石原 美弥

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/19 15:34
 
アバター
研究者氏名
石原 美弥
 
イシハラ ミヤ
所属
防衛省 防衛医科大学校
部署
医用工学講座
職名
教授
学位
修士(工学)(慶應義塾大学大学院), 博士(医学)(北里大学)
その他の所属
東海大学医学部医学科

研究分野

 
 

論文

 
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Ryota Sato, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara, Toshiharu Teranishi
Optical Review   25(3) 365-374   2018年7月   [査読有り]
さまざまな形状や大きさの金ナノ粒子から発生する光音響信号を数値計算によってシミュレーションし、実験的に測定した.シミュレーションと実験は一致した.
前立腺癌の局在診断における光音響画像化技術
堀口 明男, 新地 祐介, 伊藤 敬一, 浅野 友彦, 早川 正道, 和田 隆亜, 新本 弘, 津田 均, 石原 美弥
泌尿器外科   31 739-740   2018年6月   [査読有り]
Takeshi Hirasawa, Ryu J Iwatate, Mako Kamiya, Shinpei Okawa, Masanori Fujita, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
Applied Optics   57(10) 2383-2393   2018年3月   [査読有り]
マルチスペクトル光音響イメージングにおいてスペクトルピークを強調するためにスペクトル微分法を使用することを提案した。本法の有効性を実験的に実証した。
Dai Murakoshi, Kazuhiro Hirota, Hiroyasu Ishii, Atsushi Hashimoto, Tetsurou Ebata, Kaku Irisawa, Takatsugu Wada, Toshiro Hayakawa, 伊藤 健司, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   104945L-1-104945L-8   2018年2月   [査読有り]
Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Kazuhiro Tsujita, Toshihiro Kushibiki, Masanori Fujita, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   10494 104943M-1-104943M-6   2018年2月   [査読有り]
P(VDF-TrFE)アレイ超音波センサを有する光音響トモグラフィ装置を構成し,吸光度の検出下限について評価するために生体模擬ファントムを用いた実験を行った。
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Kazuhiro Tsujita, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   10494 104944Y-1-104944Y-6   2018年2月   [査読有り]
モンテカルロ法と線形化を用いた定量的光音響画像再構成法を提案し、数値シミュレーションとファントム実験で検証を行った.
光音響イメージングとその応用
石原 美弥
OPTICS DESIGN 光設計研究グループ機関紙   64 15-20   2018年2月   [査読有り]
Transrectal photoacoustic imaging for guidance of targeted prostate biopsies
Miya Ishihara,Akio Horiguchi,Masayuki Shinchi,Hiroshi Shinmoto,Kaku Irisawa,Takatsugu Wada,Hitoshi Tsuda,Tomohiko Asano
SPIE Photonics West 2018 Technical Program   160-160   2018年2月   [査読有り]
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Optical Review   24(6) 705-726   2017年12月   [査読有り]
2次元定量的光音響画像再構成法を提案し,そのアルゴリズムで用いられている近似法の影響を調査した.
Photoacoustic imaging for cancer detection
石原 美弥
3rd World Congress and Expo on Oncology & Radiology Program   33-33   2017年12月   [査読有り]
光音響イメージング技術とその応用の最新動向
石原 美弥
光学   46(9) 344-355   2017年9月   [査読有り]
医学生物応用のための光音響イメージング技術とその応用
石原 美弥
OPTRONICS   36(9) 56-59   2017年9月   [査読有り]
Akio Horiguchii, Masayuki Shinchi, Akiko Nakamura, Takatsugu Wada, Keiichi Ito, Tomohiko Asano, Hiroshi Shinmoto, Hitoshi Tsuda, Miya Ishihara
Urology   108 212-219   2017年7月   [査読有り]
前立腺癌の局在診断における光音響イメージングの有用性
新地祐介, 堀口明男, 川口真, 伊藤敬一, 浅野友彦, 新本弘, 津田均, 石原美弥
泌尿器外科   30(臨時増刊) 707-709   2017年6月   [査読有り]
前立腺癌は光音響画像によりリング状の低信号を呈した。前立腺癌の局在診断における光音響イメージングの有用性が示された。
Advances in clinical application of photoacoustic imaging
石原 美弥
31st KAST International Symposium Photoacoustic Imaging in Medicine and Biology   34-35   2017年7月   [査読有り][招待有り]
Kaku Irisawa, Takatsugu Wada, Toshiro Hayakawa, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   10252 1025205-1-1025205-3   2017年4月   [査読有り]
Miya Ishihara, 新地 祐介, Akio Horiguchi, Hiroshi Shinmoto, Hitoshi Tsuda, Kaku Irisawa, Takatsugu Wada, Tomohiko Asano
Proceedings of SPIE   10064 100642U-01-100642U-05   2017年3月   [査読有り]
経直腸プローベによる光音響画像は前立腺癌の局在診断に有用な可能性がある
Shinpei Okawa, Sei Kiguna, Takeshi Hirasawa, Kaku Irisawa, Kazuhiro Hirota, Takatsugu Wada, Toshihiro Kushibiki, Kenichi Furuya, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   10064 100642S-1-100642S-7   2017年3月   [査読有り]
光音響と超音波イメージングシステムと経腟プローブを用いた子宮頸部病変の診断について報告した。
Takeshi Hirasawa, Ryu J Iwatate, Mako Kamiya, Shinpei Okawa, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   19(1) 1006434-1-1006434-7   2017年3月   [査読有り]
様々な有機小分子の光音響信号発生特性を評価した。蛍光量子収率が低い分子が効率的に光音響信号を発生した
特集:光音響技術の最新動向 光音響バイオイメージング(Photoacoustic Bio-Imaging) の最新動向
石原 美弥
光アライアンス   28(3) 1-3   2017年3月   [査読有り]
Miya Ishihara, Masayuki Shinchi,Akio Horiguchi,Hiroshi Shinmoto,Hitoshi Tsuda,Kaku Irisawa,Takatsugu Wada,Tomohiko Asano
Proceedings of SPIE   10064 100642U-01-100642U-05   2017年3月   [査読有り]
光と超音波を融合して生体の内部をイメージングする:光音響イメージング
石原 美弥
実験医学   35(3) 460-464   2017年2月   [査読有り]
Multispectral photoacoustic imaging of tumours in mice injected with an enzyme-activatable photoacoustic probe
Takeshi Hirasawa, Ryu J Iwatate, Mako Kamiya, Shinpei Okawa, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
Journal of Optics   19(1) 014002-1-014002-14   2017年1月   [査読有り]
酵素活性型の光音響プローブを可視化するためのマルチスペクトル光音響イメージング技術を開発した。ファントム実験と動物実験の両方でこの技術を評価した。
Numerical and experimental studies on quantification of the optical properties by use of photoacoustic measurement
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
マス・フォア・インダストリ研究 Mathematical Background and Future Progress of Practical Inverse Problems   5 81-109   2016年3月   [査読有り]
Numerical and experimental studies on quantification of the optical properties by use of photoacoustic measurement were summerized.
Miya Ishihara, Akio Horiguchi, Hiroshi Shinmoto, Hitoshi Tsuda, Kaku Irisawa, Takatsugu Wada, Tomohiko Asano
Proceedings of SPIE   9708 970852-1-970852-6   2016年3月   [査読有り]
Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Ryu J Iwatate, Mako Kamiya, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   9708 970834-1-970834-7   2016年3月   [査読有り]
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Ryota Sato, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara, Toshiharu Teranishi
Proceedings of SPIE   9708 970836-1-970836-5   2016年3月   [査読有り]
Kaku Irisawa, Kazuhiro Hirota, Atsushi Hashimoto, Dai Murakoshi, Hiroyasu Ishii, Takuji Tada, Takatsugu Wada, Toshiro Hayakawa, Azuma Ryuichi, Naoki Otani, Otani Naoki, Ito Kenji, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   9708 970807-1-970807-10   2016年3月   [査読有り]
光音響画像の性能を決める指標に関する基礎的検討
石原美弥
電気学会研究会資料 光・量子デバイス研究会   OQD-16-025 43-46   2016年1月   [査読有り]
Taku Ukai, Masato Sato, Miya Ishihara, Munetaka Yokoyama, Tomonori Takagaki, Genya Mitani, Yoshiki Tani, Tomohiro Yamashita, Yutaka Imai, Joji Mochida
Arthritis Research & Therapy   17 383-1-383-10   2015年12月   [査読有り]
Makoto Takikawa, Shingo Nakamura, Masayuki Ishihara, Takabayashi Yuki, Masanori Fujita, Hidemi Hattori, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Journal of Surgical Research   196(2) 247-257   2015年6月   [査読有り]
航空機に搭載する医療機器の電磁適合性〜米軍及び我が国の対応〜
藤田真敬, 櫛引俊宏, 石原美弥, 大類伸浩, 金谷泰宏, 高田邦夫, 立花正一
防衛医科大学校雑誌   40(2) 85-97   2015年6月   [査読有り]
