2016年6月   [査読有り]
Shogo Saruhashi, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita
Toxicon   119 72-76   2016年5月   [査読有り]
Shogo Saruhashi, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita*, The voltage-gated sodium ion channel inhibitory activities of a new tetrodotoxin analogue, 4,4a-anhydrotetrodotoxin, and three other analogues evaluated by colorimetric cell-based assay, ...
Sachie Furumochi, Tatsuya Onoda, Yuko Cho, Haruhiko Fuwa, Makoto Sasaki, Mari Yotsu-Yamashita, and Keiichi Konoki*
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   26 2992-2996   2016年5月   [査読有り]
Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Kazuo Nagasawa, Yasukatsu Oshima and Mari Yotsu-Yamashita
Scientific Reports   6 20340   2016年2月   [査読有り]
Keiichi Konoki, Kayo Okada, Mami Kohama, Hiroki Matsuura, Kaori Saito, Yuko Cho, Goh Nishitani, Tomofumi Miyamoto, Seketsu Fukuzawa, Kazuo Tachibana, Mari Yotsu-Yamashita
Toxicon   108 38-45   2015年9月   [査読有り]
Yuko Cho, Shigeki Tsuchiya, Renpei Yoshioka, Takuo Omura, Keiichi Konoki, Yasukatsu Oshima and Mari Yotsu-Yamashita
Harmful Algae   49 58-67   2015年9月   [査読有り]

Misc

 
寺内将斗, 古用幸愛, 長由扶子, 山下まり, 此木敬一
日本農芸化学会東北支部大会プログラム・講演要旨集   153rd 82   2018年9月
山田智士, 岩本真幸, 長由扶子, 老木成稔, 村田道雄, 山下まり, 此木敬一
日本農芸化学会東北支部大会プログラム・講演要旨集   153rd 82   2018年9月
前野優香理, 小瀧裕一, 寺田竜太, 長由扶子, 此木敬一, 山下まり
トキシンシンポジウム予稿集   65th 31‐32   2018年6月
長由扶子, 土屋成輝, 此木敬一, 大島泰克, 山下まり
日本水産学会大会講演要旨集   2018 106   2018年3月
前野優香理, 山下まり, 長由扶子, 此木敬一, 小瀧裕一, 寺田竜太
日本水産学会大会講演要旨集   2018 106   2018年3月

書籍等出版物

 
月刊臨床神経科学「神経毒とNeuroscience」
山下まり,此木敬一 (担当:共著, 範囲:貝類,魚類,腔腸動物の毒)
中外医学社   2017年12月   ISBN:0289-0585
ソレル 有機化学
石橋正己,木越英夫,佐々木 誠,村田道雄 (担当:監修, 範囲:第4章 立体化学)
東京化学同人   2009年11月   
翻訳本
天然物化学-海洋生物編
山村庄亮、長谷川宏司、木越英夫 (担当:編者, 範囲:赤潮毒サキシトキシンに対するオオノ貝の耐性機構)
株式会社アイピーシー   2008年6月   ISBN:978-4-90143-07-9
担当分:第1章1.2.8,85-94頁

