根建 拓

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/22 13:05
 
アバター
研究者氏名
根建 拓
 
ネダチ タク
所属
東洋大学
部署
生命科学部 応用生物科学科
職名
教授
学位
博士(農学)(東京大学)
科研費研究者番号
50375200

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
現在
東洋大学 生命科学部応用生物科学科 教授
 
2010年
 - 
2012年
東洋大学 生命科学部応用生物科学科 准教授
 
2008年
 - 
2010年
東京大学大学院 農学生命科学研究科 特任研究員
 
2004年
 - 
2008年
東北大学 先進医工学研究機構 助教
 
2001年
 - 
2004年
スタンフォード大学 医学系研究科 博士研究員
 

学歴

 
1995年
 - 
2000年
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用動物科学専攻
 
1991年
 - 
1995年
東京大学 農学部 農芸化学科
 

論文

 
Identification of CCL5/RANTES as a novel contraction-reducible myokine in mouse skeletal muscle
Ishiuchi Y, Sato H, Komatsu N, Kawaguchi H, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M, Nedachi T
Cytokine   108(8) 17-23   2018年8月   [査読有り]
Skeletal muscle cell contraction reduces a novel myokine, chemokine (C-X-C motif) ligand 10 (CXCL10): potential roles in exercise-regulated angiogenesis.
Ishiuchi Y, Sato H, Tsujimura K, Kawaguchi H, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M, Nedachi T
Biosci Biotechnol Biochem   82(1) 97-105   2018年1月   [査読有り]
Glucose deprivation attenuates sortilin levels in skeletal muscle cells.
Ariga M, Yoneyama Y, Fukushima T, Ishiuchi Y, Ishii T, Sato H, Hakuno F, Nedachi T, Takahashi SI
Endocr J   64(3) 255-268   2017年3月   [査読有り]
Kawashima KI, Ishiuchi Y, Konnai M, Komatsu S, Sato H, Kawaguchi H, Miyanishi N, Lamartine J, Nishihara M, Nedachi T
FEBS open bio   7(2) 149-159   2016年12月   [査読有り]
Sato K, Yamanaka Y, Asakura Y, Nedachi T
Biosci Biotechnol Biochem.   80(4) 712-718   2016年4月   [査読有り]
Ogura Y, Sato K, Kawashima K, Kobayashi N, Imura S, Fujino K, Kawaguchi H, Nedachi T
BMC Res Notes.   7(1) 840   2014年11月   [査読有り]
Sato T, Ito Y, Nedachi T, Nagasawa T
Mol Cell Biochem   391(1-2) 37-46   2014年6月   [査読有り]
Sato K, Yamanaka Y, Ishii M, Ishibashi K, Ogura Y, Ohtani-Kaneko R, Nishihara M, Nedachi T
Biosci Biotech Biochem   78(9) 1495-1503   2014年4月   [査読有り]
Fujino K, Ogura Y, Sato K, Nedachi T
Neurosci Lett   557(B) 148-153   2013年12月   [査読有り]
Farmawati A, Kitajima Y, Nedachi T, Sato M, Kanzaki M, Nagatomi R
Endocr J   60(2) 137-147   2013年2月   [査読有り]
Yamanaka D, Akama T, Fukushima T, Nedachi T, Kawasaki C, Chida K, Minami S, Suzuki K, Hakuno F, Takahashi SI
Molecular endocrinology (Baltimore, Md.)   26(6) 1043-1055   2012年4月   [査読有り]
Nedachi T, Kawai T, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
Neuroscience   185 106-115   2011年6月   [査読有り]
根建拓, 松脇貴志, 西原真杉
Cogn Dement   10(2) 140-146   2011年4月
根建拓, 松脇貴志, 朝倉麗, 西原真杉
老年精神医学雑誌   21(5) 555-560   2010年5月
Nedachi T, Hatakeyama H, Kono T, Sato M, Kanzaki M
American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   297 E866-78   2009年10月   [査読有り]
Suzuki M, Lee HC, Kayasuga Y, Chiba S, Nedachi T, Matsuwaki T, Yamanouchi K, Nishihara M
The Journal of reproduction and development   55(4) 351-355   2009年8月   [査読有り]
根建拓, 河合隆徳, 西原真杉
実験医学   27(9) 1345-1349   2009年6月
Nedachi T, Fujita H, Kanzaki M
American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   295 E1191-204   2008年11月   [査読有り]
Nedachi T, Kadotani A, Ariga M, Katagiri H, Kanzaki M
American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   294 E668-78   2008年4月   [査読有り]