Miya Ishihara, Kazuhiro Tsujita, Horiguchi Akio, Kaku Irisawa, Tomohiro Komatsu, Makoto Ayaori, Takeshi Hirasawa, Tadashi Kasamatsu, Kazuhiro Hirota, Hitoshi Tsuda, Katsunori Ikewaki, Tomohiko Asano
Proceedings of SPIE   9323 93232K-1-93232K-7   2015年3月   [査読有り]
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   9323 93231X-1-93231X-6   2015年3月   [査読有り]
Kushibiki T, Okawa S, Hirasawa T, Ishihara M
Gene Therapy   22 553-559   2015年3月   [査読有り]
Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Mako Kamiya, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   9323 93233C-1-93233C-7   2015年3月   [査読有り]
Image reconstruction of the absorption coefficients with l1-norm minimization from photoacoustic measurements
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Quantitative Imaging in Medicine and Surgery   5(1) 78-85   2015年2月   [査読有り]
ナノメディシンに向けた光・量子ビーム応用技術調査専門委員会の活動総括
石原 美弥
電気学会研究会資料 光・量子デバイス研究会   OQD-15-010 39-42   2015年1月   [査読有り]
2.バイオメディカルフォトニクスの生体イメージング応用に関する技術動向 2.3光音響イメージング
石原 美弥
電気学会技術報告 バイオメディカル・フォトニクス応用技術2   (1328) 14-18   2015年1月   [査読有り]
分光を利用した光音響イメージング
石原美弥
電気学会研究会資料 光・量子デバイス研究会   OQD-15-007 27-29   2015年1月   [査読有り]
網羅的測定に基づく金ナノ粒子の光音響特性
石原美弥, 平沢壮, 佐藤良太, 大川晋平, 浦野泰照, 寺西利治
電気学会研究会資料 光・量子デバイス研究会資料   OQD-14-035 5-8   2014年9月   [査読有り]
金ナノ粒子を用いた光音響信号増強に関する基礎的検討
石原美弥, 平沢壮, 佐藤良太, 大川晋平, 寺西利治
日本超音波医学会 基礎技術研究会資料   2014(3) 39-42   2014年9月   [査読有り]
Nakayama Takefumi, Fujita Masanori, Ishihara Masayuki, Ishihara Miya, Ogata Syo, Yamamoto Yoritsuna, Shimizu Masafumi, Maehara Tadaaki, Kanatani Yasuhiro, Tachibana Shoichi
Journal of Surgical Research   188 250-259   2014年3月   [査読有り]
Quantification of optical attenuation coefficient based on continuous wavelet transform of photoacoustic signals measured by a focused broadband acoustic sensor
Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Masanori Fujita, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   8943 89435Z-1-89435Z-8   2014年3月   [査読有り]
Reconstruction of the optical absorption coefficient from photoacoustic signals measured by scanning coaxial probe with regularization methods
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   8943 89433W-1-89433W-8   2014年3月   [査読有り]
The effect of surface charge of plasmonic gold nanoparticles on photoacoustic signal
Miya Ishihara, Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Ryota Sato, Yasuteru Urano, Toshiharu Teranishi
Proceedings of SPIE   8943 89434D-1-89434D-6   2014年3月   [査読有り]
Uncooled infrared camera for the noninvasive visualization of the vascular flow in an anastomotic vessel during neurosurgical surgery
Otani N, Ishihara M, Nakai K, Fujita M, Wada K, Mori K
Neuro Med Chir (Tokyo)   35(3) 223-226   2014年1月   [査読有り]
Takeshi Hirasawa, Masanori Fujita, Shinpei Okawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Applied Optics   52(35) 8562-8571   2013年12月   [査読有り]
光音響信号の周波数成分が画像性能に与える影響
石原美弥
電気学会研究会資料 光・量子デバイス研究会   OQD-13-047 27-29   2013年11月   [査読有り]
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Optical Review   20(5) 442-451   2013年10月   [査読有り]
Photoacoustic signal enhancement by localized surface plasmon of gold nanoparticles
Miya Ishihara, Shinpei Okawa, Ryota Sato, Takeshi Hirasawa, Toshiharu Teranishi
Proceedings of the International Conference Nanomaterials: Applications and Properties   2(4) 04NABM12-1-04NABM12-3   2013年8月   [査読有り]
「光音響(光超音波)画像の最前線?」の特集によせて
石原 美弥
日本レーザー医学会誌   34(1) 9-9   2013年6月   [査読有り]
Toshihiro Kushibiki, Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Miya Ishihara
Photomedicine and Laser Surgery   31(3) 95-104   2013年3月   [査読有り]
Takeshi Hirasawa, Masanori Fujita, Shinpei Okawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   8581 85814J-1-85814J-7   2013年3月   [査読有り]
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   8581 858135-1-858135-6   2013年3月   [査読有り]
「光音響(光超音波)画像の最前線」の特集によせて
石原 美弥
日本レーザー医学会誌   33(4) 366-366   2013年1月   [査読有り]
光音響(光超音波)画像は新しい画像診断技術として、非侵襲、装置の可搬性、術中、術前診断、治療時の補助画像、診療各科でいかに日々の臨床に取り入れるべきかを、医工連携を特徴とする、日本レーザー医学会において、提唱し、特集した。
レーザー生体相互作用とその治療と診断への応用
石原美弥
光学   41(11) 548-555   2012年11月   [査読有り]
光音響信号源分布画像化の逆問題解法によるアプローチ
大川晋平, 平沢壮, 櫛引俊宏, 石原美弥
電気学会 光・量子デバイス研究会資料   OQD-12-030 27-31   2012年9月   [査読有り]
石原美弥
電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   132(8) 1287-1290   2012年8月   [査読有り]
5.バイオメディカルフォトニクスの治療技術応用に関する技術動向 5.1光音響技術の応用 5.1.1光音響画像の高分解能化のための画像再構成
石原 美弥
電気学会技術報告   (1250) 46-49   2012年6月   [査読有り]
光音響画像の画像再構成処理としてFTA を導入し、画像の分解能と、受信プローブの指向特性、画像化対象の深さとの関係をシミュレーションにより検証した。また、実験により、シミュレーションの結果を確認した。
連続ウェーブレット変換を用いた光音響信号解析による光吸収係数同定法の開発
平沢壮, 櫛引俊宏, 藤田真敬, 石原美弥
第51回日本生体医工学会      2012年5月   [査読有り]
Masato Sato, Kazuhiro Shin-ya, Jeong IK Lee, Miya Ishihara, Toshihiro Nagai, Nagatoshi Kaneshiro, Genya Mitani, Hidetoshi Tahara, Joji Mochida
BMC Musculoskeletal Disorders   13 Jan-51-Oct-51   2012年4月   [査読有り]
Satoko Kawauchi, Shunichi Sato, Yoichi Uozumi, Hiroshi Nawashiro, Miya Ishihara, Hiroshi Ashida
Proceedings of SPIE   8211 82110C-1-82110C-6   2012年3月   [査読有り]
Takeshi Hirasawa, Miya Ishihara, Kazuhiro Tsujita, Kazuhiro Hirota, Kaku Irisawa, Manabu Kitagaki, Masanori Fujita, Makoto Kikuchi
Proceedings of SPIE   8223 822333-1-822333-7   2012年2月   [査読有り]
Kaku Irisawa, Takeshi Hirasawa, Kazuhiro Hirota, Kazuhiro Tsujita, Miya Ishihara
Proceedings of SPIE   8223 82232W-1-82232W-8   2012年2月   [査読有り]
光と超音波のハイブリッドモダリティとしての光音響画像
石原美弥
医学のあゆみ   240(6) 487-491   2012年2月   [査読有り]
Kitagaki Manabu, Isoda Kikuo, Kamada Haruhiko, Kobayashi Takayuki, Tsunoda Shinichi, Tsutsumi Yasuo, Niida Tomiharu, Kujiraoka Takehiko, Ishigami Norio, Ishihara Miya
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   19(1) 36-46   2012年1月   [査読有り]
光音響画像化技術の要素技術開発とシステム化:動物モデルによる性能検証
平沢壮, 石原美弥, 藤田真敬, 北垣学, 大谷直樹, 菊地眞
Optics and Photonics Japan 2011   P65-1-P65-2   2011年11月   [査読有り]
Masato Sato, Miya Ishihara, Makoto Kikuchi, Joji Mochida
Lasers in Surgery and Medicine   43(9) 921-926   2011年10月   [査読有り]
iPS細胞の移植治療時における腫瘍抑制法の開発
松村耕治, 石原美弥, 市来やよい, 小林靖, 佐々木功典, 菊地眞
Cytometry Research   21(2) 35-41   2011年10月   [査読有り]
光音響技術を利用した選択的イメージングの動物モデルによる検証
平沢壮, 石原美弥, 藤田真敬, 北垣学, 大谷直樹, 堀口明男, 菊地眞
日本レーザー医学会誌   32(3) 334-334   2011年10月   [査読有り]
光音響画像化技術の最新動向
石原美弥
第3回 BioOpto Japan カンファレンス 「医療・診断セッション」カンファレンス予稿集   3-1-3-22   2011年9月   [査読有り]
Masato Sato, Miya Ishihara, Makoto Kikuchi, Joji Mochida
Lasers in Surgery and Medicine   43(5) 421-432   2011年7月   [査読有り]
Izumi Nishidate, Satoko Kawauchi, Shunichi Sato, Miya Ishihara, Makoto Kikuchi, Manabu Sato
Proceedings of SPIE   8087 80872P-1-80872P-9   2011年6月   [査読有り]
Photoacoustic Measurement Technology in Regenerative Medicine of Articular Cartilage