講演・口頭発表等

 
渦鞭毛藻の麻痺性貝毒生合成に対する 5-ethynyl-2’-deoxyuridine の影響と作用点
長 由扶子, 土屋成輝, 大村卓朗, 小池一彦, 此木敬一, 大島泰克, 山下まり
平成31年度公益社団法人日本水産学会春季大会   2019年3月28日   
高純度テトロドトキシン類縁体の調製
山下まり, 佐藤恭佳, 工藤雄大, 長 由扶子, 此木敬一
平成31年度公益社団法人日本水産学会春季大会   2019年3月28日   
テトロドトキシン推定生合成中間体のテトロドトキシン含有生物への投与
杉本敬太, 工藤雄大, 宮坂忠親, 安立昌篤, 長 由扶子, 此木敬一, 千葉親文, 西川俊夫, 山下まり
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月26日   
渦鞭毛藻におけるサキシトキシン生合成の15N同位体標識硝酸ナトリウムを用いたメタボロミクス解析
長 由扶子, 土屋成輝, 大村卓朗, 小池一彦, 及川 寛, 此木敬一, 大島泰克, 山下まり
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月26日   
東日本で養殖したホタテガイ中のLC-MS/MSによる麻痺性貝毒分析
沼野 聡, 工藤雄大, 長 由扶子, 此木敬一, 山下まり
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月26日   
カイニン酸新規類縁体の探索及び生合成経路の推定
前野優香理, 寺田竜太, 小瀧裕一, 長 由扶子, 此木敬一, 山下まり
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月26日   
ソロモン諸島産の海洋生物中のNav阻害活性物質の探索
春日政人, Clyde Gorapava Puilingi, 角替俊輔, 中崎敦夫, 長 由扶子, 西川俊夫, 此木 敬一, 山下 まり
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月24日   
電位依存性ナトリウムチャネルに対するサキシトキシン誘導体の阻害活性評価
山田智士, 安達栞菜, 長由扶子, 山下まり, 此木敬一, 長澤 和夫
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月24日   
ホタテガイ中腸腺のオカダ酸アシル化酵素の探索に向けた活性測定法の開発
寺内将斗, 古用幸愛, 長 由扶子, 山下まり, 此木敬一
日本農芸化学会2019年度大会   2019年3月24日   
スピロイミン環を有する海洋天然物の生物活性中心構造の合成とそのニコチン性アセチルコリン受容体阻害能の評価
南野 宏, 土川博史, 村田道雄, 此木敬一
日本化学会第99春季年会2019   2019年3月16日   
C11位に着目した新規サキシトキシン誘導体の合成及びパッチクランプ法を用いたNaチャネル阻害活性評価
星 美波, 安達栞菜・山田智士, 大木麻菜, 石塚 颯, 此木敬一, 山下まり, 長澤和夫
日本化学会第99春季年会2019   2019年3月16日   
Sensitivity of the voltage-gated sodium channel subtypes, Nav1.1 to Nav1.7, against guanidine-containing natural products and their analogues
新学術領域研究(研究領域提案型)「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回国際シンポジウム(ISCC2019)(第4回公開シンポジウム)   2019年1月9日   
テトロドトキシン類縁体に対する電位依存性ナトリウムチャネルの感受性評価
塚本匡顕, 千葉雪絵, 若森 実, 日高將文, 山田智士, 角替俊輔, 長 由扶子, 榊原 良, 今津拓也, 所 聖太, 佐竹佳樹, 安立昌篤, 西川俊夫, 山下まり, 此木敬一
第60回天然有機化合物討論会   2018年9月26日   
ホタテガイ中腸腺に存在するオカダ酸アシル化酵素の探索法の開発
寺内将斗, 古用幸愛, 長 由扶子, 山下まり, 此木敬一
日本農芸化学会東北・北海道合同支部大会(東北支部第153回大会)   2018年9月22日   
マイトトキシンの膜透過性亢進作用の機構解明に向けた電気生理学的アプローチ
山田智士, 岩本真幸, 長 由扶子, 老木成稔, 村田道雄, 山下まり, 此木敬一
日本農芸化学会東北・北海道合同支部大会(東北支部第153回大会)   2018年9月22日   
Bioconversion of putative biosynthetic intermediates of amnesic shellfish toxin, domoic acid, in the diatom Pseudo-nitzschia multiseries
Tohoku University's Chemistry Summer School   2018年8月27日   
Screening for bioactive compounds in marine organisms collected in the Solomon Islands
Masato Kasuga, Clyde Gorapava Puilingi, Atsuo Nakazaki, Shunsuke Tsunogae, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Toshio Nishikawa and Mari Yotsu-Yamashita
Tohoku University's Chemistry Summer School   2018年8月27日   
記憶喪失性貝毒ドウモイ酸の新規生合成中間体の同定と生合成経路の解明
前野優香理, 小瀧裕一, 寺田竜太, 長 由扶子, 此木敬一, 山下まり
2018年6月9日   
紅藻ハナヤナギ(Chondria armata)から同定したドウモイ酸の推定生合成中間体のLC-MS分析法の検討
前野優香理,山下まり,長 由扶子,此木敬一,小瀧裕一,寺田竜太
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月26日   
15N同位体標識培地による渦鞭毛藻の麻痺性貝毒及び生合成中間体への15N取り込み挙動の解析
長 由扶子,土屋成輝,此木敬一,大島泰克,山下まり
平成30年度日本水産学会春季大会   2018年3月26日   
