基本情報

所属
早稲田大学 人間科学学術院 准教授
学位
博士(心理学)(九州大学)
博士(工学)(東京理科大学)

研究者番号
70546415
J-GLOBAL ID
200901041121884999

外部リンク

私はこれまで噺家の熟達化過程を研究してきました。

今後はさらに研究分野を広げ、劇場でのライブパフォーマンスを対象にして、心理学・工学・認知科学を

バックグラウンドにした科学的研究を進めようとしています。

 

2020年01月01日に、ライブサイエンスという学問分野を立ち上げました。

どんな分野なのかについて、こちらに紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

 

 


委員歴

  1

主要な論文

  23

書籍等出版物

  7

講演・口頭発表等

  18

主要な担当経験のある科目(授業)

  7

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

その他

  3
  • 2020年3月
    人前で話すことは、教師の基本的職能です。一斉授業で話に引き込むスキルは、児童・生徒の知的好奇心を刺激し、関心を持って授業に参加してもらうために役立ちます。そこで、2019年12月に「落語に学ぶ表現技法と立ち居振る舞い」というワークショップを行いました。本小冊子は、熟達初期(教員養成課程の学生や着任から3年目程度)の者が、ワークショップの要点を気軽に復習し、実践を日々省察するためのものです。
  • 2017年10月 - 2017年10月
    小説すばる(集英社)にて、プログラミング思考について、4回の連載を行った。
  • 実証科学の視点から落語を捉え、様々な話題を提供するウェブコラム。全24回. https://dze.ro/archives/series/yawaraka