Miya Ishihara, Masato Sato, Toshiharu Kutsuna, Joji Mochida, Makoto Kikuchi
第50回日本生体医工学学会      2011年4月   [査読有り]
深部組織の高分解能画像化に向けた光音響画像診断法の開発と評価
第50回日本生体医工学会      2011年4月   [査読有り]
Takeshi Hirasawa, Miya Ishihara, Kitagaki Manabu, Isao Bansaku, Masanori Fujita, Makoto Kikuchi
Proceedings of SPIE   7899 789932-1-789932-6   2011年2月   [査読有り]
Kazuhiro Tsujita, Miya Ishihara, Takeshi Hirasawa, Kaku Irisawa, Kazuhiro Hirota, Yoshiaki Satoh, Makoto Kikuchi
Proceedings of SPIE   7899 78992W-1-78992W-6   2011年2月   [査読有り]
Kawauchi Satoko, Sato Shunichi, Uozumi Yoichi, Nawashiro Hiroshi, Ishihara Miya, Kikuchi Makoto
Journal of Biomedical Optics   16(2) 027002-1-027002-8   2011年2月   [査読有り]
Miya Ishihara, Takeshi Hirasawa, Kazuhiro Tsujita, Manabu Kitagaki, Isao Bansaku, Masanori Fujita, Makoto Kikuchi
Proceedings of SPIE   7899 78992Z-1-78992Z-5   2011年2月   [査読有り]
Kawauchi Satoko, Sato Shunichi, Uozumi Yoichi, Nawashiro Hiroshi, Ishihara Miya, Kikuchi Makoto
Proceedings of SPIE   7907 79070M1-79070M6   2011年2月   [査読有り]
光音響画像化技術の現状
石原美弥, 平沢壮, 菊地眞
電気学会研究会資料 光・量子デバイス研究会   QOD-10-046〜054 35-38   2010年12月   [査読有り]
光音響原理を利用した非侵襲的診断法
石原美弥
第2回 BioOpto Japan 2010 カンファレンス   3-1-3-14   2010年10月   [査読有り]
光音響断層画像化技術による機能診断イメージング
石原美弥, 平沢壮, 北垣学, 番作勲, 藤田真敬, 菊地眞
日本レーザー医学会誌   31(3) 325-325   2010年10月   [査読有り]
光音響計測技術の軟骨再生医療への可能性と展開
石原美弥, 佐藤正人, 沓名寿治, 三谷玄弥, 持田讓治, 菊地眞
日本レーザー医学会誌   31(3) 297-297   2010年10月   [査読有り]
医療機器における医療機器の保守点検ガイドラインに関する研究
石原美弥, 菊地眞, 北垣学, 加納隆, 小野哲章
医療機器学会   80(5) 591-592   2010年10月   [査読有り]
時間分解自家蛍光スペクトル分析によるScaffoldFree組織工学的軟骨の非侵襲的性状評価
沓名寿治, 佐藤正人, 石原美弥, 古川克子, 長井敏洋, 牛田多加志, 菊地眞, 持田讓治
日本レーザー医学会誌   31(3) 298-298   2010年10月   [査読有り]
生体深部の高分解能画像化に向けた光音響画像化法の開発
平沢壮, 石原美弥, 北垣学, 番作勲, 藤田真敬, 菊地眞
日本レーザー医学会誌   31(3) 325-325   2010年10月   [査読有り]
レーザー照射が椎間板細胞に与える影響 - PLDDへの警鐘 - The influence of the laser irradiation on intervertebral disc cells - Striking a note of warning against PLDD -
佐藤正人, 石原美弥, 荒井恒憲, 菊地眞, 持田讓治
日本レーザー医学会誌   31(2) 146-151   2010年9月   [査読有り]
光音響画像の高分解能化のための画像再構成手法の検証
平沢壮, 石原美弥, 北垣学, 藤田真敬, 菊地眞
電気学会研究会資料 光・量子デバイス研究会   OQD-10-032~038 31-35   2010年9月   [査読有り]
ナノ秒パルスレーザーによる関節軟骨の機能評価
佐藤正人, 石原美弥, 三谷玄弥, 沓名寿治, 芹ヶ野健司, 菊地眞, 持田讓治
日本整形外科学会雑誌   84(8) S1017-S1017   2010年8月   [査読有り]
旋回培養法における至適旋回数について時間分解自家蛍光スペクトル測定(TR-LIFS)による評価
沓名寿治, 佐藤正人, 石原美弥, 古川克子, 長井敏洋, 牛田多加志, 菊地眞, 持田讓治
日本整形外科学会雑誌   84(4) S1330-S1330   2010年8月   [査読有り]
軟骨細胞シート評価のためのハイパースペクトル顕微鏡システムの構築
石原美弥, 佐藤正人, 谷川待子, 松村耕治, 持田讓治, 菊地眞
日本整形外科学会雑誌   84(4) S1331-S1331   2010年8月   [査読有り]
Development of the photoacoustic imaging system toward functional deep tissue imaging
Miya Ishihara, Kazuhiro Tsujita, Takeshi Hirasawa, Isao Bansaku, Yoshiaki Sato, Manabu Kitagaki, Masanori Fujita, Makoto Kikuchi
第49回日本生体医工学会      2010年6月   [査読有り]
Satoshi Kogure, Keiichi Inoue, Tsutomu Ohmori, Miya Ishihara, Makoto Kikuchi, Masaaki Fujii, Makoto Sakai
Optics Express   18(13) 13402-13406   2010年6月   [査読有り]
Toshiharu Kutsuna, Masato Sato, Miya Ishihara, Katsuko Furukawa, Toshihiro Nagai, Makoto Kikuchi, Takashi Ushida, Joji Mochida
Tissue Engineering Part C: Methods   16(3) 365-373   2010年5月   [査読有り]
Kawauchi Satoko, Sato Shunichi, Uozumi Yoichi, Nawashiro Hiroshi, Ishihara Miya, Kikuchi Makoto
Proceedings of SPIE   7573 75730U1-75730U5   2010年2月   [査読有り]
Tsutomu Ohmori, Miya Ishihara, Kazuhiro Tsujita, IsaoBansaku, Makoto Kikuchi
Proceedings of SPIE   7564 75642V-1-75642V-7   2010年2月   [査読有り]
[新しい顕微鏡技術を用いたレーザー医療]の特集によせて
石原 美弥
日本レーザー医学会誌   30(4) 415-415   2010年1月   [査読有り]
レーザーのバイオ応用の1つに光の特色を最大限に利用した顕微鏡技術が新しく開発・研究されている。特集号として,いくつかの技術を紹介した。
Miya Ishihara, Masato Sato, Matsumura Koji, Junya Toguchida, Joji Mochida, Makoto Kikuchi
Proceedings of SPIE   7566 756606-1-756606-5   2010年1月   [査読有り]

Misc

 
光音響イメージングが臨床に役立つためには:光で標的化し、超音波でイメージングする光音響イメージング
石原 美弥
MEDICAL PHOTONICS   25 11-16   2018年1月
近赤外光を用いた次世代生体イメージング:拡散光・蛍光・光音響トモグラフィー
大川 晋平, 石原 美弥, 西村 吾朗, 星 詳子
計測と制御   56(11) 863-868   2017年11月
光を用いた生体トモグラフィーの原理と応用について解説した
分子イメージングのためのマルチスペクトル光音響イメージング及びがんイメージングへの応用
平沢 壮, 岩立 竜, 神谷 真子, 大川 晋平, 櫛引 俊宏, 浦野 泰照, 石原 美弥
OPTRONICS   36(9) 60-65   2017年9月
マルチスペクトル光音響イメージングと,そのがんイメージングへの応用について解説した
光音響シミュレーションと定量的トモグラフィー画像再構成-光音響を用いたより高度な診断を目指して-
大川 晋平, 平沢 壮, 佐藤 良太, 櫛引 俊宏, 石原 美弥, 寺西 利治
OPTRONICS   36(9) 66-71   2017年9月
生体内の光音響シミュレーションとそれを用いた定量的トモグラフィー画像再構成法について解説した
これからのEMC(Electro Magnetic Compatibility)2017
櫛引 俊宏, 石原 美弥, 藤田 真敬
EMC (Electro Magnetic Compatibility)   29(9) 32-33   2017年1月
平成27年から開始された「医療機関における電波利用の推進に関する検討の開始」に関する経緯、医療機関における医療データ伝送の途絶など近年の医療機関の電磁環境の課題や平成28年3月に報告された医用テレメータの安全使用に関するガイドライン」について最新情報から解説を行った。
生体組織を対象とした光音響イメージングの原理とその応用
石原 美弥
応用物理   85(3) 186-192   2016年3月
光音響顕微鏡
石原 美弥
病理と臨床   34(1) 89-94   2016年1月
オプトジェネティクスの医療応用
櫛引 俊宏, 平沢 壮, 大川 晋平, 石原 美弥
日本レーザー医学会誌   36(4) 482-488   2016年1月
オプトジェネティクスの基礎的な原理から医療への応用例を記述し、医療応用に必要な技術と今後の研究展望について記述した。
これからのEMC(Electro Magnetic Compatibility)2016
櫛引 俊宏, 石原 美弥, 藤田 真敬
EMC (Electro Magnetic Compatibility)   28(9) 30-31   2016年1月
大災害においては、地域の医療施設の収容能力を超えた多数の患者が発生するため重症患者を広域に航空搬送する必要が生じる。医療機器の航空機への搭載基準が統一されていない現在、効率的な重症患者空輸は難しい。医療機器に対する携帯電話使用の緩和、電波を生じる医療機器の7航空機搭載について概説し、航空機に搭載する医療機器の基準統一の必要性を提言した。
金ナノ粒子の潜在力を引き出す光音響イメージングプローブの開発
石原 美弥, 寺西利治
化学工業   66(10) 725-730   2015年10月
低出力レーザーを用いた骨髄間葉系幹細胞治療への応用
Kushibiki T, Hirasawa T, Okawa S, Ishihara M
Stem Cells International   2015(974864) 1-12   2015年7月
本論文では低出力レーザーを用いた骨髄間葉系幹細胞治療への応用をまとめた。
オプトジェネティクスによる疾病治療への展望
櫛引 俊宏, 大川 晋平, 平沢 壮, 石原 美弥
光アライアンス   26 33-37   2015年7月
光技術と遺伝子操作技術を組み合わせたオプトジェネティクスにより、光による細胞機能制御技術が報告されている。本稿ではオプトジェネティクスで用いられる代表的な光活性化タンパク質を列挙し、オプトジェネティクスによる疾病治療の可能性について記述した。
これからのEMC(Electro Magnetic Compatibility)2015
藤田 真敬, 櫛引 俊宏, 石原 美弥
EMC (Electro Magnetic Compatibility)   27(9) 31-32   2015年1月
電車内、病院内の携帯電話使用の規制が緩和された。重症患者空輸の現場において医療機器の搭載の指針が未統一のため、支障を来している。機関により、操縦室の電子機器の電磁適合性基準をそのまま用いており、他の機関では基準無く患者の空輸を優先考慮している。基準無く患者空輸に電子機器を用いた事例で危険事象は生じていない。災害時の患者空輸の効率化にむけて、これらの指針を官民統一することが喫緊の課題である。
光音響イメージングの臨床価値を図る
石原 美弥
超音波TECHNO   26(6) 21-24   2014年12月
光音響計測による生体内光学特性値分布の定量的イメージング
大川 晋平, 平沢 壮, 櫛引 俊宏, 石原 美弥
日本レーザー医学会誌   35(2) 140-150   2014年8月
光音響測定データから生体内の光吸収体分布を画像化する技術を概観し,著者らの研究を紹介した.
II.次世代骨バイオイメージング4.骨・軟骨イメージング(光音響を用いて)
石原 美弥, 佐藤正人
THE BONE   28(2) 105-110   2014年6月
III. 分子イメージングの最新動向4.超音波イメージングの最新動向1)光音響イメージングの現状と展望
石原 美弥
INNERVISION   29(7) 45-48   2014年6月
光音響計測技術を用いた分子イメージング
石原 美弥
日本分子イメージング学会機関誌   7(2) 3-5   2014年5月
オプトジェネティクス:光による新しい細胞機能制御技術
Toshihiro Kushibiki, Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Miya Ishihara
International Journal of Photoenergy   895039-895039   2014年4月
神経生理学分野で発展が期待されるオプトジェネティクスであるが、細胞内シグナル伝達の光制御も可能となり、その適用範囲はほぼ全ての生物種・組織に広がり、様々な疾患や薬剤作用機序の解明にも有用であることを記述した。
レーザー生体相互作用って何?