Synthesis and biological evaluation of natural product- mimicking 7,6-spirocyclic imine compounds toward a specific inhibitor of neuronal nicotinic acetylcholine receptor
○Kou Minamino, Hiroshi Tsuchikawa, Michio Murata, Keiichi Konoki
日本化学会第98春季年会 (2018)   2018年3月20日   
記憶喪失性貝毒ドウモイ酸の生合成経路に関する研究
○前野優香理,小瀧 裕一,長 由扶子,此木敬一,山下まり
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月15日   
クロイソカイメン共生菌が生産する新規有毒二次代謝産物の構造決定
○菊池颯、岡田華弥、長 由扶子、吉田慎一朗、權 垠相、山下まり、此木敬一
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月15日   
海洋生物における新規テトロドトキシン関連化合物の探索
○上山 望,杉本敬太,長 由扶子,此木敬一,山下まり
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月15日   
フグ由来のテトロドトキシン関連化合物の合成
○杉本敬太,上山 望,長 由扶子,此木敬一,西川俊夫,山下まり
日本農芸化学会東北支部第152回大会   2017年11月4日   
フグの新規スピロ環状グアニジノ化合物の単離,構造決定と海産テトロドトキシンの生合成経路の推定
上山望,杉本敬太,工藤雄大,長 由扶子,此木敬一,西川俊夫,山下まり
第59回天然有機化合物討論会   2017年9月20日   
90秒の口頭発表を含む
化学合成に基づいたマイトトキシンの構造活性相関研究
尾上久晃,石川絵理奈,丸林里帆、此木敬一,鳥飼浩平,海老根真琴,大石徹
第59回天然有機化合物討論会   2017年9月20日   
90秒の口頭発表を含む
Screening of novel toxic secondary metabolites from symbiotic bacteria of the marine sponge Halichondria okadai
Sou Kikuchi, Kayo Okada, Yuko Cho, Mari Yotsu-Yamashita, Keiichi Konoki
Tohoku University's Chemistry Summer School 2017   2017年8月21日   
Screening of biosynthetic intermediates of domoic acid, the causative toxin of amnesic shellfish poisoning
Yukari Ebine, Yuichi Kotaki, Ryuta Terada, Yuko Cho, Keiichi Konoki and Mari Yotsu-Yamashita
Tohoku University's Chemistry Summer School 2017   2017年8月21日   
電位依存性Na+チャネルに対するCrambescin B誘導体の阻害活性
塚本匡顕、千葉雪絵、中崎敦夫,石川裕生,中根嘉祈,長 由扶子,西川俊夫,山下まり,○此木敬一
第12回化学生態学研究会   2017年6月23日   
渦鞭毛藻有毒、無毒種の STX 生合成中間体定量と推定 STX 生合成酵素 SxtA4 の発現解析
°長 由扶子・土屋成輝・日出間志寿(東北大院農)・大村卓朗(LASC)・ 小池一彦(広島大院生物圏)・及川 寛(水産機構中央水研)・ 此木敬一(東北大院農)・大島泰克(東北大院生命)・山下まり(東北大院農)
平成29年度公益社団法人日本水産学会春季大会   2017年3月26日   
モヨウフグ(Arothron)属3種およびオキナワフグ(Chelonodon patoca)血漿中のテトロドトキシン類と PSTBP 類似タンパク質の解析
長岡佑真(東北大院農)・村本光二(東北大院生命)・ 長 由扶子・此木敬一・°山下まり(東北大院農)
平成29年度公益社団法人日本水産学会春季大会   2017年3月26日   
ベラトリジンによる電位依存性ナトリウムチャネルの不活性化遅延作用に対するクランベシンB類縁体の抑制効果
○塚本 匡顕1、千葉 雪絵1、中崎 敦夫2、石川 裕生2、中根 嘉祈2、長 由扶子1、山下 まり1、西川 俊夫2、此木 敬一1
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月17日   
1東北大院農、2名大院生命農
クロイソカイメン共生菌が生産する新規有毒二次代謝産物の探索
○菊池 颯、岡田 華弥、長 由扶子、山下 まり、此木 敬一
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月17日   
渦鞭毛藻の麻痺性貝毒及び生合成中間体のカラムスイッチング HILIC-HILIC-MS-MRMによる分析
○長 由扶子1、土屋 成輝1、吉岡 廉平1、大村 卓朗2、此木 敬一1、大島 泰克3、山下 まり1
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月17日   
1東北大農、2LASC、3東北大生命
有毒藍藻 Anabaena circinalis(TA04)からの未知麻痺性貝毒サキシトキシン類縁体の探索
○美野輪 高之1、長 由扶子1、土屋 成輝1、此木 敬一1、大島 泰克2、山下 まり1
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月17日   
1東北大院農、2東北大院生命
フグにおける新規テトロドトキシン関連化合物の探索
○上山 望、杉本 敬太、長 由扶子、此木 敬一、山下 まり
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月17日   
記憶喪失性貝毒ドウモイ酸新規関連化合物の探索
○海老根 優香理1、小瀧 裕一2、寺田 竜太3、長 由扶子1、此木 敬一1、山下 まり1
日本農芸化学会2017年度大会   2017年3月17日   
1東北大院農、2北里大海洋、3鹿児島大院連合農
向山アルドール縮合反応を用いた新規サキシトキシン誘導体の 合成と活性評価
