門内 隆明

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/08 22:06
 
アバター
研究者氏名
門内 隆明
 
モンナイ タカアキ
所属
成蹊大学
部署
理工学部 物質生命理工学科
職名
専任講師
学位
博士(理学)(早稲田大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
早稲田大学 高等研究所 助教
 

学歴

 
 
 - 
2007年
早稲田大学 理工学研究科 物理学及応用物理学専攻
 
 
 - 
2003年
早稲田大学 理工学部 物理学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本物理学会  正会員
 

Misc

 
Fluctuation theorem in rachet system
T.Monnai
Journal of Physics A   37 L75-L79   2004年
T.Monnai, A.Sugita, J.Hirashima, and K.Nakamura
Physica D   219 177-183   2006年
Takaaki Monnai, Ayumu Sugita, and Katsuhiro Nakamura
Physical Review E   73 061116   2006年
Takaaki Monnai, Ayumu Sugita, and Katsuhiro Nakamura
Physical Review E   74 031140   2007年
T.Monnai, A.Sugita, and K.Nakamura
Comptes Rendus Physique   8 661-673   2007年
Non-Gaussian Fluactuation of Relative Entropy Production
T.Monnai
Nonlinear Phenomena in Complex Systems   10 102-104   2007年
Quantum fluctuation theorem in the existence of the tunneling and the thermal activation
T.Monnai
PHYSICS OF SELF-ORGANIZATION SYSTEMS   106-112   2008年
T.Monnai, A.Sugita, and K.Nakamura
EuroPhysicsLetters   84 20005   2008年
T.Monnai
Journal of Statistical Mechanics   01 01055
D.Andrieux, P.Gaspard, T.Monnai, and S.Tasaki
New Journal of Physics   11 043014   2009年
T.Monnai
Complex Phenomena in Nanoscale Systems (NATO Science for Peace and Security Series B: Physics and Biophysics) Giulio Casati and Davron Matrasulov (eds)   265-271   2009年
D.Andrieux, and T.Monnai
Physical Review E      2009年
Takaaki Monnai
Physical Review E      2010年
Takaaki Monnai
Phys. Rev. E   82(5,Pt.1) 051113   2010年
M. Esposito and T. Monnai
J. Phys. Chem B   115(18) 5144-5147   2011年
K. Nakamura, S. K. Avazbaev, Z. A. Sobirov, D. U. Matrasulov, and T. Monnai
Phys. Rev. E   83(4,Pt.1) 041133   2011年
Takaaki Monnai
Phys. Rev. E   84(1,Pt.1) 011126   2011年
Takaaki Monnai
J. Phys. A   45 125001   2012年
Deviation from equilibrium in macroscopic quantum systems
T. Monnai
Phys. Scr.   12(T151)    2012年
Takaaki Monnai
J. Stat. Phys   149    2012年
Takaaki Monnai
Phys. Rev. E   87    2013年
Takaaki Monnai
J. Phys. Soc. Jpn.   83 064001   [査読有り]
Takaaki Monnai, and Ayumu Sugita
J. Phys. Soc. Jpn.   accepted    [査読有り]
T. Monnai, and K. Yuasa
EurophysicsLetters   accepted    [査読有り]
General relaxation time of the fidelity for isolated quantum thermodynamic systems
Takaaki Monnai
J. Phys. Soc. Jpn.   82 044006   2014年
Takaaki Monnai, and Ayumu Sugita
J. Phys. Soc. Jpn.   83 094001   2014年
T. Monnai, and K. Yuasa
EurophysicsLetters   107    2014年
Takaaki Monnai
J. Phys. Soc. Jpn.   85 044003   2016年   [査読有り]
Takaaki Monnai, and Ayumu Sugita
J. Stat. Mech.   2016 054004   2016年   [査読有り]
Takaaki Monnai, and Kazuya Yuasa
Phys. Rev. E   94 012146   2016年   [査読有り]
Quasi adiabatic dynamics of energy eigenstates for a solvable quantum system at finite temperature
門内 隆明
J. Stat.Mech.   093106   2017年   [査読有り]
Eigenstate thermalization hypothesis, time operator, and extremely quicl relaxation of fidelity
門内 隆明
J. Phys. Comm.   2 075008   2018年   [査読有り]
Eigenstate thermalization hypothesis, time operator, and extremely quick relaxation of fidelity
門内 隆明
J. Phys. Comm.   2 075008   2018年   [査読有り]
Relaxation to Gaussian generalized Gibbs ensembles in quadratic bosonic systems in the thermodynamic limit
門内 隆明、諸留 昇平、湯浅 一哉
Physical Review E   100 022105   2019年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
非平衡定常状態における量子ゆらぎ定理: 可解モデルによる解析
諸留昇平, 門内隆明、湯浅一哉
日本物理学会2016年秋季大会   2016年9月15日   
Typical pure states and nonequilibrium processes for quantum many-body systems
門内 隆明
StatPhys 26   2016年7月   
エネルギー固有状態による熱平衡系の記述: 縮退の重要性
石川慧、門内隆明、湯浅一哉
第62回物性若手夏の学校   2017年7月   
非平衡定常状態における量子ゆらぎ定理: 可解モデルによる解析
諸留昇平、門内隆明、湯浅一哉
第62回物性若手夏の学校   2016年7月   
ミクロカノニカル状態におけるKMS条件と熱力学極限
日本物理学会2015年秋季大会   2015年9月17日   
Typical pure states and rare events for quantum many-body systems
門内 隆明
7th International Conference on Unsolved Problems on Noise   2015年7月   
孤立量子系における典型的な非平衡定常状態
日本物理学会第70回年次大会   2015年3月24日   
Typical pure states and nonequilibrium processes for a class of quantum many-body systems
門内 隆明
Workshop on recent Developments In Nonequilibrium Physics “Luxembourg out of equilibrium”   2015年1月   
典型的純粋状態と量子測定による対称性の破れ
日本物理学会秋季大会   2014年9月   
典型的純粋状態を用いたエントロピー生成分布関数の計算
2013年   
開放系におけるミクロ可逆性
2012年   
典型的純粋状態と非平衡統計力学
2013年   
量子多体系における熱平衡化とその応用-操作的アプローチ
2012年   
揺らぎの定理を用いた相関関数の計算 T.Monnai and S.Tasaki , , 1 July 2004(ポスター発表)
2004年   
量子系における揺らぎの定理
the 6th International Summer School and Conference "Let's Face Chaos through Nonlinear Dynamics”   2005年   
一様外場を印加した周期ポテンシャル中の熱拡散における非平衡緩和の解析
2006年   
中間準安定状態が存在する傾いた2重周期ポテンシャル系へのクラマース公式の拡張
2007年   
中間準安定状態が存在する場合の3連井戸クラマース公式の導出
2007年   
中間状態や時空相関ノイズをはじめとするクラマース理論の新展開
2007年   
時空相関を持つノイズで駆動される非平衡ブラウン運動
2008年   
コロイド粒子における揺らぎ定理と熱力学第二法則
第58回日本物理学会年次大会   2003年   
マクロ量子系における熱平衡化
2011年   
マクロ量子系における熱平衡化
2011年   
マクロ物理量の期待値の熱平衡化
2011年   
非平衡開放系におけるミクロ可逆性
2012年   
Fluctuation Theoremの量子補正
第59回日本物理学会   2004年   
FluctuationTheoremの量子補正
京大基研短期研究会、量子力学とカオスー基礎的問題からナノサイエンスまで   2004年   
揺らぎ定理を用いた分子モーターの解析
日本物理学会秋季大会   2004年   
量子系の揺らぎ定理の2つの定式化
日本物理学会第60回年次大会   2005年   
量子系の揺らぎ定理―C*代数による定式化―
日本物理学会秋季大会   2005年   
外場を印加した周期ポテンシャル中の熱拡散における非平衡定常状態への緩和
日本物理学会秋季大会   2006年   
中間状態が活性化エネルギーに与える影響
日本物理学会第62回年次大会   2007年   
時空間的な相関を持つ揺動力とクラマース遷移率
日本物理学会第63回年次大会   2008年   
時空間的相関を持つブラウン運動のエネルギー論
日本物理学会2008年秋季大会   2008年   
カレントの局所的非破壊測定による揺らぎ定理の導出
日本物理学会2009年秋季大会   2009年   
マクロ量子系における熱平衡化
日本物理学会年次大会   
マクロ量子系におけるミクロ‐マクロ物理量の熱平衡化
非平衡系の物理‐ミクロとマクロの架け橋‐   2011年   
マクロ量子系におけるミクロ‐マクロ物理量の熱平衡化
日本物理学会秋季大会   2011年   
非平衡開放系におけるミクロ可逆性
日本物理学会年次大会   2012年   
非平衡状態におけるtypicalityの操作的表現
非平衡系の物理‐その普遍的理解を目指して‐   2012年   
孤立量子系における初期緩和時間の一般的評価
日本物理学会第69回年次大会   2014年   

