我妻 ゆき子

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/16 02:49
 
アバター
研究者氏名
我妻 ゆき子
 
ワガツマ ユキコ
eメール
ywagatsmd.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
1992年12月
東京大学 医科学研究所 客員研究員
 
1992年5月
 - 
1995年9月
国際協力事業団 ガーナ野口医学研究所プロジェクト 疫学専門家
 
1997年7月
 - 
1999年7月
国際協力事業団 ジンバブエ感染症対策プロジェクト 疫学専門家
 
1997年9月
 - 
1999年5月
ジョンズホプキンス大学 Post-doctoral Fellow
 
2000年1月
 - 
2005年3月
ジョンズホプキンス大学 Assistant Scientist
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1987年3月
筑波大学 医学専門学群 
 
1989年8月
 - 
1990年5月
ジョンズホプキンス大学 公衆衛生大学院 MPHプログラム
 
1990年9月
 - 
1997年5月
ジョンズホプキンス大学 公衆衛生大学院 DrPHプログラム
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
日本熱帯医学会  評議員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
日本公衆衛生学会  日本公衆衛生雑誌査読委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
茨城県  医療審議会/委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本熱帯医学会  評議員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
日本公衆衛生学会  日本公衆衛生雑誌査読委員
 

受賞

 
2016年11月
日本熱帯医学会 Best Paper Award 2016 学術雑誌Tropical Medicine and Healthに2016年に掲載された原著論文のうち最も優秀な論文とされたため
受賞者: Ferdousi F;Yoshimatsu S;Ma E;Sohel N;Wagatsuma Y
 
2015年12月
Best Paper Award 2015 学術雑誌Tropical Medicine and Healthに2015年に掲載された原著論文のうち最も優秀な論文とされたため
 

論文

 
CK, Nyamasege;EW, Kimani-Murage;M, Wanjohi;E, Ma;M, Fukushige;Y, Wagatsuma
J Dev Orig Health Dis.   10(2) 237-245   2018年10月   [査読有り]
Inadequate knowledge in maternal nutrition is one of the determinants of low birth weight. However, little evidence is available on whether maternal nutrition counselling alone can influence birth weight among women from low socioeconomic househol...
Yamaguchi, Takashi; Matsuda, Yoshinobu; Matsuoka, Hiromichi; Hisanaga, Takayuki; Osaka, Iwao; Watanabe, Hiroaki; Maeda, Isseki; Imai, Kengo; Tsuneto, Satoru; Wagatsuma, Yukiko; Kizawa, Yoshiyuki
Japanese journal of clinical oncology   48(12) 1070-1075   2018年9月   [査読有り]
[Background] Guidelines recommend morphine as the first-line pharmacological treatment for cancer dyspnoea. However, trials with other opioids have not been performed. Our aim was to demonstrate the non-inferiority of oxycodone to morphine for rel...
Nunokawa, Takahiro; Yokogawa, Naoto; Shimada, Kota; Sugii, Shoji; Nishino, Jinju; Gosho, Masahiko; Wagatsuma, Yukiko; Tohma, Shigeto
Seminars in arthritis and rheumatism   48(4) 573-578   2018年6月   [査読有り]
[OBJECTIVES] To evaluate the prophylactic effect of sulfasalazine against Pneumocystis jirovecii pneumonia (PJP) among rheumatoid arthritis (RA) patients.
[METHODS] We used a nationwide Japanese multicenter RA database to extract data from 2005 an...
Ferdous, F.;Ma, E.;Raqib, R.;Wagatsuma, Y.
JOURNAL OF DEVELOPMENTAL ORIGINS OF HEALTH AND DISEASE   9(4) 386-394   2018年8月   [査読有り]
Arifeen, Shams El; Ekström, Eva-Charlotte; Frongillo, Edward A; Hamadani, Jena; Khan, Ashraful I; Naved, Ruchira T; Rahman, Anisur; Raqib, Rubhana; Rasmussen, Kathleen M; Selling, Katarina Ekholm; Wagatsuma, Yukiko; Persson, Lars Åke
International journal of epidemiology   47(6) 1737   2018年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Ultrasound in schistosomiasis: A practical guide to the standardized use of ultrasonography for the assessment of schistosomiasis-related morbidity.
Abdel-Wahab, MF;Campagne, G;Doehring, E;Garba, A;Hammou, A;Hatz, C;Homeida, MMA;Kardorff, R;Magak, PW;Mbaye, A;Olveda, RM;Qurashi, MA;Ramarokoto, CE;Richter, J;Traore, M;Wagatsuma, Y;Zhongdao, W. WHO Working Group. (担当:監修)
World Health Organization   2000年1月   