大木麻菜,汪 超,原田大資,塚本匡顕,此木敬一,山下まり,長澤和夫
日本化学会第97春季年会(2017)   2017年3月16日   
麻痺性貝毒の生合成経路解明に向けた予想生合成中間体の合成及び同定
土屋成輝1、吉岡廉平1、長由扶子1、此木敬一1、長澤和夫2、大島泰克3、山下まり1
日本農芸化学会東北支部第151回大会   2016年10月9日   
1東北大・院農、2東農工大・院工、3東北大・院生命
トラフグ属(Takifugu)以外の属のフグ血漿中のPSTBP類似タンパク質
○長岡佑真1、村本光二2、長 由扶子1、此木敬一1、山下まり1
日本農芸化学会東北支部第151回大会   2016年10月9日   
1東北大・院農、2東北大・院生命
麻痺性貝毒生合成中間体の同定と生合成経路の解明
○土屋成輝1・長由扶子1・吉岡廉平1・美野輪高之1・此木敬一1・長澤和夫2・大島泰克3・山下まり1
第58回天然有機化合物討論会   2016年9月14日   
1東北大院農・2東農工大院工・3東北大院生命
Screening of the biosynthetic intermediates of paralytic shellfish toxins using a stable isotope-labeled precursors
Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho, Keiichi Konoki, and Mari Yotsu-Yamashita
Tohoku University's Chemistry Summer School   2016年8月18日   
A new sarasinoside from marine sponge Melophlus sarasinorum collected in the Solomon Islands
Clyde Gorapava Puilingi, Yuta Kudo, Keiichi Konoki, Yuko Cho and Mari Yotsu-Yamashita
Tohoku University's Chemistry Summer School   2016年8月18日   
電位依存性ナトリウムチャネルに対するテトロドトキシンおよび類縁体の阻害活性評価
塚本匡顕1・千葉雪絵1・安立昌篤2・榊原 良2・所 聖太2・今津拓也2・佐竹佳樹2・長 由扶子1・西川俊夫2・山下まり1・◯此木敬一1
第9回化学生態学研究会   2016年7月1日   
1東北大・院農,2名大・院生命農
新規麻痺性貝毒生合成関連化合物の同定
○土屋 成輝1、長 由扶子1、吉岡 廉平1、此木 敬一1、長澤 和夫2、山下 まり1
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月27日   
1東北大院農、2東京農工大院工
有毒藍藻の細胞破砕液を用いた新規麻痺性貝毒生合成中間体の探索
○美野輪 高之、土屋 成輝、長 由扶子、此木 敬一、山下 まり
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月27日   
テトロドトキシンの生合成経路解明を目指した有毒イモリからの推定生合成中間体の探索
○工藤 雄大、長 由扶子、此木 敬一、山下 まり
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月27日   
フグから得られた新規テトロドトキシン関連化合物の単離と構造
○上山 望、工藤 雄大、長 由扶子、此木 敬一、山下 まり
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月27日   
11-oxoTTXをハプテンとしたポリクローナル抗体の作製とTTX誘導体の生理活性
○猿橋 祥吾1、長 由扶子1、此木 敬一1、西川 俊夫2、山下 まり1
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月27日   
1東北大院農、2名大院生命農
トラフグ属 (Takifugu) 以外の属のフグ血漿中のPSTBP類似タンパク質の解析
○長岡 佑真、長 由扶子、此木 敬一、山下 まり
日本農芸化学会2016年度大会   2016年3月27日   
下痢性貝毒変換酵素のの精製を目指した酵素活性測定法の開発
○古用幸愛、小野田竜也、長 由扶子、山下まり、此木敬一
平成28年度公益社団法人日本水産学会春季大会   2016年3月26日   
渦鞭毛藻Alexandrium tamarense有毒、無毒株比較研究ー推定STX生合成酵素SxtAの免疫化学的手法によるタンパク質発現解析
長 由扶子1、日出間志寿1、土屋成輝1、此木敬一1、大島泰克2、山下まり1
平成28年度公益社団法人日本水産学会春季大会   2016年3月26日   
1東北大院農、2東北大院生命
コモンフグ卵巣由来の4,4a-anhydrotetrodotoxinの同定と生理活性
猿橋祥吾、○山下まり、長由扶子、此木敬一
平成28年度公益社団法人日本水産学会春季大会   2016年3月26日   
電位依存性ナトリウムチャネルに対するテトロドトキシンおよび類縁体の活性阻害評価
○塚本匡顕1・千葉雪絵1・長 由扶子1・安立昌篤2、榊原 良2・所 聖太2・今津拓也2・中崎敦夫2・石川裕生2・西川俊夫2・山下まり1・此木敬一1
日本農芸化学会東北支部第150回大会   2015年10月3日   
1東北大・院農、2名大・院生命農
過去に致死性食中毒を引き起こした原因海藻および海藻付着物中のポリカバノシド類の分析
遠藤嵩英・前田高輔・長 由扶子・此木敬一・山下まり
日本農芸化学会東北支部第150回大会   2015年10月3日   
イモリにおけるテトロドトキシンの起源および蓄積能の調査と考察
○工藤雄大1・千葉親文2・長 由扶子1・此木敬一1・山下まり1
日本農芸化学会東北支部第150回大会   2015年10月3日   
1東北大・院農、2筑波大・生命環境系
有毒イモリから得られた新規環状グアニジン化合物群とテトロドトキシン生合成経路の考察
○工藤雄大1・千葉親文2・長 由扶子1・此木敬一1・山下まり1
第57回天然有機化合物討論会   2015年9月9日   
1東北大院農、2筑波大生命環境系
電位依存性ナトリウムチャネルのサブタイプを識別するテトロドトキシン類縁体の探索
○千葉 雪絵1、塚本 匡顕1、長 由扶子1、安立 昌篤2、榊原 良2、所 聖太2、中崎 敦夫2、石川 裕生2、西川 俊夫2、山下 まり1、此木 敬一1
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月26日   