Misc

 
根建拓, 河合隆徳, 松脇貴志, 山内啓太郎, 西原真杉
日本獣医学会学術集会講演要旨集   149th 298   2010年
河合隆徳, 根建拓, 松脇貴志, 山内啓太郎, 西原眞杉
日本獣医学会学術集会講演要旨集   147th 284   2009年3月
藤田英明, 渡邉朋信, 根建拓, 樋口秀男, 神崎展
日本学術会議材料工学連合講演会講演論文集   51st 107   2007年11月
根建拓, 藤田英明, 神崎展
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM)   46th ROMBUNNO.PS1-1-4   2007年
藤田英明, 渡邉朋信, 根建拓, 樋口秀男, 神崎展
日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD−ROM)   46th ROMBUNNO.PS3-4-12   2007年
Tyrosine kinase and phosphatidylinositol 3-kinase activities are required for cAMP-dependent potentiation of DNA synthesis induced by insulin-like growth factor-I in FRTL-5 cells.
Nedachi T, Akizawa H, Akahori M, Ariga M, Sakamoto H, Umesaki K, Hakuno F, Takahashi SI
Growth Hormone and IGF Research   9 360   1999年
Signaling pathways of insulin-like growth factor-I that are augmented by cAMP pretreatment in FRTL-5 cells.
Ariga M, Akahori M, Nedachi T, Sakamoto H, Hakuno F, Takahashi SI
Growth Hormone and IGF Research   9 358   1999年
Spatial Reorganization of Integrin beta1 and Talin is Required for Cav-Actin/Caveolae-Rosette Formation and Adipogenesis
Kanzaki M, Nedachi T, Pessin JE
Diabetes   54(Suppl. 1) A72   2005年
Development of Insulin-Responsive GLUT4 Trafficking Machinery by Forced Ca2+ Transients in C2C12 myotube.
Nedachi T, Fujita H, Kanzaki M
Diabetes   55(Suppl. 1) A242   2006年
Cytoplasmic sequestration of Sir2 that depends upon metabolic states is directly engaged in the differentiation of C2C12 myoblasts
Taku Nedachi, Hideaki Fujita, Makoto Kanzaki
Cell Structure and Function   30(Suppl.) 85   2005年
Formation of periodic integrin-β1 alignment serves as a scaffold of the initial sarcomere assembly in C2C12 myotubes.
Hideaki Fujita, Taku Nedachi, Makoto Kanzaki
Cell Structure and Function   30(Suppl.) 111   2005年
Calcium oscillation facilitates assembly of sarcomere structure in C2C12 myotubes
Hideaki Fujita, Taku Nedachi, Makoto Kanzaki
The Japanese Journal of Physiology   55(Suppl.) S122   2005年

書籍等出版物

 
新時代の糖尿病学
日本臨床社   2008年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
NHK サイエンスZERO 第113回「筋肉があなたを救う」
2006年

競争的資金等の研究課題

 
骨格筋収縮依存的な分泌タンパク質による免疫機能制御機構の解明
科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 根建拓
科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 根建拓
科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 根建拓
科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 根建拓
科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 根建拓

特許

 
高度発達型培養筋細胞の作製装置とその応用
特開2006-296282公報
インスリン反応性糖輸送担体の膜移行活性の測定方法とそれに適した培養筋細胞の作製方法
特開2006-340637公報
フィーダー細胞を利用した高度発達型培養筋細胞の作製とその薬効評価システムへの利用
特願2006-285617
運動に応答して筋肉細胞において発現変動するタンパク質及びそれらの受容体、それらをコードする遺伝子、並びにそれらを用いたスクリーニング方法
特願2007-283929
Cultured muscle cells with high metabolic activity and method for production of the cultured muscle cells
USPTO Application #: 20080299086