田所勇樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/19 10:21
 
アバター
研究者氏名
田所勇樹
 
タドコロユウキ
所属
木更津工業高等専門学校
部署
基礎学系
職名
准教授
学位
博士(数理科学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
木更津工業高等専門学校 准教授
 
2012年4月
 - 
2013年3月
デンマーク オーフス大学 Centre for Quantum Geometry of Moduli Spaces 客員研究員
 
2006年4月
 - 
2010年3月
木更津工業高等専門学校 講師
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2006年3月
東京大学 大学院数理科学研究科 
 
1996年4月
 - 
2000年3月
慶應義塾大学 理工学部 数理科学科
 

論文

 
Yuuki Tadokoro
Journal of Topology and Analysis      2018年8月   [査読有り]
Yuuki Tadokoro
Handbook of Teichmüller Theory, Vol. VI (A. Papadopoulos, ed.), IRMA Lectures in Mathematics and Theoretical Physics Vol. 27 European mathematical Society   167-193   2016年5月   [査読有り][招待有り]
The period is a classical complex analytic invariant for a compact Riemann
surface defined by integration of differential 1-forms. It has a strong
relationship with the complex structure of the surface. In this chapter, we
review another complex a...
田所勇樹
Internat. J. Math.   27(3)    2016年2月   [査読有り]
We obtain the trace map image of the values of certain harmonic volumes for some quotients of Fermat curves. This provides the algorithm that the algebraic cycles called by the k-th Ceresa cycles are not algebraically equivalent to zero in the Jac...
Yuuki Tadokoro
Tsukuba J. Math.   38(2) 137-158   2015年4月   [査読有り]
We introduce a geometric algorithm for finding a symplectic basis of the
first integral homology group of a compact Riemann surface which is a
Tex-cyclic covering of Tex branched over 3 points. It gives us an unknown
symplectic basis of the h...
Masataka Kaneko, Takayuki Abe, Kenji Fukazawa, Masayoshi Sekiguchi, Yuuki Tadokoro, Satoshi Yamashita, Setsuo Takato
Teaching Mathematics and Computer Science   8(1) 1   2010年   [査読有り]
田所勇樹
Tsukuba J. Math.   33(1) 29-38   2009年   [査読有り]
We compute some value of the harmonic volume for the Fermat sextic. Using this computation, we prove that some special algebraic cycle in the Jacobian variety of the Fermat sextic is not algebraically equivalent to zero.
Kaneko M, Izumi H, Kitahara K, Abe T, Fukazawa K, Sekiguchi M, Tadokoro Y, Yamashita S, Takato S.
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   5102 LNCS(PART 2) 35-45   2008年   [査読有り]
田所勇樹
Mathematische Zeitschrift   260(2) 265-275   2008年   [査読有り]
We prove some value of the harmonic volume for the Klein quartic C is nonzero modulo Tex, using special values of the generalized hypergeometric function 3F2. This result tells us the algebraic cycle C−C− is not algebraically equiva...
Masayoshi Sekiguchi, Masataka Kaneko, Yuuki Tadokoro, Satoshi Yamashita, Setsuo Takato
Computational Science – ICCS 2007   178   2007年   [査読有り]
田所勇樹
Kodai Math. J.   29(3) 370-382   2006年   [査読有り]
We give a explicit computation of the pointed harmonic volumes of hyperelliptic curves with Weierstrass base points, which are paraphrased into a combinatorial formula.
田所勇樹
Publ. Res. Inst. Math. Sci.   41(3) 799-820   2005年   [査読有り]
We determine the harmonic volumes for all the hyperelliptic curves. This gives a geometric interpretation of a theorem established by A. Tanaka.

Misc

 
Masaru Kamata, Masayoshi Sekiguchi, Yuuki Tadokoro
   2016年2月
We derive a discretized version of the nonlinear O(3) sigma model through a
discrete theory of complex analysis of Mercat. Adopting a simple
two-dimensional rectangular lattice, we obtain a discrete energy E^{disc.} and
a discrete area \cal{A}(f)^...
高遠 節夫, 山下 哲, 阿部 孝之, 金子 真隆, 関口 昌由, 田所 勇樹, 深澤 謙次
数式処理   15(2) 63-71   2008年12月
深澤 謙次, 阿部 孝之, 金子 真隆, 関口 昌由, 田所 勇樹, 山下 哲, 高遠 節夫
木更津工業高等専門学校紀要   41 75-83   2008年1月
KETpic has been developed as the macro package of Maple so as to generate LATEX source codes for clear drawings. Recently, the authors have ported KETpic to Mathematica. In this paper, we report on the procedure of the conversion and discuss on it...
山下 哲, 阿部 孝之, 金子 真隆, 関口 昌由, 田所 勇樹, 深澤 謙次, 高遠 節夫
日本数学教育学会高専・大学部会論文誌   14(1) 51-60   2007年8月
山下 哲, 関口 昌由, 金子 真隆, 田所 勇樹, 高遠 節夫
日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 総会特集号   89    2007年7月

講演・口頭発表等

 
Pointed harmonic volume and its relation to extended Johnson homomorphism [招待有り]
2018年7月27日   
Nonlinear O(3) sigma model in discrete complex analysis
2017年12月8日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 田所 勇樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 田所 勇樹
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 田所 勇樹
私はRiemann面の複素構造の違いに興味を持ち,研究を行っている.調和体積は,調和1形式に関するChenの反復積分を用いてHarrisにより定義され,複素構造のみに依存して決まる.調和体積を調べることにより,複素構造の違いを知ることが当面の目標である.以下の研究成果に関する論文をまとめ,投稿した.Nをある条件を持つ素数とする.N次Fermat商曲線の調和体積を求めることにより,そのヤコビ代数多様体におけるCeresaサイクルの非自明性を示す十分条件を発見した.Mathematicaにより...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 河澄 響矢
ベネ、ペナー両氏との共同研究で、リーマン面の組み合わせ構造を写像類群の代数的な構造に直接結びつける道具である、ファットグラフ・マグナス展開を発見した。リーマン面の新しい解析的不変量を発見し、それを用いてリーマン面のモジュライ空間の「曲がり具合」を記述した。久野雄介氏との共同研究で、リーマン面の交叉形式の二つの精密化であるゴールドマン・リー代数と斜交的導分のリー代数を結びつける新しい方法を発見し、応用として、非可換ピカール・レフシェッツ公式を証明した。