1東北大院農、2名古屋大院農
フコキサンチン及びフコキサンチノールに対するポリクローナル抗体の作製と性状
○上野 美紗、野村 駿、長 由扶子、此木 敬一、山下 まり
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月26日   
安定同位体標識生合成中間体を用いた麻痺性貝毒生合成研究
○土屋 成輝1、長 由扶子1、此木 敬一1、長澤 和夫2、大島 泰克3、山下 まり1
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月26日   
1東北大院農、2東京農工大院工、3東北大院生命科学
麻痺性貝毒の予想生合成中間体E'の探索と精製
○吉岡 廉平1、長 由扶子1、土屋 成輝1、此木 敬一1、小柴 生造2、大島 泰克3、山下 まり1
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月26日   
1東北大院農、2東北大東北メデイカル・メガバンク機構、3東北大院生命科学
有毒イモリからのテトロドトキシンの推定生合成中間体の探索
○工藤 雄大、長 由扶子、此木 敬一、山下 まり
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月26日   
ホタテガイ中で進行する下痢性貝毒オカダ酸の構造変換および変換酵素の単離を目指すケミカルバイオロジー
○古用 幸愛、小野田 竜也、長 由扶子、山下 まり、此木 敬一
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月26日   
クロイソカイメンに共生する微生物の純化および二次代謝産物の構造研究
○岡田 華弥、長 由扶子、山下 まり、此木 敬一
日本農芸化学会2015年度大会   2015年3月26日   
天然毒を貯蔵する生物が獲得した解毒機構
第2回天然物化学研究会   2014年11月21日   
Analysis of polycavernoside A in the red alga Gracilaria edulis that caused previous fatal food poisonings in Guam and Philippines
Mari Yotsu-Yamashita, Kosuke Maeta, Yuki Taya, Eri Omizu, Takahide Endo, Yuko Cho, Keiichi Konoki, Mirriam A. Cayme, Yasuo Fukuyo, Sherwood Hall and Takeshi Yasumoto
The 16th International conference on Harmful Algae   2014年10月27日   
Identification of 12β-deoxydecarbamoylsaxitoxin in the toxic marine dinoflagellate
Yuko Cho, Renpei Yoshioka, Shigeki Tsuchiya, Keiichi Konoki, Yasukatsu Oshima, and Mari Yotsu-Yamashita
The 16th International conference on Harmful Algae   2014年10月27日   
クロイソカイメンおよびホタテガイによる下痢性貝毒の蓄積機構
此木敬一、古用幸愛、岡田華弥、小野田竜也、小濱真実、松浦宏樹、長由扶子、渡邊龍一、加賀新之助、鈴木敏之、山下まり
第56回天然有機化合物討論会   2014年10月15日   
クロイソカイメン(Halichondria okadai)共生菌からの有用物質探索
岡田華弥、長由扶子、山下まり、此木敬一
平成26年度日本農芸化学会北海道・東北合同支部大会   2014年9月22日   
ホタテガイ中のオカダ酸アシル化酵素の探索
古用幸愛、小野田竜也、長由扶子、山下まり、此木敬一
平成26年度日本農芸化学会北海道・東北合同支部大会   2014年9月22日   
麻痺性貝毒の生合成経路解明のための藍藻Anabaena circinalis(TA04株)の培養条件等の検討
土屋成輝、長由扶子、此木敬一、山下まり
平成26年度日本農芸化学会北海道・東北合同支部大会   2014年9月22日   
新規硫酸化フロロタンニンの単離と構造、存在意義の推定
服部純麗、伊藤久富、瀬川慎也、近藤左和子、長由扶子、此木敬一、山下まり
平成26年度日本農芸化学会北海道・東北合同支部大会   2014年9月22日   
抗テトロドトキシン抗体の開発を目的としたテトロドトキシン-タンパク質複合体調製の検討
猿橋祥吾、鶴野ひかり、山口日出起、金子陸、長由扶子、此木敬一、山下まり
平成26年度日本農芸化学会北海道・東北合同支部大会   2014年9月22日   
Approach to elucidation of biosynthetic pathways towards tetrodotoxin and saxitoxin
Mari Yotsu-Yamashita, Yuta Kudo, Shigeki Tsuchiya, Yuko Cho and Keiichi Konoki
Tohoku University’s Chemistry Summer School   2014年8月25日   
Screening of tetrodotoxin in pufferfish from Solomon Islands
Clyde Gorapava Puilingi, Yuta Kudo, Keiichi Konoki, Yuko Cho and Mari Yotsu-Yamashita
Tohoku Universitiy’s Chemistry Summer School   2014年8月25日   
Structure elucidation of 10-hemiketal-type tetrodotoxin analogues, indicative of the biosynthetic pathway
Yuta Kudo, Yoko Yamashita, Keiichi Konoki, Yuko Cho, Takeshi Yasumoto and Mari Yotsu-Yamashita
Gordon Research Conference, Natural Products   2014年7月20日   
イチイ由来α、βチューブリンの発現とtaxol結合性の評価
工藤佑馬、長由扶子・山下まり、此木敬一