石原 美弥, 石井克典
MEDICAL PHOTONICS   17 36-37   2014年4月
低出力レーザーの生体作用
櫛引 俊宏, 平沢 壮, 大川 晋平, 石原 美弥
日本レーザー医学会誌   34(4) 384-393   2014年3月
低出力のレーザーを用いた治療であるLow Level Laser Therapy(LLLT)とは、細胞内外に存在する光受容体にレーザーのエネルギーを受容させ、引き続いて起こる生理変化を利用したものである。LLLTが提唱されて40年間で創傷治癒促進、疼痛や炎症の緩和といった有効な生物学的作用が報告されており、近年では幅広い治療分野において応用が試みられている。
オプトジェネティクス(光遺伝学)による細胞機能制御
櫛引 俊宏, 大川 晋平, 平沢 壮, 石原 美弥
日本レーザー医学会誌   34(4) 394-401   2014年3月
光技術と遺伝子操作技術を組み合わせたオプトジェネティクス(光遺伝学)により、光技術を用いた遺伝子発現制御、細胞形態や細胞内シグナルカスケードの制御が報告されている。本稿ではオプトジェネティクスで用いられるチャネルロドプシンやLOV(light oxygen voltage)ドメインなどの光活性化タンパク質について記述し、最近の研究報告を紹介する。
これからのEMC(Electro Magnetic Compatibility)2014
藤田 真敬, 櫛引 俊宏, 石原 美弥
EMC(Electro Magnetic Compatibility)   26(9) 37-38   2014年1月
東日本大震災と福島原発事故では、広域患者空輸の重要性と問題点が明らかになった。重症患者を人工呼吸器や生体監視装置等の医療機器を装着したまま緊急空輸避難させる必要が生じた。米軍においては柔軟克つ効率的に行われているが、我が国では、航空機器と搭載医療機器との電磁干渉を危惧する余り緊急事例への対応が難しい。効率的な重症患者空輸制度の構築に向け機上搭載医療機器の電磁干渉許容基準の緩和の提言を行った。
PDTによる免疫応答に関する総説
Toshihiro Kushibiki, Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Miya Ishihara
Trends in Photochemistry and Photobiology   15 1-16   2013年12月
PDTによる免疫応答に関する最近の報告をまとめた総説論文である。
光音響法を用いた生体計測技術
石原 美弥
光アライアンス   24(9) 12-14   2013年9月
癌診断のための光音響イメージング技術
櫛引 俊宏, 石原 美弥
レーザー研究   41(8) 606-612   2013年8月
癌診断のための光音響イメージング技術に関する総説論文
分化誘導したヒトiPS細胞への放射線照射・温熱による残存未分化細胞除去の検討
梅山 悠伊, 松村 耕治, 石原 美弥, 市来 やよい, 高田 雄三, 小林 靖, 宮平 靖
第7回 医学実験隊・防衛医大研究交流会      2013年7月
未分化hiPS細胞の放射線感受性は分化した細胞と比べると高い。
正常な細胞にくらべて未分化hiPS細胞は43.0?43.5℃の間で熱に感受性を示した。
分化誘導した細胞ディシュへ放射線照射・HTを行うと残存未分化細胞の割合が減少した。
放射線照射・HTした分化誘導細胞をマウス精巣へ移植すると、皮膜内外で増殖する奇形腫の発生が減少した。
LLLTとPDTによるmiRNA発現変化に関する論文
Toshihiro Kushibiki, Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Miya Ishihara
International Journal of Molecular Sciences   14 13542-13558   2013年6月
LLLTやPDTをはじめとする光医療を行った際のmiRNA発現に関する報告をまとめた総説
光音響イメージングの最近の進展
石原 美弥
日本レーザー医学会誌   34(1) 10-13   2013年6月
研究者にとっての死活問題
石原 美弥
三田評論   (1168) 51-51   2013年6月
国際会議報告 Photonics West BiOS 2013
石井 克典, 橋村 圭亮, 北 哲也, 粟津 邦男, 近江 雅人, 平沢 壮, 石原 美弥
国際会議報告 Photonics West BiOS 2013   34(1) 50-54   2013年6月
SPIE Photonics West 2013が,2013年2月2日〜2月7日にアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコで開催された。本国際会議はアメリカ西海岸で行われる世界最大級の医療・バイオ分野における光技術に関する国際会議である。
がん診断のための光音響イメージング
Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
Journal of Analytical Oncology   2(2) 81-97   2013年5月
光音響イメージング(Photoacoustic Imaging)は、高いコントラストを維持しながら生体組織の光学イメージングの解像度と深さの限界を克服する手法の一つである。種々の疾患に対する光音響イメージングの適用が報告されているが、本稿では、癌診断のための光音響イメージングに用いられる光吸収体の生物医学的特徴について、内因性および外因性別にまとめる。
フルエンスと照射強度ってなに?
興雄司, 石原 美弥
MEDICAL PHOTONICS      2013年4月
医師が医療現場でレーザーを使用する際に必要な基礎知識、生体照射で重要となるフルエンスと照射強度について分かり易く纏めた。
PDT後のがん細胞応答に関する論文
Toshihiro Kushibiki, Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Miya Ishihara
Journal of Healthcare Engineering   87-108   2013年3月
本論文はPDT後の細胞内シグナルパスウェイについてまとめた総説論文
解説コラム1 J(ジュール)とW(ワット)はどう使い分けるの?
興雄司, 石原 美弥
MEDICAL PHOTONICS      2013年1月
医師が医療現場でレーザーを使用する際に基礎知識として必要な内容を分かり易く纏めた
細胞観察のための光音響イメージング顕微鏡
櫛引 俊宏, 石原 美弥
レーザー医学会誌      2013年1月
光で励起した超音波を検出する光音響イメージング顕微鏡は、in vivoでの研究を対象としたイメージング研究だけでなく、in vitroでの培養細胞のイメージングの研究にも有用である。本論文では光音響イメージング顕微鏡を用いた研究についてこれまでの報告と今後の展望について記述した。
これからのEMC(Electro Magnetic Compatibility)2013
藤田 真敬, 櫛引 俊宏, 石原 美弥
EMC(Eloctro Magnetic Compatibility)      2013年1月
東日本大震災と福島原発事故では、広域患者空輸の重要性と問題点が明らかになった。重症患者を人工呼吸器や生体監視装置等の医療機器を装着したまま緊急空輸避難させる必要が生じた。米軍においては柔軟克つ効率的に行われているが、我が国では、航空機器と搭載医療機器との電磁干渉を危惧する余り緊急事例への対応が難しい。効率的な重症患者空輸制度の構築に向け機上搭載医療機器の電磁干渉許容基準の緩和の提言を行った。
低出力レーザーにより引き起こされる生体作用
櫛引 俊宏, 平沢 壮, 大川 晋平, 石原 美弥
防衛医科大学校雑誌      2012年12月
低出力のレーザーを用いた治療であるLow Level Laser Therapy(LLLT)とは、細胞内外に存在する光受容体にレーザーのエネルギーを受容させ、引き続いて起こる生理変化を利用したものである。近年では幅広い治療分野において応用が試みられている。本論文では、LLLTに用いられている種々の光源や照射パラメータ―を列挙し、細胞レベルでのLLLTのメカニズムについて解説した。
米国の化学、放射線災害における医療戦略
藤田 真敬, 齋藤 大蔵, 石原 雅之, 石原 美弥, 立花 正一, 金谷 泰宏
防衛医科大学校雑誌      2012年9月
米国における核・化学兵器による大規模災害時の機関連携、患者空輸、血液製剤の供給等、緊急医療支援について訪米調査を行った。初動対応者の基本とされるCBRNE医療対応の教育、市販される教範、軍病院外来の除染室、組立式除染テント、医薬品・機材の備蓄と空輸体制、民間航空機の動員体制、機材の規格統一、血液成分分離装置、公共機関、研究所や企業との研究連携、成果や指針の戦略的広報制度等を総説した。
2)光技術動向調査 6.加工・計測 6.5メディカル応用
石原 美弥
OPTOELECTORONICS 2011(平成23)年度 光産業技術に関する報告書      2012年3月
深部(観察できる深さが数cm)の画像化を可能とする新しい光イメージング技術として、光と超音波の特長を併せ持つハイブリッドモダリティと言われている光音響画像化技術について、主に、その画像化原理や最近の研究動向などについてまとめた。光イメージングのブレークスルーになると考える。
特集 医師からみた光医療最前線 特集にあたって
石原 美弥
O plus E (optics +electronics)      2012年1月
「医師からみた光を使った医療」という切り口を考案し,6編の医師が著者の論文を特集することで,工学側が医療の中に入り込んでいくためのきっかけ作りを図った。これにより,真の医工連携を叶える。
次世代の画像診断装置としての光音響画像化技術開発と医師の期待
藤田 真敬, 平沢 壮, 石原 美弥
O Plus E (optics +electronics)      2012年1月
光音響画像(photoacoustic imaging)の実用化が昨今期待されている。本校医用工学講座を中心とした研究開発チームの成果にが注目されている。今後の我が国の医療技術の発展を思うとき、医学者と理学者、工学者の連携は欠かすことができない。、光音響画像の医療応用の現状、医工連携の重要性、新規に開発される画像機器の医療現場での使い勝手や効率を考慮した着目点を医師の側から論じた。
レーザー・光技術の整形外科領域への応用と展望
佐藤正人, 石原 美弥, 菊地 眞, 持田讓治
O plus E (optics +electronics)      2012年1月
関節軟骨本来の機能である力学特性と組織性状を正確に計測し、定量的に評価することが、より詳細な疾患の病態把握と治療効果判定に重要であり、変形性関節症に対する機能診断を可能とする評価技術の導入が望まれる。光音響原理に基づく粘弾性計測法の原理を提案し,上記の評価技術としての有用性を検証した。
iPS細胞の再生医療応用における腫瘍抑制法の開発
松村 耕治, 石原 美弥, 市来 やよい, 高田 雄三, 新井 仁明, 原澤 たつ代, 石原 雅之, 齋藤 大蔵, 小林 靖, 菊地 眞
第4回 医学実験隊・防衛医大研究交流会      2011年11月
未分化なマウスiPS細胞は放射線に感受性が高い
分化した心筋や神経細胞は逆に放射線に感受性が低い
In vitroで放射線照射(8Gy)した分化誘導細胞をマウスの精巣へ移植すると、奇形腫の発生が有意に減少した
iPS細胞を移植治療へ応用する場合、放射線照射は奇形腫の発症予防のために有効であることが示唆された。
変形性関節症の病態把握と治療効果判定を可能にする定量的機能診断システムの開発
石原 美弥
長寿科学振興財団機関誌 Aging&Health エイジングアンドヘルス 2011年春号 No.57      2011年4月
高齢社会で患者数が激増する変形性関節症の変性度を定量的に測定できる手法を開発した。変性度の指標として力学特性を選んだが、変性に関わる他の指標とよい相関が得られたことから、開発した手法で病態把握や治療効果判定の可能性が示された。
iPS細胞の移植治療時の腫瘍発生を抑制する方法の開発
松村 耕治, 石原 美弥, 市来 やよい, 石原 雅之, 新井 仁明, 高田 雄三, 齋藤 大蔵, 小賀厚徳, 佐々木功典, 小林 靖, 菊地 眞
