YAMASHITA Hiroshi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 3, 2019 at 15:27
 
Avatar
Name
YAMASHITA Hiroshi
Affiliation
Fisheries Research Agency
Research funding number
00583147
ORCID ID
0000-0002-3909-5073

Research Interests

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2019
 - 
Today
主任研究員, 西海区水産研究所 亜熱帯研究センター, 国立研究開発法人 水産研究・教育機構
 

Published Papers

 
Shin-Ya Morishima, Hiroshi Yamashita, Shizuka O-hara, Yuji Nakamura, Vanessa ZhiQin Quek, Momo Yamauchi, Kazuhiko Koike
PLoS ONE   14(7) e0220141   Jul 2019   [Refereed]
Go Suzuki, Sayaka Kai, Yuji Fujikura, Hiroshi Yamashita
Marine Ecology Progress Series   603 105-115   Sep 2018   [Refereed]
Go Suzuki, Wataru Okada, Youko Yasutake, Sayaka Kai, Yuji Fujikura, Iwao Tanita, Hiroshi Yamashita, Takeshi Hayashibara, Wataru Ando, Koichi Nogami, Masayuki Fudo
Fisheries Science   84(5) 849-856   Sep 2018   [Refereed]
宿主は生体防御機構を用いて共生者をコントロールする―サンゴのレクチンと共生藻を中心として―
神保 充,山下 洋
生物科学   69(4) 200-208   Jul 2018   [Refereed][Invited]
Hiroshi Yamashita, Go Suzuki, Chuya Shinzato, Mitsuru Jimbo, Kazuhiko Koike
Marine Ecology Progress Series   592 119-128   Mar 2018   [Refereed]
Chuya Shinzato†, Yuna Zayasu, Miyuki Kanda, Mayumi Kawamitsu, Noriyuki Satoh, Hiroshi Yamashita†, Go Suzuki†
Frontiers in Marine Science   5(28)    Feb 2018   [Refereed]
Juvenile Acropora tenuis attract Symbiodinium by using GlcNAc-binding lectin
Ryota Takeuchi, Mitsuru Jimbo, Fumika Tanimoto, Nami Kuniya, Hiroshi Yamashita, Go Suzuki, Ko Yasumoto, Shugo Watabe
The JSFS 85th Anniversary-Commemorative International Symposium “Fisheries Science for Future Generations   1203    Oct 2017
Hiroshi YAMASHITA, Kazuhiko KOIKE
Galaxea, Journal of Coral Reef Studies   18(1) 13-19   Jun 2017   [Refereed]
Shota Ikeda, Hiroshi Yamashita, Shi-nobu Kondo, Ken Inoue, Shin-ya Morishima, Kazuhiko Koike
PLoS ONE   12(2) e0172285   Feb 2017   [Refereed]
Shota Ikeda, Hiroshi Yamashita, Lawrence M. Liao, Kazuhiko Koike
Fisheries Science   82 747-753   Jul 2016   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
天然物化学的手法を用いたサンゴ礁の代謝物フローの解析
池田広樹,山下洋,酒井隆一
第61回天然有機化合物討論会   12 Sep 2019   
天然物化学的手法を用いた褐虫藻代謝物の網羅的解析―サンゴ礁の食物網解明を目指して―
池田広樹,山下 洋,酒井隆一
平成31年度日本水産学会春季大会   28 Mar 2019   
ウスエダミドリイシによる褐虫藻獲得要因におけるレクチンの重要性
神保 充,竹内亮太,山下 洋,鈴木 豪,天野春菜,安元 剛,渡部終五
平成31年度日本水産学会春季大会   27 Mar 2019   
ウスエダミドリイシ卵黄タンパク質の検索および精製
鴨下寿奈,天野春菜,新井水奈美,水澤奈々美,渡部終五,安元 剛,神保 充,山下 洋,鈴木 豪
平成31年度日本水産学会春季大会   27 Mar 2019   
沖ノ鳥島の環境中に出現する褐虫藻の多様性
依藤 実樹子,山下 洋,鈴木 豪,中村 良太,完山 暢,田村 圭一,岡田 亘,波利井 佐紀
日本藻類学会第43回大会   16 Mar 2019   
全ゲノムトランスクリプトーム解析による自然環境中のサンゴ-褐虫藻共生メカニズムの解明の試み