第9回化学生態学研究会   2014年6月27日   
オキナワシリケンイモリの新規テトロドトキシン類縁体の構造、および各種有毒イモリにおける分布
工藤雄大、此木敬一、長由扶子、山下まり
第9回化学生態学研究会   2014年6月27日   
フグ毒テトロドトキシン新規類縁体の構造と生理活性、および含有生物の毒組成解析
工藤雄大、此木敬一、長由扶子、山下まり
第25回記念万有仙台シンポジウム   2014年6月14日   
渦鞭毛藻Alexandrium tamarense有毒株における微量麻痺性貝毒類縁体の同定
長由扶子、吉岡廉平、土屋成輝、此木敬一、大島泰克、山下まり
第28回海洋生物活性談話会   2014年5月10日   
光親和性標識基を導入したガンビエロール単純化類縁体の合成と生 物活性評価
廣田一晃、菅 悠人、此木敬一、山下まり、不破春彦、佐々木 誠
日本化学会第94春季年会   2014年3月27日   
イチイTaxus cuspidata由来 α、βチューブリンの発現とタキソール結合性の評価
工藤佑馬、長由扶子、山下まり、此木敬一
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月27日   
10- hemiketal型テトロドトキシン類縁体の構造決定と生合成経路の考察
工藤雄大、山下瑶子、此木敬 一、長由扶子、安元健、 山下まり
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月27日   
致死性海藻食中毒原因物質ポリカバノシドAの起源生物の推定
前田高輔、田谷有妃、大水絵理、Mirriam A. Cayme、長由扶子、此木敬一
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月27日   
ホタテ貝中で進行する下痢性貝毒オカダ酸のアシル化反応
此木敬一、古用幸愛、小野田竜也、長由扶子、山下まり
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月27日   
メタゲノム からの新規Baeyer-Villiger monooxygenaseのスクリーニング
山下瑶子、山下まり、工藤雄大、長由扶子、此木敬一
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月27日   
麻痺性貝毒の生合成中間体の定量及び 未知中間体について
土屋成輝、長由扶子、吉岡廉平、此木敬一、長澤和夫、大島泰克、山下まり
日本農芸化学会2014年度大会   2014年3月27日   
渦鞭毛藻Alexandrium tamarense有毒株のdcSTX-12α-olの同定
長由扶子、吉岡廉平、土屋成輝、此木敬一、大島泰克、山下まり
平成26年度日本水産学会春季大会   2014年3月27日   
グアムの致死性食中毒発生時に採集されたカタオゴノリのポリカバノシドAの分析
23) 前田高輔、○山下まり、此木敬一、長由扶子、Sherwood Hall、安元健
平成26年度日本水産学会春季大会   2014年3月27日   
マイトトキシンのQRS環部およびC’D’E’F’環部の合成と生物活性
尾上久晃、國武政宏、馬場萌未、鳥飼浩平、海老根真琴、此木敬一、村田道雄、大石徹
日本化学会第94春季年会   2014年3月27日   
ヒト型電位依存性カリウムチャネルKv1.2に対するガンビエロールの相互作用
此木敬一
平成25年度ERATO村田脂質活性構造プロジェクト研究報告会   2014年3月20日   
下痢性貝毒に対してクロイソカイメンと二枚貝が獲得した解毒機構
此木敬一
名古屋大学大学院農学生命科学研究科生物有機化学研究室セミナー   2013年12月17日   
Physiological Function Acquired by Diarrheic Shellfish Poisoning-Accumulating Species
Keiichi Konoki
The 2nd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity   2013年10月28日   
Synthesis of Marine Toxins Aiming at Developing Ion-Channel Inhibitors
Toshio Nishikawa, Masaatsu Adachi, Ryo Sakakibara, Takuya Imazu, Yoshiki Satake, Shouta Tokoro, Atsuo Nakazaki, Yuki Ishikawa, Yusuke Sawayama, Minoru Isobe, Keiichi Konoki and Mari Yotsu-Yamashita
The 2nd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity   2013年10月28日   
Nav安定発現系の構築とTTX関連化合物の結合性評価
千葉雪絵、長由扶子、安立昌篤、榊原良、所聖太、今津拓也、磯部稔、西川俊夫、山下まり、此木敬一
日本農芸化学会東北支部会第148回大会   2013年10月26日   
麻痺製貝毒の生合成中間体の探索
吉岡廉平、土屋成輝、長由扶子、此木敬一、大島泰克、山下まり
日本農芸化学会東北支部会第148回大会   2013年10月26日   
抗フコキサンチンポリクローナル抗体の作製
上野 美紗、野村 駿、此木 敬一、長 由扶子、山下 まり
日本農芸化学会東北支部会第148回大会   2013年10月26日   
クロイソカイメンおよびホタテ貝による下痢性貝毒の蓄積機構
此木敬一
日本農芸化学会東北支部会第148回大会   2013年10月26日   
5-Fluoro-2’-deoxyuridine influenced the growth and the biosynthesis of intermediates for paralytic shellfish toxins of the dinoflagellate, Alexandrium tamarense
Yuko Cho, Shigeki Tsuchiya, Keiichi Konoki, Yasukatsu Oshima and Mari Yotsu-Yamashita
International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch Chemical Society of Japan   2013年9月28日   