京都大学iPS細胞研究所セミナー      2011年3月
我々のiPS細胞に関するこれまでの研究成果を報告して意見交換を行った
脳組織バイアビリティーの光学的非侵襲モニタリング法の開発
Satoko Kawauchi, Shunichi Sato, Yoichi Uozumi, Hiroshi Nawashiro, Miya Ishihara, Makoto Kikuchi
Journal of the National Defense Medical College   35(4) 171-182   2010年12月
本研究は,脳組織の新たな光学的生命指標として光散乱に着目し,動物実験により光散乱が虚血から一定時間後に特徴的な三相性変化を示すこと,その開始はATP低下のアラームとなること,その変化はin vivoでも検出可能であり,散乱変化の間,組織は回復可能なことを明らかにした。これら基礎研究成果は脳神経臨床領域の有用な無侵襲脳組織バイアビリティーモニタに発展する可能性があり,本研究はその実現可能性を示した。
「解説コラム」の開始にあたって
石原 美弥, 興 雄司
日本レーザー医学会誌      2010年4月
診療でレーザーを使用するにあたって、疑問に思っている事、知りたいと思っている事をリストアップし、コラムにして解説シリーズを開始することにした。
Photonics West BiOS 2010にみるレーザー医療・バイオ研究の最新動向
石井克典, 近江雅人, 石原 美弥, 粟津邦男
電気学会研究会資料      2010年4月
2009年1月24?29日で,米国カリフォルニア州サンノゼ市サンノゼコンベンションセンターで開催されたPhotonics West 2009 BiOSに参加し,最新のレーザーの医療・医学展開やバイオ研究を中心として発表の概要を報告した。
Photonics West BiOS 2010 参加報告
石井克典, 近江雅人, 石原 美弥, 本多典広, 粟津邦男
日本レーザー医学会誌      2010年4月
世界で最大の光、レーザー光の医療及びバイオ応用の国際学会に参加してきたので、最新情報の提供と学会の様子を報告した。
国際会議WC2009参加報告
石井克典, 石原 美弥
日本レーザー医学会誌      2010年1月
2009年9月7〜12日にミュンヘンで開催されたWC2009に参加したので,その概要を紹介した。100カ国以上からの参加があり,発表は医用工学分野の多岐にわたったが,特にレーザーを利用した医療・医学展開やバイオ研究を中心にまとめた。
脳組織バイアビリティーの光学的非侵襲モニタリング法の開発
川内 聡子, 佐藤 俊一, 魚住 洋一, 苗代 弘, 石原 美弥, 菊地 眞
平成21年度 防衛医科大学校学術集会      2009年11月
本研究は脳組織の新たな光学的生命指標として光散乱に着目し,動物実験により光散乱が虚血から一定時間後に特徴的な三相性変化を示すこと,その開始はATP低下のアラームとなること,その変化はin vivoでも検出可能であり,散乱変化の間,組織は回復可能なことを明らかにした。これら基礎研究成果は脳神経臨床領域の有用な無侵襲脳組織バイアビリティーモニタに発展する可能性があり,本研究はその実現可能性を見出した。

書籍等出版物

 
京都大学化学研究所 共同利用・共同研究拠点 化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際研究拠点 平成29年度成果報告書
石原 美弥 (担当:共著, 範囲:金属ナノ粒子を用いた光診断治療一体型機能性材料の創生)
2018年3月   
Photomedicine - Advances in Clinical Practice
Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara (担当:共著, 範囲:Biological Function of Low Reactive Level Laser Therapy (LLLT))
INTECH   2017年5月   
本著書では、私は、細胞レベルでのLLLTの作用機序を記述し、LLLTが細胞分化を増強した最近の研究結果も記載した。
臨床工学講座 生体物性・医用材料工学(第8版)
石原 美弥 (担当:共著, 範囲:第6章 生体の光特性)
医歯薬出版株式会社   2017年1月   
京都大学化学研究所 共同利用・共同研究拠点 化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際研究拠点 平成27年度 成果報告書
石原 美弥 (担当:共著, 範囲:機能性金属ナノ粒子を用いた新規光音響造影剤の合成)
2016年6月   
厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業) 医療機器保守点検のガイドライン策定の普及に向けた諸課題の調査研究 平成27年度総括・分担研究報告書
石原 美弥 (担当:共著, 範囲:?. 総合研究報告 医療機器保守点検のガイドライン策定の普及に向けた諸課題の調査研究 平成27年度における研究の概要)
厚生労働科学研究費補助金総括・分担研究報告   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
光音響イメージングと定量的トモグラフィー画像再構成
大川 晋平, 平沢 壮, 辻田 和宏, 櫛引 俊宏, 石原 美弥
第25回医用近赤外分光法研究会   2018年9月   第25回医用近赤外分光法研究会
光音響イメージングにおいて生体内の光吸収物質の濃度分布を画像として再構成する定量的光音響トモグラフィーの画像再構成法を提案し,数値シミュレーションとファントム実験によって検証した.
光音響トモグラフィーと定量的画像再構成
大川 晋平, 平沢 壮, 辻田 和宏, 櫛引 俊宏, 石原 美弥
第37回日本医用画像工学会大会   2018年7月   第37回日本医用画像工学会大会
光音響イメージングの医学・生物学研究や臨床応用について概説し、生体内の光伝播シミュレーションを用いる画像再構成によって定量性が向上することを示す研究事例を紹介した。
光音響イメージングの探索的臨床研究の紹介
石原 美弥
第57回日本生体医工学会大会   2018年7月   第57回日本生体医工学会大会
生体内分子濃度分布の定量的光音響トモグラフィー
大川 晋平, 平沢 壮, 辻田 和宏, 櫛引 俊宏, 齋藤 大蔵, 浦野 泰照, 石原 美弥
第13回日本分子イメージング学会学術集会   2018年6月   第13回日本分子イメージング学会学術集会
生体内のヘモグロビンや蛍光造影剤の濃度分布を光音響信号から画像化するアルゴリズムを開発し、数値シミュレーションとファントム実験で実証した。
分子イメージングのための広帯域超音波センサを用いた光音響イメージングに関する検討
平沢 壮, 大川 晋平, 辻田 和宏, 神谷 真子, 浦野 泰照, 石原 美弥
第13回日本分子イメージング学会学術集会   2018年6月   第13回日本分子イメージング学会学術集会
生体内の分子を標的とした造影剤(分子プローブ)を用いた光音響イメージングにおいて,光音響信号の周波数に着目し,ヘモグロビン由来の信号と分子プローブ由来の信号とを弁別する新しい手法を提案した。
【シンポジウム】光音響画像により癌診断を可能にするための定量・機能解析
石原 美弥, 大川 晋平, 堀口 明男, 新地 祐介, 新本 弘, 津田 均, 広田和弘, 入澤 覚, 和田隆亜, 浅野 友彦
日本超音波医学会 第91回学術集会   2018年6月   日本超音波医学会 第91回学術集会
光音響イメージングの糖尿病多発神経障害の診断・病態評価への応用の試み
八木橋操六, 石原 美弥
第61回日本糖尿病学会年次学術集会   2018年5月   第61回日本糖尿病学会年次学術集会
ヒトiPS由来の奇形腫からセルソーティングによる分化誘導細胞の単離の試み
松村 耕治, 市来 やよい, 池田 文彦, 新井 仁明, 小賀 厚徳, 石原 雅之, 石原 美弥
第28回日本サイトメトリー学会   2018年5月   第28回日本サイトメトリー学会
疫不全マウスに作成されたヒトiPS細部由来の奇形腫細胞から表面マーカー抗体を利用してソーティングを行い、分化細胞を単離培養する実験の報告を行った
【シンポジウム】光音響イメージングによるがん診断・治療
石原 美弥
第41回日本呼吸器内視鏡学会学術集会   2018年5月   第41回日本呼吸器内視鏡学会学術集会
子宮頚部病変のスクリーニングにおける光音響画像の応用:臨床試験報告
Sei Kiguna, Okawa Shimpei, Sasa Hidenori, Ishihara Miya, Hirota Kazuhiro, Irisawa Kaku, Wada Takatsugu, Furuya Kenichi
ASCCP 2018 Annual Meeting   2018年4月   
子宮頚部病変のスクリーニングにおける光音響画像の有用性について、臨床試験を行い、その結果を報告した。
医療に寄り添う光技術
石原 美弥
OPIE'18 メディカル&イメージング特別セミナー   2018年4月   OPIE'18 メディカル&イメージング特別セミナー
光音響イメージングを用いた血管系腫瘍の観測
東 隆一, 平沢 壮, 長野 寿人, 會沢 哲士, 山城 利文, 青木 伸峰, 清澤 智晴, 石原 美弥
第61回日本形成外科学会総会・学術集会   2018年4月   第61回日本形成外科学会総会・学術集会
マイクロコンベックスプローブを用いた前立腺や子宮頸部病変の非侵襲光音響イメージンについて説明した
モンテカルロ法による光伝播計算を用いた定量的光音響画像再構成
大川 晋平, 平沢 壮, 辻田 和宏, 櫛引 俊宏, 石原 美弥
電気学会 光・量子デバイス研究会   2018年4月   電気学会 光・量子デバイス研究会
光音響イメージングによる前立腺癌の局在診断の可能性が示唆された。今後は光音響画像下の狙撃生検により有用性を検証する必要があると考えられた。
Effect of insulin-like growth factor 1 sustained-release collagen urethral stent on prevention of urethral stricture after urethral injury in a Rabbit model
新地 祐介, 櫛引 俊宏, 堀口 明男, 真弓 芳稲, 伊藤 敬一, 浅野 友彦, 石原 美弥
第106回日本泌尿器科学会総会   2018年4月   第106回日本泌尿器科学会総会
ウサギ尿道損傷モデルにおけるIGF-1徐放コラーゲンステントによる尿道狭窄予防効果を検討した
【招待講演】光音響計測法を用いた再生組織の非侵襲評価 [招待有り]
石原 美弥
TIAかけはし「三次元組織再生の非侵襲評価プラットフォーラム構築プロジェクトに向けた調査研究」   2018年3月   TIAかけはし「三次元組織再生の非侵襲評価プラットフォーラム構築プロジェクトに向けた調査研究」
生体組織内の微小腫瘍検出のための光音響トモグラフィ
Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Kazuhiro Tsujita, Toshihiro Kushibiki, Masanori Fujita, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
SPIE Photonics West Biomedical Optics, BiOS 2017   2018年2月   
P(VDF-TrFE)アレイ超音波センサを有する光音響トモグラフィ装置を構成し,吸光度の検出下限について評価するために生体模擬ファントムを用いた実験を行った。
光音響イメージングとその応用
石原 美弥
一般社団法人日本光学会 光設計研究グループ 第64回研究会「最新のバイオフォトニクス技術とその応用」   2018年2月   一般社団法人日本光学会 光設計研究グループ 第64回研究会「最新のバイオフォトニクス技術とその応用」
光音響技術を用いた強皮症患者の末梢血管床の定量解析:先行研究
草薙 恭圭, 鈴木 梨花, Dai Murakoshi, Kazuhiro Hirota, Kaku Irisawa, Takatsugu Wada, 大川 晋平, 石原 美弥, 木村 文彦, 伊藤 健司