担当経験のある科目

 
 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
メゾ非平衡系における操作的理論の構築
研究期間: 2013年   
平衡系の統計力学はアボガドロ数個の自由度からなる多体系に関し正確な計算が可能であり、ミクロとマクロを結ぶ理論として著しい成功を収めた強力な理論である。一方、非平衡開放系の対象は広範かつ複雑で、あらゆるダイナミックな現象を含む。従って、熱平衡系におけるエントロピー最大の原理や分配関数の方法に対応する非平衡系特有の基本原理・計算手法も確立すべきであり、従来線形応答領域に限られていたアプローチを超える理論の構築は、現代物理学における最も挑戦的な課題の一つと考えられる。本研究では主にメゾスコピック...
メゾ非平衡系における揺らぎの理論の構築
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2012年
エントロピー生成の揺らぎに関する普遍的対称性として知られている揺らぎの定理を中心として、従来の線形応答理論・クラマース遷移率の理論・揺らぎのエネルギー論などの拡張・概念整理を行う。 このような理論は近年、溶媒中の生体高分子等への働きかけや量子ドット系の制御等メゾ非平衡系の実験が可能になるのに応じて必要性が高まっている。局所平衡の扱いが破綻する場合における、エネルギー・物質の揺らぐ輸送形態の有効記述・理論的理解が主題である。
量子多体系の熱平衡化
共同研究
研究期間: 2011年   
量子スピントモグラフィーの理論
共同研究
研究期間: 2011年   
確率過程に基づく非平衡メゾ系における揺らぎの解明
国際共同研究
研究期間: 2007年