善岡 祐輝,山下 洋,座安 佑奈,神田 美幸,將口 栄一,佐藤 矩行,鈴木 豪,新里宙也
日本サンゴ礁学会第21回大会   24 Nov 2018   
サンゴ幼生の蛍光と褐虫藻の走光性は両者の初期共生成立に関与するか?
山下 洋,鈴木 豪,新里宙也,神保充,小池一彦
日本サンゴ礁学会第21回大会   24 Nov 2018   
多波長励起による簡便な生物判別のための蛍光撮影装置の開発
鈴木貞男,古島靖夫,丸山正,山下 洋,Sylvain Agostini
日本サンゴ礁学会第21回大会   23 Nov 2018   
ウスエダミドリイシによる褐虫藻獲得に関与する要因
神保充,竹内亮太,山下 洋,鈴木 豪,天野春菜,安元剛,渡部終五
日本サンゴ礁学会第21回大会   23 Nov 2018   
シャコガイ類の糞に含まれる褐虫藻に関する研究
森島慎也, 山内モモ, Quek ZhiQin Vanessa, 山下 洋, 高津戸 啓介, 小池一彦
日本サンゴ礁学会第21回大会   23 Nov 2018   
Assessment of species diversity and dominance of shallow water corals using environmental DNA
鈴木 豪,山下 洋,座安 佑奈,新里 宙也
PICES2018年次会合   30 Oct 2018   
ウスエダミドリイシはレクチンを用いて褐虫藻を獲得する
神保充,竹内亮太,田代悠,山下 洋,鈴木 豪,新里宙也,天野春菜,安元剛,渡部終五
動物学会第89回札幌大会   14 Sep 2018   
Zooxanthella expelled from giant clams (Tridacna crocea): possible symbiont source of coral reef ecosystem
Shin-ya Morishima, Hiroshi Yamashita, Youichi Minami,Kazuhiko Koike
55th Annual Meeting of the Association for Tropical Biology and Conservation   4 Jul 2018   
沖ノ鳥島の水柱に出現する褐虫藻の多様性
依藤実樹子, 山下洋, 鈴木豪, 川崎貴之, 岡田亘, 中村良太, 不動雅之, 波利井佐紀
日本藻類学会第42回大会   24 Mar 2018   
シャコガイ類から放出された糞中褐虫藻の観察
森島慎也,山下洋,南洋一,小出昌美,小池一彦
日本サンゴ礁学会第20回大会   24 Nov 2017   
環境DNA技術による海水からのサンゴ・褐虫藻検出の試み
新里宙也,座安佑奈,神田美幸,川満真由美,佐藤矩行,山下洋,鈴木豪
日本サンゴ礁学会第20回大会   24 Nov 2017   
褐虫藻獲得に伴う発現タンパク質の変化
神保充,山下洋,鈴木豪,新里宙也,安元剛,渡部終五
日本サンゴ礁学会第20回大会   24 Nov 2017   
八重山周辺海域における2016年大規模白化後のミドリイシ属サンゴの幼生加入の激減について
鈴木豪,藤倉佑治,甲斐清香,谷田巖,山下洋,林原毅
日本サンゴ礁学会第20回大会   23 Nov 2017   
ミドリイシ属サンゴと褐虫藻の共生関係はどのようにして始まるのか?~研究のまとめ~
山下洋,鈴木豪,甲斐清香,藤倉佑治,新里宙也,神保充,林原毅,小池一彦
日本サンゴ礁学会第20回大会   23 Nov 2017   
多様な地域・宿主から分離した褐虫藻(Symbiodinium 属渦鞭毛藻)の遺伝的多様性と高温および強光下における光合成活性の関係
小出昌美,山下洋,森島慎也,小池一彦
日本サンゴ礁学会第20回大会   23 Nov 2017   
野外調査と室内実験から明らかにするサンゴと褐虫藻の初期共生
山下洋,鈴木豪,新里宙也,神保充,小池一彦
第50回日本原生生物学会大会 第1回日本共生生物学会大会合同大会   18 Nov 2017   
The lectins of a coral control the motion of Symbiodinium
神保充,竹内亮太,國谷奈美,谷本典加,山下洋,鈴木豪,安元剛,渡部終五
日本水産学会創立85周年記念国際シンポジウム 「Fisheries Science for Future Generations」   24 Sep 2017   
Juvenile Acropora tenuis attracts Symbiodinium by using GlcNAc-binding lectin
竹内亮太,神保充,谷本典加,國谷奈美,山下洋,鈴木豪,安元剛,渡部終五
日本水産学会創立85周年記念国際シンポジウム 「Fisheries Science for Future Generations」   24 Sep 2017   
シャコガイ類における褐虫藻の選択的な放出
森島慎也,山下洋,南洋一,小出昌美,小池一彦
2017年 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会   4 Sep 2017   
多様な地域・宿主から分離した褐虫藻(Symbiodinium属 渦鞭毛藻)の高温および強光下における光合成特性と遺伝的多様性の関係
小出昌美,山下洋,森島慎也,小池一彦
2017年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会   4 Sep 2017   
マイナーな褐虫藻クレードFの網羅的検出:その生態学的存在意義について
髙津戸啓介,小出昌美,森島慎也,山下洋,鈴木豪,小池一彦
2017年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会   4 Sep 2017   
簡便な多波長励起式蛍光撮影装置は,海洋生物のイメージングとモニタリングのツールになり得るか?
