基本情報

所属
大阪府立大学 経済学研究科 准教授
学位
博士(経営学)(神戸大学)

J-GLOBAL ID
200901082301140570

外部リンク

1981年に愛知県豊橋市で生まれました。実家は,「アライ化成」という小さな町工場でしたが,叔父の代に潰れてしまいました。経営者は,技術を持っているだけではダメで,管理の仕組みや会計についての理解を有していなければならないという理解は,この道へ進む原体験のようなものです。
学部時代は,音響会社の立ち上げや経理にすっかり入れあげ,あまり大学にはいっていませんでした。ただ,いくつかの経営上の困難について,既に学問としての答えがあることを知り,学部3年生の頃から大学の講義に入り浸るようになりました。その結果,経営だけではなく経営「学」の魅力にはまってしまい,大学院への進学を意識するようになりました。慶應義塾大学の大学院にはGPAが足りず,神戸大学の大学院に進学しました。そこでは,管理会計に限らず,幅広い科学哲学的基礎,方法論的基礎を身につけることができたと言えます。また院生時代は,指導教員の指導方針もあって,JR貨物の原価計算設計といった,フィールドでの経験にも事欠きませんでした。
博士学位論文は,生産管理会計をテーマとしています。原価計算のような製造現場のシステムの現代的な役割に興味があったからです。この点は,未だに答えが出ていない点も多く,生涯取り組むテーマだと考えています。また,このテーマを取り上げたのは,学部・大学院講義で原価計算を教える意味について,自分なりに理解したかったという背景があります。つまり,教員としては,管理会計などを教える際には,「すぐに役に立つ」知識,「すぐに役には立たないけど,長期的に役に立つ」知識などをどう講義で扱うのかを意識して講義を行いたかったということです。現在は,このような会計学や経営学の知識の有効性そのものも研究対象として,調査を進めているところです。

研究分野

  1

論文

  55

MISC

  5

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5