諏訪 裕一

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/03 04:09
 
アバター
研究者氏名
諏訪 裕一
 
スワ ユウイチ
所属
中央大学
部署
理工学部
職名
教授
学位
農学修士(東北大学), 農学博士(東北大学)
科研費研究者番号
90154632

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
   
 
中央大学理工学部生命科学科 教授
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1982年3月
東北大学 農学研究科 農芸化学専攻
 

受賞

 
2009年11月
日本微生物生態学会 日本微生物生態学会2009年度論文賞 Denitrification activity and relevant bacteria revealed by nitrite reductase gene fragments in soil of temperate mixed forest.
受賞者: Katsuyama, C., N.Kondo, Y.Suwa, T.Yamagishi, M.Itoh, N.Ohte, H.Kimura, K.Nagaosa, and K.Kato
 
2008年11月
日本微生物生態学会 日本微生物生態学会2008年度論文賞 Detection of Anammox Activity and Diversity of Anammox Bacteria-Related 16S rRNA Genes in Coastal Marine Sediment in Japan.
受賞者: Amano, Teruki, Ikuo Yoshinaga, Kentaro Okada, Takao Yamagishi, Shingo Ueda, Akira Obuchi, Yoshihiko Sako and Yuichi Suwa
 
1996年12月
(社)土木学会環境工学委員会 第33回環境工学研究フォーラム新技術プロジェクト賞 高濃度アンモニア排水処理技術(1)-多段処理による高濃度アンモニア排水処理の検討-
受賞者: 日立プラント建設(株)橋本信子・角野立夫・能登一彦・小笠原多佳子、資源環境技術総合研究所 諏訪裕一
 
1996年10月
通商産業省工業技術院資源環境技術総合研究所 資源環境技術総合研究所長優秀業務表彰 新規な窒素処理技術開発と微生物群集構造解析の研究
 
1995年3月
(社)日本水環境学会 論文奨励賞「広瀬賞」 Ammonia-Oxidizing Bacteria with Different Sensitivities to (NH4)2SO4 in Activated Sludges.
 

論文

 
Christopher J. Sedlacek, Brian McGowan, Yuichi Suwa, Luis Sayavedra-Soto, Hendrikus J. Laanbroek, Lisa Y. Stein, Jeanette M. Norton, Martin G. Klotz and Annette Bollmann
Microb. Ecol.      2019年
Measurement of the Potential Rates of Dissimilatory Nitrate Reduction to Ammonium Based on 14NH4+/15NH4+ Analyses via Sequential Conversion to N2O.
Megumi Kuroiwa, Keitaro Fukushima, Kazuma Hashimoto, Yukiko Senga, Tsubasa Sato, Chie Katsuyama, Yuichi Suwa
J Visualized Experiemnts      2019年   [査読有り]
Yukiko Senga, Tsubasa Sato, Megumi Kuroiwa, Seiichi Nohara and Yuichi Suwa
Estuaries and Coasts   42 665-674   2019年1月   [査読有り]
Highly abundant acidophilic ammonia-oxidizing archaea causes high rates of nitrification and nitrate leaching in nitrogen-saturated forest soils
Isobe, K., Ikutani, J., Fang, Y., Yoh, M., Mo, J., Suwa, Y., Yoshida, Y., Senoo, K., Otsuka, S. and Koba, K.
Soil Biology and Biochemistry   122 220-227   2018年7月   [査読有り]
Quantitative evaluation of inhibitory effect of various substances on anaerobic ammonia oxidation (anammox)
Nakamura, T., Harigaya, Y., Kimura, Y., Kuroiwa, M., Kurata, Y., Isaka, K. and Suwa, Y.
J. Biosci. Bioengng.   10.1016/j.biosc.2017.04.010 x   2017年   [査読有り]