古島靖夫,Sylvain Agostini,丸山 正,鈴木貞男,山下 洋
第30回日本沿岸域学会研究討論会   22 Jul 2017   
サンゴの共生とレクチン:共生と生体防御
神保 充,竹内亮太,福地優一,國谷奈美,新里宙也,山下 洋
第19回マリンバイオテクノロジー学会仙台大会   4 Jun 2017   
実験室内で再現するサンゴと褐虫藻の初期共生
山下 洋,鈴木 豪,新里宙也,神保 充,小池一彦
第19回マリンバイオテクノロジー学会仙台大会   4 Jun 2017   
効率的なヒレジャコ種苗生産のための褐虫藻添加手法
山下 洋,南 洋一,近藤 忍,井上 顕, 小池一彦
平成29年度日本水産学会春季大会   27 Mar 2017   
異なる褐虫藻と共生したサンゴでのタンパク質発現解析
福地優一,神保 充,山下 洋,新里宙也, 安元 剛,渡部終五
平成29年度日本水産学会春季大会   27 Mar 2017   
ウスエダミドリイシ発現タンパク質の網羅的解析手法の確立
神保充,福地 優一,山下 洋,鈴木 豪,新里宙也,安元剛,渡部終五
第19回日本サンゴ礁学会   2 Dec 2016   
Acropora tenuis 幼体に共生する褐虫藻組成のモニタリング
山下 洋,新里宙也,鈴木 豪,藤倉 佑治,神保充
第19回日本サンゴ礁学会   2 Dec 2016   
高温ストレスによる褐虫藻消失とレクチンの関与
松田知紗,山下 洋,三島隆,吉松隆夫
第19回日本サンゴ礁学会   2 Dec 2016   
Acropora tenuis の成長とタンパク質発現への褐虫藻による影響
福地 優一,神保充,山下 洋,鈴木 豪,新里宙也,安元剛,渡部終五
第19回日本サンゴ礁学会   2 Dec 2016   
Specificity of the initial symbiosis between corals and Symbiodinium
山下 洋,鈴木 豪,藤倉 佑治,新里宙也,神保充,小池一彦
Japan-Israel Workshop   1 Dec 2016   
サンゴ礁海域の光環境とサンゴ分布
亀田 卓彦,福岡 弘紀,山下 洋,鈴木 豪
日本海洋学会2016年度秋季大会   14 Sep 2016   
Interspecific and spatial comparisons of initial post-settlement survival for Acropora spats using a grid plate
Suzuki G., Okada W., Fujikura Y., Kai S., Yamashita H., Hayashibara T., Ando W., Uchida S., Nakamura K.
13th International Coral Reef Symposium   23 Jun 2016   
Acropora tenuis lectin attracts specific Symbiodinium culture strains
Takeuchi R., Tanimoto N., Kuniya N., Yamashita H., Jimbo M.
13th International Coral Reef Symposium   21 Jun 2016   
Acropora tenuis larvae can expel non-essential Symbiodinium strains
Yamashita H., Suzuki G., Shinzato C., Jimbo M., Koike K.
13th International Coral Reef Symposium   20 Jun 2016   
A galnac-binding lectin could be involved in acquisition of Symiodinium by Acropora tenuis
Jimbo M., Kuniya N., Yamashita H., Harii S., Nakano Y., Yasumoto K., Watabe S.
13th International Coral Reef Symposium   20 Jun 2016   
ActLの褐虫藻誘引能及びアミノ酸配列の検討
竹内亮太,神保 充,安元 剛,渡部終五,波利井佐紀,山下 洋,新里宙也
29 Mar 2016   
シャコガイの「種」と「成長」が,共生する褐虫藻の遺伝的多様性を左右する
森島慎也,向井春摩,池田正太,小池一彦,近藤 忍,南 洋一,山下 洋
28 Mar 2016   
超音波テレメトリーを用いたオニヒトデ追跡の試み
27 Mar 2016   
沖縄県石垣島北部海域で確認された海水の着色現象
山下 洋,町口裕二
日本藻類学会第40回大会   20 Mar 2016   
Acropora tenuisの産卵に伴って変動する物質の探索
長島 洋紀,神保 充,鈴木 豪, 山下 洋,安本 剛,渡部 終五
第18回日本サンゴ礁学会   28 Nov 2015   
サンゴ幼生による褐虫藻の行動変化の検討
山田龍太郎,神保 充,國谷奈美,山下 洋,鈴木 豪, 安元 剛,渡部終五
平成 27 年度日本水産学会秋季大会   24 Sep 2015   
石西礁湖における光合成有効放射 (PAR) の鉛直消散係数
亀田 卓彦、福岡 弘紀、山下 洋、鈴木 豪
第17回日本サンゴ礁学会   29 Nov 2014   
シャコガイに共生する褐虫藻の多様性
池田正太、山下 洋、近藤忍、小池一彦
第17回日本サンゴ礁学会   29 Nov 2014   
オニヒトデ幼生の同定~2013年と2014年の調査結果の比較
池原 浩太、安田 仁奈、長井 敏、鈴木 豪、福岡 弘紀、山下 洋、亀田 卓彦、甲斐 清香
第17回日本サンゴ礁学会   29 Nov 2014   