2017 ACR/ARHP Annual Scientific Meeting   2017年11月   
光音響技術を用いて、強皮症患者の手指末梢血管床の定量解析が可能であることを報告
【シンポジウム】光音響イメージング技術の医学・生命科学における位置づけ
石原 美弥
AMED 老化メカニズムの解明・制御プロジェクト「老化研究推進・支援拠点」 シンポジウム「イメージング技術の融合による医学・生命科学の新たな地平の開拓」   2018年2月   AMED 老化メカニズムの解明・制御プロジェクト「老化研究推進・支援拠点」 シンポジウム「イメージング技術の融合による医学・生命科学の新たな地平の開拓」
前立腺狙撃生検のための経直腸的光音響イメージング
Miya Ishihara, Akio Horiguchi, Masayuki Shinchi, Hiroshi Shinmoto, Kaku Irisawa, Takatsugu Wada, Hitoshi Tsuda, Tomohiko Asano
SPIE Photonics West Biomedical Optics, BiOS 2018   2018年1月   
前立腺狙撃生検のための経直腸的光音響イメージングについて報告した
生体内光伝播計算を用いた定量的3次元光音響トモグラフィー
大川 晋平, 平沢 壮, 辻田和弘, 櫛引 俊宏, 石原 美弥
第38回日本レーザー医学会総会   2017年11月   第38回日本レーザー医学会総会
光音響技術を用いた小動物イメージング法に関する検討
平沢 壮, 大川 晋平, 辻田 和宏, 櫛引 俊宏, 藤田 真敬, 浦野 泰照, 石原 美弥
第38回日本レーザー医学会総会   2017年11月   第38回日本レーザー医学会総会
体腔用プローブを用いた光音響イメージングによるがん診療へのアプローチ
石原 美弥, 堀口 明男, 新地 祐介, 精 きぐな, 大川 晋平, 和田 隆亜, 入澤 覚, 広田 和弘, 古谷 健一, 浅野 友彦
第38回日本レーザー医学会総会   2017年11月   第38回日本レーザー医学会総会
ヒトiPS細胞に対するLow Dose Photodynamic Effect
櫛引 俊宏, 平沢 壮, 大川 晋平, 石原 美弥
第38回日本レーザー医学会総会   2017年11月   第38回日本レーザー医学会総会
前立腺癌の局在診断における光音響画像化技術
堀口 明男, 新地 祐介, 伊藤 敬一, 浅野 友彦, 早川 正道, 和田 隆亜, 新本 弘, 津田 均, 石原 美弥
第82回日本泌尿器科学会東部総会   2017年9月   第82回日本泌尿器科学会東部総会
光音響イメージング
石原 美弥
日本オプトメカトロニクス協会 光センシング技術部会   2017年6月   日本オプトメカトロニクス協会 光センシング技術部会
in vivo分化誘導法による血管内皮細胞の単離-ヒトiPS細胞由来の奇形腫のソーティング
松村 耕治, ?山 悠伊, 市来 やよい, 小賀 厚徳, 水野 博司, 石原 美弥
第27回日本サイトメトリー学会   2017年6月   第27回日本サイトメトリー学会
(研究会賞受賞演題)ウサギ尿道障害モデルにおけるInsulin-like growth factor-1 (IGF-1)徐放性尿道ステントによる尿道狭窄予防効果の検討
新地 祐介, 櫛引 俊宏, 堀口 明男, 真弓 芳稲, 伊藤 敬一, 石原 美弥, 浅野 友彦
第14回泌尿器科再建再生研究会   2017年6月   第14回泌尿器科再建再生研究会
子宮頚部前癌病変における光音響技術の臨床応用
精 きぐな, 大川 晋平, 鈴木 亜矢子, 笹 秀典, 野口雅史, 入澤 覚, 和田隆亜, 古谷 健一, 石原 美弥
第90回日本超音波医学会   2017年5月   第90回日本超音波医学会
A pilot study of feasibility of photoacoustic imaging in prostate cancer diagnosis
新地 祐介, 堀口 明男, 新本 弘, 津田 均, 和田 隆亜, 中村 亜希子, 浅野 友彦, 石原 美弥
第105回日本泌尿器科学会総会   2017年4月   第105回日本泌尿器科学会総会
光音響イメージングによる前立腺癌の局在診断の可能性が示唆された。今後は光音響画像下の狙撃生検により有用性を検証する必要があると考えられた。
様々な蛍光量子集膣を有する有機小分子の光音響信号発生特性の比較
Takeshi Hirasawa, Ryu J Iwatate, Mako Kamiya, Yuta Ikeda, Shinpei Okawa, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
RIEC International Workshop on Biomedical Optics 2017   2017年3月   
様々な蛍光量子収率の有機小分子の光音響信号発生特性を比較した。蛍光と光音響イメーイングの両方を実施した。
蛍光物質の光音響イメージング
石原 美弥
電気学会研究会 光・量子デバイス研究会   2017年3月   電気学会研究会 光・量子デバイス研究会
光音響計測によるグリュナイゼンパラメータの簡易測定法の検討
辻田和宏, 石原 美弥
第64回応用物理学会春季学術講演会   2017年3月   第64回応用物理学会春季学術講演会
ヒトiPS細胞の奇形腫を介したソーティングによる血管内皮細胞等の分化誘導細胞の単離
松村 耕治, ?山 悠伊, 市来 やよい, 櫛引 俊宏, 石原 雅之, 水野 博司, 石原 美弥
第16回日本再生医療学会   2017年3月   第16回日本再生医療学会
ヒトiPS細胞の奇形腫を介したソーティングによる血管内皮細胞等の分化誘導細胞の単離を行った
ウサギ尿道粘膜の再生におけるInsulin-like growth factor-1 (IGF-1)の役割
新地 祐介, 櫛引 俊宏, 石原 美弥, 堀口 明男, 伊藤 敬一, 浅野 友彦
第16回日本再生医療学会   2017年3月   第16回日本再生医療学会
ウサギ尿道粘膜の再生におけるInsulin-like growth factor-1 (IGF-1)の役割について講演した。
Noninvasive photoacoustic imaging using microconvex probe
大川 晋平, 精 きぐな, 新地 祐介, 中村亜希子, 平沢 壮, 津田 均, 和田 隆亜, 堀口 明男, 櫛引 俊宏, 笹 秀典, 古谷 健一, 浅野 友彦, 石原 美弥
第94回日本生理学会大会   2017年3月   第94回日本生理学会大会
マイクロコンベックスプローブを用いた前立腺や子宮頸部病変の非侵襲光音響イメージンについて説明した
有機小分子ベースの造影剤の蛍光量子収率に対する光音響信号発生特性の依存性
Takeshi Hirasawa, Ryu J Iwatate, Mako Kamiya, Shinpei Okawa, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
SPIE Photonics West Biomedical Optics, BiOS 2017   2017年2月   
様々な有機小分子の光音響信号発生特性を評価した。蛍光量子収率の低い分子が効率的に光音響信号を発生した。
重症患者空輸と搭載医療機器〜電磁適合性の考え方と変遷〜
石原 美弥
第62回 防衛衛生学会   2017年2月   第62回 防衛衛生学会
医療機器を伴う重症患者空輸において、軍用機の搭載電子機器の電磁適合性基準(MIL-STD-461)、民間機の基準(RTCA/DO-160)に準じる試験と機器選定を行う組織がある一方、地上及び上空での安全試験により機器選定を行う組織もある。海上保安庁、航空自衛隊航空救難団は電磁干渉発生時の機器停止と同乗医師の対応を条件に未試験の医療機器搭載を可とした。災害時に患者を運ぶ指針整備が喫緊の課題である。
子宮頚部病変のスクリーニングにおける光音響画像の応用:予備試験報告
Sei Kiguna, Sasa Hidenori, Ishihara Miya, Okawa Shimpei, Hirasawa Takeshi, Nakamura Akiko, Kaku IRISAWA, Takatsugu WADA, Furuya Kenichi
15th Japan-Korea Joint Meeting for Diagnostic Cytopathology   2016年10月   
子宮頚部病変のスクリーニングにおける光音響画像の有用性について、予備試験を行い、その結果を報告した。
被爆車両の乗員防護能の評価に関する文献調査
大川 晋平, 藤田 真敬, 石原 雅之, 石原 美弥, 齋藤 大蔵
第62回 防衛衛生学会   2017年2月   第62回 防衛衛生学会
欧米において、戦闘やテロにおいて即席爆発装置(Improvised Explosive Device)などによる外傷の報告が見られ、防爆車両の安全対策に注目が集まっている。文献調査から爆発外傷の人体への影響に関する詳細な吟味には大型動物によるデータ取得等、更なる検討が必要と思われた。
前立腺癌における光音響画像化技術による局在診断の可能性
堀口 明男, 新地 祐介, 和田 隆亜, 広田 和弘, 入澤 覚, 川口 真, 伊藤 敬一, 浅野 友彦, 新本 弘, 津田 均, 石原 美弥
第3回日本泌尿器癌局所療法研究会   2017年2月   第3回日本泌尿器癌局所療法研究会
経直腸的光音響画像下生検による前立腺癌の検出
Miya Ishihara, 新地 祐介, Akio Horiguchi, Hiroshi Shinmoto, Hitoshi Tsuda, Kaku Irisawa, Takatsugu Wada, Tomohiko Asano
SPIE Photonics West Biomedical Optics, BiOS 2017   2017年1月   
経直腸的光音響画像下生検による前立腺癌の検出の可能性について報告した
【シンポジウム】がん可視化のための光音響イメージング技術開発
石原 美弥
一般社団法人レーザー学会学術講演会 第37回年次大会   2017年1月   一般社団法人レーザー学会学術講演会 第37回年次大会
2017光音響イメージングの医学生物応用に関する最先端動向
石原 美弥
第3回 OCU シンポジウム物質科学フロンティア   2017年1月   第3回 OCU シンポジウム物質科学フロンティア
前立腺癌の局在診断における光音響イメージングの有用性
新地 祐介, 堀口 明男, 川口 真, 伊藤 敬一, 浅野 友彦, 新本 弘, 津田 均, 石原 美弥
第81回日本泌尿器科学会東部総会   2016年10月   第81回日本泌尿器科学会東部総会
【ワークショップ】オプトジェネティクスの医療応用
櫛引 俊宏, 石原 美弥
第37回日本レーザー医学会総会   2016年10月   第37回日本レーザー医学会総会
オプトジェネティクスの基礎的な原理から医療への応用例を講演し、医療応用に必要な技術と今後の研究展望について講演した。
【シンポジウム】Current status and potential of cancer detection using photoacoustic imaging
Miya Ishihara
第75回 日本癌学会学術集会   2016年10月   第75回 日本癌学会学術集会
Possibility of applying photo-acoustic method in term
Miya Ishihara, Masato Sato
TERMIS-AP 2016   2016年9月   
光音響法の組織工学および再生医療応用について検討した。
主に,軟骨再生医療への可能性についてあきらかにされた。
前立腺癌の局在診断における光音響画像化技術の有用性検証
新地 祐介, 堀口 明男, 川口 真, 伊藤 敬一, 浅野 友彦, 新本 弘, 津田 均, 石原 美弥
第4回泌尿器画像診断・治療技術研究会   2016年9月   第4回泌尿器画像診断・治療技術研究会
光吸収係数を再構成する定量的光音響トモグラフィにおける近似
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering   2016年8月   
定量的光音響トモグラフィーにおける光伝播の近似の影響を計算機シミュレーションによって調査し,ファントム実験で検証した.