講演・口頭発表等

 
Programming of chronic diseases through fetal and early childhood exposure to under nutrition and infections [招待有り]
Wagatsuma,Yukiko
Scientific Seminar of University Malaysia Sabah   2019年1月22日   University Malaysia Sabah
相対握力と1年後の新規高血圧発症との関連
保木本崇弘;Chrispin, Manda;福重瑞穂;我妻, ゆき子
第29回日本疫学会学術総会   2019年1月30日   日本疫学会
Effect of preterm birth on childhood kidney size and function
Ferdous, Farzana;Raqib, Rubhana;Wagatsuma, Yukiko
第59回日本熱帯医学会大会   2018年11月9日   日本熱帯医学会
甲状腺超音波検査実施状況調査および検査終了後の情報発信手段の検討
内藤舜斗;我妻, ゆき子;福重瑞穂
第77回日本公衆衛生学会総会   2018年10月24日   日本公衆衛生学会
Nutrition Status of Young Children Following a Nutrition Education Intervention in Urban Informal Settlements of Nairobi Kenya
Nyamasege, Carolyn;Murage, Elizabeth K;Wagatsuma, Yukiko
Tsukuba Global Science Week 2018   2018年9月20日   University of Tsukuba

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
重症患者に対する長期機能予後改善のための地域連携回復プログラム開発
日本学術振興会: 科研費 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 齋藤伸行
重症疾病や重症外傷のため集中治療を要した患者(重症患者:critical patients)の長期的な転帰は、高齢者に対する集中治療の需要増加と短期予後の改善を背景に重要性を増している。未知の高齢化社会を迎える本邦において、急性期の治療技術の進歩により救命の可能性が広がった患者群(たとえば、心肺停止後症候群)に対する新たな評価軸が求められている。そこで本研究では、1)重症患者の1年後の健康状態を明らかにすることすることと、2)その健康状態の直接的・間接的決定因子に対する解決策について集約化...
エビデンスに基づく乾燥地生物資源シーズ開発による新産業育成研究
国際科学技術共同研究推進事業地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 礒田博子
低線量被ばくの小児健康影響に関する臨床疫学研究
東海村: 学術指導契約
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 我妻ゆき子
バングラデシュ出生コホート統合データ解析研究
日本学術振興会: 二国間交流事業共同研究
研究期間: 2015年7月 - 2017年3月    代表者: 我妻ゆき子
茨城JAコホート研究
文部科学省: センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム
研究期間: 2013年10月 - 2022年3月    代表者: 我妻ゆき子

その他

 
2017年4月
文部科学省課題解決型高度人材養成プログラム「放射線災害の全時相に対応できる人材養成」において、2018年度より開設される社会人用e-learningコンテンツの開発を行った。
2017年4月
東海村甲状腺超音波健診事業検討委員会の委員として、健診事業実施手順や報告に関する検討を行った。
2016年4月
東海村甲状腺超音波健診事業検討委員会の委員として、健診事業実施手順や報告に関する検討を行った。
2016年4月
文部科学省課題解決型高度人材養成プログラム「放射線災害の全時相に対応できる人材養成」において、2018年度より開設される社会人用e-learningコンテンツの開発を行った。