安田 昌司

J-GLOBALへ         更新日: 13/08/07 15:24
 
アバター
研究者氏名
安田 昌司
 
ヤスダ マサシ
所属
滋賀県立大学
部署
地域産学連携センター
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
社内職務歴(実務テーマ  従事した期間  役割  概要)
 
1980年4月
   
 
1)インクジェットプリンタの開発 1980年04月-  
 
 
   
 
  研究員
 
 
   
 
  ・メカトロニクス応用研究(1)
 
 
   
 
    印写ヘッドからの微小液滴飛翔状況の計測、改良 商品化
 

学歴

 
 
 - 
1980年
京都大学 工学研究科 精密工学専攻
 
 
 - 
1978年
京都大学 工学部 精密工学
 

委員歴

 
 
   
 
・科学技術振興機構(JST)
 
2010年
   
 
   研究成果最適展開支援事業(A-STEP)専門委員,2010
 
 
   
 
・大阪科学技術センター 
 
2010年
   
 
   食と健康のユビキタス情報基盤研究会 主査,2010
 
 
   
 
・滋賀県 
 

受賞

 
2003年
システム制御情報学会 産業技術賞 ・「2段階の能動ステレオ画像計測法を用いたハンドヘルド型3Dスキャナー」 ・システム制御情報学会論文誌 Vol 15, No.4 2002.4   ・藤田日出人、吉田博、蚊野浩、安田昌司
 
2008年
日本感性工学会 平成20年度 技術賞 ・掲載巻号:日本感性工学会研究論文集 第7巻1号 通号017号pp.145-151    ・論文:呼吸波形を用いた徐波睡眠期の推定 ・著者:岡田 志麻,藤原 義久,安田 昌司,牧川 方昭,飯田 健夫 
 
2009年
IAPR Most Influential Paper over the Decade Award "Feature-based Image Mosaicing" on MVA98 Naoki Chiba, Hiroshi Kano, Minoru Higashihara, Masashi Yasuda Masato Osumi
 

論文

 
技術転換期における研究所と事業部の連携に関する分厚い記述(中)
安田 昌司
17(3・4) 119-139   2013年3月
安田 昌司
日本感性工学会論文誌   12(2) 239-243   2013年   [査読有り]
技術転換期における中央研究所と事業部の連携に関する研究
安田 昌司
日本経営学会誌   (30) 16-26   2012年12月   [査読有り]
技術転換期における研究所と事業部の連携に関する分厚い記述(上)
安田 昌司
17(1) 101-112   2012年10月

Misc

 
渡部透, 安田昌司, 松村昌義, 岩井壮介
日本機械学会論文集   49(447) 1999-2009   1983年11月
吸収式冷温水機のファジィ制御系に関する実験的検討
安田昌司, 小川淳, 人見和弘, 小澤芳男, 前川正弘
システム制御情報学会論文誌   Vol.37 No.10    1993年10月
安田昌司, 小川淳, 市川寛, 鈴木龍司, 大隅正人
日本機械学会論文集   60(572) 1256-1261   1994年4月
空調機器の非線形性補償のための制御系に関する実験的研究
安田昌司, 小澤芳男, 小川淳, 川合毅, 鈴木龍司, 大隅正人
空気調和衛生工学会論文集   No.55    1994年6月
小澤芳男, 安田昌司, 小川淳, 黒木靖治, 水上和明, 古川雅弘, 奥村勝弘
日本機械学会論文集   Vol.61 No.587 C編    1995年7月

書籍等出版物

 
2022年を見据えた研究テーマ発掘の実践ノウハウ集
安田 昌司
(株)技術情報協会   2012年7月   
ニューロファジィAI ハンドブック
オーム社,計測自動制御学会編(共著)   1994年   
計測工学ハンドブック
朝倉書店,計測自動制御学会編(共著)   2001年   
研究テーマの発掘・評価
技術情報協会   2009年   

講演・口頭発表等

 
Multi-input Fuzzy Control Systems for Automating Airconditioning Devices,
ASME, SCI, JAPAN-USA SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION Yasuda M., Ozawa Y., Ogawa A., Hitomi K., Suzuki R., Tsukamoto K. ;   1994年   
Hierarchically Intelligent Control for Air-conditioning Systems,
Interchange Association, Symposium for Key Technologies in Precision Machine Yasuda M., Suzuki R., Osumi M., Tsukamoto K.;   1995年   
Controlling Chaos of Forced Pendulum with OGY Method,
IEEE, CDC96 Ogawa A., Yasuda M., Ozawa Y., Suzuki R., Osumi M., Tsukamoto K.;   1996年   
Development and Evaluation of New Pager Vibrator Device
2nd International Conference on Psychopsyology in Ergonomics,PIE'98 Genno H, Kikumoto M, Ishikawa K, Kano H, Yasuda M, Osumi M, Hamaguchi T   1998年   
Evaluation of Stress Using Facial Skin Temperature
2nd International Conference on Psychopsyology in Ergonomics,PIE'98 Ishikawa K, Genno H, Kanbara O, Kano H, Yasuda M, Osumi M   1998年   

Works

 
招待講演 カオスのエレクトロニクスへの応用 (カオス理論とその応用)(財)日本テクノマート
1993年10月
招待講演 機能階層化による空調システムの知的制御 電気学会 産業応用部門研究会
1994年
招待講演 機能階層化による空調システムの知的制御 日本ファジィ学会 関西支部例会
1994年
招待講演 ヒューマンシステム分野の研究開発 京都大学機械工学会
2000年12月
招待講演 商品組み込み可能な小型低コストの近赤外線水分センサ 遠赤外線協会 遠赤外線技術シンポジウム,
2001年2月

競争的資金等の研究課題

 
知能システム制御
研究期間: 1980年   
・知能システム制御技術の基礎(1978~)応用(1986~)
  吸収冷凍機や業務用エアコンなど大型空調機器の知的制御,
  健康機器や介護機器への自律神経系に関する知見の応用,
  再生医療などの細胞培養における自動化機器の開発)
  空気や水の浄化における電気化学応用とウイルス殺滅効果の検証
・生産技術
  燃料電池の安定化と製造方法,
  液晶パネルの製造方法,
  インクジェットの安定化と製造方法
・韓国サムスン総合研究院(SAIT) 燃料電池共同研究
・米国IBMワトソン研究所 ...
研究開発マネージメント
研究期間: 1980年   
・企業研究開発部門における戦略企画の実践的研究(2008~2003)

特許

 
吸収式冷温水機の異常判定装置
2902946
吸収式冷温水機の異常検出装置
3054554
吸収式冷温水機の故障診断装置
3054552
吸収式冷温水機の故障診断装置
3054553
超音波センサ及びこれを用いた分注装置
3547888