橋本 衛

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/28 15:08
 
アバター
研究者氏名
橋本 衛
 
ハシモト マモル
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部 熊本大学大学院生命科学研究部(臨床系)神経精神医学
職名
准教授
学位
医学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
2011年
 熊本大学医学部附属病院神経精神科 助教
 
2011年
 - 
2015年
 熊本大学医学部附属病院神経精神科 講師
 
2015年
   
 
 熊本大学大学院生命科学研究部(臨床系)神経精神医学 准教授
 
1996年
 - 
2004年
 兵庫県立高齢者脳機能研究センター -
 

学歴

 
 
 - 
1996年
大阪大学 医学研究科 内科系専攻(博士課程)
 
 
 - 
1991年
大阪大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本神経心理学会  評議員
 

論文

 
Fukuda K, Terada S, Hashimoto M, Ukai K, Kumagai R, Suzuki M, Nagaya M, Yoshida M, Hattori H, Murotani K, Toba K
Geriatrics & gerontology international   18(3) 487-494   2018年3月   [査読有り]
Sugawara H, Murata Y, Ikegame T, Sawamura R, Shimanaga S, Takeoka Y, Saito T, Ikeda M, Yoshikawa A, Nishimura F, Kawamura Y, Kakiuchi C, Sasaki T, Iwata N, Hashimoto M, Kasai K, Kato T, Bundo M, Iwamoto K
Psychiatry and clinical neurosciences      2018年2月   [査読有り]
Tateishi M, Kitajima M, Hirai T, Yoneda T, Hashimoto M, Kurehana N, Uetani H, Fukuhara R, Azuma M, Yamashita Y
Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine      2018年1月   [査読有り]
Kawagoe T, Matsushita M, Hashimoto M, Ikeda M, Sekiyama K
Scientific reports   7(1) 14344   2017年10月   [査読有り]
Shimada H, Shoji M, Ikeuchi T, Suzuki K, Senda M, Ishii K, Matsuda H, Iwata A, Ihara R, Iwatsubo T, Mutoh K, Nakazawa E, Sekijima Y, Mori E, Ikeda M, Ikeda M, Kawakatsu S, Nakanishi A, Hashimoto M, Nunomura A, Matsubara E, Fukui M, Shirato T, Hirai K, Sakamoto M, Fujii H, Mori H
Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   69(7) 701-709   2017年7月   [査読有り]

Misc

 
【大人の発達障害】 認知症とlate-onset ADHDの関連性について
佐々木 博之, 城野 匡, 橋本 衛, 池田 学
精神科治療学   32(12) 1611-1617   2017年12月
我々は2015年に、認知症と鑑別に苦慮したattention deficit/hyperactivity disorder(以下ADHD)の1例を報告した。そこで今回、同様の患者がどのくらいの割合で存在するのかを調べるため、認知症専門外来の初診連続例457例を対象として検証を行った。その結果、6例がADHDと診断された。6例はいずれも65歳未満の初老期であり、全例が初診時にearly-onset Alzheimer's disease(以下EOAD)を疑われていた。6例を詳細に検証した結果...
【わが国で行われている認知症に対する多施設共同調査・研究Up to date】 FTLDレジストリ
池田 学, 渡辺 宏久, 橋本 衛, 祖父江 元
老年精神医学雑誌   28(10) 1087-1090   2017年10月
わが国における前頭側頭葉変性症(FTLD)のレジストリとして、「日本人前頭側頭葉変性症の自然歴・生体試料レジストリと病態抑止治療開発フロンティア(Frontiers of Time course and Living specimen registry,and Disease modifying therapy development in Japanese FTLD patients;FTLD-J)」を紹介した。FTLD-Jの特徴は、(1)全国規模の精神科と神経内科との共同研究であること...
【高齢者のための精神科医療】 (第5章)疾患各論 認知症 レビー小体型認知症の診断と治療
橋本 衛
精神科治療学   32(増刊) 227-232   2017年10月
認知症への社会精神医学的アプローチ 災害時の認知症患者の行動 熊本地震を通して
橋本 衛
日本社会精神医学会雑誌   26(4) 346-352   2017年10月
2016年4月、熊本県は2度の激震に見舞われた。被害は熊本県全域に及び、県人口の83%が震度6弱以上を経験し、県民の10%以上が避難を余儀なくされた。地震により数多くの認知症患者も被災したが、我々の調査では、認知症患者の26%で新たなBPSDが出現した。認知症の原因疾患によってBPSDの内容に差がみられたが、震災後のBPSDは生活環境の変化によってもたらされることが共通していた。地震や台風などの災害によって生活環境が変化することを避けることは難しい。そのため災害時の認知症患者への支援は、災...
地域における認知症診療体制 地域における認知症診療のための人材育成
橋本 衛
Dementia Japan   31(4) 516-516   2017年10月

書籍等出版物

 
DSM-5を読み解く5、Alzheimer病による認知症(DSM-5)またはAlzheimer病による軽度認知障害(DSM-5)(共著)
中山書店   2014年   
今日の治療指針 2014年版(共著)
医学書院   2014年   
認知症ハンドブック(共著)
医学書院   2013年   
精神科臨床エキスパート 誤診症例から学ぶ 認知症とその他の疾患の鑑別(共著)
医学書院   2013年   
今日の神経疾患治療指針 第2版(共著)
医学書院   2013年   

講演・口頭発表等

 
シンポジウム.「災害時の認知症患者の行動-熊本地震を通して-」 [招待有り]
橋本 衛
第36回日本社会精神医学会   2017年3月   
シンポジウム.「抗認知症薬のBPSDへの適用」 [招待有り]
橋本 衛
第35回日本認知症学会学術集会   2016年12月   
シンポジウム.「抗認知症薬のBPSDへの適用」 [招待有り]
橋本 衛
第112回日本精神神経学会学術総会   2016年6月   
教育講演.「高次脳機能障害の診察の進め方」
橋本 衛、池田 学
第112回日本精神神経学会学術総会   2016年6月   
シンポジウム.「前頭側頭葉変性症(FTLD)と抑うつ」 [招待有り]
橋本 衛
第31回日本老年精神医学会 シンポジウム   2016年6月