乳がんの超音波画像診断をサポートする近赤外光計測
大川 晋平, 山崎 民大, 精 きぐな, 津田 均, 石原 美弥
レーザー学会第493回研究会   2016年8月   レーザー学会第493回研究会
乳がんの超音波画像診断に近赤外光を用いた血液情報の計測を付加した装置と画像再構成アルゴリズムの開発を行った。超音波画像と光の同時計測についてファントム実験と臨床計測の例を紹介した。
超音波診断技術を基にしたした光音響画像装置による末梢小血管の描出
Kaku Irisawa, Kazuhiro Hirota, Dai Murakoshi, Hiroyasu Ishii, Takiji Tada, Takatsugu Wada, Toshihiro Hayakawa, 大谷 直樹, 東 隆一, 伊藤 健司, 石原 美弥
Proc. SPIE 9708, Photons Plus Ultrasound: Imaging and Sensing   2016年3月   
超音波診断技術を基にした光音響画像装置の、形成外科、泌尿器患者における末梢血管の描出、膠原病患者における末梢血流の定量測定への応用を報告した
ヒト iPS 細胞の奇形腫を介した分化細胞の誘導法開発
松村 耕治, 梅山 悠伊, 市来 やよい, 小賀 厚則, 新井 仁明, 石原 雅之, 水野 博司, 石原 美弥
第 26 回日本サイトメトリー学会   2016年7月   第 26 回日本サイトメトリー学会
ヒト iPS 細胞の奇形腫を介した分化細胞の誘導法開発を行った
神経血管束の可視化をめざした光音響画像化技術の開発
堀口 明男, 入澤 覚, 川口 真, 新地 祐介, 伊藤 敬一, 浅野 友彦, 新本 弘, 津田 均, 石原 美弥
第13回泌尿器科再建再生研究会   2016年6月   第13回泌尿器科再建再生研究会
乳腺疾患における近赤外光イメージングによる組織酸素飽和度計測の試み
山崎 民大, 石原 美弥, 大川 晋平, 精 きぐな, 守屋 智之, 野呂 拓史, 関澤 明徳, 梶原 由規, 神藤 英二, 辻本 広紀, 青笹 季文, 上野 秀樹, 谷水 長丸, 津田 均, 山本 順司
第24回日本乳癌学会学術集会   2016年6月   第24回日本乳癌学会学術集会
【招待講演】光音響イメージング技術の現状とその医学生物応用 [招待有り]
石原 美弥
第41回光学シンポジウム(光学技術・学術講演会)   2016年6月   第41回光学シンポジウム(光学技術・学術講演会)
子宮頚部前癌病変における光音響技術の有用性の検討
精 きぐな, 石原 美弥, 笹 秀典, 大川 晋平, 中村亜希子, 平沢 壮, 入澤 覚, 和田隆亜, 古谷 健一
第89回日本超音波医学会   2016年5月   第89回日本超音波医学会
子宮頚部前癌病変に対し光音響技術で情報を得て、その診断における有用性を検討した。
【シンポジウム】光音響イメージング技術の前立腺がん応用に向けた医師主体の臨床研究
石原 美弥, 堀口 明男, 新本 弘, 新地 祐介, 渡邉 大祐, 尾島 健一郎, 河村 一樹, 津田 均, 浅野 友彦
日本超音波医学会第89回学術集会   2016年5月   日本超音波医学会第89回学術集会
stageIV乳癌に対する化学療法により臨床的CRが得られ原発巣の病理学的CRが確認された1例
山崎 民大, 石原 美弥, 大川 晋平, 精 きぐな, 守屋 智之, 野呂 拓史, 関澤 明徳, 梶原 由規, 平木 修一, 神藤 英二, 辻本 広紀, 青笹 季文, 上野 秀樹, 谷水 長丸, 長谷 和生, 津田 均, 山本 順司
第116回日本外科学会定期学術集会   2016年4月   第116回日本外科学会定期学術集会
血液酸素飽和度の光音響測定精度管理のための実験モデル
精 きぐな, 平沢 壮, 藤田 真敬, 古谷 健一, 石原 美弥
日本超音波医学会 平成27年度 第4回光超音波画像研究会   2016年3月   日本超音波医学会 平成27年度 第4回光超音波画像研究会
【シンポジウム】光音響イメージングの再生医療応用の可能性
石原 美弥
第15回日本再生医療学会総会   2016年3月   第15回日本再生医療学会総会
【シンポジウム】State of the art photoacoustic imaging technology and its application
Miya Ishihara
The 1st ImPACT Symposium on Photoacoustic Imaging and Bio-Medical Imaging for Vascular Health Science   2016年3月   The 1st ImPACT Symposium on Photoacoustic Imaging and Bio-Medical Imaging for Vascular Health Science
金ナノ粒子の光学特性値が光音響に与える影響
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Ryota Sato, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara, Toshiharu Teranishi
SPIE Photonics West Biomedical Optics, BiOS 2016   2016年2月   
金ナノ粒子の光学特性値が光音響に与える影響について調査した
前立腺癌の診断における経直腸的光音響画像、ドップラー超音波、MRIの比較
Miya Ishihara, Akio Horiguchi, Hiroshi Shinmoto, Hitoshi Tsuda, Kaku Irisawa, Takatsugu Wada, Tomohiko Asano
SPIE Photonics West Biomedical, BiOS 2016   2016年2月   
前立腺癌の診断における経直腸的光音響画像、ドップラー超音波、MRIの比較について報告した
酵素で活性化される光音響プローブを可視化するためのマルチスペクトル光音響イメージングにおけるアンミキシング法としてのスペクトルフィッティングとスペクトル微分の比較
Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Ryu J Iwatate, Mako Kamiya, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
SPIE Photonics West Biomedical Optics, BiOS 2016   2016年2月   
酵素で活性化されるプローブを内因性の光吸収体から識別するためのスペクトルフィッティング法における参照スペクトルの影響について分析した。
光音響画像の性能を決める指標に関する基礎的検討
石原 美弥
電気学会研究会 光・量子デバイス研究会   2016年1月   電気学会研究会 光・量子デバイス研究会
【シンポジウム】光音響イメージングの医用生物応用に関する最先端動向
石原 美弥
第2回 OCU物質科学フロンティア   2016年1月   第2回 OCU物質科学フロンティア
定量的光音響イメージングのための基礎研究
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Seishiro Tatsukawa, Sei Kiguna, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
2015 Taiwan-Japan Joint Workshop on Inverse Problems and the Related Topics   2015年11月   
定量的光音響イメージングのための基礎研究について報告した.
Numerical and experimental studies on quanti cation of the optical properties by use of photoacoustic measurement
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ワークショップ 実用逆問題の背景にある数理と新展開   2015年11月   九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ワークショップ 実用逆問題の背景にある数理と新展開
Numerical and experimental studies on quanti cation of the optical properties by use of photoacoustic measurement were reprted.
光音響信号を用いた生体組織の光学特性値推定
立川誠四郎, 大川 晋平, 精 きぐな, 平沢 壮, 櫛引 俊宏, 藤田 真敬, 石原 美弥
日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2015   2015年10月   日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2015
光音響信号を用いた生体組織の光学特性値推定について報告した.
【シンポジウム】光音響イメージングによる組織化学観察への挑戦
石原 美弥
日本組織細胞化学会 総会・学術集会   2015年10月   日本組織細胞化学会 総会・学術集会
【シンポジウム】輸液ポンプ保守点検用教育とガイドライン策定
髙倉照彦, 石原 美弥, 加納隆, 中島章夫, 中野壮陛, 須田健二, 中村敦史, 櫛引 俊宏, 山田紀昭, 新秀直
第90回 日本医療機器学会   2015年5月   第90回 日本医療機器学会
輸液ポンプ保守点検用教育とガイドライン策定について講演した。
【シンポジウム】医療機器保守管理ガイドライン策定に関する諸問題の検討
石原 美弥
第90回 日本医療機器学会大会   2015年5月   第90回 日本医療機器学会大会
分化誘導ヒトiPS細胞の薬剤による移植後の奇形腫抑制法の検討
梅山 悠伊, 松村 耕治, 石原 美弥, 市来 やよい, 高田 雄三, 水野 博司, 宮平 靖
第14回日本再生医療学会   2015年3月   第14回日本再生医療学会
ヒトiPS細胞(hiPSC)を利用した移植治療を行うにあたり、移植組織内に分化抵抗性の 未分化細胞が残存して奇形腫等を発生する問題点がある。一方、抗癌剤は一般に増殖 細胞に作用し、分化細胞への影響は少ない。我々は、代謝拮抗の抗癌剤5FU(fluorou racil)を利用して奇形腫発生を抑制できるか否かの検討を行った。
ラット挫滅症候群モデルの後肢運動機能障害におけるフラグミン/プロタミンナノ粒子を用いた回復促進
瀧川 真人, 石原 雅之, 中村 伸吾, 服部 秀美, 櫛引 俊宏, 藤田 真敬, 石原 美弥
第14回日本再生医療学会総会   2015年3月   第14回日本再生医療学会総会
ラット挫滅症候群モデルの後肢運動機能障害におけるフラグミン/プロタミンナノ粒子を用いた回復促進について報告した。
ヒトiPS細胞移植治療のフローサイトメトリーによる奇形腫発症の評価
松村 耕治, 石原 美弥, 梅山 悠伊, 市来 やよい, 冨澤 正一, 高田 雄三, 新井 仁明, 宮平 靖
第14回日本再生医療学会   2015年3月   第14回日本再生医療学会
ヒトiPS細胞(hiPSC)の移植治療を行うにあたり奇形腫等の腫瘍を形成する問題点がある。これは、移植組織内に残存した分化抵抗性の未分化細胞の増殖と考えられ、この細胞数を予め解析すれば移植後の奇形腫発症の有無を予測可能である。フローサイトメトリー(FCM)を利用してこの未分化細胞の検出を行い、移植後の奇形腫発生との関連を検討した。
P(VDF-TrFE)音響センサを用いた皮下腫瘍内の有機小分子ベースの光音響プローブの光音響イメージング
Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Mako Kamiya, Yasuteru Urano, Miya Ishihara
SPIE Photonics West Biomedical Optics, BiOS 2015   2015年2月   
広い周波数領域で均一な感度を有するP(VDF-TrFE)センサが開発された。マウス皮下腫瘍内のプローブがそのセンサを用いたマルチスペクトル光音響イメージングにより描出された。
光吸収係数の線形化光音響画像再構成に対する光伝搬モデルの影響
Shinpei Okawa, Takeshi Hirasawa, Toshihiro Kushibiki, Miya Ishihara
SPIE Photonics West Biomedical Optics, BiOS 2015   2015年2月   
光拡散方程式やモンテカルロ法を用いた光伝播モデルの光音響画像再構成への影響を数値シミュレーションと実験によって調査した.
