基本情報

所属
東北大学 流体科学研究所 流動創成研究部門 准教授
(兼任)
学位
博士(工学)(東北大学)

研究者番号
70451630
J-GLOBAL ID
200901053821267972

外部リンク

論文

  151

MISC

  3

書籍等出版物

  1
  • 船本 健一(担当:分担執筆, 範囲:第5章 低酸素刺激(5.1 はじめに, 5.2.2 マイクロ流体デバイスによる低酸素応答の観察)141~142頁, 145~148頁)
    養賢堂  2017年8月 (ISBN: 9784842505626) 

講演・口頭発表等

  230

所属学協会

  2

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

産業財産権

  4

社会貢献活動

  3

その他

  14
  • 2014年11月 - 2014年11月
    がん組織の内部は、細胞の過剰な増殖により低酸素状態にあるとともに、形成される血管が未熟であるため、酸素濃度の空間的な不均一性や急性の低酸素負荷と再酸素化が発生する。本研究では、3次元微小空間の酸素濃度分布を制御できるマイクロ流体デバイスを用いて生体内のがん微小環境を再現し、がん細胞と血管内皮細胞の挙動と、それらの細胞間の相互作用に対して酸素濃度の時空間的な変化が与える影響を解明する。
  • 2014年4月 - 2014年4月
    傾斜遠心力を受けて平板上を押し付けられながら移動する赤血球の挙動について流体構造連成解析を行い、実験により得られる摩擦特性との比較を行う。
  • 2013年8月 - 2013年8月
    静電噴霧により生成された微粒子水の飛行挙動解析を行うことを目的とし、3次元空間内の静電界および流体の連成解析を実施した。
  • 2012年3月 - 2012年3月
    酸素濃度に依存する細胞と基質間の相互作用を明らかにするため、マイクロ流体デバイス内に培養した細胞を非線形光学顕微鏡により経時的に観察し、細胞の遊走を評価する研究を行っている。
  • 2011年2月 - 2011年2月
    マイクロ流体デバイスを用いることにより、これまで難しかった培養下の細胞の3次元リアルタイム観察が可能となる。本研究では、細胞周囲の酸素濃度を時間的および空間的に制御しながら細胞実験を行うためのマイクロ流体デバイスを開発している。