基本情報

所属
中京大学 現代社会学部 准教授
学位
学士(社会福祉学)(上智大学)
修士(教育学)(上智大学)
博士(医療福祉学)(国際医療福祉大学)

研究者番号
00531857
J-GLOBAL ID
200901069493680720

外部リンク

Hiroshi NAKASHIMA 1974年兵庫県生まれ。2008年、上智大学大学院総合人間科学研究科博士後期課程単位修得満期退学。2012年、博士(乙種)取得。東京医科大学付属看護専門学校非常勤講師、日本獣医生命科学大学獣医看護学部非常勤講師、立正大学社会福祉学部非常勤講師、昭和女子大学人間社会学部非常勤講師、帝京平成大学現代ライフ学部専任講師、高知県立大学社会福祉学部准教授などを経て、現在、中京大学現代社会学部准教授。
主著として、『日本における在宅介護福祉職形成史研究』(【単著】みらい、2013年)、『ホームヘルプ事業草創期を支えた人びと――思想・実践・哲学・生涯』(【単著】久美、2014年)、『現代日本の在宅介護福祉職成立過程資料集3・4――家庭養護婦派遣事業:長野県上田市資料①・②』(【監修】近現代資料刊行会、2014年)、『シリーズ 福祉に生きる67 原崎秀司』(【単著】大空社、2014年)、『現代日本の在宅介護福祉職成立過程資料集2――家庭養護婦派遣事業を支えた人々』(【監修】近現代資料刊行会、2015年)、『初学者のための質的研究26の教え』(【単著】医学書院、2015年)、『保育・社会福祉学生のための相談援助演習入門』(【共編】萌文書林、2015年)、『地域福祉・介護福祉の実践知――家庭奉仕員・初期ホームヘルパーの証言』(【単著】現代書館、2016年)、『図解でわかる!地域福祉の理論と実践』(【共編】小林出版、2017年)など。
外部獲得資金状況は、2013-2014年度文部科学省科学研究費助成金事業若手研究B課題番号00531857、研究題目「ホームヘルプ事業草創期に原崎秀司が受けた教育的・思想的影響に関する研究」(研究代表者)。2016-2019年度文部科学省科学研究費助成金事業基盤研究C 課題番号16K04179、研究題目「長野県社会部厚生課長としての原崎秀司の職務内容とホームヘルプ事業化との関連」(研究代表者)。2016-2019年度文部科学省科学研究費助成金事業基盤研究B 研究題目「厚生行政のオーラルヒストリー――終戦後の制度再建から介護保険の創設まで」(研究協力者、研究代表者は菅沼 隆)。2019-2021年度文部科学省科学研究費助成金事業基盤研究C 課題番号19K02172、研究題目「家庭養護婦派遣事業の普及の背景要因及びその影響の検証」(研究代表者)。
社会的活動は、日本社会福祉学会、社会事業史学会、日本地域福祉学会、日本介護福祉学会、日本福祉文化学会などに所属。日本社会福祉学会査読委員(機関誌『社会福祉学』)、日本介護福祉学会査読委員(機関誌『介護福祉学』)・同評議員、日本福祉文化学会編集委員長(機関誌『福祉文化研究』)・同理事、NPO法人全日本大学開放推進機構(UEJ)理事、生涯学習・社会教育研究促進機構(IPSLA)編集委員会幹事、横須賀市教育委員会市民講座「歴史から人権を考える」講師、八洲学園大学公開講座講師、高知県立大学社会福祉学部リカレント教育講座講師、高知県立大学健康長寿センター公開講座(出前講座)講師、中京大学先端共同研究機構社会科学研究所研究員などを歴任。


書籍等出版物

  20

講演・口頭発表等

  49

所属学協会

  6

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

学術貢献活動

  8

社会貢献活動

  18

メディア報道

  3