競争的資金等の研究課題

 
天然物リガンドを利用した生体膜経由の化学シグナル伝達機構の解明
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2017年6月 - 2022年3月    代表者: 村田道雄
テトロドトキシンのリスク管理のための研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費・食品の安全確保推進研究事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 鈴木敏之
各種疾病治療を目指した電位依存性ナトリウムチャネルサブタイプ選択的阻害剤の探索
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究 (B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 此木 敬一
化学合成を基盤としたマイトトキシンの生物活性発現機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大石徹
生物活性発現機構解明を目的としたマイトトキシンの合成研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(A)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 大石徹
イオンチャネルの精密機能制御
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)・天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 西川俊夫
ホタテ貝中で進行する下痢性貝毒オカダ酸の構造変換
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 此木敬一
巨大複雑天然物の実践的全合成と機能解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(A)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 佐々木誠
天然毒貯蔵生物の自己耐性機構-下痢性貝毒オカダ酸結合タンパク質の構造と機能
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 此木敬一
生体分子間相互作用解析装置を用いたオカダ酸結合タンパク質の同定
日本学術振興会: 科学研究費補助金・奨励研究(A)
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 此木 敬一

特許

 
特開2002-101886(P2002-101886A) : オカダ酸に結合する新規タンパク質、およびその遺伝子
橘和夫,此木敬一,杉山直幸
http://www.j-tokkyo.com/2002/C12N/JP2002-101886.shtml

社会貢献活動

 
アグリビジネス創出フェア
【その他】  2009年11月25日 - 2009年11月27日
東北大学大学院農学研究科を代表して5研究室から展示ブースを1つ出し、アグリビジネス創出に関する研究成果の発表を行った。本研究者の展示ポスターの題目は「下痢性貝毒の微量検出法の開発」である。
東北大学イノベーションフェア2009in仙台
【その他】  2009年10月14日
「下痢性貝毒の微量検出法の開発」という題目でポスターの展示を行った。
第76回日本農芸化学会サイエンスカフェ・第48回農学カルチャー講座
【その他】  2015年2月21日
内容1:「食べ物を美味しくする油の役割」
私たちが日常食べている食品の中には様々な脂質が含まれており、食品の風味、食感、栄養等の面で大切な役割を果たしています。油脂製品の代表といえば、サラダ油、バター、マーガリン、マヨネーズなどですが、食品の中には目に見えない状態で存在している油もあり、このような油もまた食感や美味しさに大きな影響を及ぼします。本講演では、油脂の基本的な性質に加え、マーガリン等の加工油脂製品がパン、菓子を作る過程でどのような働きをしているかについて考えてみたいと思います。ま...
第72回日本農芸化学会サイエンスカフェ・第47回農学カルチャー講座
【その他】  2014年11月15日
「食」は私たちが生物として生命を維持するために必須であるだけでなく、「人間」として豊かな生活を営むためにも重要なものであり、長い人類の歴史の中で様々な「食文化」が育まれてきました。しかし、科学の発展に伴う社会構造や経済情勢の変化により、私たちの「食生活」も激変し、生活習慣病が大きな問題となっています。さらに、原子力発電所の事故による放射線の影響など、私たちの「食」は新たな脅威にも曝され、「食」を「科学」する重要性がより一層高まっています。おいしいビール片手に最先端の「食の科学」を聴きながら...
気仙沼高校東北大学体験会
【その他】  2011年11月26日
気仙沼地域教育支援プロジェクトに付随して、本学環境科学研究科の浅沼宏司先生が企画された気仙沼高校東北大学体験会の一部を担当し、備考欄に記載した講義題目と実験題目に基づき、参加された高校生を教育指導した。

その他

 
各種神経疾患に対する治療薬候補の提供を目的とする電位依存性Na+チャネルサブタイプ選択的阻害剤の探索(1)
フグ毒として知られるテトロドトキシン(Tetrodotoxin, TTX)はNav阻害剤であるが、Nav1.5、1.8、1.9はTTX非感受性です。サブタイプ間で一次構造が高く保存されているNaV1型ですが、僅かな構造の違いがもたらす劇的な結合性の変化は起こりうると私は考えます。TTX類縁体は海洋、陸上に生息する多数の生物より見出されていますが、TTX以外、各Navサブタイプに対する結合性は調べられていませんでした。私達は、名古屋大学の西川俊夫教授と共同でTTXと11種類のTTX類縁体、また、TTX同様、グアニジン
イオンチャネルなど膜タンパク質の機能評価に関する研究
電位依存性イオンチャネルは、神経、脳、心筋、骨格筋などの組織で細胞膜に発現するタンパク質であり、神経興奮作用の基盤をつくりだす重要な役割を担います。遺伝学的にもっとも原始的である電位依存性カリウムチャネルの中で、いくつかの型の高次構造はX線構造解析により明らかにされています。しかし、X線構造解析に適した試料の調製が困難である電位依存性ナトリウムチャネル、電位依存性カルシウムチャネルの高次構造や開閉機構は、薬理実験や電気生理実験を積み重ねて推測していかなければなりません。こうした古典的手法を適用する際、特異的阻害剤を機能解析は、今なお有効です。

