大久保 賢一

J-GLOBALへ         更新日: 11/04/06 00:00
 
アバター
研究者氏名
大久保 賢一
 
オオクボ ケンイチ
URL
http://www.justmystage.com/home/ohkubo/
所属
北海道教育大学
部署
教育学部 教育学部教育学科
職名
准教授
学位
学士(大阪教育大学), 教育学修士(兵庫教育大学), 博士(心身障害学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
 - 
2004年
神戸市「通常の学級におけるLD等への特別支援事業」 巡回相談員
 
2004年
 - 
2006年
茨城県土浦市保健センター「幼児ことばの教室」 指導員
 
2005年
 - 
2008年
茨城県土浦児童相談所「自閉症児親子教室」 補助指導員
 
2008年
   
 
- 北海道教育大学教育学部旭川校 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2004年
兵庫教育大学 学校教育研究科 障害児教育専攻
 
 
 - 
2010年
筑波大学 人間総合科学研究科 心身障害学専攻
 
 
 - 
2001年
大阪教育大学 教育学部 教養学科
 

委員歴

 
2008年
   
 
- 北海道高機能広汎性発達障害児者親の会(ドンマイの会)ディレクター
 
2008年
   
 
- 教育実習委員会副委員長
 
2010年
   
 
- 旭川市立青雲小学校学校評議員
 
2010年
   
 
- 教育大旭川生協理事
 
2010年
   
 
- 旭川市特別支援教育推進委員会委員
 

受賞

 
2010年
筑波大学人間総合科学研究科 研究科長賞
 

Misc

 
スクールカウンセリングにおける特殊学級担任へのコンサルテーション-専門用語を用いず作成した自閉症児の買い物指導プログラム-
佐々木和義
発達心理臨床研究(兵庫教育大学附属発達心理臨床研究センター紀要)   9 39-45   2003年3月
発達障害児の「自発性促進」に関する行動分析学的検討-日常場面への般化に関する展望-
福永顕・相本広幸・藤原秀文・井上雅彦
発達心理臨床研究.(兵庫教育大学附属発達心理臨床研究センター紀要)   10 11-18   2004年3月
自閉症生徒における携帯電話使用の指導に関する研究-現実場面へ般化を促す指導方略の検討-
福永顕・井上雅彦
特殊教育学研究   43(2) 119-129   2005年7月
自閉症児を対象とした臨床スタッフの教授行動改善に及ぼすTrainer-Trainingの効果
井上雅彦
行動療法研究   32(1) 45-63   2006年3月
通常学級における宿題提出行動の増加を標的とした学級規模介入-相互依存型集団随伴性の効果の検討-
髙橋奈千・野呂文行・井上雅彦
発達心理臨床研究.(兵庫教育大学附属発達心理臨床研究センター紀要)   12 89-97   2006年3月

書籍等出版物

 
シリーズ・リサーチから現場へ(6)問題解決ストラテジーの指導
学苑社   2005年8月   
小学校での宿題提出行動の促進 集団随伴性
武藤崇・大河内浩人他(編)行動分析 第9章学級経営Ⅰ 随伴性制御,ミネルヴァ書房   2007年5月   

講演・口頭発表等

 
自閉症児に対する買い物訓練における担任教師支援-専門用語を用いないで作成したプログラム-
日本行動分析学会第20回大会   2002年   
自閉症児の家庭療育ボランティアスタッフにおけるStaff Trainingの効果の検討
日本行動療法学会第28回大会   2002年   
母親によるセルフモニタリングを契機として関係者の役割分担が成功した登校しぶり児
日本行動療法学会第28回大会   2002年   
通常学級に在籍する広汎性発達障害児の問題行動に対するトークンエコノミーの適用
日本行動分析学会第21回大会   2003年   
自閉症児における携帯電話を利用した移動スキルの指導(1)
日本特殊教育学会第41回大会   2003年