論文

査読有り
2000年

特性的自己効力感が課題固有の自己効力感の変容に与える影響:課題成績のフィードバックの操作を用いて

教育心理学研究
  • 三宅 幹子

48
1
開始ページ
42
終了ページ
51
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.5926/jjep1953.48.1_42
出版者・発行元
The Japanese Association of Educational Psychology

本研究では, 特性的自己効力感 (GSE) が課題固有の自己効力感 (SSE) の変容に及ぼす影響を検討した。実験1では, 72名の大学生をGSE尺度得点によってGSE高群とGSE低群とに分けた。さらに各群をポジティブFB条件, ネガティブFB条件, FBなし条件 (統制条件) の3つの条件に割り当てた。ポジティブFB条件とネガティブFB条件では, それぞれポジティブまたはネガティブに操作されたフィードバックが与えられた。SSEの評定には3種の測度 (予測される課題遂行量に基づき絶対的に評定されるSSE-A, 予測される偏差値に基づき相対的に評定されるSSE-R, 総合的に評定されるSSE-T) を使用したが, GSE群間に差が見られたのは, SSE-Aにおいてのみであった。SSE-Aの値は, ネガティブFB条件下でGSE高群の方がGSE低群よりも有意に高かった。他の2つのFB条件下ではGSE高群とGSE低群との間に有意な差はなかった。SSE-T, SSE-Rでは, いずれのFB条件下でも, GSE群間に有意な差はなかった。実験 2では, 40名の大学生をGSE高群とGSE低群とに分け, さらに各群をネガティブFB条件, FBなし条件に割り当てた。やはり, ネガティブFB条件下でのみ, GSE高群の方がGSE低群よりもSSE-Aの値が高かった。SSE-T, SSE-Rでは, いずれのFB条件下でも, GSE群間に有意な差はなかった。さらに, 課題遂行量にも, ネガティブFB条件下でGSE高群の課題遂行量がGSE低群よりも多くなるという, SSE-Aと同様の変容パターンの傾向が見られた。これらの結果から, GSEの高さがSSE-Aの変容を通じて課題遂行に影響している可能性が示唆された。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.5926/jjep1953.48.1_42
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130004698368
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00345837
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/5449040
URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10625361

エクスポート
BibTeX RIS