超音波画像と重畳できる光音響画像化技術開発とその臨床応用
Miya Ishihara, Kazuhiro Tsujita, Horiguchi Akio, Kaku Irisawa, Tomohiro Komatsu, Makoto Ayaori, Takeshi Hirasawa, Tadashi Kasamatsu, Kazuhiro Hirota, Hitoshi Tsuda, Katsunori Ikewaki, Tomohiko Asano
SPIE Photonics West Biomedical Optics, BiOS 2015   2015年2月   
血管構築を画像化するために超音波アレイプローブを用いて2つの手持ち型のプローブを開発した。臨床上の有用性を検討するために,臨床研究を実施し,微小血管まで可視化できることを確認した。
臨床に使用するための光音響イメージング法の開発
Miya Ishihara
11th IGAKUKEN International Symposium on “Advances in Biomedical Optical Imaging"   2015年2月   
開発した光音響技術の臨床上の有効性を確認するために,防衛医大の倫理委員会の承認を得て,血管内科と泌尿器科応用を実施した。微小血管から主要血管まで血管構築が可視化できた。
深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証
石原 美弥
平成26年度厚生労働科学研究事業 研究成果発表会   2015年2月   平成26年度厚生労働科学研究事業 研究成果発表会
ラットクラッシュ症候群モデルに対するFGF-2含有ナノ粒子による傷害治癒促進
瀧川 真人, 石原 雅之, 石原 美弥, 櫛引 俊宏, 中村 伸吾, 藤田 真敬
第60回防衛衛生学会   2015年2月   第60回防衛衛生学会
体重300gのラットの左右それぞれの後肢に3.6kgのブロックを乗せ、6時間圧迫しクラッシュ症候群ラットモデルを作成した。挫滅部にFGF-2含有ナノ粒子を注射すると、4週で運動能の改善、血管数、血流の改善をみた。
光音響測定法の医学生物応用の現状
Miya Ishihara
14th Japanese-American Frontiers of Science (JAFoS) Symposium   2014年12月   
光音響イメージングの医学生物応用の全体と我々の取り組みを紹介した。
前立腺癌術中の神経血管束の可視化を目指した光音響画像システムの開発
堀口 明男, 辻田和宏, 入澤覚, 笠松正, 川口真, 伊藤 敬一, 浅野 友彦, 津田 均, 石原 美弥
Annual meeting of Americal Urological Association   2014年5月   
光音響画像は前立腺切除標本中の神経血管束の局在を微小血管をランドマークとすることで同定し得た
光音響イメージングプローブとしての金ナノ粒子の有用な特徴
Miya Ishihara, Takeshi Hirasawa, Ryota Sato, Shinpei Okawa, Toshiharu Teranishi
The 7th International Workshop on Advanced Materials Science and Nanotechnology (IWAMSN2014)   2014年11月   
深部分子イメージングとしての光音響画像を確立するためにイメージングプローブのためのプラズモン金ナノ粒子を合成した。
光音響イメージングの増感剤に有用な金ナノ粒子
Miya Ishihara
Vietnam Malaysia International Chemical Congress (VMICC 2014)   2014年11月   
増感剤としての金ナノ粒子は光音響イメージングに重要である。我々は,金ナノ粒子由来の光音響信号を網羅的に測定した。
超音波画像に重畳でき、機能画像診断を可能にする光音響画像化技術の泌尿器科応用
石原 美弥, 辻田和宏, 堀口 明男, 笠松直史, 広田和弘, 入澤覚, 津田 均, 新本 弘, 浅野 友彦
日本超音波医学会 第41回関西地方会学術集会   2014年11月   日本超音波医学会 第41回関西地方会学術集会
臨床検査におけるフローサイト活用の可能性 移植・再生医療に活用する(招待講演) [招待有り]
臨床検査におけるフローサイト活用の可能性 移植・再生医療に活用する(招待講演)
第61回日本臨床検査医学会   2014年11月   第61回日本臨床検査医学会
臨床検査における移植・再生医療のためのフローサイト活用の可能性として、本口演では多能性幹細胞の移植後の腫瘍発生抑制を中心に話す予定である。残存する未分化細胞除去は、造血器腫瘍や幹細胞移植の際に測定される微小残存病変(minimal residual desease: MRD)と同じ考えであり、残存未分化細胞をより多くのマーカーを利用したマルチカラーで分析できることも重要である。
【シンポジウム】オプトジェネティクスによる膵beta細胞からのインスリン分泌制御
櫛引 俊宏, 大川 晋平, 平沢 壮, 石原 美弥
第35回日本レーザー医学会総会   2014年11月   第35回日本レーザー医学会総会
本発表では、チャネルロドプシン2をマウス膵beta細胞に発現させ、光照射によるインスリン分泌制御を行った結果を報告した。
シンポジウムオーガナイザーを務め、日本の最先端研究者が集うシンポジウムであった。
安全確実に頚動脈内膜剥離術を完遂するための当院における手術戦略と治療成績
大谷 直樹, 和田 孝次郎, 長田 秀夫, 上野英明, 戸村 哲, 富山新太, 平沢荘, 石原 美弥, 森 健太郎
第73回日本脳神経外科学会総会   2014年10月   第73回日本脳神経外科学会総会
安全確実に頚動脈内膜剥離術を完遂するための当院における手術戦略と治療成績について報告した
【シンポジウム】イメージングプローブの利用を目指すin vivo光音響イメージング技術の開発
石原 美弥
第87回 日本生化学会大会   2014年10月   第87回 日本生化学会大会
光音響分光法を用いたプラズモン金ナノ粒子の特性
Miya Ishihara, Takeshi Hirasawa, Shinpei Okawa, Ryota Sato
XXIV IUPAC Symposium on Photochemistry   2014年9月   
光音響増感剤としてプラズモンなの粒子を使用するために,表面修飾について検討した。細胞とりこみに重要なポイントである。我々は培養細胞を対象に表面電位を中心に検討した
網羅的測定に基づく金ナノ粒子の光音響特性
石原 美弥, 平沢 壮, 佐藤良太, 大川 晋平, 浦野泰照, 寺西利治
電気学会 光・量子デバイス研究会   2014年9月   電気学会 光・量子デバイス研究会
【シンポジウム】生命科学研究における光音響イメージング技術
石原 美弥
第23回日本バイオイメージング学会学術集会   2014年9月   第23回日本バイオイメージング学会学術集会
金ナノ粒子を用いた光音響信号増強に関する基礎的検討
石原 美弥, 平沢 壮, 佐藤良太, 大川 晋平, 寺西利治
第2回光超音波画像研究会   2014年8月   第2回光超音波画像研究会
移植治療時におけるヒトiPS細胞由来の奇形腫発症のフローサイトメトリーによる評価
梅山 悠伊, 松村 耕治, 石原 美弥, 市来 やよい, 高田 雄三, 宮平 靖
第32回日本ヒト細胞学会   2014年8月   第32回日本ヒト細胞学会
By the action of drug and radiation to differentiation cell before transplantation
to examine whether it is possible to remove tumor cells from iPSC cell specifically
at that time by flow cytometry.
オプトジェネティクスを用いた膵beta細胞からのインスリン分泌制御
櫛引 俊宏, 大川 晋平, 平沢 壮, 石原 美弥
第36回日本光医学・光生物学会   2014年7月   第36回日本光医学・光生物学会
光技術と遺伝子操作技術を組み合わせたオプトジェネティクス(光遺伝学)により、光技術を用いた遺伝子発現や細胞内シグナル伝達の制御が報告されている。本発表では、チャネルロドプシン2をマウス膵beta細胞に発現させ、光照射によるインスリン分泌制御を行った結果を報告した。
【シンポジウム】オプトジェネティクスによる細胞機能制御
櫛引 俊宏, 大川 晋平, 平沢 壮, 石原 美弥
レーザー学会第463回研究会   2014年7月   レーザー学会第463回研究会
本発表では、チャネルロドプシン2をマウス膵beta細胞に発現させ、光照射によるインスリン分泌制御を行った結果を報告した。神経生理学分野で発展が期待されるオプトジェネティクスであるが、細胞内シグナル伝達の光制御も可能となり、その適用範囲はほぼ全ての生物種・組織に広がり、様々な疾患や薬剤作用機序の解明にも有用である。
輸液ポンプに関する保守点検の普及策に関する検討
石原 美弥, 櫛引 俊宏, 中島章夫, 須田健二, 中村淳史, 加納隆, 廣瀬稔, 高倉照彦, 中野壮陛
第89回日本医療機器学会大会   2014年6月   第89回日本医療機器学会大会
輸液ポンプに関する保守点検の普及策に関する検討について発表した。
【教育講演】光音響計測技術を用いた新しい分子イメージング
石原 美弥
第26回日本レーザー治療学会   2014年6月   第26回日本レーザー治療学会

競争的資金等の研究課題

 
虚血性神経障害による下肢切断リスク回避のための光音響イメージング開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 石原美弥
治験開始に向けた前立腺癌に適用する光音響画像診断技術開発
日本医療研究開発機構: 医療機器開発推進研究事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 石原美弥
機能性プローブに基づく生体深部光音響イメージング技術の確立:activatableプローブの開発研究とin vivo可視化イメージング技術の開発
日本医療研究開発機構: 産学共創基礎基盤研究プログラム
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 石原美弥
金ナノ粒子の分散・凝集挙動を分光特性で捉え、関節軟骨の潤滑機能の評価に活かす
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 石原美弥
血管新生・再生の制御を目的とした『広帯域光音響画像』による血管径の定量化技術
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 石原美弥
微小血管ネットワークを可視化する光音響画像化技術を用いた前立腺がん検出システムの開発
厚生労働省: 革新的がん医療実用化研究事業(委託事業)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 石原美弥
機能性プローブに基づく生体深部光音響イメージング技術の確立:activatableプローブの開発研究とin vivo可視化イメージング技術の開発
科学技術振興機構: 産学共創基礎基盤研究
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 石原美弥
深部機能画像診断のための光音響画像化技術の有用性検証
厚生労働省: 医療機器開発推進研究事業
研究期間: 2011年3月 - 2014年3月    代表者: 石原美弥