小笠原 博毅

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/01 11:23
 
アバター
研究者氏名
小笠原 博毅
 
オガサワラ ヒロキ
所属
神戸大学
部署
大学院国際文化学研究科 グローバル文化専攻
職名
教授
学位
修士(政治学)(早稲田大学), Ph. D.(ロンドン大学ゴールドスミス校)

学歴

 
 
 - 
2003年7月
ロンドン大学ゴールドスミス校 大学院社会学研究科博士課程修了  
 

委員歴

 
 
   
 
British Sociological Association  International Advisary Board Member
 

論文

 
「どうせやるなら」という暴力
小笠原 博毅
(1245) 46-47   2019年8月   [招待有り]
パイレーツ・モダニティー海賊、奴隷、資本主義ー
小笠原 博毅
立命館言語文化研究   30(1) 5-22   2018年10月   [査読有り][招待有り]
小笠原 博毅
Inter Asia Cultural Studies   18(2) 178-187   2017年6月   [査読有り][招待有り]
長脇差と葡萄ー下和田村次左衛門始末の事
小笠原 博毅
現代思想9月臨時増刊総特集安丸良夫ー民衆思想とは何か   44(16) 162-177   2016年8月   [査読有り][招待有り]
掘りまくってヘッジを倒せー資本と自由、ついに離別
小笠原 博毅
年報カルチュラル・スタディーズ   (4) 18-39   2016年6月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
まったくかわいくない「森の熊さん」と付き合う方法
小笠原 博毅
部落解放   (775) 20-28   2019年6月   [査読有り][依頼有り]
「帝国」としてのIOCと腐敗構造
小笠原 博毅
人民新聞   (1685) 1-2   2019年6月   [査読有り][依頼有り]
侵略や原発事故・被災者を隠す負の遺産リセットする政治利用
小笠原 博毅
人民新聞   (1686)    2019年6月   [査読有り][依頼有り]
地縛霊を呼び寄せろ
小笠原 博毅
SHUKYU Magazine   (7) 121-123   2019年4月   [査読有り][依頼有り]
転換点にある「技術」
小笠原 博毅
SHUKYU Magazine   (6) 106-109   2018年9月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
真実を語れ、そのまったき複雑性においてースチュアート・ホールの思考
小笠原 博毅
新泉社   2019年6月   
やっぱりいらない東京オリンピック
小笠原 博毅, 山本敦久 (担当:共著)
岩波書店   2019年2月   
セルティック・ファンダムーグラスゴーにおけるサッカー文化と人種
小笠原 博毅
せりか書房   2017年6月   
小笠原 博毅, 山本 敦久, 鵜飼 哲, 小泉 義之, 池内 了, 酒井 隆史, 阿部 潔, 小川てつオ, 塚原 東吾, 原口 剛, 石川 義正, ジュールズ・ボイコフ, フィル・コーエン, テリエ・ハーコンセン (担当:共編者)
航思社   2016年8月   ISBN:4906738206
統治性 フーコーをめぐる批判的な出会い
小笠原 博毅, 阿部潔, 成実弘至, 清水知子 (担当:共訳)
月曜社   2016年7月   

講演・口頭発表等

 
いつまで移民なのか? [招待有り]
小笠原 博毅
2019年8月31日   
わかりやすさから遠く離れて [招待有り]
小笠原 博毅
『真実を語れ、そのまったき複雑性において』刊行記念トーク   2019年8月21日   
『真実を語れ、そのまったき複雑性において』刊行記念トーク [招待有り]
小笠原 博毅
2019年7月15日   本屋プラグ
『真実を語れ、そのまったき複雑性において―スチュアート・ホールの思考』刊行記念トーク
小笠原 博毅
『真実を語れ、そのまったき複雑性において―スチュアート・ホールの思考』刊行記念トーク   2019年6月   
東京2020・身体・帝国 [招待有り]
小笠原 博毅
カルチュラル・タイフーン2019   2019年6月   

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 塚原 東吾
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 塚原 東吾
科学研究費補助金/基盤研究(A)
研究期間: 2005年       代表者: 塚原 東吾