村上 祐子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/08 03:10
 
アバター
研究者氏名
村上 祐子
 
ムラカミ ユウコ
URL
https://researchmap.jp/read0140800/
所属
立教大学
職名
特任教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2006年3月
 - 
2008年3月
国立情報学研究所 特任准教授
 
2008年4月
 - 
2018年3月
東北大学 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
立教大学 理学部 数学科 特任教授
 

委員歴

 
2009年5月
 - 
現在
科学基礎論学会  理事
 
2016年4月
 - 
現在
日本科学哲学会  理事
 
2016年4月
 - 
現在
日本哲学会  理事
 

受賞

 
2015年8月
情報処理学会 優秀発表賞・山下記念研究賞
受賞者: 辰己 丈夫, 村上 祐子,大谷 卓史
 
2016年7月
情報処理学会 情報処理学会第 135 回コンピュータと教育研究発表会学生セッション 信州大学 奨励賞
受賞者: 沼崎拓也,中谷多哉子, 村上祐子, 辰己丈夫
 
2017年8月
情報処理学会 情報処理学会情報教育シンポジウム2017優秀発表賞
受賞者: 上出吉則,辰己丈夫,村上祐子
 

論文

 
村上 祐子
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   11(3) 155-163   2018年1月   [招待有り]
Ethics of Information Education for Living with Robots
Yuko Murakami,Takeo Tatsumi, Takushi Otani, Yasunari Harada
VOL 1 NO 1 (2017): THE ORBIT JOURNAL - AN ONLINE JOURNAL FOR RESPONSIBLE RESEARCH AND INNOVATION IN ICT   1(1)    2017年9月   [査読有り]
Yuko MURAKAMI
Tetsugaku: International Journal   1 184-196   2017年4月   [査読有り]
Interactions between AI and culture
Yuko MURAKAMI
Proceedings of World Humanities Forum 2016   447-457   2016年10月   [査読有り][招待有り]
人工知能とロボットの社会における情報教育の役割
辰己丈夫,村上祐子,大谷卓史
情報教育シンポジウム 2016 論文集      2016年8月   [査読有り]
保護者視線の ICT 利用教育
村上 祐子
情報処理   57(9) 898-903   2016年8月   [査読有り]
未来の情報倫理教育
辰己丈夫,村上祐子,大谷卓史
情報教育シンポジウム2015論文集   45-52   2015年8月   [査読有り]
シンギュラリティを巡る哲学的逡巡
村上 祐子
情報処理   56(1) 34-35   2014年12月   [査読有り][招待有り]
応用哲学は学ぶものか?
村上 祐子
科学哲学   46(1) 69-76   2013年9月   [査読有り]
哲学教育の一環としての論理学教育の充実に向けて
村上 祐子
科学哲学   43(1) 91-97   2010年7月   [査読有り]
Utilitarian Deontic Logic
Yuko MURAKAMI
Advances in Modal Logic   5 211-230   2005年7月   [査読有り]
Modal Logics of Partitions
Yuko MURAKAMI
   2005年3月
Diagrammatic reasoning with numeral operations
Yuko MURAKAMI
ESSLLI'97 Student Session Proceedings      1998年8月   [査読有り]

Misc

 
書評:田中一之編「ゲーデルと20世紀の論理学」
村上祐子
科学基礎論研究   (106) 43-47   2007年3月   [査読有り][依頼有り]
「ゲーデルの定理――利用と誤用の不完全ガイド」(トルケル・フランセーン著/田中一之訳/みすず書房)
村上祐子
数学セミナー      2011年11月   [依頼有り]
「哲学者たちの反省」(書評:ジュリアン・バッジーニ、ピーター・フォスル著、廣瀬・長滝訳「哲学の道具箱」共立出版、「これが応用哲学だ!」戸田山和久・美濃 正・出口康夫 編 大隅書店 2012)
村上祐子
情報管理   55(7)    2012年10月   [依頼有り]
「数学的理解に関して哲学・哲学者は何ができるのか?」(砂田利一・長岡亮介・野家啓一「数学者の哲学・哲学者の数学:歴史を通じ現代を生きる思索」東京図書 2011年)
村上祐子
数学セミナー      2012年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
現代哲学キーワード
村上 祐子 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 論理)
有斐閣   2016年   
人文社会科学のための研究倫理ガイドブック
村上 祐子 (担当:分担執筆, 範囲:人文・社会系研究者とジェンダー問題)
慶應義塾大学出版会   2015年10月   
International Handbook of Research in History, Philosophy and Science Teaching
Yuko Murakami, Manabu Sumida (担当:分担執筆, 範囲:History and Philosophy of Science and Nature of Science Research in Japan: A Historical Overview)
Springer   2014年   
科学技術をよく考える
伊勢田哲治,戸田山和久,調麻佐志,村上祐子 (担当:共編者, 範囲:ユニット 7 背景説明・課題文、知識 5-1)
名古屋大学出版会   2013年4月   
情報倫理入門
土屋俊,大谷卓史,村上祐子 他 (担当:共著, 範囲:第 5 章「インターネットコミュニティ」)
アイ・ケイ・コーポレーション   2012年9月   

競争的資金等の研究課題

 
非正規様相論理の理論と応用
科学研究費助成事業
研究期間: 2000年4月 - 2003年3月    代表者: 村上祐子
科学技術社会論と融合したクリティカルシンキングの研究および教育手法開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 伊勢田哲司
討議倫理のモデル構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 野家啓一
哲学のための中上級論理学推進
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 村上祐子
研究関連組織の科学普及活動実践者のキャリアパス:実態と可能性
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 久利美和