Misc

 
Complete genome sequence of Nitrosomonas sp. Is79, an ammonia oxidizing bacterium adapted to low concentrations.
Bollmann, A., Sedlacek, C.J., Norton, J., Laanbroek, H.J., Suwa, Y., Stein, L.Y., Klotz, M.G., Arp, D., Sayavedra-Soto, L., Lu, M., Bruce, S., Detter, C., Tapia, R., Han, J., Woyke, T., Lucas, S. M., Pitluck, S., Pennacchio, L., Nolan, M., Land, M.L., Huntemann, M., Deshpande, S., Han, C., Chen, A., Krypides, N., Mavromatis, K., Markowitz, V., Szeto, E., Ivanova, N., Mikhailova, N., Pagani, I., Pati, A., Peters, L., Ovchinnikova, G., Goodwin, L.A.
Stand Genomic Sci.   (7) 469-482   2013年
N2O emission from degraded soybean nodules depends on denitrification by Bradyrhizobium japonicum and other microbes in the rhizosphere.
Inaba, S., Ikenishi, F., Itakura, M., Kikuchi, M., Eda, S., Chiba, N., Katsuyama, C., Suwa, Y., Mitsui, H. and Minamisawa, K.
Microbes and Environments   (27) 470-476   2012年
環境中のアナモックス細菌と窒素循環-嫌気的アンモニア酸化にあずかる多様な細菌群集の存在と棲み分け-
吉永郁生,天野皓己,諏訪裕一
化学と生物   47(2) 82-84   2009年2月
Genetic Diversity of 2,4-Dichlorophenoxyacetic Acid (2,4-D) Catabolic Genes
Nakatsu, C.H.,ほか16名
197-206   1997年4月

書籍等出版物

 
微生物の地球化学 元素をめぐる微生物学 第3版
太田寛行,難波謙二,諏訪裕一,片山葉子 (担当:共訳)
東海大学出版部   2015年6月   
Nitrification in Wastewater Treatment.
Okabe, S., Aoi, Y., Sotoh, H. and Suwa, Y.
ASM Press Washington D.C., USA.   2011年   
産総研シリーズ;エコテクノロジー~化学物質のリスク削減技術
小渕存、諏訪裕一、山岸昂夫
丸善   2004年3月   
産総研シリーズ;エコテクノロジー~化学物質のリスク削減技術
小渕存、諏訪裕一、山岸昂夫
丸善   2004年3月   
環境ハンドブック
諏訪裕一(茅陽一監,石谷久編)
丸善   2002年10月   

講演・口頭発表等

 
森林土壌の含水率操作培養によるNO2-生成速度と硝化微生物の変化
Nakagomi, R., Nagano, S., Takahashi, H., Tanaka, N., Oda, T., Kuroiwa, M. and Suwa, Y.
微生物生態学会第32回大会   2018年7月   
土壌抽出液培地による新規な硝化菌培養の可能性
Umezawa, C., Kuroiwa, M., Hashimoto, T., Isobe, K. and Suwa, Y.
微生物生態学会第32回大会   2018年7月   
作物残さに存在する脱窒菌の分離とそのゲノム解析
Tago, K., Tokuda, S., Yong, G., Kuroiwa, M., Nakamura, T., Nishizawa, T., Suwa, Y. and Hayatsu, M.
微生物生態学会第32回大会   2018年7月   
NO2-生成速度はNO2-消費経路をどのように変化させるのか~土壌の含水率調整・長期培養による検証~
田中直斗, 高橋大貴, 長野紫織, 中込里穂, 小田智基, 黒岩恵, 諏訪裕一
第65回日本生態学会大会   2018年3月   
森林土壌におけるNO2-生成の制御要因の検証~含水率によるアンモニア酸化微生物アバンダンスの変動~
中込 里穂, 長野 紫織, 高橋 大貴, 田中 直斗, 小田 智基, 黒岩 恵, 諏訪 裕一
第65回日本生態学会大会   2018年3月   

競争的資金等の研究課題

 
生産物を鋭敏に分析する方法を活用した低栄養な環境で優占する微生物の新規計数法の開発と未知微生物の分離
公益財団法人 発酵研究所: 奨学寄付金
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 諏訪裕一
安定同位体トレーサーを用いた感度の高い微生物活性検出法を利用して,特定の機能を持つ微生物の計数の効率化と,新規な微生物の分離方法を確立する。