通称、「梯子状ポリエーテル」と呼ばれる化合物群は、環状エーテルが連結する特徴的な共通構造を有するものの、その生理活性は多岐にわたることが知られています。しかし、その多くがイオンチャンルを標的にすることがわかってきていいます。合成化学者の功績により試料供給がなされた化合物については作用研究が進展しており、例えば、シガトキシン類は電位依存性ナトリウムチャネルの特定の型に、ガンビエロールは電位依存性カリウムチャネルの特定の型に結合することが明らかになりました。一方、1980年前後に単離されていたマイトトキシンはマウス急性致死毒性の強さで二次代謝産物中、最強の化合物であることが知られていますが、40年近く経った現在においてもその標的分子は不明です。2009年、Sinkinsらはマイトトキシンの標的分子がCa2+ATPaseであることを報告していますが、追試および追求の余地が残されていると私は考えています。

本研究では、(1)マイトトキシンの作用標的解明に向けた受容体探索を行うことを第一の目的とします。このために、①赤血球膜より再構成させた脂質二重膜、②単離・精製した膜タンパク質を再構成させた脂質二重膜、③イオンチャネルを一過的もしくは安定的に高発現させた培養細胞を調製し、電気生理実験によりマイトトキシンの生理作用を調査する予定です。①、②については、福井大学医学部の老木成稔教授からご指導賜りましたCompact Bubble Bilayer(CBB)法、③については、ホールセル記録法を適用する計画です。また、(2)本大学生命科学研究科の佐々木誠教授の研究室で化学合成されるガンビエロール誘導体の活性試験を行う予定です。この目的のため、電依存性K+チャネルを安定的に高発現させた培養細胞を調製し、電気生理実験を実施する計画です。
各種神経疾患に対する治療薬候補の提供を目的とする電位依存性Na+チャネルサブタイプ選択的阻害剤の探索(背景)
quality of lifeを低下させる「慢性疼痛」に悩む患者はとても多いことが知られています。その原因は多岐にわたり、長期間の投薬を必要とするため、その治療薬は三大疾患や糖尿病などの治療薬と同程度の市場規模を持つと推定されています。「慢性疼痛」はブルガダ症候群やQT延長症候群などの病名で知られる「不整脈」や全般癲癇熱性けいれんプラスの病名で知られる「癲癇」と共に興奮性細胞の細胞膜に発現する電位依存性ナトリウムチャネル(Nav)に一部の原因が見出されています。Navは創薬研究上、重要な標的と言えるるのですが、9つのサブタイプから構成されるNav1型は様々な臓器で発現していて、必ずしも臓器ごとに特定のサブタイプが単独で存在するわけではありません。実際にNav1型を標的とし各種疾患に処方される治療薬はサブタイプ選択性に乏しく、必然的に副作用を伴います。従って、より優れた治療薬の開発に向けて、サブタイプ選択的なNav1型阻害剤の探索は必須で、おそらくは製薬会社もこのあたりを狙っていると推測します。

痛みは、末梢神経に存在し、機械刺激、化学刺激、熱、炎症等の各種刺激に応じる特定の侵害受容器が活性化され、これを契機に発生する活動電位が中枢神経に伝わることにより感じられます。この「痛みシグナル」に対するNavの関与は無痛症患者、肢端紅痛症患者の遺伝子解析において明らかにされ、いずれもNav1.7の遺伝子改変に原因があると結論づけられました。慢性疼痛は外傷(急性疼痛)に端を発し、当該外傷の治癒期間を経過した後も継続する痛みを指していう用語なのですが、その原因追求はとても難しいとされています。急性疼痛と同様、後根神経節に発現し「痛みシグナル」を伝搬する役割を果たすNav1.7-1.9の各サブタイプは創薬研究上、重要視されていますが、優れた治療薬となりうる選択的阻害剤は見出されていません。一方、心臓疾患の一種である「不整脈」に対してNaV1.5遺伝子の改変が確認されています。心筋には主にNav1.5が発現するが、その他サブタイプの発現も報告されるようになり、「不整脈」の治療に際し、サブタイプ選択性を示さない現存の治療薬は副作用をもたらすことがわかっています。
2000年7月   電位依存性ナトリウムチャネル上における赤潮毒ブレベトキシン結合部位の同定研究
赤潮毒ブレベトキシンは電位依存性ナトリウムチャネルに結合して機能を改変する神経毒である。すでに光親和性標識実験が行われておりドメイン1セグメント6、ドメイン4セグメント5に結合部位が存在することが示唆されている。本研究では両セグメントのほか近隣のセグメントについてアラニンスキャンを行いブレベトキシンとの高親和性結合に寄与するアミノ酸の決定を行った。
2008年4月   ネオペルトリドの構造活性相関
ネオペルトリドは深海に棲息するNeopeltidae科海綿より単離されたマクロリド天然物であり、A-549ヒト肺線がん細胞、NCI-ADR-RES卵巣肉腫細胞、P388マウス白血病細胞に対して非常に強力な細胞毒性を示し、また病原性真菌Candida albicansに対して生育阻害活性を示す。本研究では、ネオペルトリドの構造活性相関の解明を目的として、マウス白血病細胞P388細胞を用いた細胞毒性試験を実施する。