Books etc

 
Marine Protists Diversity and Dynamics
S. Ohtsuka · T. Suzaki T. Horiguchi · N. Suzuki F. Not (Part:Contributor, Chapter 17 : Biology of Symbiotic Dinoflagellates ( Symbiodinium ) in Corals (H. Yamashita and K. Koike))
Springer   Nov 2015   ISBN:978-4-431-55129-4

Research Grants & Projects

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021    Investigator(s): YAMASHITA Hiroshi
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
Project Year: Jul 2018 - Mar 2020    Investigator(s): 小池 一彦
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: Jul 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 新里 宙也
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
Project Year: Apr 2014 - Mar 2016    Investigator(s): YAMASHITA Hiroshi

Awards & Honors

 
Nov 2017
ミドリイシ属サンゴと褐虫藻の共生関係はどのようにして始まるのか?~研究のまとめ~, 最優秀口頭発表賞, 日本サンゴ礁学会第20回大会
Winner: 山下洋,鈴木豪,甲斐清香,藤倉佑治,新里宙也,神保充,林原毅,小池一彦
 
Apr 2017
Genetics and morphology characterize the dinoflagellate Symbodinium voratum, n. sp. (Dinophyceae) as the sole representative of Symbodinium Clade E, William Trager Award 2014, International Society of Protistologists
Winner: H. J. Jeong, S. Y. Lee, N. S. Kang, Y. D. Yoo, A. S. Lim, M. J. Lee, H. S. Kim, W. Yih, H. Yamashita & T. C. LaJeunesse
 
Sep 2013
Mechanisms of maternal inheritance of dinoflagellate symbionts in the Acoelomorph worm Waminoa litus., Zoological Science Award 2013および藤井賞
Winner: Hikosaka-Katayama T., Koike K., Yamashita H., Hikosaka A., Koike K
 

Social Contribution

 
[Contribution]  国立研究開発法人 水産研究・教育機構  FRA NEWS vol. 60  (国立研究開発法人 水産研究・教育機構)  3 Oct 2019 - 3 Oct 2019
[Contribution]  国立研究開発法人 水産研究・教育機構  おさかな瓦版 No.73  (国立研究開発法人 水産研究・教育機構)  Sep 2016 - Sep 2016